Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)のエリアを電波状況から回線まで全解説

Y!mobileのサービスエリアはどうなっているの?ネットが繋がるのか不安・・・

Y!mobile(ワイモバイル)契約前に最も心配なのがサービスエリアですよね。自分の地域がエリア外だった場合、当然ながらネットに接続することができません。

もし、ネットに接続できないと手持ちの端末は文鎮化してしまいます。また、サービスエリア内に入っていたとしても、肝心の電波状況が悪いと非常に不便です。

この記事では、Y!mobileのサービスエリアや電波状況について詳しく解説。安心してY!mobileを利用するには、どこを確認すれば良いのか?書士でも分かりやすく説明しました。

Y!mobileのエリアやバンド、電波状況について調べている方はぜひ参考にして下さいね。

1.Y!mobileのサービスエリア

さっそく、Y!mobileのサービスエリアについて詳しく見ていきましょう。

1-1.Y!mobileのエリア検索をする方法

自分の地域がY!mobileのサービスエリアに入っているかどうかは、「こちらのページ」から確認できます。マップ上で赤く表示されているのが、4G(LTE)対応エリアです。

ワイモバイルのエリア検索

Y!mobileのエリア検索画面

自分の地域のマップを拡大すれば、対応エリアかどうかひと目で分かります。

1-2.田舎でも繋がる?

結論から言うと、都市部だけでなく地方・田舎でも問題なく繋がります。対応状況は極めて良好です。

Y!mobileはソフトバンクの回線と自社の回線を併用しています。ソフトバンク回線は、2015年の時点で人口カバー率99%を突破しました。Y!mobileも同様に99%を超えていると考えて問題ありません。

北海道や沖縄でも人が住まない山間部を除けば、田舎まですべてサービスエリア内です。

ワイモバイルのエリア 北海道

北海道のサービスエリア

ワイモバイルのエリア 沖縄

沖縄のサービスエリア

1-3.細かな利用エリアは機種によって異なる

Y!mobileのサービスエリアは機種によって微妙に異なります。サービスエリアが大きく限定される機種はありませんが、心配な方は購入予定の機種を調べてみましょう。

機種別のエリア検索はこちら

注意点として、サービスエリアを調べることができる機種はY!mobile端末(Y!mobileのSIMロック付き)に限ります。

Y!mobile端末なら、

  • スマホ
  • ガラケー
  • ポケットWiFi
  • タブレット

の機種別エリア検索ができます。SIMフリースマホのエリア検索はできませんが、Y!mobileで購入できるSIMフリースマホなら地方も含めて全国で使用できます。

1-4.手持ちの端末を持ち込むならバンド確認が必要

手持ちの端末を持ち込んで、Y!mobileのSIMカードを使用する場合は、サービスエリアだけでなく端末のバンド(周波数帯)を確認しておきましょう。

バンド(周波数帯)とは、各通信事業者に割り当てられた周波数のことです。この割当てられたバンド(周波数帯)が端末側でも対応していなければなりません。

バンド(周波数帯)は数年以内に販売された比較的新しいスマホやiPhoneなら問題なく対応しています。国内の格安SIM会社から発売されている海外製SIMフリースマホも、日本で使えるようにカスタマイズされているので大丈夫です。

しかし、中古スマホを使う場合や海外からSIMフリースマホを購入する方はバンドが合わない可能性があります。

1-5.Y!mobileが使用するバンド

Y!mobileは以下のバンド(周波数帯)を使用しています。

周波数帯 バンド LTE/3G
2.0GHz 1 LTE
1.7GHz 3 LTE
900MHz 8 LTE
1.5GHz 11 LTE
730MHz 28 LTE
3.5GHz 42 LTE
2.0GHz 3G
900MHz 3G

参考:各携帯電話事業者の通信方式・周波数(総務省)

※1.7GHzの3G(バンドⅧ)は、2018年1月にサービス終了

この中で特に重要なバンドが、バンド1とバンド8です。このバンドは、Y!mobileとソフトバンクで使用するLTEの重要なバンド(周波数帯)です。端末側で対応していない場合は、電波の繋がりが悪くなる可能性があります。

1-6.端末の対応バンドを調べる方法

バンドや周波数帯など専門用語が出てきて頭が痛くなる方もいるかもしれませんが、確認方法は非常にシンプルです。

確認の手順は、まず端末の公式サイトからスペックの項目を探します。そして、スペックの項目に「通信方式」と書かれた箇所があるので、そこで対応バンドが分かります。

※端末によっては通信規格と書かれています

対応バンドの確認方法

対応バンドはスペック欄に必ず書かれている

通信方式にはB1、B2・・・と書かれています。Bはバンドのことですが、こちらの数字がY!mobileの対応バンドと合っているかを確認します。バンド1とバンド8が書かれていればOKです。

FDD-LTE、TD-LTEはLTE通信の対応バンド、W-CDMAは3G通信の対応バンドとなります。GSM/EDGEと書かれた箇所は無視して構いません。

あわせて読みたい
通信対応エリア
格安スマホを購入する前に確認すべき対応バンドせっかく格安スマホにしたのに、全然ネットに繋がらない・・・ 対応バンドを気にせず格安スマホを購入すると、ネットが繋がりにくいトラブ...

2.Y!mobileで使用する回線

そもそも、Y!mobileはどんな種類の回線を使っているのでしょうか?

Y!mobileはあらゆる携帯会社の中でも非常に珍しい形で回線を利用しています。Y!mobileが使用する回線は以下の通りです。

  • スマホで使用する回線:ソフトバンク回線+イーモバイル回線
  • ガラケーで使用する回線:ウィルコム回線

イーモバイルとウィルコムはY!mobileがソフトバンク合併前に自社で使っていた回線です。これらの自社回線と合わせて、ソフトバンク回線を併用しています。

そのため、Y!mobileはソフトバンク系の格安SIM会社(MVNO)と言われることもあれば、自社回線を持っているので大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)と同じ扱いと言われることもあります。

現状はMVNOと大手キャリアの間に位置するのが、Y!mobileと捉えていいでしょう。

Y!mobile回線の通信品質ですが、まったく問題ありません。Massive MIMO(マッシブ マイモ)と呼ばれる次世代の最新技術も組み込まれています。

3.Y!mobileの電波は繋がりやすい?

Y!mobileのサービスエリアや回線については分かったけど、肝心の繋がりやすさはどうなの?と気になりますよね。

ここでは、Y!mobileの電波状況について詳しく見ていきましょう。

3-1.口コミの状況

Y!mobileの電波状況について、Twitter、価格コム、Yahoo!知恵袋から口コミを調査してみました。

結論としては、

  • 問題なく電波が入る
  • 特に不便を感じない
  • 地下鉄に入ると電波が繋がらない
  • 山間部では厳しい
  • 周りで自分だけ繋がらなかった

といった具合で賛否両論でした。

ソフトバンク回線だから電波が悪い?

Y!mobileはソフトバンク回線を利用する通信事業者です。ソフトバンクと言えば、電波の入りが悪いことで有名ですよね。特に2013年頃までは建物内での電波の入りが悪かったです。

しかし、現在は回線の改良を続けたおかげで、ドコモ・auとほぼ同レベルの通信品質になっています。

ソフトバンクはドコモ・auと比べてアンテナの受信方式が違うため、場所によっては友達のドコモ端末が繋がっているのにソフトバンクの自分だけ繋がらない・・・という状況に陥るかもしれません。

ただ、その逆も十分にありえます。ソフトバンク回線だから電波が悪いという噂は、現時点ではイメージが先行しているだけで明確な根拠は無いのです。

3-2.使ってみないと分からないが心配しすぎなくていい

Y!mobileの電波状況が良いのか悪いのかについて、結論としては使ってみないとわかりません。置かれている通信環境によって、電波の入りやすさは大きく変わるので、口コミはほとんど役に立ちません。

ただし、Y!mobileの通信品質はソフトバンクと同じと考えると、過度に心配しなくてもいいでしょう。

ソフトバンクは4千万弱の契約者数を誇ります。そのソフトバンクとY!mobileは同等の通信品質を持っているので、突然繋がらなくなる心配は皆無と言ってもいいでしょう。

3-3.電波状況が悪ければ契約キャンセルできる

仮にY!mobileと契約した後に、電波が繋がらなかった場合は契約をキャンセルすることができます。電波が入ってないのに利用料金だけ発生することは無いので安心してください。

契約キャンセルはY!mobile契約後から8日以内に申請すれば手続きが可能です。電波状況が悪いことを理由にしてまったく問題ありません。

解約金などはかかりませんが、注意点として契約キャンセルまでに通話やデータ通信を利用した場合は、利用した分料金が発生します。

3-4.通信速度の目安

Y!mobileの通信速度

Y!mobileの通信速度を測定

Y!mobileの通信速度は、約10〜20Mbps前後となります。十分な高速通信です。時間帯や場所によっては30Mbpsに近い数字を出すときもあります。

通信速度が遅い場合でも、5Mbpsは常時出ているので、動画視聴やオンラインゲームで困ることはほとんど無いでしょう。通常のネット閲覧やLINEの送受信程度ならまったく問題ありません。

Y!mobileの通信速度はこちらの記事で実際に計測した結果を書いているので、気になる方は参考にしてください。

あわせて読みたい
Y!mobile
Y!mobile(ワイモバイル)を実際に使って速度や評判を完全レビューY!mobileに乗り換えても大丈夫かな・・・ この記事では、Y!mobileの料金プランから通信速度まで全解説。端末レビューやデ...

ちなみに、Y!mobileの通信速度は格安SIMサービスの中でもトップクラスに速いです。他社と比べて、Y!mobileがどれくらい通信速度が速いかについては、こちらの比較記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
格安sim 通信速度
【2018年5月】通信速度と体感速度が速い格安SIMを完全比較 格安SIMを使いたいけど、通信速度が速くないと嫌! 月額料金が安くなることは分かっていても、通信速度を犠牲にするのは我慢できないで...

3-5.電波改善要望は利用できる?

Y!mobileの電波状況が著しく悪い場合、電波改善要望を依頼することができます。電波改善要望とは、電波改善を依頼するとソフトバンクが調査をしてくれるサービスです。

Y!mobileで電波改善要望を出す時は、スマホプランに加入している必要があります。電波改善要望の出し方は、アプリを使います。

電波改善要望アプリ

電波改善要望

4.まとめ

いかがでしたか?

Y!mobile(ワイモバイル)のサービスエリアは、田舎でも問題なく繋がります。Y!mobileはソフトバンク回線を利用しているため、人口カバー率もソフトバンクと同じ99%に近い数字です。

手持ちの端末がY!mobileのバンド(周波数)と合っているか心配な方は、端末の公式サイトから通信方式を確認して、Y!mobileのバンドと照らし合わせてみましょう。

Y!mobileの電波に関しては、基本的に問題ありませんが、地下鉄や山の中に入った場合はエリア外となる可能性もあります。

もし、自宅や職場など人が生活する場所で電波が入らなかった場合は、Y!mobileの契約をキャンセルできるので8日以内に申請しましょう。

Y!mobileの公式サイトはこちら

Y!mobileの注目記事
あわせて読みたい