AQUOS zero SH-M10を完全レビュー【スペックやカメラ性能を詳しく評価】

AQUOS zero SH-M10をレビュー

この記事のポイント

  • AQUOS zero SH-M10は、ハイスペックな日本製スマホが欲しい人に向いている
  • 軽量化により低く抑えられたスペック項目があるが、致命的なデメリットはない
  • 価格に対してインカメラがやや物足りないが、必要十分なクオリティの写真が撮れる

「AQUOS zero SH-M10が気になる・・詳しいレビューを見たい!」

シャープ渾身のフラッグシップ(ハイエンド)モデル「AQUOS zero SH-M10」。どんな端末か気になりますよね。

簡単に特徴を挙げると、世界最高クラスの軽量ボディでCPU・メモリともに高性能。価格はそれなりに高いのですが、スペック重視の方は十分に満足できます。

日本製ならではの、おサイフケータイやみちびきGPSに対応している点も魅力です。

この記事では、AQUOS zero SH-M10についてスペックやカメラ性能など徹底レビュー。メリットだけでなくデメリットも詳しく考察していきます。

このスマホの評価
コスパ
(3.5)
カメラ
(3.5)
操作性
(4.5)
スペック
(4.0)
バッテリー
(3.0)
総合評価
(3.5)

コメント

大きなデメリットはなく使いやすい機種。日本製独自のおサイフケータイやみちびきGPSを使いたいなら考慮すべき。

\最新のAQUOSが激安セール/

OCNモバイルONEのセールへ 

 

\中古美品で格安購入を狙う/

イオシスの価格を見る 

 

その他の購入先↓

1.AQUOS zero SH-M10のスペック

発売日 2019年4月9日
メーカー シャープ
重量 約146g
画面 6.2インチ
CPU Snapdragon 845
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
カメラ性能 アウト:2260万画素
イン:800万画素
外部メモリ
バッテリー容量 3130mAh
本体カラー ブラック
防水
おサイフケータイ
ワンセグ
DSDV

2.評判・口コミから分かるAQUOS zero SH-M10のメリット

AQUOS zero SH-M10って、どんな強みがありますか?

まず、日本製なのが特徴ね。海外にはない日本製独自の機能を使えるわ。その他、世界最軽量なのもメリットよ。
MEMO
口コミは価格.comから引用しています

①高性能なCPU&メモリでサクサク

AQUOS zero SH-M10は、最高クラスのCPU「Snapdragon845」に加えて6GBメモリを搭載しており超サクサクです。

CPUやメモリは、簡単に言えばスマホの性能そのものを指します。メモリは、作業机にどれだけモノを広げられるか?によく例えられます。

コア数やクロック周波数など初心者にとっては分からない専門用語が並びますが、CPUとメモリはざっくりいえばサクサク感に直結。

アプリを複数立ち上げると動作がもっさりする、あるいはゲームアプリのCG場面でカクカクする、といった問題が解消されます。

高度な処理を必要とするFPS系のゲーム(荒野行動など)でもぬるぬると動作。ちなみに6GBメモリはパソコンと同性能で、スマホの中では最高スペックに分類されます。

②6インチ台なのに軽量

AQUOS zero SH-M10は世界最高クラスの軽量ボディです。実際に触ってみると、その軽さに驚きます。

6.2インチの大画面サイズなのに、重量はわずか146g。通勤中、長時間動画や電子書籍を見ても手が全然疲れません。

重量比較

機種名 重量 ディスプレイ バッテリー容量
AQUOS zero SH-M10 146g 6.2インチ 3130mAh
iPhone 12 162g 6.1インチ 非公開
Galaxy S20 163g 6.2インチ 4000mAh
OPPO Reno3 A 175g 6.44インチ 4025mAh
Galaxy S20+ 186g 6.7インチ 4500mAh
iPhone 12 Pro 187g 6.1インチ 非公開
HUAWEI P40 lite 5G 189g 6.5インチ 4000mAh
Redmi Note 9S 209g 6.67インチ 5020mAh
Galaxy S20 Ultra 222g 6.9インチ 5000mAh
iPhone 12 Pro Max 226g 6.7インチ 非公開
ZenFone 7 235g 6.67インチ 5000mAh

軽量でも壊れやすいといったことはなし。ディスプレイは3D強化ガラスなので、そう簡単に壊れませんし側面フレームも頑丈です。

片手で持ちやすいよう、凹みのある設計になっている点もシャープらしい気遣いですね。

美しい有機ELディスプレイなのも高ポイントです。

③防水・おサイフケータイ・みちびきGPSに対応

AQUOS zero SH-M10は、最高レベルの防水性能(IPX8)を搭載。お風呂にスマホを持ち込みたいときや、アウトドアで使用する際に重宝します。

また、日本製独自のおサイフケータイ機能があるのもメリットです。

おサイフケータイの対応サービス

楽天Edy、モバイルSuica、モバイルWAON、モバイルJMB WAON、 nanacoモバイル、iD、QUICPay

スマホで改札をパスできるモバイルSuicaは超便利。楽天Edyも対応店が多いです。

その他、地味に嬉しいのがみちびきGPS(日本向けの衛星)対応。都心の方なら分かると思いますが、ビルに囲まれた場所ではマップアプリがちゃんと動作しません。

ですが、みちびきGPSならビルの間でも正確な位置を示してくれます。カーナビ代わりとしても心強いです。

3.評判・口コミから分かるAQUOS zero SH-M10のデメリット

逆に、悪い点はありますか?

カメラ性能が少し悪いのと外部メモリが使えないのがデメリットね。

①インカメラ性能が最高ではない

AQUOS zero SH-M10のインカメ性能は800万画素。綺麗な写真が撮れまし補正機能もあり。

ただし、8万円レベルのインカメラにしては少し物足りなさが残ります。

例えば、HUAWEIなら3万円台の機種でもインカメの画素数は1600万超え。画素数だけでカメラ性能は語れませんが、この差は大きいです。

アウトカメラは美しい

ややインカメラの性能は物足りないAQUOS zero SH-M10ですが、アウトカメラは十分な美しさです。

SH-M10で撮った写真

引用元:AQUOS公式

ノイズリダクション機能により、夜景撮影時のザラつきを抑えてくれます。動画も4K対応で綺麗です。

②micro SD&イヤホン端子が無い

地味に手痛いのが、micro SDスロットが無いこと。外部メモリを使えるのは、iPhoneに対してAndroid端末の優位性だったので残念です。

ちなみに、前作のAQUOS R2 compact SH-M09では、micro SDが使えました。

イヤホン端子も含め外部メモリが無くなった理由は、軽量化が原因でしょう。世界最軽量にこだわったあまり、弊害となったわけです。

イヤホンを使いたい方は無線式(Bluetooth接続)のワイヤレスタイプを購入しましょう。

4.AQUOS R2 compact SH-M09と比較

発売日が近いAQUOS R2 compact SH-M09はSH-M10と何が違うのでしょうか。両者を比較してみました。

AQUOS R2 compact SH-M09とスペック比較

SH-M10 SH-M09
発売日 2019年4月9日 2019年2月21日
メーカー シャープ シャープ
重量 約146g 約135g
画面 6.2インチ 5.2インチ
CPU Snapdragon 845 Snapdragon 845
メモリ 6GB 4GB
ストレージ 128GB 64GB
カメラ性能 アウト:2260万画素
イン:800万画素
アウト:2260万画素
イン:800万画素
外部メモリ microSD
バッテリー容量 3130mAh 2500mAh
本体カラー ブラック ホワイト
ブラック
防水
おサイフケータイ
ワンセグ
DSDV

端末価格は、SH-M09がおよそ1万円安いです。ただし、SH-M10はメモリ・ストレージ・バッテリー容量が強化されているので、高性能を求めるならSH-M10が向いています。

SH-M09は端末名にコンパクトと付いている通り、小さなサイズが魅力。手の中にすっぽり収まる5.2インチサイズは、子供や女性にぴったりでしょう。

AQUOS R2 compact SH-M09をレビューAQUOS R2 compact SH-M09を徹底レビュー【電池持ち・カメラ性能・デメリットが分かる】

5.AQUOS zero SH-M10がおすすめな人・おすすめでない人

結局、どんな人がSH-M10を購入すべきですか?

おすすめな人をまとめたわ。一つでも当てはまるなら買いよ。

メリット・デメリットを踏まえて、AQUOS zero SH-M10がおすすめな人・おすすめでない人を以下にまとめました。

おすすめな人

  • ハイスペックな日本製のSIMフリースマホを使いたい
  • 防水・おサイフケータイ・みちびきGPSに惹かれる
  • 軽量でサクサク操作できるスマホが欲しい

 

おすすめでない人

  • 性能にこだわりがなく安いスマホが欲しい
  • micro SD・イヤホンジャックなしがどうしても気になる
TOPIC
発売当時(2019年4月)の評価

AQUOS zero SH-M10は、スペックに優れた日本製のSIMフリースマホが欲しい方に向いています。

防水機能・おサイフケータイ・みちびきGPSが使えるのも強み。デメリットとしてインカメラの性能不足を挙げましたが、厳しく見かねればさほど気になりません。

カメラを重視する方でも十分に満足できるはずです。

ちなみに、ベンチマークスコアは22万点を超えており新型iPhoneに匹敵するハイスペックです。軽量化のためバッテリー容量は抑えられていますが、1日電池持ちするので問題なし。

指紋認証・顔認証・エモパー(AIアシスタント)・4K動画・ハイレゾにも対応。致命的なデメリットは見当たりません。

\最新のAQUOSが激安セール/

OCNモバイルONEのセールへ 

 

\中古美品で格安購入を狙う/

イオシスの価格を見る 

 

その他の購入先↓

6.まとめ

AQUOS zero SH-M10は、最高クラスの軽さに加えてCPUやメモリなどハイスペックな性能を併せ持ちます。

おサイフケータイや防水に対応しており、日本製ならではの安心感あり。

SIMフリースマホを使ってみたいけど、HUAWEIやASUSは怖い・・。そんな方にも向いている機種です。

ユーザーの評判・口コミも高評価。ハイスペックな日本製スマホが欲しい方は、ぜひ検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。