楽天モバイルが3か月無料&iPhone12大幅値下げ

OPPO A73をレビュー【デメリット・評判から分かるおすすめな人】

oppo a73のスペック・レビュー

【PR】iPhone13の予約スタート

 

手数料・頭金・送料0円の予約方法を解説中↓

この記事のポイント

  • OPPO A73は、低価格に加えて有機EL&軽い重量で使いやすいのがメリット
  • デメリットとして防水&おサイフケータイ非対応で突き抜けた特徴もない
  • 普通にスマホを使いたい、または動画や読書を楽しみたい方にぴったりの機種

「OPPO A73のレビューが知りたい。評判はいいの・・?」

OPPO A73はコスパに優れるミドルレンジスマホです。実売2万円台前半ながら有機EL、4眼カメラ、4000mAhのバッテリーなど搭載しています。

スペックはまずまず高く、重たい3Dゲームなどを利用しないなら問題ありません。レザー調のデザインやeSIMとnano SIMによるDSDVなど、他の機種にはあまり見られない個性も光ります。

この記事ではOPPO A73のスペックやメリット・デメリットを徹底考察。ユーザーの評判も考慮して、どんな人におすすめできるのかまとめています。

このスマホの評価
コスパ
(4.0)
カメラ
(3.5)
操作性
(4.0)
スペック
(3.5)
バッテリー
(4.0)
総合評価
(4.0)

コメント

発売直後から値下がりが激しく、安くて普通に使えるスマホを探しているならピッタリ。液晶が綺麗で重量が軽いため、長時間スマホで読書や動画を楽しみたい方におすすめ。

OPPO A73を最安購入するには?

 

\定価3万→最安2万円/

OCNモバイルONEで価格を見る 

 

\ポイント大量還元/

楽天モバイルで価格を見る 

OCNモバイルONEで、
\限定スマホセール中!1円~
OCNモバイルONE/OCN光

1.OPPO A73とは?(特徴・スペック)

OPPO A73って、どんなスマホなんですか?

大画面で有機EL搭載だからとっても綺麗なの。価格が安いのも特徴的ね。

OPPO A73とは、中国のスマホメーカーOPPOから発売されているSIMフリースマホです。手ごろな価格ながら6.44インチの有機ELディスプレイを搭載しeSIMに対応しています。

スペックも普段使いには困らないレベルで、まずまずのコストパフォーマンスです。以下、OPPO A73のスペックを一覧表にまとめておきます。

スペック

発売日 2020年11月20日
メーカー OPPO
重量 約162g
画面 6.44インチ
FHD+、2400×1080
OS ColorOS 7.2
(Android 10ベース)
CPU Qualcomm
Snapdragon 662
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
カメラ性能 アウト:1600万画素+800万画素+200万画素+200万画素
イン:1600万画素
外部メモリ microSDカード
(最大256GB)
バッテリー容量 4000mAh
本体カラー ネービーブルー
ダイナミックオレンジ
防水 ×
おサイフケータイ ×
ワンセグ ×
DSDV
(nanoSIM eSIM)

2.評判・口コミから分かるOPPO A73のメリット

もっと詳しいメリットを知りたいです。

価格以外だと、重量が軽いのとeSIM対応が魅力よ。

①価格に対してバランスがいい

OPPO A73は価格に対してスペックのバランスが良く、コスパに優れます。ミドルレンジ向けのSoC「Snapdragon 662」と4GBメモリを搭載し、動作はサクサク快適です。

よほど重くなければ3Dゲームもプレイできます。バッテリー容量は4,000mAhと大容量で、電池持ちも良好です。

急速充電技術「Quick Charge 3.0」に対応しており、短い時間で素早く充電できます。

さらに、詳しくは後述しますが有機ELディスプレイと4眼カメラを搭載し、eSIMにも対応するなど充実のスペックです。

それにもかかわらず定価は約30,000円、実売価格は22,000円ほどに抑えられています。

②有機ELディスプレイが美しい

OPPO A73は6.44インチの大型有機ELディスプレイを搭載しています。

ハイエンドスマホでは有機ELが当たり前になりつつありますが、2~3万円台のミドルレンジスマホでの採用は珍しいです。

液晶ディスプレイと比べて明暗がはっきりとしており、美しい映像を楽しめます。

強い日差しの下で明るさを自動調節してくれる「サンライトスクリーン」や暗い環境で明るさを自動調節する「ムーンライトスクリーン」といった機能により、場所や時間帯に関係なく動画視聴やゲームを楽しむことが可能です。

③4眼カメラを搭載

OPPO A73のアウトカメラは4つのレンズで構成される4眼カメラです。

4眼カメラ

  • メイン:1,600万画素
  • 超広角:800万画素
  • モノクロ:200万画素
  • ポートレート:200万画素

画角119°の超広角レンズを搭載しており、広い範囲を含めた写真を撮影可能です。

AIが自動で色調を補正する「AIダズルカラー」を搭載しており、AI任せでも違和感の少ない美しい写真を撮影できます。

夜景モードやポートレート、マクロ撮影など撮影モードも豊富です。2万円台の低価格モデルとしては十分なカメラ性能と言えます。

④軽量で使いやすい

OPPO A73は6.44インチの大画面を搭載していながら、重量は162gと軽いです。最近では大画面化に伴って、重量が重いスマホも増えています。

実際にOPPO A73とスペック・サイズが近い他のスマホと重量を比較してみました。

機種名 重量 バッテリー容量 ディスプレイ
OPPO A73 162g 4000mAh 6.44インチ
OPPO Reno3 A 175g 4025mAh 6.44インチ
Redmi Note 9S 209g 5020mAh 6.67インチ
HUAWEI P40 lite 5G 189g 4000mAh 6.5インチ
moto g9 play 200g 5000mAh 6.5インチ

サイズが大きい割には、OPPO A73が軽いスマホであることが分かりますね。画面サイズやバッテリーを重視したいけど重たすぎるスマホは嫌だ、という人でも安心です。

⑤eSIMに対応

OPPO A73は物理SIM不要で契約ができるeSIMに対応しています。OPPO製のスマホでeSIMに対応するのはA73が初めてです。

物理SIM(nano SIM)はDSDVに対応しています。nano SIMでメインの回線を契約しつつ、eSIMでサブ回線を契約する、といったことが可能です。

3.評判・口コミから分かるOPPO A73のデメリット

逆にデメリットはありますか?

他の海外スマホも共通だけどおサイフケータイは非対応よ。あと、突き抜けた特徴もないと言えるわね。

①防水・おサイフケータイに非対応

OPPO A73は防水・おサイフケータイには対応していません。同じOPPOのスマホではOPPO Reno3 AがA73に近いスペックを持ち、防水とおサイフケータイに対応しています。

防水・おサイフケータイを利用したい人はOPPO Reno3 Aを検討してください。

②物理SIM2枚によるDSDVはできない

OPPO A73はeSIM +nano SIMによるDSDV対応ですが、物理SIM2枚によるDSDVはできません。現在、国内でeSIMを利用できるのは楽天モバイルIIJmioしかありません。

eSIM + nano SIMのOPPO A73だと、eSIM側は2つしか選択肢がないことになります。物理SIM2枚でDSDVが可能なら大手キャリアや他の格安SIMの中から自由に組み合わせが可能でした。

eSIM対応自体は悪いことではありませんが、現状では選択肢を狭めてしまいます。物理SIM2枚でDSDVを利用したい人はOPPO A73以外のモデルを利用しましょう。

③突き抜けた機能はない

OPPO A73はそれなりにまとまった両機種ですが、突き抜けた機能はありません。

スペックやカメラは価格を考えればまずまずですが、同価格帯でもっと突き抜けた性能や機能を持ったスマホは多いです。

例えばスペックを重視するならRedmi Note 9Sが候補に上がりますし、防水やおサイフケータイ対応で耐久力も重視するならAQUOS sense4があります。

OPPO A73は悪いスマホではありませんが、その機種ならではの機能・特徴がありません。ライバルが多い価格帯なので、もう少し尖った性能でも良かったですね。

4.【総合評価】OPPO A73がおすすめな人・おすすめでない人

結局、OPPO A73は購入すべきですか?

どんな人におすすめできるかまとめたから確認してね。

OPPO A73のメリット・デメリットを考慮して、おすすめな人・おすすめでない人を以下にまとめました。

おすすめな人

  • 低価格で隙のないスマホを使いたい
  • 美しい液晶&軽いスマホで読書や動画を楽しみたい
  • eSIM+物理SIMのDSDVにしたい

 

おすすめでない人

  • 防水かおサイフケータイがないと困る
  • 最高クラスのCPUやカメラ性能を求める

OPPO A73は手ごろな価格ながらスペックは及第点以上。普通にスマホが使えればOKな人ならコスパ抜群です。

とくに有機ELを採用したディスプレイは非常に鮮明で美しい映像を楽しめます。ディスプレイサイズは6.44と大型ですが、重量は162gと比較的軽いのもOPPO A73の魅力。

動画や読書をスマホで楽しみたい方には、最高の環境と言えるでしょう。また、OPPO A73はeSIMに対応しています。

eSIM対応スマホの中では比較的安価なので物理SIMと組み合わせたい方にもおすすめです。

OPPO A73を最安購入するには?

 

\定価3万→最安2万円/

OCNモバイルONEで価格を見る 

 

\ポイント大量還元/

楽天モバイルで価格を見る 

5.まとめ

OPPO A73は実質2万円台で、有機ELディスプレイ、4眼カメラ、Snapdragon 662を搭載しておりコスパは良好です。

eSIM対応、レザー調のデザイン、軽量なボディなど人によっては刺さる特徴も持っています。

デメリットとして、防水やおサイフケータイには非対応。カメラを含むスペックも最高クラスではありません。

高性能なスマホを求めるならアンマッチですが、強いこだわりがないならOPPO A73で必要十分ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。