AQUOS sense4をレビュー!デメリット・評判から分かるおすすめな人

AQUOS sense4をレビュー

この記事のポイント

  • AQUOS sense4はスペックの割にコスパに優れており、特に電池持ち&高性能CPUは特質ポイント
  • デメリットとして挙げられるのは、カメラが値段相応なのと5G非対応くらい
  • おサイフケータイ・防水対応で、さらに日本製スマホが欲しいなら非常におすすめできる機種

「AQUOS sense4が気になる。詳しいレビューを見たい・・」

AQUOS sense4はコスパの良さで大ヒットしたAQUOS senseシリーズの最新モデルです。

3万円台という手頃な価格で高性能なCPUと大容量バッテリーを搭載、さらに防水・防塵とおサイフケータイにも対応しています。

従来モデルの良い所はそのままに、コストパフォーマンスがさらに向上しました。日本製の高コスパスマホを使いたい人におすすめの1台です。

この記事ではAQUOS sense4のスペックとメリット・デメリットについて解説。どんな人におすすめできるのか徹底レビューしていきます。

このスマホの評価
コスパ
(4.5)
カメラ
(3.5)
操作性
(4.5)
スペック
(4.0)
バッテリー
(4.5)
総合評価
(4.5)

コメント

大きな欠点がなく、全項目が優秀な機種。ミドルスペック機種の傑作と言える。日本製のおサイフケータイ&防水スマホを欲しいなら非常におすすめ。

\AQUOS sense4が最安24800円/

OCNモバイルONEへ 

 

\頭金0円で機種変更&乗り換え可/

ドコモオンラインショップへ 

1.AQUOS sense4のスペック

発売日 ドコモ版:2020年11月6日
SIMフリー版:2020年11月27日
メーカー シャープ
重量 約177g
画面 5.8インチ
FHD+ 2280×1080
OS Android 10
CPU Qualcomm
Snapdragon 720G
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
カメラ性能 アウト:1200万画素+1200万画素+800万画素
イン:800万画素
外部メモリ microSDカード
(最大1TB)
バッテリー容量 4570mAh
本体カラー ライトカッパー
シルバー
ブラック
防水
(防水:IPX5/IPX8、防塵:IP6X)
おサイフケータイ
ワンセグ
DSDV ドコモ版:✕
SIMフリー版:〇(nanoSIM)

2.評判・口コミから分かるAQUOS sense4のメリット

AQUOS sense4のメリットについて教えてください。

スペックに対してコスパがいいのと、電池持ちが良い点は魅力ね。日本製らしくおサイフケータイ対応なのもメリットよ。

①スペックに対してコスパがいい

AQUOS sense4はコストパフォーマンスに優れています。スペックはミドルハイクラスとは思えないほどの充実ぶりです。

安さに見合わない高性能

  • 大容量バッテリー搭載で電池持ちが良い
  • 高性能なCPU搭載でサクサク快適に動作
  • 防水とおサイフケータイに対応
  • DSDV対応

これだけ充実していながら、価格は3万円台中ごろとリーズナブルです。

2~3万円台はコスパに優れる海外メーカースマホがたくさんあります。しかし、海外メーカー製のスマホは防水やおサイフケータイに対応していないことが多いです。

防水・おサイフケータイ対応かつ日本製の点も考慮して、AQUOS sense4のコストパフォーマンスの良さが抜きんでています。

②電池持ちがいい


AQUOS sense4は電池持ちの良さが最大のメリットです。AQUOSシリーズ史上最大となる4,570mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

さらにシャープが独自開発した省エネIGZOディスプレイを採用しており、電池持ちは抜群です。1日数時間の利用なら1週間は充電せずに使えます。

ゲームや動画視聴を頻繁に利用する場合でも、丸1日は充電の心配が不要です。

また、充電を賢くコントロールしてバッテリーの劣化を防ぐインテリジェントチャージに対応しています。購入から1年経っても90%以上の電池寿命を維持することが可能です。

1つのスマホを長く使いたい人にも向いていますよ。

③高性能CPUでサクサク動く


AQUOS sense4はミドルハイクラス向けの高性能CPU「Snapdragon 720G」を搭載しています。

前モデルのAQUOS sense3と比べてCPUの処理性能は2.2倍、GPUの処理性能は4.2倍にアップしました。

Snapdragon 720Gにより、動作はサクサク快適です。よほど重くなければ3Dゲームもプレイできます。

3万円台にもかかわらず、一昔前のハイエンドモデル並みの処理性能なのは驚きです。

④お風呂防水に対応

AQUOS sense4はお風呂防水に対応しています。IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防塵性能を持っており、水回りで利用しても故障にくいです。

水濡れに強いIGZOディスプレイとタッチパネルを採用しているので、水滴がついていてもスムーズに操作できます。

防水対応スマホでも、お風呂での利用は推奨していない機種が多いです。しかし、AQUOS sense4はお風呂防水にもしっかり対応しています。

ただし、お湯につけたり高温のお湯をかけたりするのは避けましょう。

なお、AQUOS sense4は本体をアルコール除菌シートで拭けます。常に清潔な状態で利用可能です。

⑤おサイフケータイに対応

AQUOS sense4はFelicaを搭載しています。楽天EdyやWAON、iDといったおサイフケータイ機能の利用が可能です。

SIMフリーでFelicaを搭載している機種は多くありません。おサイフケータイ対応のSIMフリースマホを使いたい人には貴重です。

おサイフケータイ以外にも、PayPayやLINE PayといったQRコード決済ももちろん使えます。

独自機能「Payトリガー」を使えば、指紋センサーを長押しするだけで決済アプリを起動できるので便利です。

3.評判・口コミから分かるAQUOS sense4のデメリット

逆にデメリットはありますか・・?

致命的な欠点はないけど、カメラが最高クラスでないのと5Gには非対応よ。

①カメラ性能は価格相応


AQUOS sense4のカメラ性能は価格相応です。明るい所ではキレイに撮影できますが、暗所や夜景の撮影は多少ノイズや白飛びが発生します。

同じ価格帯であるXiaomiのRedmi Note 9SOPPOのReno3 Aなどと比べるとカメラ性能は劣るでしょう。

とは言え、従来モデルと比べると確実に進化しています。望遠カメラが追加されてトリプルレンズカメラとなり、光学2倍ズームに対応しました。

広角な写真やポートレートも撮影できるなど、カメラにこだわらない人なら十分すぎる性能です。

②5G通信に非対応

AQUOS sense4は5G通信には対応していません。利用できるのは4G回線だけです。5Gを利用したい人は次に発売されるAQUOS sense5Gを使用しましょう。

ただし、現時点では5Gの対応エリアは非常に狭く、5G対応スマホを買ってもその恩恵を受けられることは少ないです。

したがって、大多数の人にとっては5Gに対応していないことは大きなデメリットではありません。

4.SIMフリーモデルと違いはある?

ドコモのキャリア版とSIMフリーモデルの違いはありますか?

SIMロックが付いてないこと以外だと、DSDV対応だけの違いね。気にするレベルじゃないわよ。

AQUOS sense4はSIMフリーモデルに加えて、大手キャリアであるドコモからも発売されています。スペックはほぼ同じですが、SIMカード周りの対応状況が異なります。

SIMフリー版とドコモ版の違い

ドコモ版 SIMフリー版
SIMロック あり なし
SIMカード nanoSIM nanoSIM×2
DSDV

ドコモ版はSIMロックがかかっています。auおよびソフトバンク回線の格安SIMで利用する場合はSIMロック解除が必要です。

SIMカードスロットはnanoSIMが1つのみで、DSDVは使えません。一方、SIMフリー版はnanoSIM×nanoSIMのデュアルSIMで、DSDVにも対応しています。

SIMカードを1枚しか使わないならどちらでも差はありません。逆に複数のSIMカードを活用したいならSIMフリー版を選びましょう。

5.AQUOS sense3から進化した点

前作との違いは何ですか?

全項目でバージョンアップしてるわよ。

AQUOS sense4の前モデルであるAQUOS sense3もコスパの高さで人気でしたが、そこからどれほど進化したのでしょうか。

AQUOS sense4とAQUOS sense3のスペックを比較してみましょう。

AQUOS sense3との違い

AQUOS sense4 AQUOS sense3
重量 約177g 約167g
画面 5.8インチ
FHD+、2280×1080
5.5インチ
FHD+、2160×1080
OS Android 10 Android 9
CPU Qualcomm
Snapdragon 720G
Qualcomm
Snapdragon 630
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 64GB 64GB
カメラ性能 アウト:1200万画素+1200万画素+800万画素
イン:800万画素
アウト:1200万画素+1200万画素
イン:800万画素
外部メモリ microSDカード
(最大1TB)
microSDカード
(最大512GB)
バッテリー容量 4570mAh 4000mAh
本体カラー ライトカッパー
シルバー
ブラック
ライトカッパー
シルバーホワイト
ブラック
防水
(防水:IPX5/IPX8、防塵:IP6X)

(防水:IPX5/IPX8、防塵:IP6X)
おサイフケータイ
ワンセグ
DSDV ドコモ版:✕
SIMフリー版:〇
キャリア版:✕
SIMフリー版:〇

全体的にスペックがアップしているのが分かります。

とくに大きいのがCPUです。AQUOS sense3のSnapdragon 630と比べると、Snapdragon 720Gは処理性能が大幅にアップしました。

AQUOS sense3では3Dゲームの利用は難しかったですが、AQUOS sense4ならよほど重くなければ3Dゲームも快適です。

カメラも望遠カメラが搭載され、ナイトモードが追加されるなど進化しています。画面解像度やバッテリー容量など、細かいところもパワーアップ。

唯一、重量で比較するとAQUOS sense4はAQUOS sense3より10g重いです。バッテリー容量が増えたことを考えるとしょうがないかもしれません。

とは言え、AQUOS sense4の177gでも最近のスマホでは比較的軽い部類です。AQUOS sense3と比べてAQUOS sense4が劣る部分はほぼありません。

順当にグレードアップしています。

6.【総合評価】AQUOS sense4がおすすめな人・おすすめでない人

結局、AQUOS sense4は買いですか?

おすすめな人をまとめたから確認してちょうだい。

AQUOS sense4がおすすめな人・おすすめでない人を以下にまとめました。

おすすめな人

  • コスパが良いスマホを使いたい
  • バッテリー持ちを重視する
  • 防水、おサイフケータイ対応の日本製スマホが欲しい
  • そこまでカメラにこだわりがない

 

おすすめでない人

  • 最高クラスのカメラ性能を重視する
  • 5G通信を利用したい

AQUOS sense4はコスパに優れています。3万円台中ごろとリーズナブルながら、高性能なCPUを搭載しており動作は軽いです。

バッテリー持ちもよく、丸1日は充電せずに使えます。充電を気にする煩わしさから解放されますよ。

防水・おサイフケータイ対応なのもSIMフリーでは貴重です。スマホを普通に使えればOKな人なら全く問題ありません。

全体的に日本製スマホの中では最高峰とも言える端末です。大きな欠点は見当たらず、万人におすすめできるスマホです。

\AQUOS sense4が最安24800円/

OCNモバイルONEへ 

 

\頭金0円で機種変更&乗り換え可/

ドコモオンラインショップへ 

7.まとめ

AQUOS sense4は高性能なCPU「Snapdragon 720G」と4570mAhの大容量バッテリーを搭載、カメラ性能もアップするなど前モデルのAQUOS sense3から確実に進化しています。

それでいて価格は3万円台とほぼ据え置きです。AQUOS sense4は海外メーカー製のスマホにも負けないコストパフォーマンスを誇ります。

防水・おサイフケータイに対応している点を考慮すると、2~3万円台のSIMフリースマホでもトップクラスのコスパ。総合的に見て、AQUOS sense4は非常におすすめです。

AQUOS sense4 liteをレビューAQUOS sense4 liteの評判やデメリットをレビュー【高コスパな日本製スマホ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。