格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

故障したらどうする?格安スマホの修理方法と保証のすべて

壊れたスマホ

格安スマホの修理ってどうすればいいの・・・?

大手キャリアと違い、自己責任となる格安スマホの修理。どんなに気をつけても、うっかり地面に落としたり、飲み物をこぼしたりして、故障する可能性があります。

この記事では、格安スマホの修理方法や、MVNO(格安スマホ会社)で利用できる保証サービスをご紹介。その他、あらゆる修理方法を解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.格安スマホの修理方法

格安スマホが壊れた場合の主な対処方法は、

  • メーカー保証
  • MVNOの保証サービス

を利用します。

メーカー保証とは、購入した格安スマホ端末のメーカーに直接お問い合わせする修理方法です。保証期間内なら無料で修理できます(通常は1年保証)。

MVNO(格安スマホ会社)の保証サービスとは、オプションで加入した端末保証サービスを利用して修理依頼する方法です。こちらは有料のオプション加入が必要です。

その他の修理方法としては、

  • 民間の修理会社に依頼
  • 家電量販店の保証サービス
  • モバイル保険サービス

などがあります。

それぞれの詳しい修理方法については、次章以降に詳しく解説していきます。

※メーカー修理とMVNOの保証サービス以外は自己責任

民間の修理業者を利用する場合や、自分で端末を修理する場合は、すべて自己責任となります。特にネットの解説などを見ながら自分で修理する場合は要注意です。

悪意がなくても、端末の改造を取り締まる電波法に違反してしまう可能性があります。現在のところ、電波法違反による逮捕者は出ていませんが、リスクがあることは理解しておきましょう。

2.メーカー保証

格安スマホ端末(SIMフリースマホ)には1年間のメーカー保証が付いています。期間内なら無料で修理を受けることが可能です。

2-1.修理の流れ

  1. メーカーに問合せて修理依頼を出す
  2. 故障した端末をメーカーに送る
  3. メーカーから見積もりをもらう
  4. 修理完了後、メーカーから端末を受け取る

メーカーへのお問い合わせ先は端末の説明書や公式サイトに記載されています。

端末の送付・受取は宅急便の利用が一般的です。

2-2.自然故障のみ無料保証

無料でメーカー保証を受けるには、自然故障であることが条件となります。自然故障とは、取扱説明書の注意書きを守り、普通に使用していた中で自然発生した故障のことです。

例えば急に電池持ちが悪くなったり、物理的な障害が無いのに、ボタンの操作性が悪くなったりするケースが自然故障にあたります。自然故障でも1年が過ぎている場合は有償となります。

自然故障にならないケース

  • 端末を落として液晶画面が割れた
  • 水没させてしまった

など、利用者の使い方に過失がある故障の場合は、自然故障になりません。この場合は、保証対象とはならず有償での修理となります。

※自然故障でなくても、ほとんどのメーカーで修理自体は受け付けてくれます

2-3.修理完了までの日数と修理費用

修理完了までの日数

通常修理の場合は、メーカーや故障内容にもよりますが、大体2週間から1か月ほど修理完了まで時間がかかります。

修理費用

詳しい費用は見積もりを出さなければ、正式な金額は分かりません。故障内容にもよりますが、およそ1~2万円が目安となります。

万が一、高額な費用がかかる場合でも、見積金額に同意しなければ無理をして修理依頼を出す必要はありません。

2-4.修理中に代替機を貸してくれるメーカー

一部のメーカーでは、修理中に代替機を貸してくれます。

■代替機を貸してくれるメーカー

  • ASUS
  • TCLコミュニケーション
  • シャープ

ASUSは格安スマホの中でトップクラスの人気を誇るZenFoneシリーズの販売会社です。海外メーカーですが、サポートに力を入れている会社です。

TCLコミュニケーションはAlcatelシリーズを展開するややマイナーな会社です。

シャープは格安スマホならAQUOSシリーズが有名です。日本製のスマホらしく、充実したマニュアルや手厚いサポートに定評があります。

2-5.白ロムを修理に出す場合

使用している端末がSIMフリースマホではなく、白ロム(大手キャリアから購入したスマホ)を修理に出す場合は、以前契約していたキャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)が受付窓口となります。

キャリアと解約している状態でも、修理受付の対応をしてくれます。修理の流れはキャリアが受付窓口となり、メーカーで修理を行なう形となります。

3.MVNOの保証サービス

メーカー修理とは別に、MVNO(格安スマホ会社)の修理保証を利用する方法があります。

MVNOの修理保証を受けるには、オプションで端末保証サービスに加入する必要があります。

3-1.端末保証サービスとは?

端末保証サービスとは、MVNOに毎月定額の料金を払うことで、端末の故障を保証してくれる有料サービスです。

※月額料金の他に修理時の自己負担金も発生します

基本的には、修理ではなく、新品の同一機種と交換になります。端末保証サービスを利用する場合は、郵送でやり取りするので、店舗の窓口などに足を運ぶ必要はありません。

また保証対象は、自然故障だけではありません。利用者に過失のある水没や落下による破損でも、ほとんどのケースで保証対象に含まれます。有料なのはデメリットですが、メーカー保証と比べて手厚いサポートを受けることが可能です。

3-2.修理・交換までの流れ

若干の違いはありますが、ほとんどのMVNOは以下の流れで、故障端末を新品の機種へと交換します。

  1. サポートセンターに修理依頼をする
  2. 手続き完了後、新品の端末が発送される
  3. 故障した端末を指定の送付先に郵送する

新品機種の発送スピードは非常に早いのが特徴的です。

■修理対応を行なうMVNO

  • mineo
  • UQモバイル
  • DMMモバイル
  • IIJmio
  • BIGLOBEモバイル

上記のMVNOは交換対応だけではなく、修理対応も行います(修理できるかは機種によって異なる)。

3-3.修理完了までの日数と修理費用

修理完了までの日数

修理完了までの目安は、MVNOによって異なります。ただし、ほとんどのMVNOでは修理ではなく、新品機種への交換です。交換対応の場合は、2~4日で手元に新しい機種が届きます。

楽天モバイルでは平日16:00、土日祝12:00までなら当日発送してくれます。

修理費用

通常の修理費用は保証の範囲内なら無料の場合が多いです。液晶交換など修理範囲が広い場合は有料となるケースがあります。

新品交換の場合は、毎月支払うオプション料金以外にも自己負担金が発生します。(全損、欠損ともに同一金額)

自己負担金の目安は以下の通りです。

※楽天モバイルの参考価格

■自己負担金7000円の機種

HUAWEI P10、HUAWEI P10 Plus、GRANBEAT、HUAWEI Mate 9、HUAWEI P9、VAIO Phone Biz、HUAWEI Mate S、Xperia J1 Compact、AQUOS SH-M01、ZenFone 2

■自己負担金5000円の機種

HUAWEI nova、honor 8、ZenFone3、arrows M03、AQUOS mini SH-M03、Ascend Mate7、honor6 Plus、ZenFone 2 32GB/4GB、AQUOS SH-RM02、ZenFone Selfie、ARROWS M01、ZenFone 2

■自己負担金4,000円の機種

HUAWEI P10 lite、HUAWEI nova lite、ZenFone 3 Max、AQUOS SH-M04、AQUOS ケータイ SH-N01、P8max、Y6、ZTE BLADE E01、HUAWEI P9 lite、ZenFone Go、arrows RM02、arrows M02、P8 Lite、Desire 626、ZenFone2 Laser 16GB、ZenFone 5、ZenFone2 Laser 8GB、Liquid Z330、Ascend G620S

3-4.修理中に代替機を貸してくれるMVNO

基本的に代替機の貸し出しが無いMVNOですが、

  • mineo
  • UQモバイル
  • DMMモバイル

は、代替機の貸し出しを実施しています。

修理中の代替機貸し出しを希望する方は、この3社から選びましょう。もし代替機の貸し出しがない場合は、過去に使用していた端末にSIMカードを差し替えれば代替機として使用できます。

4.端末保証サービスに加入できるMVNO

ここでは、各MVNOの端末保証サービスの内容、保証範囲、月額料金などを詳しく解説していきます。

4-1.LINEモバイル

LINEモバイル

■サービス名:

  • 端末保証
  • 持込端末保証

■保証範囲:

  • 自然故障
  • 故障
  • 水濡れ
  • 破損

■月額料金

  • 端末保証450円(初月無料)
  • 持込端末保証500円(初月無料)

■新品交換

  • 交換あり

■自己負担金

  • 1回目4000円
  • 2回目8000円

■利用上限

  • 年2回まで、修理保証の上限は50,000円まで

■保証期間

  • 自然故障は3年間
  • 自然故障以外は解約するまで保証

■備考

端末保証は格安SIMカードとセットで格安スマホを購入した場合の保証プラン。持込端末保証は格安SIMカードのみの契約で端末は自分で用意する場合の保証プランです。

4-2.楽天モバイル

楽天モバイル

■サービス名

  • 端末保証
  • つながる端末保証by楽天モバイル

■保証範囲

  • 自然故障
  • 破損(全損含む)
  • 落下
  • 水没

■月額料金

  • 端末保証 月額500円
  • つながる端末保証by楽天モバイル 月額500円

■新品交換

  • 交換あり

■自己負担金

  • 1回目4000円
  • 2回目8000円

■利用上限

  • 一契約につき年間2回まで、修理保証の上限は50,000円まで

■保証期間

  • 端末保証 格安スマホ購入から2年間
  • つながる端末保証 自然故障の場合は36ヶ月以内、自然故障以外の場合は解約するまで保証

■備考

端末保証は格安SIMカードと格安スマホをセットで新規契約する際に加入。契約は格安SIMカードのみで端末は自分で用意する場合でも持ち込み端末保証プランから加入できます。

4-3.mineo

マイネオ

■サービス名

  • 端末安心保証サービス
  • 端末安心サポート
  • 持込み端末保証サービス

■保証範囲

  • 落下や水没などによる故障

■月額料金

  • 端末安心保証サービス 月額370円
  • 端末安心サポート 月額370円
  • 持込み端末保証サービス月額500円

■新品交換

  • 端末安心保証サービス、持込み端末保証サービスは新品もしくはリフレッシュ端末へ交換
  • 端末安心サポートは修理対応のみ

■自己負担金

  • 新品交換の場合 1回目5000円、2回目8000円
  • 端末安心サポートで修理対応する場合 一回目5,400円、2回目8.640円

■利用上限

  • 年に2回まで、3回目以降は実費

■保証期間

  • 端末安心保証サービス 36か月
  • 端末安心サポート オプション契約中は保証期間
  • 持込み端末保証サービス 機種により異なる

■備考

機種によって申し込みできる保証サービスが違うので、契約前に対応機種を確認しておきましょう。機種よっては修理対応のみとなります(代替機は貸してくれる)。

4-4.IIJmio

iijmio

■サービス名

  • 端末保証オプション
  • つながる端末保証

■保証範囲

  • 画面割れ
  • 水濡れ
  • 全損
  • 部分破損

■月額料金

  • 端末保証オプション 月額380円(特定の機種は月額500円)
  • つながる端末保証 月額500円

■新品交換

  • 新品交換あり。ただし、リフレッシュ端末の場合もあります。指定はできません。

■自己負担金

  • 端末保証オプション 1回目5,000円、2回目8,000円
  • つながる端末保証 交換の場合は1回目4,000円、2回目8,000円 修理の場合は0円

■利用上限

  • 年に2回まで利用可能、保証上限金額は50,000円まで

■保証期間

  • 解約するまで保証

■備考

端末保証オプションは格安SIMカードと格安スマホのセット購入時に加入可能。つながる端末保証は、契約は格安SIMカードのみで端末は自分で用意する場合に加入可能で、交換ではなく修理になる場合があります。

4-5.BIGLOBEモバイル

biglobe sim

■サービス名

  • BIGLOBEモバイル端末保証サービス
  • BIGLOBEモバイル端末あんしんサービス

■保証範囲

  • 自然故障
  • 落下等による破損
  • 水濡れ

■月額料金

  • BIGLOBEモバイル端末保証サービス 500円
  • BIGLOBEモバイル端末あんしんサービス 機種により異なる

■新品交換

  • 新品交換あり。ただし、リフレッシュ端末の場合もあり

■自己負担金

  • BIGLOBEモバイル端末保証サービス 交換の場合は1回目4,000円、2回目8,000円、修理の場合は無料
  • BIGLOBEモバイル端末あんしんサービス 機種により異なる

■利用上限

  • BIGLOBEモバイル端末保証サービス 年に2回まで、保証の上限金額は40,000円まで
  • BIGLOBEモバイル端末あんしんサービス 上限はなし。ただし、回数に応じて金額が変わる。1回目5,000円、2回目10,000円、3回目以降は機種により異なる

■保証期間

  • BIGLOBEモバイル端末保証サービス 自然故障の場合は端末のメーカー発売日から36ケ月まで、自然故障以外の場合は解約するまで保証
  • BIGLOBEモバイル端末あんしんサービス 24か月あるいは36か月(機種により異なる)

■備考

BIGLOBEモバイル端末あんしんサービスは格安SIMカードとセットで格安スマホを購入した場合の保証プラン。BIGLOBEモバイル端末保証サービスは格安SIMカードのみの契約で端末は自分で用意する場合の保証プランです。

 l-kyojin01.jp関連記事
格安スマホ・格安SIMのおすすめ比較【格安スマホの巨人】

4-6.イオンモバイル

イオンモバイル

■サービス名

  • 安心保証

■保証範囲

  • 水濡れ
  • 破損
  • 落下

■月額料金

  • 250円

■新品交換

  • あり

■自己負担金

  • 2,500円~7,000円(機種により異なる)

■利用上限

  • 年に2回まで

■保証期間

  • オプション加入から3年間

■備考

月額250円は最安レベルです。イオンモバイルで格安スマホ端末を購入した場合のみ契約できます。

 l-kyojin01.jp関連記事
格安スマホ・格安SIMのおすすめ比較【格安スマホの巨人】

4-7.U-mobile

umobile

■サービス名

  • 端末保証お見舞金サービス

■保証範囲

  • 全損
  • 一部破損

■月額料金

  • 500円

■新品交換

  • なし

■自己負担金

  • なし

■利用上限

  • 上限回数2回、上限金額最大5万まで

■保証期間

  • 解約するまで保証

■備考

修理や交換対応ではなく、お見舞い金として最大5万円が支給されます。

4-8.DMMモバイル

DMMモバイル

■サービス名

  • つながる端末保証
  • 端末交換オプション

■保証範囲

  • 故障
  • 破損
  • 水没
  • 自然故障

■月額料金

  • つながる端末保証 月額500円
  • 端末交換オプション 月額350円

■新品交換

  • あり(リフレッシュ端末の場合あり)

■自己負担金

  • つながる端末保証 交換の場合1回目4,000円、2回目8,000円、修理の場合0円
  • 端末交換オプション 3,000円~7,000円(端末により異なる)

■利用上限

  • つながる端末保証 年2回、上限金額は50,000円まで
  • 端末オプション 契約中1回まで

■保証期間

  • つながる端末保証 自然故障は端末の発売日から3年以内、自然故障以外は解約するまで保証
  • 端末交換オプション 解約するまで保証

■備考

つながる端末保証で修理対応の場合は、代替機を貸してくれます。交換対応の場合は機種が選べません。

ただし、格安SI<カードのみを契約した場合でも手持ちの端末を保証してくれます。端末交換オプションは格安SIMカードと格安スマホをセット購入した場合のみ加入可能です。交換する機種は選べません。

4-9.OCN モバイル ONE

OCNモバイルONE

■サービス名

  • あんしん補償

■保証範囲

  • 故障
  • 破損
  • 水濡れ

■月額料金

  • 500円

■新品交換

  • あり

■自己負担金

  • 1回目4,000円、2回目8,000円

■利用上限

  • 年に2回まで、補償上限金額50,000円

■保証期間

  • 自然故障の場合は端末のメーカー発売日から36ケ月まで、自然故障以外の場合は解約するまで

■備考

OCN モバイル ONE以外で購入した端末でも契約可能。

4-10.UQ mobile

uqmobile

■サービス名

  • 端末補償サービス
  • つながる端末保証

■保証範囲

  • 自然故障
  • 水濡れ
  • 破損
  • 紛失・盗難(端末補償サービスのみ)

■月額料金

  • 端末保証サービス 月額380円
  • つながる端末保証 月額500円

■新品交換

  • なし(リフレッシュ端末との交換)

■自己負担金

  • 端末保証サービス 交換の場合は1回目5,000円、2回目8,000円、修理の場合、上限5,000円まで
  • つながる端末保証 交換の場合は1回目4,000円、2回目8,000円、修理の場合は0円

■利用上限

  • 端末保証サービス 利用の上限なし
  • つながる端末保証 年2回、上限金額は50,000円まで

■保証期間

  • 自然故障はメーカーの発売日から36カ月以内、自然故障以外は解約するまで保証

■備考

端末保証サービスはUQモバイルで格安スマホとSIMカードをセット購入した場合のみ加入可能。紛失や盗難の場合でも10,000円の支給があり、利用回数に制限なし。修理の場合は代替機を貸してくれます。

つながる端末保証サービスはUQモバイル以外で購入したスマホでも契約が可能です。

4-11.MVNOの保証サービスを利用する際の注意点

(1)契約は基本的に新規加入時のみ

MVNOの保証サービスは、格安SIMの新規契約時にのみ加入可能なケースがほとんどです。

あとで、保証サービスに加入しようと思っても、契約できない可能性が高いので、新規契約時には、よく検討しておきましょう。

(2)保証期間に限りがある可能性がある

保証サービスの内容によっては、保証期間が限られている場合があります。

いざ保証を受けたい時に、保証期間が終わっていた・・・、とならないために、契約内容をしっかりと確認しておきましょう。

(3)修理時にデータがすべて消える

修理を出すと端末内のデータはすべて消えてしまいます。万が一に備えて日頃から、大切なデータはバックアップを取っておきましょう。

(4)交換の場合、カラーや機種の種類を選べない

修理ではなく機種交換する場合は、今まで使っていた端末と同一機種、同じ色となります。

MVNOによっては、交換できる端末が指定されている場合もあります。

(5)保証サービスの利用回数は上限がある

UQモバイルの端末保証サービス以外は、どのMVNOも端末を修理・交換できる利用回数が限られています。

何度も保証してくれる訳ではないので注意しておきましょう。

5.その他の修理対応

格安スマホの修理は、メーカーに修理依頼を出すかMVNOの保証サービスに加入するのが基本ですが、ここではその他の修理方法について解説していきます。

5-1.民間の修理会社

故障のケースによっては民間の修理会社の方が、対応が早くて修理代金が安い場合があります。業者や修理箇所によっては即日で修理をしてくれます。

また、メーカーの修理では、端末内のデータを消去してから修理に出しますが、民間の修理会社ならデータを残したまま修理してくれる可能性があります。店頭だけではなく、郵送で修理サービスを行っている業者もあります。

■修理費用の相場

  • 液晶の破損 8,000円〜20,000円
  • ボタン故障 5,000円〜10,000円
  • バッテリー交換 4,000円〜7,000円
  • 音量調節ボタン故障 6,000円〜10,000円

修理を急いでいない場合は、メーカーと、民間の修理会社の両方に見積もりを出して、修理代金を比較するのもおすすめです。

民間の修理業者を利用する場合の注意点

民間の修理会社で修理を受けた端末は、今後メーカーでの修理を受けることができなくなります。メーカーは、第三者が手を加えた端末に、義務である技適マークの再付与ができません。

※技適マーク・・・電波法で規定された技術基準を満たしている場合に付与。メーカーか総務省が認定した登録修理事業者しか付与することができない

そのため、過去に民間の修理会社が修理した形跡があれば、修理を断られてしまうのです。とはいえ、再度端末が故障したら、また民間の修理会社に依頼すれば問題ありません。

しかし、今後メーカー修理ができないことに不安を感じる方は、民間の修理会社を利用しない方がいいでしょう。

5-2.家電量販店の保証

一部ではありますが、家電量販店の保証サービスで端末を修理することができます。

利用できるのは、

  • ドスパラ モバイルセーフティ
  • ソフマップ 安心保証サービス

の2店舗です。

※ドスパラは新規加入の受付終了

水濡れ、破損、火災などで生じた修理費用を保証してくれます。その他の家電量販店(ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビッグカメラなど)は残念ながら、保証サービスがありません。

家電保証のサービスはありますが、スマートフォンは保証対象外商品となっています。

5-3.モバイル保険

あまり有名ではありませんが、モバイル保険を利用する方法があります。モバイル保険は月額700円で、修理費用を年間通算で10万円まで何度でも保証。

しかも、1契約につき3台までの保証が可能です。対象端末はタブレットやノートパソコンも登録可能です。

MVNOの保証サービスは、端末ごとの契約なので、解約や機種変更をすると自動的に保証契約が終わります。

しかし、モバイル保険の場合は契約者単位の保証契約なので、解約や機種変更をしても、継続して保証を受けることが可能です。またMVNOの保証サービスは、修理する際に自己負担金がかかります。

モバイル保険では保険金額の上限が10万を超えなければ、自己負担金は無料です。総合的に見て、モバイル保険はMVNOや家電量販店の保証サービスよりも、安価で保証内容が充実しています。

現在はあまり普及していませんが、今後の端末保証サービスはモバイル保険が中心となるかもしれません。

6.修理より買い替えの方がいいケース

6-1.端末価格が2万円以下

価格の安い端末を修理する場合、新品購入価格より修理費用の方が高くなる可能性があります。2万円以下の格安スマホの場合、修理費用が5千円以下でも、長い目で見ると新品機種を購入した方が安上がりとなるでしょう。

また、購入から4年以上が経過している端末も修理ではなく買い替えた方がいいです。一般的にスマホは4~5年で寿命を迎えます。

無理して修理をしても、対応アプリが少なかったり、セキュリティが弱まっていたりする可能性があるため、新しい機種に買い替えた方がいいでしょう。

耐衝撃に強い端末なら修理回数が減る

そもそも壊れにくい格安スマホを使えば、故障する可能性は低くなります。例えば、格安スマホの中でも人気の高いarrowsM03はディスプレイの周りに0.3mmのフチが作られていて、落下の際にディスプレイが地面に触れません。

また、ディスプレイにフッ素コーディングされているため、傷がつきにくいです。防水、防塵にも対応しているため、アウドドアでも使用できます。

その他、耐衝撃に強い頑丈な格安スマホについては、以下の記事で解説しています。修理の心配を減らしたい方は参考にしてみて下さいね。

6-2.バッテリー交換のみ

バッテリー劣化による修理対応の場合は、新しい端末に買い替えてもいいかもしれません。バッテリー交換にかかる費用は1万前後と高額です。

格安スマホは1~2万円で販売されている機種もあるため、バッテリー交換するよりも新しい機種を購入した方がお得になるケースがあります。

格安スマホの寿命や買い替えのタイミングについては以下の記事でも詳しく解説しています。

7.格安スマホの修理対応に関する注意点

格安スマホの修理対応は大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)と比べて手厚くありません。大手キャリアと同じレベルのサービスを受けられると思っている場合は、トラブルを招く恐れがあります。

ここでは、格安スマホの修理対応に関する注意点を解説します。

7-1.MVNOはサポートが薄い

2017年4月に国民生活センターが発表したデータでは、格安スマホを巡るトラブルの相談件数が1045件と、前年の380件より約2.8倍増加しました。トラブル相談では修理期間中に代替機がなかったなどの苦情も含まれます。

格安スマホを提供するMVNOは大手キャリアに比べるとサポートが手厚くありません。その分、格安スマホは月額料金がかなり安くなっています。

人件費や設備のコストカットを行い月額料金が安いのが格安スマホのメリットですが、その反面ユーザーに対するサポートがやや弱いのが現状です。

ただし、オプションの保証サービスに入っている場合は、大手キャリア並みの手厚いサポートを受けることが可能です。修理にかかわらず、MVNOのサポート面に心配な方は、以下の通信事業者で契約するといいでしょう。

■サポートに定評のあるMVNO

  • イオンモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • Y!mobile
  • 楽天モバイル
  • TONEモバイル
  • mineo

以上のMVNOでは、分からないことがあれば電話や実店舗でサポートを受けることができます。

7-2.ほとんどのMVNOに店頭窓口がない

イオンモバイルやY!mobileなど、一部のMVNOは大手キャリアのように店頭窓口を利用できますが、ほとんどのMVNOには店舗がありません。端末が故障した場合は電話、ネットでお問い合わせをします。

電話が繋がりにくいMVNOもあるので、修理を急ぐ場合も待たされる可能性があります。もし、10分間以上電話が繋がらない場合は、チャットサポートを利用するといいでしょう。

また、MVNOでは修理の依頼をしても手続きを受付けてくれない場合が多いので注意しましょう。その場合は、直接メーカーへ問い合わせをする必要があります。

8.まとめ

いかがでしたか?

格安スマホの修理方法は様々な手段がありますが、落ち着いて対応すれば誰でも修理・交換は可能です。

修理方法によってメリット・デメリットがありますので、どうすればいいのか迷った場合は、この記事を再度参考にしてみて下さいね。

2018年7月の注目キャンペーン
  • LINEモバイル:2ヶ月間ぜーんぶゼロキャンペーン(8/27まで)
  • UQモバイル:特設ページからの契約で現金13000円キャッシュバック(終了未定)
  • 楽天モバイル:新規契約で最短当月に現金2万円キャッシュバック(終了未定)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(7/31まで)
  • NifMo:新規契約で最大20100円のキャッシュバック(7/31まで)

>>すべてのキャンペーンはこちら

 

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。