iPhone 11を安く買うなら

OPPO AX7をデメリットまで詳しくレビュー!安く購入できるMVNO(格安SIM)も紹介

oppo ax7

OPPO AX7は中国のスマホメーカー「OPPO」から発売されているミドルクラスのSIMフリースマホです。

手ごろな価格で充実したスペックとカメラを持ち、コストパフォーマンスに優れます。また、デザイン性も高く、見た目やデザインを重視する人にもおすすめです。

今回はOPPO AX7のメリット・デメリットやスペック、評価などについて詳しく解説していきます。

MEMO

OPPO AX7をお持ちの方へ。レビューにご協力して頂ける場合、Amazonギフト券2000円分をプレゼントいたします。興味のある方は「こちら」までご連絡下さい。

1.まずは確認!OPPO AX7のメリットとは?

AX7の魅力を教えて下さい。

一番は、見やすい大型ディスプレイね。デザインもオシャレ。あと、バッテリー容量が多いのも強みね。

OPPO AX7には、以下のメリットがあります。

メリット

  • 6.2インチの大型ディスプレイで見やすい(デザインもおしゃれ)
  • カメラ性能とメモリはコスパの割に良好
  • 4230mAhの大容量バッテリーを搭載

詳しく見ていきましょう。

①6.2インチの大型ディスプレイで見やすい(デザインもおしゃれ)

OPPO AX7は6.2インチの大型ディスプレイを採用しています。

ブラウジングやSNSを利用する際に文字が見やすいですし、動画やゲームも迫力のある映像を楽しめます。

ディスプレイサイズが大きいため本体サイズも大きいですが、縦長のスリムなボディなので比較的持ちやすいです。

AX7

大画面実現のために画面上部にノッチ(切り欠け)がありますが、水滴型の非常に小さなノッチなので目立ちません。ノッチが苦手な人でも大丈夫でしょう。

また、OPPO AX7は3万円前後のスマホとは思えないほどデザインもおしゃれです。

この価格帯のスマホは安っぽいボディの機種も多いですが、OPPO AX7は光沢がある美しいデザインに仕上がっています。

背面カメラを覆うメッキ加工も高級感を上げる要因の1つですね。

カラーリングはゴールドとブルーの2種類です。どちらも深みのある色合いで、派手すぎないのでシーンを選ばず使えます。

OPPO AX7ならスマホを購入する際は見た目も重視する、という人でも問題ありません。

ただし解像度はあまり高くない

OPPO AX7はディスプレイサイズこそ大きいですが、画面解像度は1520×720とあまり高くありません。

コスト削減とバッテリー寿命を延ばすために、解像度が低めになっていると考えられます。

もちろん普通に使う分には困りませんが、フルHD(1980×1080)以上の解像度を持つスマホと比べるとやや画面が荒いです。

動画などの画質にこだわる人は要注意です。

②カメラ性能とメモリはコスパの割に良好

OPPO AX7は3万円台で買えるコスパ重視のスマホですが、その割にはカメラやスペックが充実しています。

OPPOのスマホはインカメラに力を入れていることで知られますが、AX7のインカメラも優秀です。

画素数が1600万とアウトカメラより高く、AIが被写体を自然に補正してくれる「A.I.ビューティーモード」も搭載しています。

美しい自撮りが撮れるので、SNSに自撮りを頻繁に載せる女性にもおすすめです。

1300万画素+200万画素のデュアルレンズ構成となっているアウトカメラも、AI機能やポートレートモード等に対応しており、よほどカメラにこだわらないのであれば十分な性能です。

メモリは同価格帯だと3GBのものが多いですが、OPPO AX7は4GB搭載しています。4GBあれば、普段使いなら全く問題ありません。

③4230mAhの大容量バッテリーを搭載

OPPO AX7は4230mAhの大容量バッテリーを搭載しています。バッテリー容量が多いということは、それだけ電池持ちが良いということです。

しかもOPPO AX7はAIによるバッテリー管理によって不要なアプリを停止させてくれるので、よりバッテリーが長持ちします。

動画やゲームをしないのであれば2~3日は充電不要です。ゲームや動画を長時間利用する場合でも、1日は軽く持つでしょう。


2.ここがダメ!OPPO AX7のデメリットとは?

逆に、デメリットはありますか?

少しCPUが弱い点ね。あと、海外製スマホ全般に言えるけど、防水とおサイフケータイに対応していないわ。

OPPO AX7には、以下のデメリットがあります。

デメリット

  • 3Dゲームがサクサク動かない
  • 防水&おサイフケータイには非対応

こちらも、詳しく見ていきましょう。

①3Dゲームがサクサク動かない

OPPO AX7はCPUに「Snapdragon 450」を採用しています。Snapdragon 450はエントリー向けのCPUで、性能はそこまで高くありません。

SNSやブラウジング、地図アプリ、軽い2Dゲームくらいであれば問題ないですが、動作の重い3Dゲームはサクサク動きません。

3Dゲームをプレイする場合はもう少し性能が良いCPU、具体的にはSnapdragon 600番台(Snapdragon 660など)以上を搭載したスマホを選びましょう。

ゲームスペース機能で多少は改善される

OPPO AX7にはOPPO独自の「ゲームスペース」という機能が搭載されています。 簡単に言うと、AX7をゲームに特化した状態にしてくれる機能です。

ゲームスペースを使うと、

  • メモリをゲームアプリに優先的に割り振る
  • ゲームの動作を最適化してスムーズにする

といった調節を自動でてれくれます。

ゲームスペースを活用することで多少はゲームがしやすくなります。とは言え、もともとのスペックがそこまで高くないので、過度な期待は厳禁です。

やはり、ゲーム目的ならもう少し性能が高いスマホを買いましょう。

②防水&おサイフケータイには非対応

低価格ながら充実した機能を持つAX7ですが、防水やおサイフケータイといった国内で需要の高い機能には非対応です。

OPPOのような海外メーカー製のスマホに防水やおサイフケータイが搭載されることはあまりありません。

これらの機能を使う場合はシャープや富士通といった国内メーカー製のスマホを購入しましょう。

価格・スペック的にはSHARPの「AQUOS sense2」がOPPO AX7に近く、おすすめです。

3.OPPO AX7のスペックを考察

AX7のスペックについて知りたいです!

OK、少し専門用語が出てくるけど詳しく説明するわね。

OPPO AX7のスペックを一覧表にまとめました。

発売日 2018年12月14日
メーカー OPPO
サイズ 高さ:約155.9mm
幅:約75.4mm
厚さ:約8.1mm
重量 約168g
画面 6.2インチ
1520×720
OS ColorOS 5.2,
based on Android 8.1
CPU Snapdragon 450
(オクタコアCPU)
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
カメラ性能 アウト:1300万画素+200万画素
イン:1600万画素
外部メモリ microSD
(最大256GB)
バッテリー容量 4230mAh
本体カラー ゴールド
ブルー
デュアルSIM
(DSDV)
防水
おサイフケータイ
ワンセグ

OPPO AX7はOSにOPPOがAndroidをベースにカスタマイズしている「ColorOS」を採用しています。 ColorOSはAndroidベースながら操作性はiOSに似ており、ややクセがあります。

逆に言えばiPhoneから乗り換える際はあまり違和感なく乗り換えることが可能です。Androidユーザーも、使っていればいずれ慣れるでしょう。

好きなアプリをいつでも呼び出せる「スマートサイドバー」といった便利な機能も多数あります。

OPPO AX7は2つのSIMカードを4G+4Gで待ち受けできる「DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)」に対応しています。

しかもSIMカードスロットとは別にmicroSDカードスロットがある「トリプルスロット仕様」なので、DSDVとmicroSDカードの併用が可能です。

トリプルスロットのスマホは少ないので、DSDVを使いつつmicroSDカードを使いたい人におすすめです。

ただし、OPPO AX7はauとソフトバンク(Y!mobile)のVoLTEには対応していますが、ドコモのVoLTEには対応していません。

ドコモのVoLTE通話を利用したい場合は要注意です

4.評判はいい?OPPO AX7の口コミを調査

AX7を実際に使うユーザーは、どんな意見ですか?

良い口コミと悪い口コミを集めたから、確認してちょうだい。

ここまでAX7のメリット・デメリットやスペックを確認してきましたが、やはり実際に使っている人の評価も気になりますよね。

そこで、AX7の口コミをいくつか集めてみました(価格.comより参照)。

重いゲーム以外での使用であれば何ら不満出ません。ゲームも軽い白猫プロジェクトをプレイしますが、スムーズ極まりないですね。

CPU性能が低いからか、ブラウジングや動画再生では消費電力が格段に低いようです。元のバッテリサイズも相まって、使い方によっては数日放置でもいけそうなレベル。

ブルーの美しいボディカラーに一目惚れ!!地中海の深い海のような、非常に美しいボディカラーですガラスではなくプラスチックだが、非常に質感の高い綺麗なボディカラーです。

こんなにバッテリー持ちのよいスマホは初めてです。片道1時間少々の通勤時間にポチポチしていても2日は持ちます。

品質が価格の割に良くできており、背面のガラスが目を奪う出来。かなり好き。

カメラは、インカメラはビックリすらくらいキレイ。自撮りが多い方にはオススメ。AIがキレイに撮ってくれます。

アウトカメラはうーん?って感じです。どちらかというと、インカメラに力を入れていると思います。

多少ぼやけた感じはあります。フルHD以上がデフォルトになってきた現在でAX7はHD画質ですからね。ただし、色表現については及第点です。

画面は上位の端末に比べると劣ります。コストに見合った画面だと思います。

やはりバッテリー持ちが良いことが高く評価されています。売りであるインカメラも上々ですね。

スペックも重たいゲームをしなければ十分という口コミが多いです。一方、ディスプレイの質については解像度が低いため評価はあまり良くありません。

ただ、よほどこだわる人でなければ高解像度のスマホと比べても違いは分からないという意見もあります。

また、好評だったインカメラと比べると、アウトカメラはそこまで良くはないみたいですね。どちらかと言うと、インカメラを重視する人向けですね。

5.OPPO AX7がおすすめな人とは?

結局、購入すべきなんでしょうか・・?

おすすめな人をまとめたわ。一つでも当てはまるなら、購入を検討してみるべきよ。

ここまでのOPPO AX7のメリット・デメリットや口コミを踏まえると、OPPO AX7は以下の人におすすめです。

  • 3Dゲームはせず、コスパを重視する人
  • デザイン性も重視する人
  • バッテリーを重視する人
  • 自撮りをよく撮る人
  • DSDVとmicroSDカードを併用したい人

OPPO AX7は3Dゲームをプレイするのには力不足ですが、逆に言えば3Dゲームをしないのであれば十分な性能です。

価格を考えるとむしろコスパはかなり良いので、ゲームをせずコスパを重視したい人には十分ありと言えます。

他にも似たような価格・スペックのスマホはありますが、OPPO AX7ほどデザインの良い低価格スマホはあまりありません。

スペックにはこだわらないがデザインにはこだわりたい人にもおすすめです。

OPPO AX7は大容量バッテリーを搭載しており、電池持ちが非常に良いです。電池持ちを重視する場合も、選択肢の1つとなるでしょう。

OPPO AX7はアウトカメラよりもインカメラに力を入れています。美しい自撮りが撮影できるので、自撮りをよく撮る人にピッタリです。

また、OPPO AX7はSIMフリースマホでも数少ないトリプルスロット仕様のスマホです。DSDVとmicroSDカードを併用したい人にとっては貴重な選択肢の1つとなります。

6.OPPO AX7はIIJmioか楽天モバイルで安く購入できる

同じAX7なら、安く買いたいです。

圧倒的に安いのが、IIJmioと楽天モバイル。実質、この2択と考えていいわよ。

OPPO AX7は格安SIMとセット購入することもできます。購入できる格安SIMはいくつかありますが、中でもおすすめなのは「IIJmio」か「楽天モバイル」です。

どちらも端末代が大幅に安くなるキャンペーンを実施。5千円以下の激安価格で購入できます。

あまりの安さに、IIJmioではTOP5に入る売れ行きなのよ。

IIJmioでは同時に初期費用や月額料金が安くなるキャンペーンも実施しており、とにかく安さにこだわるならおすすめです。

楽天ユーザーの場合は楽天スーパーポイントが貯まる楽天モバイルを契約するほうが、長い目で見るとお得になります。

OPPO AX7の購入はこちら↓

7.【まとめ】OPPO AX7は圧倒的なコスパと高級感のある見た目が最高です

AX7はコストパフォーマンスの高さと美しいデザインが特徴です。

3万円前後という手ごろな価格ながら普段使いには問題ないスペックに4230mAhの大容量バッテリー、そして高品質なインカメラを搭載しています。

それでいてデザインも良く、ハイスペックモデルにも負けない高級感が漂っています。

コスパが高いスマホは他にもありますが、デザインも優秀なスマホはあまりありません。コスパを重視しつつ、デザインも妥協したくないという人にはOPPO AX7がおすすめです。

キャンペーン速報

楽天モバイル公式サイトにて、キャンペーンで端末がありえないセール価格に。

キャンペーン期間:9月24日~11月1日まで

端末価格 キャンペーン内容
Xperia Ace 一括:49819円
分割:2283円
抽選で1000名に3000ポイント還元
OPPO Reno A 一括:32273円
分割:1479円
※キャンペーン価格
先着3000台は3000円引き
AQUOS sense3 lite
※人気
一括:26819円
分割:1229円
※キャンペーン価格
先着5000台は2000円引き
arrows RX 一括:27819円
分割:1275円
※キャンペーン価格
先着2000円は3000円引き

在庫限り

セール中の端末一覧を見る

スマホ代が3000円以下格安SIMの総合比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。