iPhone 11を安く買うなら

一番賢い中古スマホの使い方とは?

中古スマホの使い方

中古スマホを活用したいけど、どうすればいいのか分からない・・

新品の3~7割引きで購入できる中古スマホ。その活かし方は様々です。

この記事では、中古スマホの使いみちから購入方法まで詳しく解説。中古スマホを購入する際の注意点も合わせて確認して下さい。

1.今大注目!400万人が中古スマホを選択

中古スマホってどれくらいの人が使っていますか?

ざっと400万人よ。
そんなに!?

新品ではとても手が出せない人気の機種でも、中古なら高くても7割ほど、安ければ半額程度で購入できる可能性があります。

iPhone、GALAXY、Xperiaなど、市場に出回る数が多い機種ほど、値下がりしやすいです。

中古スマホの利用者数ですが、国内で400万人(全体の約3%)と言われています。 スマホは毎年新たしいモデルが登場するため、値下がりした中古スマホを狙う人が後を絶たない状態です。

格安SIMの台頭もあり、中古スマホの需要は年々増えています。 また、フリマアプリの登場で、中古スマホの受け渡しが個人間でも簡単になったのも、普及を加速した要因です。


2.中古スマホの使い方おすすめ3選

中古スマホの使いみちって何がありますか?

大きく分けると3つね。

(1)Wi-Fi接続でアプリ専用機として使う

通常、携帯会社でスマホを購入するときは回線契約もセットです。ですが、中古スマホなら回線契約なしで端末だけ購入できます。

購入した中古スマホは、Wi-Fiで運用すれば回線契約をしなくてもネット接続できます。

用途としては、アプリ専用のサブ機として使えます。カメラ専用、ゲーム専用、電子書籍専用といった具合に、好きな用途で中古スマホを活かせますよ。

電話番号はありませんが、LINEやSkypeなどアプリ経由の通話なら可能です。

(2)au・ドコモ・ソフトバンクで持ち込み契約、機種変更ができる

中古スマホでも、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)にて持ち込み契約や機種変更が可能です。

持ち込み契約の場合は、SIMカード(回線)のみ契約する流れとなります。 やり方は、中古スマホを持ってキャリアショップに出向くだけ。

手持ちの端末で契約したい旨を伝えると、スタッフが端末に合ったSIMカードを用意してくれます。機種変更も同様の手順で手続きできます。

大手キャリアで中古スマホを使う際は、端末がSIMフリー化(SIMロック解除)されている必要があります。SIMロックがかかっていると、手続きできないため注意して下さい。

(3)一番お得なのは格安SIMを使うこと(SIMロック解除なしでもOK)

せっかく中古スマホで端末代金を節約したのなら、データ通信費用も安くしたいところ。

データ通信費は、格安SIMで大手キャリアのおよそ3分の1にできます。中古スマホ×格安SIMの組み合わせは最強です。

中古スマホで格安SIMを使う際は、SIMロックの条件に注意して下さい。SIMロックありの白ロムでも格安SIMを使えますが、端末と回線を同キャリアに合わせる必要があります。

中古スマホで格安SIMを使う条件

3.中古スマホはどこで購入できる?

肝心の購入方法がよく分かりません。

OK、中古スマホの購入について、注意点も合わせて解説するわね。

3-1.保証ありのオンラインストアがおすすめ

中古スマホの購入先は様々です。主に、オンラインストア、Amazon、フリマアプリ(メルカリなど)、中古販売店が代表的でしょう。

この中で、最も手軽かつ安全に購入できるのがオンラインストアです。個人ではなく、会社が運営しているため、面倒なトラブルに巻き込まれる心配もありません。

おすすめのオンラインストア

上記のオンラインストアなら保証もしっかりしていますし、大手なので品揃えも良いですよ。

3-2.個人間取引でもヤフオクなら保証を付けられる

個人間取引でも、ヤフオクなら中古スマホに保証を付けられます。利用できるのは、中古スマホあんしん補償です。

中古スマホあんしん補償

  • 月額500円(Yahoo!プレミアム会員は月額300円)
  • 2年間修理代金を100%補償
  • 紛失や盗難での買い替え代金を最大50%補償

ヤフオクは、中古スマホの出品数が非常に多いのも魅力的です。

なお、メルカリやモバオクには保証がありません。そのため、販売者の評価を見て購入することが大切です。

3-3.端末選びのポイントは2つ

中古スマホを選ぶ際は、

  • 発売日
  • メモリ

の2点を重視するといいです。

まず、発売日が2年以内であれば、最新アプリにはすべて対応しています。 2年以上古い端末は、アプリによって動作しにくい可能性があるため注意して下さい。

メモリは3GB以上が理想ですが、2GBが最低ラインです。 1GBになると、アプリの動作がカクつくので操作性が非常に悪くなります。

とりあえずメモリ2GBの基準を満たしている端末なら、CPUもそれなりですし使い物にならないことはまずありません。

その他、お好みのデザインやSNS映えを狙うならカメラ性能(1200万画素以上欲しいところ)も考慮して選びましょう。

3-4.中古スマホ購入前に確認すべき注意点

中古スマホを購入するときは、以下の3点をしっかりと確認して下さい。

  • 保証の有無
  • 端末の状態
  • ネットワーク利用制限

保証の有無を確認

中古スマホは、故障や不良品のリスクがどうしても高くなります。保証の有無だけでなく、保証期間についてもしっかりチェックしておきましょう。

端末の状態を確認

スマホ本体の寿命は3~5年ほど、バッテリーは2年経過すると徐々に劣化していきます。

あまり古い機種なら避けたほうが無難です。また、クリーニングの状況もよく確認しておきましょう。

ネットワーク利用制限がかかっていないか確認

ネットワーク利用制限(赤ロム)とは、以前の使用者が携帯料金の未払いや不正利用をした場合に、キャリアからかけられる制限のことです。オンラインストアなら、赤ロムに対する永久保証があるケースが多いです。

なお、ネットワーク利用制限は、製造番号(IMEI番号)が分かれば以下のサイトから確認できます。

ネットワーク利用制限のチェック

3-5.中古スマホ購入後はSIMカードをイン&APN設定

中古スマホを大手キャリアあるいは格安SIMで使う場合は、SIMカードのみ契約します。手元にSIMカードが届いたら、端末に挿入しましょう。

なお、SIMカードサイズは3種類(標準SIM・microSIM・nanoSIM)あるので、間違えて注文しないようご注意を。

SIMカードを指したら、ネット接続に必要な「APN設定」を行います。APN設定は、iPhoneならAPN構成プロファイルをインストールするだけ、AndroidはAPN情報を端末の設定アプリ内に入力します。

apn設定APN設定

専門用語が出てきて少し難しく感じたかもしれませんが、APN設定はマニュアル通りに進めれば、初心者向け3分程度で設定できますよ。

4.【まとめ】中古スマホを賢く使おう

日本で400万人以上が利用する中古スマホ。賢く活用すれば、大幅な節約になります。

中古スマホの使いみちは様々ですが、王道はやはり格安SIMでしょう。 データ通信費を2000円程度に抑えられるので、さらに節約効果は高まります。

中古スマホを購入する際は、端末の状態や保証の有無、SIMロックについてしっかりと確認して下さいね。

※1万円以下で新品のSIMフリースマホが買える?

端末セールを頻繁に行う格安SIM(MVNO)。最近は、新品のSIMフリースマホを1万円以下で販売することもあります。

最新機種のセール情報については、「SIMフリースマホのおすすめ比較」の記事を参考にして下さい。

スマホ代が3000円以下格安SIMの総合比較