楽天アンリミット5Gが1年無料(300万人)

AQUOS zero2 SH-M13をレビュー【スペック・カメラ性能・デメリットが分かる】

AQUOS zero2 SH-M13をレビュー

この記事のポイント

  • AQUOS zero2 SH-M13は最新のCPUを備えたハイスペックや世界最高クラスの軽量ボディが魅力
  • デメリットとして、端末価格が高くバッテリー容量が物足りないのが欠点
  • 日本製でおサイフケータイ機能ありのハイスペックを求める方にピッタリの機種

「AQUOS zero2 SH-M13が気になる・・詳しいレビューを見たい!」

AQUOS zero2 SH-M13はシャープが販売するハイスペックスマホです。

防水・おサイフケータイ対応スマホとしては最高クラスの性能を持ち、ゲームを快適にプレイできる機能も搭載しています。

そのうえで重量が非常に軽いため、長時間手に持っても疲れにくいのが特徴的です。

この記事ではAQUOS zero2 SH-M13のスペックからカメラ性能まで詳しくレビュー。メリットだけでなくデメリットについて解説していきます。

このスマホの評価
コスパ
(2.5)
カメラ
(3.5)
操作性
(5.0)
スペック
(4.0)
バッテリー
(3.0)
総合評価
(3.5)

コメント

高額なスマホだがスペックを見れば納得。ハイスペックかつ日本製にこだわるなら考慮したい機種。

\最新のAQUOSが激安/

OCNモバイルONEのセールへ 

 

\中古美品で格安購入を狙う/

イオシスの価格を見る 

 

AQUOS zero2 SH-M13の購入先

1.AQUOS zero2 SH-M13のスペック

発売日 2020年3月13日
メーカー SHARP
サイズ 高さ:約158mm
幅:約74mm
厚さ:約8.8mm
重量 約141g
画面 6.4インチ、FHD+
2340×1080
OS Android 10
CPU Snapdragon 855
(オクタコアCPU)
メモリ 8GB
ストレージ 256GB
カメラ性能 アウト:1220万画素+2010万画素
イン:800万画素
外部メモリ なし
バッテリー容量 3130mAh
本体カラー アストロブラック
防水 防水:IPX5/IPX8
防塵:IP6X
おサイフケータイ
ワンセグ
DSDV

2.AQUOS zero2 SH-M13のカメラ性能

カメラ性能ってどうですか?

悪くないわよ。

カメラ性能ですが、背面には1220万画素+2010万画素のデュアルレンズカメラを搭載。

1220万画素のメインカメラはF1.7の明るいレンズを搭載しており、薄暗い場所でも明るい写真を撮影可能です。

2010万画素のセカンドカメラは125°の広角レンズ。2つのレンズを活かした、ポートレートも綺麗です。

SH-M13の写真サンプル

写真例(引用元:AQUOS公式

電子式・光学式の2つの手振れ補正にも対応しており、動きながら撮影してもブレにくいです。

インカメラは画素数こそ800万画素と普通ですが、電子式手ブレ補正や美肌補正に対応。カメラ性能は、必要十分なクオリティです。

3.評判・口コミから分かるAQUOS zero2 SH-M13のメリット

この端末って、何が優れているんですか?

CPUの性能がいいから、アプリがサクサクなの。あと、頑丈なのに軽量なのも見逃せないわ。

①超軽量なのに頑丈ボディ

AQUOS zero2 SH-M13はハイスペックスマホながら超軽量ボディです。

本体にマグネシウム合金フレームを採用。頑丈さを維持しつつ、141gの軽さを実現しています。

ディスプレイサイズは6.4インチと大きいのですが、軽量なので長時間持っていても疲れにくいです。

6.0インチ以上のディスプレイかつ3,000mAh以上のバッテリーを搭載したスマホとしては世界最軽量。他社のハイスペックスマホと比べると、AQUOS zero2がいかに軽いか分かります。

重量比較

機種名 重量
AQUOS zero2 141g
Galaxy S20 163g
HUAWEI P30 165g
Xperia 1 178g
iPhone 11 Pro 188g
ZenFone 6 190g
OPPO Reno 10x Zoom 215g

②アプリがサクサク動く

AQUOS zero2 SH-M13はスペックが高く、アプリの動作もサクサクです。

CPUはトップクラスのSnapdragon 855を搭載。処理性能が高く、動作が重たい3Dゲームも快適です。

メモリも8GBと大容量で、複数のアプリを同時に起動しても安定。アプリの切り替えもスムーズです。

③ゲーム用にチューニングできる

ゲーミングスマホとして利用できるAQUOS zero2 SH-M13。スペックが高いだけでなく、ゲーム用にチューニングすることが可能です。

ゲーム用にチューニング

  • ハイレスポンスモード:4倍速駆動で動きの速いゲームもくっきりと表示
  • 割り込み通知ブロック:ゲームプレイ中に通知でゲームが中断するのを防ぐ
  • 録画設定:ゲーム動画を録画できる
  • 検索設定:ゲームプレイ中に攻略サイトを素早く検索できる
  • パフォーマンス設定:画質を重視するか、動作を重視するか変更できる

この他にも充電しながらゲームをしても発熱しにくいパラレル充電に対応。そもそも発熱しにくい放熱設計にもなっています。

4.評判・口コミから分かるAQUOS zero2 SH-M13のデメリット

逆に悪い点はありますか?

ハイスペックゆえに端末価格が高いことね。

①端末価格が高い

AQUOS zero2 SH-M13は本体価格が約10万円と高額です。ハイスペックで機能が充実しているため納得感はありますが、なかなか手が出せる金額ではありません。

少しでも安く購入したいなら、格安SIMとのセット販売(回線も同時契約)を利用するといいですよ。

②バッテリー容量が物足りない

AQUOS zero2 SH-M13のバッテリー容量は3,130mAhと、ハイスペックスマホとしては少し物足りないです。軽量性を重視したために容量が犠牲になったと考えられます。

ゲーミングスマホの代表格であるROG Phone 2は6,000mAhもの大容量バッテリーを搭載しています。

バッテリー消費が激しいゲームをプレイすることを想定している機種なので、もう少しバッテリー容量が欲しかったですね。

③microSDが使えない

AQUOS zero2 SH-M13はmicroSDカードスロットが非搭載です。外部メディアを使ってストレージ容量を増やすことはできません。

ただし、内部ストレージが256GBもあるので、大多数の人は問題ないでしょう。

動画や写真をたくさん撮影する人だと足りない恐れがあるため、クラウドサービス(Googleフォトなど)で対策を取りましょう。

5.AQUOS zero2 SH-M13がおすすめな人・おすすめでない人

結局、AQUOS zero2 SH-M13は購入すべきですか?

おすすめな人をまとめたから、当てはまるか確認してちょうだい。

AQUOS zero2 SH-M13がおすすめな人・おすすめでない人を以下にまとめました。

おすすめな人

  • 軽くて使いやすいスマホが欲しい
  • ハイスペックな日本製スマホにこだわる
  • 防水・おサイフケータイ対応を重視する
  • ゲーミングスマホとして使いたい

 

おすすめでない人

  • バッテリー容量を重視する
  • スペックを犠牲にしてでも安いスマホがいい
TOPIC
発売当時(2020年3月)の評価

AQUOS zero2 SH-M13はSnapdragon 855と8GBメモリを搭載しおり、非常にスペックが高いです。スペック重視で日本製スマホが欲しいならピッタリ。

防水&おサイフケータイに対応したAndroidスマホの中では、最高クラスの満足度を得られます。ゲームプレイに特化した機能もあるため、ゲーマーにもおすすめです。

これだけのスペックながら重量141gとかなり軽いので、重たいスマホが苦手な人にも相性抜群ですよ。

\最新のAQUOSが激安/

OCNモバイルONEのセールへ 

 

\中古美品で格安購入を狙う/

イオシスの価格を見る 

 

AQUOS zero2 SH-M13の購入先

6.まとめ

AQUOS zero2はSnapdragon 855と8GBメモリを搭載し、Androidスマホでもトップクラスのスペックを誇ります。

ゲーム用にチューニングできる機能を搭載しており、3Dゲームを頻繁にプレイするゲーマーにもおすすめです。

カメラにも力が入っており、ポートレートや広角な写真、夜景など多彩な写真を撮影できます。

それでいて重量は141gに抑えられています。スペックを重視するけど重たいスマホは嫌な人には最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。