電波改善?Y!mobile(ワイモバイル)のサービスエリアと電波・回線の繋がりやすさ

ワイモバイルの電波

Y!mobileの電波は繋がりやすいのか。サービスエリアはどうなっているのか不安ですよね。

どんなに料金が安くて評判も良くても、肝心の電波が悪ければ何の意味もありません。ネットに接続できないと手持ちの端末は文鎮化してしまいます。

この記事では、Y!mobileのサービスエリアや電波状況について詳しく解説。

また、Y!mobileが利用する回線についても分かりやすく説明しています。ぜひ、参考にして下さいね。

事務手数料0円(オンライン限定)

1.Y!mobileの電波(回線)は繋がりやすいのか?

Y!mobileの電波は繋がりますか?

余裕で繋がりわよ。それどころか、通信品質は格安SIMでトップよ。

1-1.むしろ格安SIMで一番安定している

Y!mobileの電波状況ですが、結論から言うと格安SIMの中で一番安定しています。 その理由は、Y!mobileが「ソフトバンク回線と自社回線の両方を使っている」からです。

まず、確実にソフトバンクとは同レベルです。ご存知の通り、ソフトバンクは人口カバー率99%。地下鉄でも繋がります。

加えて、Y!moileの自社回線も人口カバー率99%。仮にどちらかの回線が不調になっても、途切れることはありません。

通信速度もトップ

Y!mobileの通信速度は、平均で40Mbpsを超える速さです。他の格安SIMと比べて、ぶっちきりに速いです。

また、格安SIMでは当たり前に起きる、回線混雑時による速度低下もありません。Y!mobileは自社回線を併用しているため、混雑を緩和できるのです。

最近では、親会社のソフトバンクすら上回る速度になってきました。詳しくは、「こちらの記事」で速度測定しているので、気になる方は確認してみて下さい。

1-2.ソフトバンク回線の電波が悪いのは昔の話

ソフトバンクって、いつも繋がらないですよね。

いつの話をしているの?今は大丈夫よ。

ソフトバンク回線を利用するY!mobile。ソフトバンクと言えば、電波の入りが悪いことで有名ですよね。

特に2013年頃までは建物内での電波の入りが悪かったです。しかし、現在は回線の改良を続けたおかげで、ドコモ・auとほぼ同レベルの通信品質になっています。

ソフトバンクはドコモ・auと比べてアンテナの受信方式が違うため、場所によっては友達のドコモ端末が繋がっているのにソフトバンクの自分だけ繋がらない・・・という状況に陥るかもしれません。

ただ、その逆も十分にありえます。ソフトバンク回線だから電波が悪いという噂は、現時点ではイメージが先行しているだけで明確な根拠は無いのです。

さすがに山間部まで行けば厳しい(どこも同じですが)

Y!mobile・ソフトバンクの電波でも、人気のない山間部まで行けば圏外になることがあります。

ただ、これはすべての携帯会社(au・ドコモ・ソフトバンク含む)に言えることなので、Y!mobileだけのデメリットではありません。

1-3.繋がりが悪ければ電波改善要望を出せる

電波改善要望?

電波状況の改善をアプリで依頼できるサービスよ。

Y!mobileの電波状況が著しく悪い場合、電波改善要望を依頼することができます。

電波改善要望とは、電波改善を依頼するとソフトバンクが調査をしてくれるサービスのことです。Y!mobileで電波改善要望を出す時は、スマホプランに加入している必要があります。

電波改善要望を出すときは、アプリを経由して問い合わせましょう。

電波改善要望アプリ

電波改善要望

調査結果はアプリ内で回答してくれます。

1-4.万が一繋がらなければキャンセルも可能

仮にY!mobileと契約した後、電波が繋がらなかった場合は契約をキャンセルすることができます。電波が入ってないのに利用料金だけ発生することは無いので安心してください。

契約キャンセルはY!mobile契約後から8日以内に申請すれば手続きが可能です。 電波状況が悪いことを理由にして問題ありません。

解約金はかかりませんが、契約キャンセルまでに通話やデータ通信を利用した場合は、料金が発生するため注意して下さい。

オンラインは初期費用0円

Y!mobileの公式サイトへ

2.Y!mobileのサービスエリアは全国99%をカバー

サービスエリアはどうなっていますか?田舎でも繋がりますか?

ええ、都市部だけでなく地方までちゃんと繋がるわ。

2-1.利用する回線はソフトバンク&自社

Y!mobileは、親会社のソフトバンクと自社の回線を利用しています。

  • スマホの回線:ソフトバンク回線+イーモバイル回線
  • ガラケーの回線:ウィルコム回線

イーモバイルとウィルコムはY!mobileがソフトバンク合併前に自社で使っていた回線です。これらの自社回線と合わせて、ソフトバンク回線を併用しています。

そのため、Y!mobileはソフトバンク系の格安SIM会社(MVNO)でありながら、自社回線を持っているのでキャリア扱いとなっています。

なお、Y!mobile回線の通信品質は非常に高品質です。Massive MIMO(マッシブ マイモ)と呼ばれる次世代の最新技術も組み込まれています。

Y!mobileの他に、自社回線を持つ格安SIMはありません。 そのため、Y!mobileだけが自社回線で回線混雑を避けることができるのです。

2-2.田舎でも問題なく繋がります

Y!mobileでは、自分の地域がサービスエリアに入っているか、公式サイトから検索することができます。

都市部は、まったく問題ありません。

ワイモバイルのエリア検索

試しに、田舎も検索してみましょう。

ワイモバイルのエリア 北海道北海道のサービスエリア

ワイモバイルのエリア 沖縄沖縄のサービスエリア

ご覧の通り、人が住む地域なら余裕でLTEが繋がります。 Y!mobileの人口カバー率は99%。電波の入り具合は、大手キャリアとまったく変わりません。

2-3.細かな受信エリアは端末の周波数帯(バンド)で変わる

サービスエリアに問題のないY!mobileですが、端末によっては一部受信エリアが変わる(電波が入りにくくなる)場合があります。

完璧に受信エリアに入っているか調べる方法は、端末の周波数帯(バンド)とY!mobileの周波数帯が合致しているかを見ます。

※周波数帯(バンド)とは、各通信事業者に割り当てられた周波数のこと

Y!mobileが使用する周波数帯(バンド)

周波数帯 バンド LTE/3G
2.0GHz 1 LTE
900MHz 8 LTE
1.5GHz 11 LTE
730MHz 28 LTE
3.5GHz 42 LTE
2.0GHz 3G
900MHz 3G

外部参考:各携帯電話事業者の通信方式・周波数

この中で特に重要なのが、バンド1とバンド8(プラチナバンド)です。端末側でバンド1/8に対応していない場合は、電波の繋がりが悪くなる可能性があります。

2-4.端末のバンドはスペック表で調べられる

Y!mobileのバンドと違い、端末のバンドは自分で調べなければなりません。

専門用語が出てきて頭が痛くなる方もいるかもしれませんが、確認方法は非常にシンプル。端末の公式サイトからスペック項目を探すだけです。

スペック項目が見つかったら通信方式(通信規格と書いている場合もある)の欄を見ます。そこで、どのバンドに対応しているのか分かります。

対応バンドの確認方法

通信方式にはB1、B2・・・と書かれていますが、このBはバンドの意味を指します。

こちらの数字がY!mobileの対応バンドと合っているかを確認しましょう。バンド1とバンド8が書かれていればOKです。

なお、FDD-LTE、TD-LTEはLTE通信の対応バンド、W-CDMAは3G通信の対応バンドです。GSM/EDGEと書かれた箇所は無視して構いません。

ちなみに、iPhoneや近年発売されたSIMフリースマホなら、まずバンドに関する心配は不要です。 Y!mobileで発売している端末も、すべて主要バンドに対応しています。

少し古い機種や、海外製のSIMフリースマホを持ち込む場合は、バンドの確認をしておきましょう。

3.【まとめ】Y!mobileは全国で繋がります

Y!mobile(ワイモバイル)のサービスエリアは、田舎でも問題なく繋がります。Y!mobileはソフトバンク回線と自社回線を利用。人口カバー率は99%です。

手持ちの端末がY!mobileのバンドと合っているか心配な方は、端末の公式サイトから通信方式を確認しましょう。

Y!mobileのバンドと照らし合わして、重要バンドの1と8に対応しているか確認してみて下さい。

なお、Y!mobileの電波は、基本的に問題ありませんが、地下鉄や山の中に入った場合は圏外となる可能性もあります。

万が一、お住まいの地域で電波が入らなかった場合でも、契約はキャンセルできるので安心して下さいね。

キャンペーン速報

①Y!mobile公式オンラインストアで契約事務手数料3000円が無料に

Y!mobile公式オンラインストアへ

②ヤフー運営のY!mobileストアで最大6千円分のPayPay還元あり

ヤフー運営ストアへ