IIJmio(みおふぉん)

IIJmioを海外で使う!海外SIM・国際ローミングの利用方法

海外でiijmioを使う

IIJmio(みおふぉん)は海外でも使えるのか気になりますよね。

結論から言うと、IIJmioでは渡航先でも国際電話が使えます。また、IIJmio海外トラベルSIMならプリペイド式で海外でもインターネットが利用可能です。

この記事では、IIJmioを海外で利用するための方法について具体的に解説しています。これから海外旅行や海外出張に行かれる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

【IIJmioの概要】

\【2018年版】完全レビューをチェック/

詳しくはこちら>>

  • 約50種類の端末が揃う
  • ファミリーシェアプランで家族割
  • au・ドコモ回線から選べる
  • 毎月キャンペーンあり
  • 新型iPhoneの持ち込み契約可

IIJmioの公式サイト

1.IIJmioは海外で使えるの?

さっそく、海外で格安SIMを使う方法について見ていきましょう。

1-1.国際ローミングで海外通話できる

IIJmioに音声通話SIMで契約すれば、国際ローミングにて海外でも通話が可能です。国際ローミングとは、現地と国内の通信事業者が提携して海外でも通話ができるサービスのことです。

国際ローミングの申込みは不要です。オプション料金もかかりません。対応エリアですが、タイプAはauの通信網、タイプDはドコモの通信網に準じます。主要国全般はもちろん、日本と国交がある国なら、ほぼすべて国際電話が可能です。

国際ローミングを使用する際は、発信時に+マークと相手の国番号を付けてから電話をかけて下さい。日本に電話をかけるなら、+81となります。

1-2.国際電話の通話料金

国際電話の通話料金は相手国によって変わります。参考までにタイプDの通話料金を載せておきます。

タイプDの国際電話料金(30秒あたり)

  • アメリカ:34円
  • 韓国:57円
  • 中国:57円
  • シンガポール:68円
  • タイ:68円
  • フィリピン:68円
  • インド:148円
  • オーストラリア:68円
  • イギリス:108円
  • イタリア:108円
  • フランス:108円
  • ロシア:108円

国内の通話料金は20円/30秒なので、やはり国際電話は高いことがよく分かります。

1-3.みおふぉんダイアルなら一律10円/30秒

IIJmioに契約すれば無料で使えるみおふぉんダイアル。国際ローミングではなく、みおふぉんダイアルで通話すれば国際通話料金をかなり安くできます。みおふぉんダイアルの国際通話料金は一律10円/30秒。発信方法は国際ローミングと同じで相手先の電話番号に国番号を付けて発信します。

みおふぉんダイアルはLINEやskypeと違って、相手がアプリを立ち上げていなくてもいいのが利点です。ただし注意点として、通話できる相手国は限られています。

みおふぉんダイアルで国際電話ができる国

韓国、香港、シンガポール、中国、台湾、マカオ、フィリピン、ブルネイ、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム、アラスカ、アメリカ、カナダ、ブラジル、ハワイ、グアム、サイパン、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、ドイツ、イギリス、イタリア、バチカン、ベルギー、ギリシャ、オランダ、スペイン、スイス、ロシア

1-4.着信者も通話料金が必要?

海外で着信する場合は、発信者だけでなく着信者も通話料金がかかります。通話料が発生するケースとしては、日本の家族・友人からの電話を海外で受け取るとき、そして一緒に海外旅行している友達と現地で通話する場合です。

  • 海外で着信:着信者に通話料発生
  • 日本で着信:着信者の通話料なし

海外に滞在している相手に電話をかけるときは、相手に迷惑がかからないよう長電話には注意しましょう。

1-5.メッセージはSMSを利用

IIJmioでは音声通話SIMに契約すると、SMS(ショートメッセージサービス)機能が使えます。SMSは全角71文字までの送信が可能(端末によっては全角670文字まで可)。国内だけでなく海外にも送受信できます。

海外へSMSを送受信する際の利用料金

■送信料

  • タイプD:50円~500円
  • タイプA:100円

■受信料

  • タイプD:無料
  • タイプA:100円

送信料はタイプDが文字数による従量制で、タイプAが一律料金となります。注意したいのは受信料。タイプDは無料ですが、タイプAは受信側にも利用料金が発生します。なお、SMS付きデータ通信専用SIMは国際ローミング機能がないため、海外でのSMS利用は不可となります。

1-6.データ通信はWi-FiレンタルかプリペイドSIMを使う

通話は国際ローミングに対するIIJmioですが、データ通信はどうすればいいのでしょうか?

残念ながら、データ通信は国際ローミングに対応していません。そのため、別の手段が必要です。

海外でデータ通信を行うには、

  • 海外用のモバイルWi-Fiルーターをレンタルする
  • IIJmio海外トラベルSIM(プリペイドSIM)を使う

のどちらかがおすすめです。海外用のモバイルWi-Fiルーターは日本の空港でレンタルできるグローバルWi-Fiがおすすめです。プリペイドSIMより通信速度は劣りますが、Wi-Fi接続なので面倒な設定が不要です。快適なデータ通信を求めるなら、プリペイドで使えるIIJmio海外トラベルSIMがおすすめです。

モバイルWi-Fiルーターよりも通信品質が良く、2台持ちする手間もかかりません。ただし、SIMカードが変わるため自分の電話番号が使えないデメリットがあります。海外の滞在中に、自分の電話番号で着信できないと困る方には向いていません。

モバイルWi-Fiルーター

■メリット

  • 面倒な設定が不要
  • 空港で受け渡しができる

■デメリット

  • 通信速度が不安定
  • 端末が2台持ちになる

IIJmio海外トラベルSIM

■メリット

  • 通信品質が良い
  • 端末が1台にまとまる(テザリングも可)

■デメリット

  • 自分の電話番号が使えない
  • APN設定が必要

2.IIJmio海外トラベルSIMの使い方

海外で利用できるIIJmio海外トラベルSIMとは、どのようなサービスなのでしょうか?

ここでは、申込み方法から利用料金までIIJmio海外トラベルSIMの具体的な使い方を解説していきます。

2-1.IIJmio海外トラベルSIMとは?

IIJmio海外トラベルSIMとは、対象国(42カ国)で利用できる海外用のプリペイドSIMです。

IIJmio海外トラベルSIMの対象国一覧

中国、インドネシア、マレーシア、シンガポール、韓国、台湾、タイ、香港、マカオ、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、イギリス、スイス、カナダ、アメリカ(グアム除く)、オーストラリア、ニュージーランド

日本語のサポート付きでスマホ・タブレットに使用できます。テザリングも利用可能。また、データ通信量を使い切ったらリチャージできるのも便利です。注意点として、端末はSIMフリースマホしか使えません。大手キャリア(au・ドコモ・ソフマップ)は「SIMロック解除の手続き」が必要です。

SIMカードのタイプはデータ通信専用SIMと音声通話SIMが選択できます。音声通話SIMはMNPができず指定の電話番号を使用します。

2-2.料金体系

IIJmio海外トラベルSIMの料金体系は以下となります。

初期費用

  • パッケージ価格:3000円
  • スタートパック料金:データ通信専用SIM 3850円 / 音声通話SIM 4600円

※スタートパック料金の内容

  • データ通信量:500MB
  • 有効期限:14日
  • 通話時間:30分
  • SMS:25通

リチャージ

■データ通信専用SIM

  • 100MB:500円(有効期限1日)
  • 500MB:3850円(有効期限14日)

■音声通話SIM

  • 100MB・通話6分・SMS5通:1000円(有効期限1日)
  • 500MB・通話30分・SMS25通:4600円(有効期限14日)

初期費用はパッケージ価格+スタートパック料金が必要です。データ通信専用SIMは6850円、音声通話SIMは7600円となります。かなり割高に感じますが、他社の海外用プリペイドSIMと比べると1300円程度安いです。

スタートパック料金に含まれているデータ通信量や通話時間を使い切ったらリチャージが可能です。リチャージは会員ページからネットで申し込みできます。

2-3.申込み・設定方法

パッケージは家電量販店かこちらのIIJmio海外トラベルSIMの申込みページから購入可能です。スタートパックは含まれていないので、この時点ではパッケージだけの購入となります。WEBで購入する場合は配送に3日程度かかるので、出国ギリギリに申し込まないよう注意して下さい。

手元にパッケージが届いたら、マニュアルの記載通りにAPN設定を行います。もし、繋がらない場合は日本語サポートが利用可能です。ネット接続を確認できたら、会員ページからスタートパックを購入。以上の流れでIIJmio海外トラベルSIMの利用を開始できます。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、IIJmioを海外で利用する方法について詳しく解説してきました。通話に関してはタイプD、タイプAともに国際ローミングに対応しているため心配は無用です。みおふぉんダイアルを使えば、通話料金を節約することが可能ですよ。

データ通信はモバイルWi-FiルーターのレンタルかIIJmio海外トラベルSIMの購入で対応しましょう。IIJmio海外トラベルSIMを購入する際は、出国から1週間程度は余裕を持って手続きして下さいね。

【IIJmio】玄人好みの高品質
iijmioのロゴ
  • 約50種類の端末が揃う
  • ファミリーシェアプランで家族割
  • au・ドコモ回線から選べる
  • 毎月キャンペーンあり
  • 新型iPhoneの持ち込み契約可

※大手キャリアから乗り換えると、スマホ代が月4000円(年間5万円)程度安くなります

詳細ページ公式ページ

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。