楽天モバイル

楽天モバイルには3日間の通信制限(速度制限)があるのか完全調査

楽天モバイルの通信制限

楽天モバイルには通信制限はあるの・・・?

快適なデータ通信の邪魔をする通信制限(速度制限)。誰もが経験する通信制限ですが、引っかかると本当に厄介ですよね。

この記事では楽天モバイルの通信制限について徹底解説。3日間速度制限の有無から通信制限にかからないコツまで解説しています。ぜひ、参考にして下さいね。

1.楽天モバイルに通信制限はある?

さっそく、通信制限の有無について見ていきましょう。

1-1.3日間の速度制限は撤廃

楽天モバイルでは3日間の通信制限がありません。実は、以前は施行されているのですが、2017年3月1日より完全に撤廃されました。

ちなみに、以前の通信制限の内容は以下の通りです。

以前の3日間速度制限の内容

制限のあるプラン データ消費量
3.1GBプラン 540MB
5GBプラン 1GB
10GBプラン 1.7GB

3日制限があったのは組み合わせプランとコミコミプラン(現在は廃止)です。
上記は組み合わせプランの内容を記述しています。3.1GBプランは540MBで通信制限されていたので結構厳しい条件でした・・・。

しかし、現在は楽天モバイルの全プラン(組み合わせプラン・スーパーホーダイ)で3日間の速度制限がありません。短期間で大量にデータ消費しても速度が落ちることは無いので安心して下さい。

1-2.基本データ容量は使い切れば通信制限

毎月契約している基本データ容量を使い切れば、当然ながら通信制限にかかります。翌月になるまで制限は解除されません。

通信制限時の速度ですが、契約する料金プランによって変わります。

通信制限時の速度

  • 組み合わせプラン:200kbps
  • スーパーホーダイ:1Mbps

組み合わせプランとは、オプションが何もつかないシンプルな料金プランです。スーパーホーダイはかけ放題込み料金プランとなります。

スーパーホーダイ

プランS プランM プランL
月額料金 1980円 2980円 4980円
月額料金
(2年目以降)
2980円 3980円 5980円
データ通信量 2GB 6GB 14GB
通話 5分かけ放題

組み合わせプラン

データ通信量 通話SIM 050データSIM データSIM
ベーシック 無制限 1,250円 645円 525円
3.1GB 3.1GB 1,600円 1020円 900円
5GB 5GB 2,150円 1570円 1450円
10GB 10GB 2,960円 2380円 2260円
20GB 20GB 4,750円 4170円 4050円
30GB 30GB 6,150円 5520円 5450円

楽天モバイルはスーパーホーダイの方を優遇しているため、通信制限時の速度を両者で変えたのだと思われます。スーパーホーダイは通信制限にかかっても1Mbps。この速度は高速通信の範囲です。なお、組み合わせプランの200kbpsは大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と同じ通信制限の速度となります。

1-3.スーパーホーダイは実測値でも1Mbps出る

通信制限になっても1Mbpsが出るスーパーホーダイ。にわかに信じられませんよね。
そこで、実際にスーパーホーダイの通信制限時の速度を測ってみたのですが、確かに1Mbpsが出ていました。しかも、1日を通して安定して1Mbps出ているため速度制限されているにも関わらずテザリングを使うこともできます。

通信制限時でも1Mbpsの速度が出るのは、すべての格安SIMで楽天モバイルだけです。他社は200kbpsとなります。あまり宣伝されていませんが、楽天モバイルを選ぶべき大きな理由に挙げることができるでしょう。

ちなみに、1Mbpsあれば日常使いに困らない程度のデータ通信は行なえます。

1Mbpsで出来ること

  • テザリング(WEB閲覧可)
  • 普通画質・低画質の動画再生
  • LINE(通話含む)
  • 動作の軽いゲームアプリ

逆に1Mbpsでできないことは、高画質動画の再生とアプリのダウンロード・更新でしょうか。通信制限された時のイライラはほとんどありません。通信制限を気にするなら、組み合わせプランではなくスーパーホーダイを申し込むといいですよ。

スーパーホーダイの詳しいサービス内容やユーザーの評判は以下の記事でまとめています。

あわせて読みたい
楽天モバイル スーパーホーダイ
楽天モバイルのスーパーホーダイを実際の評判から通信速度まで全解説楽天モバイルでスーパーホーダイって評判いいの・・・? 楽天モバイルでは、かけ放題がセットになったスーパーホーダイが契約できます。楽...

1-4.通信制限後にデータチャージ可能

通信制限にかかったら翌月まで低速で耐えしのぐ必要があります。しかし、どうしても翌月まで待てない場面もありますよね。そんな場合は、高速通信容量のデータチャージ(リチャージ)を使いましょう。

データチャージの金額

  • 100MB:300円
  • 500MB:550円
  • 1GB:980円

データチャージの方法はメンバーズステーションか専用アプリから行います。メンバーズステーションは「オプションサービスの申し込み」→「LTE高速通信容量確認・追加・履歴」をタップ、専用アプリ(楽天モバイルSIMアプリ)は、トップ画面から「データチャージ」をタップすれば追加容量の申し込みができます。

ピンチな時に便利なデータチャージですが、料金は割高です。楽天モバイルの1GBあたりの相場はおよそ500円。データチャージは約2倍の金額となっているため、利用する際はあくまでも緊急時のみに留めておきましょう。

2.楽天モバイルで通信制限にかからないための対策法

楽天モバイルで通信制限にかかるのを防ぐためには、以下のポイントを押さえましょう。

2-1.毎週データ残量を確認する

通信制限にかからないためには、データ残量の確認が欠かせません。今月はあとどれくらいデータ通信量を使用できるのか1週間に1回でいいので、現在のデータ残量をチェックしましょう。家計簿と同じで残金をチェックして頭に意識しておくことで、使いすぎを防止することができます。

データ残量の確認方法ですが、楽天モバイルSIMアプリの利用がおすすめです。わざわざメンバーズステーション(マイページ)にログインしなくてもアプリを立ち上げただけでデータ残量を確認できます。

以下が楽天モバイルSIMアプリのトップ画面です。

楽天モバイルsimアプリ データ消費確認

楽天モバイルSIMアプリのトップ画面

アプリを立ち上げた瞬間に大きな文字でデータ残量を確認することができますよ。

2-2.低速モードでデータ消費を節約

楽天モバイルでは低速モードと呼ばれる節約機能が使えます。低速モードとは、通信速度を200kbpsに抑える代わりにデータ消費量を0に節約する機能です。スーパーホーダイは最低速度が1Mbpsなので使わなくてもいいのですが、組み合わせプランの方は重宝できます。

高速・低速の切り替えはメンバーズステーション(マイページ)よりも、楽天モバイルSIMアプリの方が便利です。アプリを使った低速モードの切り替えは、トップ画面の「高速データ通信」をON/OFFするだけ。非常に簡単です。

楽天モバイルsimアプリ 低速切り替え

トップ画面からワンタップで低速切り替えができる

200kbpsの通信速度でもテキスト中心のニュースサイトは閲覧可能。また、Instagramはやや厳しいですが、Twitter、Facebookなら閲覧できます。LINEは通話・メッセージともに問題ありません。毎週データ消費量を確認しながら今月はちょっとヤバそう・・・と思ったら低速モードを使ってデータ通信量の消費を節約しましょう。

なお、楽天モバイルの低速モードは一時的に通信速度を速めるバースト機能に対応しています。バーストとは最初の数秒だけ高速通信になる機能のことです。バースト機能に対応しているせいか、低速でも思ったより快適にWEBサイト閲覧や普通画質動画の再生ができますよ。

2-3.Wi-Fiスポットの活用

最も基本的なデータ消費量の節約方法がWi-Fiスポットの活用です。楽天モバイルでは有料オプションの「楽天モバイルWiFi by エコネクト」が用意されていますが、街中の無料Wi-Fiスポットだけでもかなりのデータ消費量を節約できます。

無料Wi-Fiスポットが置かれている場所は以下の通り。

  • カフェ(スターバックス、タリーズ、ドトール、ルノアールなど)
  • ショッピングモール
  • コンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)
  • 公共機関(空港・駅・バス)

利用シーンとしては外でポケモンGOを遊ぶ際にできるだけショッピングモールに近づいてWi-Fiを拾う、あるいは外で動画視聴を楽しみたい時にカフェでコーヒーを1杯注文してWi-Fiに接続する、といった使い方がおすすめです。

データを大きく消費するのは、アプリのダウンロード、オンラインゲーム、動画視聴の3つです。音楽アプリやWEBサイト閲覧はそこまで大きなデータ消費量ではありません。データを大きく消費しそうな時は周りに無料Wi-Fiスポットが無いか見回してみましょう。

W-Fiに接続できれば、データ消費はもちろん0。通信速度に怯えること無く、データ通信を楽しめますよ。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、楽天モバイルの通信制限について詳しく解説してきました。基本データ容量を使い切れば当然ながら通信制限となりますが、3日間の速度制限は無いため特に不便はありません。

頻繁に通信制限にかかる方は、プラン変更することも大切ですが、工夫次第でデータ消費量を節約することができますよ。記事を参考に通信制限を事前に回避してみてくださいね。

楽天モバイルの注目記事
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。