IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)で使えるプリペイドパックの使い方

iijmioのプリペイドSIM

IIJmio(みおふぉん)ではIIJmioプリペイドパックが用意されています。支払いはプリペイド式なので、短期間だけ契約したい方向けのプランです。

この記事では、IIJmioプリペイドパックについて詳しいサービス内容から使い方まで徹底解説していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.IIJmioプリペイドパックとは?

IIJmioプリペイドパックとはプリペイド式で契約できる短期契約向けのSIMカードです。詳しいサービス内容を見ていきましょう。

1-1.契約手続きなしで今すぐ使える

IIJmioプリペイドパックの最大の魅力は、面倒な契約手続きが不要なことです。仕組みは、2GBのデータ通信量が付属したIIJmioプリペイドパックをパッケージ購入します。その後、簡単な開通手続き(やり方は次章にて)を行えばすぐに利用開始できます。契約手続きはもちろん、クレジットカードの登録も不要です。

活用シーンとしては、

  • 日本に短期滞在する外国人が利用
  • 友人・家族にデータ通信量(2GB)のプレゼント
  • IIJmioの通信速度を試したい
  • 今すぐSIMカードが欲しい

といった場合に使えます。

1-2.パッケージ価格は2GBで3791円

IIJmioプリペイドパックはデータ通信量2GBで3791円となります。あらかじめチャージされたSIMカードがパッケージに封入されているため、これ以上の金額はかかりません。2GBのデータ通信量を使い切った後は、コンビニで販売しているIIJmioクーポンカードからリチャージ(容量追加)が可能です。

IIJmioクーポンカード

  • 500MB:1500円
  • 2GB:3000円

同じ2GBでもリチャージ分の方が割安価格となっています。

1-3.IIJmioプリペイドパックのメリット

IIJmioプリペイドパックには以下のメリットがあります。

  • 面倒な契約手続きが不要
  • コンビニでクーポンカードを購入可能
  • サポートページがある
  • 通常契約に切り替えできる

面倒な契約手続きが不要なのは先に述べた通り。今すぐSIMカードを使いたい方に向いています。コンビニでクーポンカードを購入すればリチャージも可能です。

また、IIJmioプリペイドパックの購入、あるいはリチャージした日から4ヶ月後の月末までなら通常契約(IIJmioモバイルサービス)へのアップグレードが可能です。普通に契約する時と比べてアップグレードは3000円の契約事務手数料が無料となる特典があります。

通常契約にアップグレードした後は、IIJmioプリペイドパックに残っているデータ通信量からデータ消費していきます。

1-4.IIJmioプリペイドパックのデメリット

メリットだけではなく、IIJmioプリペイドパックには以下のデメリットがあります。

  • 通話機能は利用できない
  • 選べる回線はタイプDのみ
  • 使用できる端末はドコモ・SIMフリー端末のみ
  • 利用料金が割高

IIJmioプリペイドパックはデータ通信専用SIMのみ利用可能です。通話機能がある音声通話SIMのプリペイドはないため気を付けて下さい。LINE通話やIP電話ならIIJmioプリペイドパックでも利用可能です。

また、IIJmioプリペイドパックはタイプD(ドコモ回線)のみの提供となります。そのため、使用できる端末はドコモ端末とSIMフリー端末のみ。au・ソフトバンク端末は利用できません。iPhoneはドコモ版であれば利用可能です。

そして、IIJmioプリペイドパック最大のデメリットなのが、利用料金が通常契約と比べて割高なことです。IIJmioを通常契約すると、月額900円で3GBのデータ通信量が使えます(2GB以下のプランは無い)。

しかし、IIJmioプリペイドパックは2GBで3791円。通常契約なら1GBあたり300円なのがプリペイドなら1GBあたり1896円。6倍以上も高くなっているのです。プリペイドの短期契約なので割高なのは仕方ありませんが、6倍の金額差はさすがに購入をためらいます。

IIJmioプリペイドパックを使う際は必ず短期で契約を終了しましょう。あるいは、IIJmioの公式サイトにて最初から通常契約するのもありです。同じデータ通信専用SIMなら、通常契約でも解約金・最低利用期間はありませんよ。

2.IIJmioプリペイドパックの利用方法

IIJmioプリペイドパックは、

  • IIJmioプリペイドパックを購入する
  • 開通手続きとAPN設定を行う

の2ステップで利用可能です。ここから、具体的な使用方法について解説していきます。

【STEP1】IIJmioプリペイドパックを購入する

IIJmioプリペイドパックは家電量販店かネット通販から購入できます。

IIJmioプリペイドパックの販売店

■家電量販店

  • ヤマダ電機
  • ヨドバシカメラ
  • TSUKUMO
  • イーブーム
  • ベスト電器
  • じゃんぱら
  • PC DEPOT
  • エコたん
  • Joshin

■ネット通販

  • Amazon
  • エコたん.jp
  • イーベスト
  • ヤマダ電機WEB.com
  • Joshinネットショッピング
  • じゃんぱら
  • ツクモ ネットショッピング
  • ヨドバシ・ドット・コム

価格はどこも3791円です。執筆時点では、Amazonだけ3718円で数十円ですが他より安かったです。購入する際はSIMカードサイズに気を付けましょう。標準・nano・microから手持ちの端末に合うSIMカードサイズを選びます。iPhoneを使う場合は、nanoを選択してください。

なお、ビッグカメラ、ソフマップ、コジマで販売しているIIJmioプリペイドパック for BIC SIMも、通常のIIJmioプリペイドパックのまったく同じパッケージ内容となります。

訪日外人向けのプリペイドSIMも購入可能

IIJmioでは旅行に訪れた訪日外人向けに、日本全国で使えるプリペイドSIMを販売しています。データ通信量は1GBと2GB(フルMVNO版は1.5GBと3GB)が利用可能です。こちらのプリペイドSIMもコンビニで購入できるIIJmioクーポンカードでリチャージが可能です。JAPAN TRAVEL SIM解説ページ(英語)より確認して下さい。

※日本から海外へ旅行する方向けのプリペイドSIM

日本から海外へ旅行、出張に行く方はIIJmio海外トラベルSIMを利用できます。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

海外でiijmioを使う
IIJmioを海外で使う!海外SIM・国際ローミングの利用方法IIJmio(みおふぉん)を海外で使う方法を解説。IIJmio海外トラベルSIMの利用方法から、国際ローミングを使った国際電話のかけ方・通話料金まで詳しく解説しています。...

【STEP2】開通手続きとAPN設定を行う

IIJmioプリペイドパックを購入できたら、SIMカードを有効化するため開通手続きとAPN設定を行います。開通手続きは、IIJmioオンデマンド開通センターに連絡するだけです。

■IIJmioオンデマンド開通センター:0120-711-122(9:00~19:00、年中無休)

自動音声が流れるので、指示に従って開通手続きを行いましょう。手続き後、約3分で開通します。開通手続きが終わったら、データ通信するために必要なAPN設定を行います。

APN設定のやり方は以下の通りです。

AndroidにAPN設定

  1. 「設定」をタップ
  2. 「モバイルネットワーク」をタップ
  3. 「アクセスポイント名」をタップ
  4. 画面右上の「+マーク」をタップ
  5. 「アクセスポイントの編集」でAPNを入力
  6. 「保存」をタップ

アクセスポイントの編集で入力するAPNは以下の通りです。

(1)名前 任意の名前
(2)APN iijmio.jp
(3)ユーザ名 mio@iij
(4)パスワード iij
(5)認証タイプ PACまたはCHAP

iPhoneにAPN設定

  1. 他社のAPN構成プロファイルを削除する
  2. Wi-Fiに接続する
  3. APN構成プロファイルをダウンロードする
  4. APN構成プロファイルの表示を「許可」する
  5. 「インストール」をタップ
  6. パスコードを入力
  7. 承諾画面で「次へ」をタップ
  8. 警告画面で「インストール」をタップ
  9. インストール完了画面で「完了」をタップ

APN設定に関して詳しくは、以下の記事で図説にて解説しているので参考にしてください。APN設定が終わったら、IIJmioプリペイドパックでデータ通信が可能となります。サポートページにログイン(パッケージに記載されているSIMカード電話番号とパスコードを入力)すれば、データ残量をチェックできますよ。

2-3.リチャージの方法

基本データ容量(2GB)が無くなったら、同じSIMカードでリチャージできます。リチャージすれば、再び高速通信が可能となります。リチャージするには、IIJmioクーポンカードを購入します。コンビニや家電量販店から購入可能です。

IIJmioクーポンカードの価格

  • 500MB:1500円
  • 2GB:3000円

IIJmioクーポンカードの販売店

  • ヨドバシカメラ
  • ドン・キホーテ
  • 東海キヨスク
  • ノジマ
  • ミニストップ
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 大学生協
  • ソフマップ
  • ビッグカメラ
  • コジマ

ソフマップ、ビッグカメラ、コジマ、ファミリーマートはIIJmioクーポンカード for BIC SIMとなりますが、内容は同じです。IIJmioクーポンカードを購入できたら、サポートページにログイン。クーポンカードに記載されているクーポンコードを入力すればリチャージ完了です。

なお、購入したクーポンカードは必ず6ヶ月以内にリチャージしてください。6ヶ月を過ぎると無効となります。

デジタルのクーポンカードなら10GBまでリチャージできる

コンビニの発行機(ローソンのロッピーなど)を使えば、デジタルでIIJmioクーポンカードを購入できます。デジタルのIIJmioクーポンカードは発行機からクーポンコードが書かれたチケットを受け取る仕組みです。

友人にクーポンコードだけを伝えてデータ通信量をプレゼントすることもできます。デジタル式だと、2GBまでしかリチャージできなかったIIJmioクーポンカードが最大10GBまでリチャージできます。

IIJmioクーポンカード・デジタルの価格

  • 500MB:1500円
  • 2GB:3000円
  • 5GB:5400円
  • 10GB:9400円

デジタルでクーポンコードが発行できるコンビニ

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ミニストップ
  • ファミリーマート

2-4.IIJmioプリペイドパックの注意点

IIJmioプリペイドパックを使用する際は以下の2点に注意しましょう。

(1)利用期限切れに注意

IIJmioプリペイドパックには利用期限があります。

  • 基本データ容量(2GB):開通から3ヶ月
  • IIJmioクーポンカード:3ヶ月

利用期限が切れると購入したデータ通信量が無効となるため注意して下さい。

(2)使用後はSIM返却が必要

IIJmioプリペイドパック利用後、不要となったSIMカードは指定の住所へ返却する必要があります。

SIMカードの返却先

〒143-0006
東京都大田区平和島3-6-1
東京団地倉庫A-2 棟 住友倉庫内 IIJ モバイル 解約受付センター

送料は自己負担です。あまり大きな声では言えませんが、返却しなくても特にペナルティはありません。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、IIJmioプリペイドパックについて詳しく解説してきました。短期でSIMカードを使用したいなら、手続き不要のIIJmioプリペイドパックが便利です。近くの店舗でパッケージを購入すれば、即日開通することも可能ですよ。

注意点として、IIJmioプリペイドパックはドコモ回線を使うため、大手キャリアの端末はドコモしか対応していません。ドコモ版以外はSIMフリー端末で利用しましょう。リチャージ後も3ヶ月の有効期限があることをお忘れなく。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。