【レビュー】OPPO Reno3 Aのスペックから分かるおすすめな人

oppo reno3 a

この記事で分かること

  • OPPO Reno3 Aの特徴(強み)
  • 前作「OPPO Reno A」との比較
  • どんな人に向いている端末なのか?

OPPO Reno3 Aは中国のスマホメーカーOPPOから発売されているSIMフリースマホです。2019年にコスパの高さで大ヒットした「OPPO Reno A」の後継モデルに当たります。

有機ELの採用や防水とおサイフケータイへの対応などReno Aの良い所は残しつつ、カメラやバッテリーなどReno Aの不満点を改善。それでいて価格はReno Aとほぼ同じです。

4万円以下で買えるSIMフリースマホではトップクラスのコストパフォーマンスを誇ります。Reno Aに続き、このOPPO Reno3 Aも大ヒット間違いなしでしょう。

本記事ではそんなOPPO Reno3 Aのスペックとメリット・デメリットをまとめました。

このスマホの評価
コスパ
(3.5)
カメラ
(4.0)
操作性
(3.5)
スペック
(4.0)
バッテリー
(4.0)
総合評価
(4.0)

1.OPPO Reno3 Aのスペック

OPPO Reno3 Aのスペックはどんな感じですか?

詳しい説明に入る前に、スペック表を見せるわね。性能について、あとから詳しく説明するから意味が分からなくてもOKよ。

OPPO Reno3 Aのスペックは以下の通りです。

発売日 2020年6月25日
メーカー OPPO
重量 約175g
画面 6.44インチ、FHD+、2400×1080
OS Android 10
CPU Snapdragon 665
(オクタコアCPU)
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
カメラ性能 アウト:4800万画素+800万画素+200万画素+200万画素
イン:1600万画素
外部メモリ microSD
(最大256GB)
バッテリー容量 4025mAh
本体カラー ホワイト、ブラック
防水 防水:IPX8 防塵:IP6X
おサイフケータイ
ワンセグ
DSDV

2.OPPO Reno3 Aの特徴

この端末って、何が優れているんですか?

コスパに優れるのが一番。全体的に抜け目がないスペックよ。

①性能に対してハイコスパ

OPPO Reno3 A最大の特徴はコストパフォーマンスの良さです。

あくまでもOPPO Reno3 Aはミドルハイクラスですが、以下のようにハイエンドモデルにも劣らない充実したスペック・機能を持っています。

3万円台とは思えない機能
  • 普段使いなら十分な性能のCPU
  • 有機ELディスプレイ採用
  • 大容量6GBメモリ&128GBストレージ
  • 高品質な4眼カメラ
  • 大容量バッテリー
  • 防水とおサイフケータイ対応
  • DSDV対応

これだけ充実しながら、価格は3万円台後半とお手ごろです。4万円前後で購入できるスマホの中でもずば抜けたコストパフォーマンスを誇ります。

②4眼カメラを搭載

OPPO Reno3 Aはアウトカメラに4つのレンズで構成される4眼カメラを搭載しています。

4眼カメラ

  • 4800万画素のメインカメラ
  • 800万画素のセカンドカメラ
  • 200万画素のモノクロカメラ
  • 200万画素の深度測定カメラ

メインカメラは画素数が4800万画素と非常に高く、高精細で美しい写真を撮影可能です。ウルトラナイトモードに対応し、夜景もノイズや白飛びを抑えてきれいに撮れます。

セカンドカメラは119°の超広角レンズで、グループ写真や風景写真の撮影にピッタリです。

さらに電子式手ブレ補正に対応しているため、手持ちでもブレの少ない動画を撮影できます。

前モデルのOPPO Reno Aも比較的高性能なカメラでしたが、広角レンズを搭載していないなど不満点もありました。

OPPO Reno3 Aではそういった不満点が解消され、上位モデルのように多彩な写真を撮影可能です。

③4025mAhの大容量バッテリー

OPPO Reno3 Aは4025mAhの大容量バッテリーを搭載しています。電池切れを気にすることなく使うことが可能です。

しかもクアルコムの急速充電「Quick Charge」に対応しています。Quick Charge対応ACアダプターを使えば、短い時間でバッテリーを充電することが可能です。

④防水・防塵・おサイフケータイ対応

OPPO Reno3 Aは防水・防塵とおサイフケータイに対応しています。海外メーカー製のSIMフリースマホで防水やおサイフケータイに対応しているのは貴重です。

前作のOPPO Reno Aも防水・防塵に対応していましたが、防水等級はIPX7止まりでした。OPPO Reno3 Aでは防水等級が最高ランクのIPX8にアップしています。

水回りやアウトドアでも、より安心して使うことが可能です。

⑤6GBメモリ&128GBストレージ

OPPO Reno3 Aは大容量の6GBメモリと128GBストレージを搭載しています。ハイエンドモデルにも負けない容量ですね。

OPPO Reno Aは楽天モバイル限定モデルのみストレージが128GBでしたが、標準モデルは64GBと少し物足りなさを感じました。

今作のストレージ容量は標準で128GBなので、思う存分アプリや画像を保存できます。

3.OPPO Reno3 A唯一のデメリットはCPU

逆に悪い点はありますか?

前作よりCPUがパワーダウンしたのがデメリットね。

OPPO Reno3 Aは驚異的なコスパを持つ優等生モデルですが、唯一のデメリットがCPUです。

前モデルであるOPPO Reno AはSnapdragon 710を搭載し、比較的動作が重たい3Dゲームもプレイできました。

一方、OPPO Reno3 Aに搭載しているCPUはSnapdragon 710よりグレードが低いSnapdragon 665です。

Snapdragon 665でもSNSやブラウジングなど普段使いは問題ありません。しかし、動作の重い3Dゲームは難しいでしょう。

カメラ性能やバッテリーを重視しつつ価格を4万円以下に抑えるためには、CPUのグレードダウンは仕方がなかったのかもしれません。

後継機なのに処理性能が落ちるのは大きなデメリットです。

4.OPPO Reno Aとの違い

OPPO Reno Aとの違いを教えてください。

OK、詳しくまとめるわね。

特徴の部分でも何度かOPPO Reno3 AとOPPO Reno Aを比較してきましたが、さらに詳しくスペックを比較してみましょう。

OPPO Reno Aとスペック比較

OPPO Reno3 A OPPO Reno A
発売日 2020年6月25日 2019年10月18日
メーカー OPPO OPPO
重量 約175g 約169.5g
画面 6.44インチ、FHD+
2400×1080
6.4インチ、FHD+
2340×1080
OS Android 10 Android 9
CPU Snapdragon 665
(オクタコアCPU)
Snapdragon 710
(オクタコアCPU)
メモリ 6GB 6GB
ストレージ 128GB 64GB
(楽天モバイル版のみ128GB)
カメラ性能 アウト:4800万画素+800万画素+200万画素+200万画素
イン:1600万画素
アウト:1600万画素+200万画素
イン:2500万画素
外部メモリ microSD
(最大256GB)
microSD
(最大256GB)
バッテリー容量 4025mAh 3600mAh
本体カラー ホワイト
ブラック
ブラック
ブルー
防水 防水:IPX8
防塵:IP6X
防水:IPX7
防塵:IP6X
おサイフケータイ
ワンセグ
DSDV

OPPO Reno Aの良い所を引き継ぎつつ、ほとんどの項目でグレードアップしているのが分かります。

カメラは2眼から4眼になり、広角撮影やウルトラナイトモードに対応しました。OPPO Reno Aからもっとも進化しているポイントですね。

バッテリー容量も増加しています。Quick Chargeにも対応したので、より速く充電できるようになりました。

他にも防水等級がIPX7からIPX8になっていたり、ストレージ容量が128GBになっていたりと、細かい部分でOPPO Reno Aから進化しています。

唯一OPPO Reno Aに劣るのがデメリットでも述べたCPUです。Snapdragon 710からSnapdragon 665へダウンしており、パフォーマンスは落ちています。

3Dゲームなど負荷の大きいアプリを利用するならOPPO Reno Aに分があると言えるでしょう。逆に言えば、3DゲームをしないのであればOPPO Reno3 A一択です。

5.OPPO Reno3 Aがおすすめな人

結局、OPPO Reno3 Aはどんな人におすすめなんですか?

コスパにこだわりつつ性能にも妥協したくない人ね。万人におすすめできる端末よ。

OPPO Reno3 Aは以下に当てはまる人におすすめです。

おすすめな人

  • 4万円以内で最高コスパのスマホが欲しい
  • カメラ性能は妥協したくない
  • 十分なバッテリー容量が大事
  • 防水&おサイフケータイ対応を重視する

 

おすすめしない人

  • 10万円レベルのハイスペック性能を求める
  • 最高のCPU性能にこだわりたい

OPPO Reno3 Aはなんといってもコスパの良さが売りです。充実したスペックながら価格は4万円以下に抑えられています。

4万円前後でコスパに優れるスマホを買いたいなら、もっともおすすめです。

充実したスペックの中でもとくにカメラ性能とバッテリー持ちが優れています。多彩な写真を撮りたい人や、電池切れを気にせず使いたい人でも満足できる仕上がりです。

防水・防塵とおサイフケータイに対応しているのも大きなポイントでしょう。防水性能が最高等級になったので、水回りでスマホを使う人でも安心して使えますよ。

デメリットでも述べた通り、OPPO Reno AよりCPU性能はダウンしています。3Dゲームを頻繁にする人には向きませんね。

逆に3Dゲームをあまりしない人なら問題ないスペックです。メモリが6GBと大容量なので、複数のアプリを同時に利用しても動作が安定しています。

6.まとめ

以上、OPPO Reno3 Aのスペックとメリット・デメリットを解説しました。

前モデルでもあるOPPO Reno Aと比べるとCPUはグレードダウンしましたが、それ以外の項目ではスペック・機能性ともに大きくグレードアップしています。

とくにカメラ性能とバッテリーはOPPO Reno Aより各段に上です。OPPO Reno Aのカメラとバッテリーに不満があった人も、OPPO Reno3 Aなら満足できます。

OPPO Reno Aの良かったところはそのままです。防水とおサイフケータイへの対応、有機ELディスプレイ採用、DSDV対応などはしっかり引き継いでいます。

これだけ充実して4万円以下と、コストパフォーマンスは抜群です。OPPO Reno3 Aは幅広い人におすすめできる1台に仕上がっています。

おさらい

OPPO Reno3 Aのメリットは?

性能(スペック)に対する価格が良い意味でアンバランスです。最高の高コスパ機種と言えます。

 

OPPO Reno3 Aのデメリットは?

前作よりCPUの性能が落ちています。

 

どんな人におすすめ?

コスパを求めつつ、性能には一切妥協したくない方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。