iPhone13 販売開始(9/24~) >>

失敗ゼロ!中古iPhoneの注意点と購入方法【購入後の使い方も分かる】

中古iPhoneの注意点

【PR】iPhone13の予約スタート

 

手数料・頭金・送料0円の予約方法を解説中↓

この記事のポイント

  • 中古iPhoneには、赤ロムやSIMロック解除なしの端末に気を付ける
  • フリマアプリはお手軽だが、保証や端末状態の観点からおすすめはしない
  • 中古iPhoneの使い方は、SIMカードを挿入して簡単な設定を行えばOK

「中古iPhoneを使いたいけど、失敗するのが怖い・・」

流通量が多い中古iPhoneは、新品より気軽に購入できるため大人気です。

ですが、中古ゆえに注意点は多いです。中古とはいえ安くはないiPhone購入で、失敗するのは絶対避けたいところ。

そこで今回は、これから中古iPhoneを購入したい方に向けて、注意点やおすすめの購入方法をまとめてみました。ぜひ、ご参考に。

1.中古iPhoneのメリットとは?

中古のiPhoneには、以下のメリットがあります。

メリット
  1. 新品より安く手に入る
  2. 好きな携帯会社に契約できる
  3. メインだけでなくサブ機としても使用できる
  4. 幅広い選択肢から端末を選べる

何といっても、最大の魅力は安さでしょう。狙い目は2世代前の機種。

だいぶ値段が落ちているわりに、性能は最新iPhoneとそんなに変わりません。また、SIMフリーモデルなら好きな携帯会社を選べるのも利点。

Wi-Fi運用でサブ機にするのもありでしょう。その他、アップルストアより品揃えが豊富で、やや古いiPhoneも購入できるのもメリットです。


2.中古iPhoneの注意点

中古で安くiPhoneを購入したいんですが・・。

だったら、必ず確認してほしい注意点があるの。

これから、中古iPhoneを購入したいと考えている方は、以下の点に注意が必要です。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

赤ロム(ネットワーク利用制限あり)を購入しない

赤ロム(ネットワーク利用制限)とは、以前の使用者が携帯料金の未払いや不正利用をした場合にかけられる制限のことです。

滅多にないことですが、稀に中古iPhoneを購入した後に赤ロムと発覚することがあります。もし赤ロムなら正常に動作しません。

現在制限中かどうかは、製造番号(IMEI番号)が分かれば以下のサイトから確認できます。

赤ロムのチェック

ただ、購入前にチェックできないのが辛いところ・・。心配なら、赤ロムの交換保証が付いている大手通販から購入するのが無難です。

SIMロック解除されていることを確認する

キャリア版iPhoneの中古品(通称白ロム)は、SIMロック解除されているものを購入しましょう。

SIMロックが付いていても、ドコモならドコモ系の格安SIMに契約する、といったことは可能です。しかし、au系やソフトバンク系は使えません。

中古iPhoneでもSIMロック解除手続きができますが、元の契約者でないためキャリアショップで手続きする必要があります。ショップ手続きだと、手数料が3300円も取られてしまいます。

あとから面倒なことになるため、最初からSIMロックが外れている中古iPhoneを購入した方がいいですよ。

アクティベーションロックが解除されていることを確認する

アクティベーションロックとは、盗難時のデータ喪失を防止するためにかけられたロック設定のことです。

基本的に元の持ち主が初期化していれば、アクティベーションロックは自動的に外れます。

ですが、「iPhoneを探す」機能がONのままだと初期化してもアクティベーションロックが外れません。個人販売に多いのですが、解除を忘れたまま販売している方もいます。

アクティベーションロックを外すには、元の持ち主のApple IDとパスワードが必要です。

セキュリティの観点から教えてくれとは限らず、せっかく購入したのに返品あるいは売り逃げされることも。

アクティベーションロックの解除忘れは意外な盲点なので、十分に注意が必要です。

フリマアプリは不良品でも自己責任

個人間取引のオークションやフリマアプリは、何が起きても自己責任です。マイルールで保証を付けている人もいますが、確実に守ってくれるかはわかりません。

もし、赤ロム(ネットワーク利用制限中)を掴んでしまった場合は、契約者本人しか解除できないため対応のしようがありません。

不具合が起きる可能性も0ではないので、高価なiPhoneを安いからと安易に取引するのは、あまりおすすめできません。

SIM差し替えだけで機種変更できないケースあり

中古のSIMフリーiPhoneは、SIM差し替えだけで機種変更できるとは限りません。理由としては、

  • SIMカードサイズが異なる
  • VoLTE対応/非対応が異なる

の2点が主です。SIMカード交換となると、およそ3000円の手数料が発生することを覚えておきましょう。

Apple Careには加入できない

中古iPhoneの場合、Apple Careに加入できません。厳密には、購入から30日以内のiPhoneなら中古でも加入できますが、ほとんどの端末は30日を経過していることでしょう。

Apple Careに未加入だと、液晶割れの修理に3万円以上取られることもあります。

民間の修理業者なら安く直せる場合はありますが、正規パーツによる修理は諦めないといけません。

中古iPhoneの保証にはモバイル保険がおすすめ

モバイル保険(スマホ向けの保険サービス)は、月額770円とApple Careより安く保証を受けられます。10万円以内なら自己負担なしの全額補償。

民間業者ではなく、アップルの正規修理を受けられます。月額770円のまま、iPhone以外にも2台の通信機器を補償対象として登録することも可能です。

モバイル保険の詳細を見る

3.中古iPhoneの購入方法とは?

中古iPhoneって、どこで購入すればいいんでしょう・・?

いくつか選択肢はあるけど、実績豊富な専門店が一番よ。

中古iPhoneの購入先は、いくつか候補があります。

中古iPhoneの購入先

メリット デメリット
フリマアプリ
オークション
安く購入できる可能性あり 故障しても自己責任
大手ネット通販
(Amazonなど)
簡単に購入できる やや価格が高い
中古販売店
(店舗)
実機に触れられる 店舗に行くのが面倒
中古販売店
(ネット)
保証がしっかりしている 販売店選びが難しい

個人間取引は安いけどトラブル続出

中古のSIMフリーiPhoneは、よく売れるため不審な販売者によるトラブルが続出しています。

  • オークション → 危険度大
  • フリマアプリ → 危険度大
  • 大手ネット通販(楽天市場・Amazonなど) → 危険度中
  • 中古通販サイト → 安全
  • 中古ショップ(ゲオなど) → 安全

この中で特に気を付けたいのが、オークションとフリマアプリです。完全に個人間の取引となるため、トラブルの発生率は高まります。

また、大手ネット通販(楽天市場・Amazonなど)も安心できません。特に、Amazonの中古出品は個人あるいは実態が個人経営のショップが多数存在します。

転売ヤーが、オークションやフリマアプリから仕入れてそのまま流しているケースも多いです。そうなると、安心できるのは必然的に中古販売に限られます。

ネットの中古販売店がスピーディーで安心できる

中古iPhoneの購入先は、保証がしっかり付いている中古販売店が最もおすすめです。店舗よりネットの方がお手軽に購入できます。

主な中古iPhoneの販売ストア

上記は、すべて大手の中古販売店です。どこを選んでも、安心して購入できます。

特におすすめはイオシス

平成8年から創業している老舗「イオシス」は、抜群の安定感あり。本社とは別に、秋葉原・渋谷にオフィスを持つ、中古スマホ販売業界の大手です。

イオシスなら、前章で挙げた中古iPhoneの注意点(端末状態や保証)が完璧にカバーされます。

まず、白ロムはSIMロック解除の確認済み。そして、万が一動作しなかったときの補償が、3か月も無料で付いています。

仮に赤ロムだった場合は、永久保証あり。使用感など、端末状態も詳しくランク分けされているので、届いてからイメージと違った・・といった心配も要りませんよ。

イオシスのサービス

オークションやフリマアプリより数百円程度高いのですが、手厚いサービスを考えると、十分に投資する価値あり。あとで、後悔することもありません。

イオシスの中古iPhoneを見る 

イオシス 評判・メリット・デメリット【中古スマホ販売】イオシスの評判はどう?メリット・デメリットから分かるおすすめな人

4.中古iPhoneの基本的な使い方

中古iPhoneの使い方を教えてください!

まずは、 SIMカードを端末に挿入してちょうだい。そのあと、ネットに繋げるためのAPN設定が必要よ。

中古iPhoneを購入するまではいいのですが、その後にどう使うのかイマイチ分かりづらいですよね。以下、新規契約または機種変更での基本的な使い方です。

中古iPhoneの使い方

  1. SIMカードを挿入する
  2. APN設定を行う
  3. 電話帳を移行する

※Wi-Fi運用なら、「SIMカードを挿入する」「APN設定を行う」は不要

それぞれ、詳しい手順を見ていきましょう。

STEP1:SIMカードを挿入する

中古iPhoneでデータ通信を行うには、SIMカードを挿入します。

SIMカードの取り出し

SIMカード

SIMカードの挿入方法

  • 新規契約:新たな携帯会社に契約して新SIMカードを挿入
  • 機種変更:現在のSIMカードを抜いて中古iPhoneに入れ替える
注意
機種変更でSIMカードを入れ替える場合、SIMサイズはnanoでないとiPhoneに適合しません。nano以外をお使いの場合は、契約中の携帯会社に問い合わせてSIMカード変更の手続きを行って下さい。

SIMカードを挿入する時は、SIMピンで側面のSIMスロットを開けましょう。このとき、端末の電源は切っておくように。

SIMカードの載せ替え方法

最後に押し込むときは、カチッと音がするまで差し込んで下さいね。

STEP2:APN設定を行う

SIMカードを挿入できたら、APN設定を行います。APN設定とは、契約中の携帯会社が電波をキャッチするために必要な初期設定です。

設定が完了すれば、ネットが繋がります。手順は、初心者でも5分以内に終わりますよ。

詳しい手順は以下の通りです。

APN設定の手順

  1. Wi-Fiに接続する
  2. Safariから各社で配布されているAPN構成プロファイルをダウンロード
  3. 「インストール」をタップ
  4. パスコードを入力
  5. 承諾画面で「次へ」をタップ
  6. 警告画面で「インストール」をタップ
  7. インストール完了画面で「完了」をタップ

UQモバイル APN構成ファイルダウンロード4

iPhoneのAPN設定

以上で完了です。正しくインストールされたか確認するには、「設定」→「一般」→「プロファイル」をタップしてください。

成功なら、インストールしたばかりのAPN構成プロファイルが表示されているはずです。iPhoneでインターネットに接続できるかチェックしてみましょう。

上手く設定できない場合は、以下の記事を参考にして下さいね。

iPhoneでAPN設定できないときの対処法iPhoneのAPN設定(構成プロファイルのインストール)ができないときの対処法

STEP3:電話帳を移行する

中古iPhoneで通話するためには、電話帳の移行が欠かせません。電話帳の移行方法はいくつかありますが、iPhone同士なら、クイックスタートが便利です。

クイックスタートは、iTunesやiCloudでバックアップを取らずに、すべてのデータを素早く移行できます。iPhone同士をかざすだけなので非常に簡単です。

電話帳だけでなく、写真やアプリも移行できますよ。詳しい利用手順は以下の通りです。

クイックスタートの手順

  1. 旧iPhone・新iPhoneを並べて起動する
  2. 「新しいiPhoneを設定」で「続ける」をタップ
  3. カメラを新iPhoneにかざす
  4. 旧iPhoneのパスコードを入力
  5. Apple PayやFace IDなど、その他の設定を行う

以上で完了です。注意点として、クイックスタートを使うにはWi-Fi環境かLightning-USBケーブルで旧・新iPhoneを繋ぐ必要があります。

Androidから中古iPhoneへデータ移動したい場合は、クイックスタートが使えません。以下の記事を参考に別の方法を試してみて下さいね。

電話帳を移行する方法【簡単版】電話帳の移行方法(Android・iPhone)

5.まとめ

中古iPhoneを使うときは、様々な注意点があります。中古ゆえに、新品購入ではあり得ない危険性があるので気を付けましょう。

購入先ですが、高価なiPhoneは保証が充実している中古販売店が無難です。フリマアプリは手軽ですが、トラブルも多いのであまりおすすめはしません。

購入した中古iPhoneは、SIMカードを入れて簡単な設定を行えばネットに繋がりますよ。

2021年おすすめの携帯会社とは?

【キャリアを選ぶなら】楽天モバイル

公式キャンペーン

 

3278円でデータ無制限、20GB以内のデータ消費に収まれば2178円以下に。現在、ポイント還元で実質0円で端末購入できます。
さらに、3ヵ月無料キャンペーン中(2021年4月~)。契約事務手数料&解約金は0円です。

レビューを見る

【格安SIMを選ぶなら】J:COMモバイル

公式キャンペーン

 

データ容量をあまり使わないなら、J:COMモバイルが狙い目です。最安980円(税込1078円)から。

iPhoneやGalaxyをセット購入できます。今なら、WEB申込み限定で3300円の契約事務手数料が0円です。

レビューを見る