楽天モバイル専売のAQUOS sense3 liteをスペックレビュー

AQUOS sense3 lite

AQUOS sense3 liteはシャープから発売されているミドルレンジのSIMフリースマホです。

約3万円と手ごろな価格ながら必要十分以上のスペックを持ち、防水・防塵とおサイフケータイにも対応しています。

楽天モバイル」の専売モデルですが、楽天市場で単体購入も可能です。

バッテリー持ちを重視する人や、耐久力の高いスマホを使いたい人におすすめです。本記事ではAQUOS sense3 liteのスペックや評価について詳しくレビューします。

1.AQUOS sense3 liteのスペックとは?

実際、スペックはどうですか?

詳しい説明に入る前に、スペック表を見せるわね。性能について、あとから詳しく説明するから意味が分からなくてもOKよ。

まずはAQUOS sense3 liteのスペックを一覧表にまとめました。

発売日 2019年10月1日
メーカー SHARP
サイズ 高さ:約147mm
幅:約70mm
厚さ:約8.9mm
重量 約166g
画面 5.5インチ、FHD+
2160×1080
OS Android 9
CPU Snapdragon 630
(オクタコアCPU)
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
カメラ性能 アウトカメラ:1200万画素
インカメラ:800万画素
外部メモリ microSD
(最大512GB)
バッテリー容量 4000mAh
本体カラー ライトカッパー
シルバーホワイト
ブラック
防水 防水:IPX5・IPX8 
防塵:IP6X
おサイフケータイ
ワンセグ
DSDV

CHECK!

楽天モバイルの公式サイトへ


2.何がすごいの?AQUOS sense3 liteのメリット4つ

この端末って、何が優れているんですか?

まず、バッテリー容量が大きいことね。あと、シャープらしく画質がキレイな点や、スマホ初心者に使いやすいのも好評よ。

ここからはAQUOS sense3 liteの4つのメリットについて解説します。

メリット
  • 4,000mAhのバッテリーで最大1週間のバッテリー持ち
  • IGZOディスプレイが明るくてキレイ
  • 防水・防塵機能付きで耐久性にも優れている
  • スマホ初心者に安心のかんたんモードあり

①4000mAhのバッテリーで最大1週間のバッテリー持ち

AQUOS sense3 liteは4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、電池持ちが非常に良いです。

消費電力の少ないIGZOディスプレイも相まって、最長1週間という驚異的な電池持ちを実現しています。

前モデルのAQUOS sense2のバッテリー容量が2,700mAhだったので、AQUOS sense3 liteは約1.5倍もバッテリー容量が増えている計算です。

それにも関わらず、本体サイズはAQUOS sense2よりむしろ小さくなるなど比較的コンパクトで持ちやすいです。

②IGZOディスプレイが明るくてキレイ

IGZOディスプレイ

AQUOS sense3 liteのディスプレイにはシャープが独自開発した「IGZO液晶ディスプレイ」が搭載されています。

IGZOディスプレイは高精細で明るいため、美しい映像を楽しめます。 電池持ちが良くディスプレイがキレイなので、動画視聴との相性が抜群です。

③防水・防塵機能付きで耐久性にも優れている

AQUOS sense3 liteは従来シリーズ同様、防水・防塵に対応しています。SIMフリーでは対応している機種が少ないので、貴重ですね。

防水・防塵に加えて、耐衝撃や耐振動、低温/高温動作といった19項目のMIL規格に対応しており、耐久性にも優れます。

キッチンやお風呂といった水回りはもちろん、アウトドアやウィンタースポーツなど過酷な環境でスマホを使う人でも安心です。

④スマホ初心者に安心のかんたんモードあり

AQUOS sense3 liteはスマホ初心者のための「かんたんモード」を搭載しています。

かんたんモードをオンにするとホーム画面のアイコンやフォントサイズが大きくなったり、輝度やコントラストを調整して見やすい画面にしてくれたりと、初心者でもスマホを使いやすいように自動で調節してくれます。

初めてスマホを使う初心者やシニアの人が使う場合でも安心ですね。

3.ここに注意!AQUOS sense3 liteのデメリット2つ

逆に悪い点は何かありますか?

処理能力とカメラ性能が少し落ちる点がデメリットね。

たくさんのメリットがあるAQUOS sense3 liteですが、いくつかデメリットもあります。

デメリット
  • 大きな処理能力を求められるゲームはやや厳しい
  • シングルカメラなので、カメラ性能はそこそこ

①大きな処理能力を求められるゲームはやや厳しい

AQUOS sense3 liteはCPUにSnapdragon 630を搭載したミドルレンジクラスのスマホです。

3Dゲームなど、負荷の大きい3Dゲームをプレイするには性能不足です。ゲームをプレイする場合は最低でもSnapdragon 660、可能であればSnapdragon 800番台のスマホを購入しましょう。

ただ、SNSやブラウジング、動画視聴といった普段使いであればAQUOS sense3 liteでも全く問題ありません。

②シングルカメラなので、カメラ性能はそこそこ

AQUOS sense3 liteのカメラはアウトカメラ・インカメラともにシングルカメラです。

最近ではデュアルレンズカメラやトリプルレンズカメラを搭載し、デジカメのような写真を撮れる機種が増えています。

それらと比べると、シングルカメラであるAQUOS sense3 liteはカメラ性能でどうしても劣ります。

背景をキレイにぼかしたい、夜景をキレイに撮りたいなど、カメラにこだわりがある人はカメラ性能が良い機種を購入しましょう。

逆にメモ程度の撮影や簡単なスナップ写真が撮れればいい、という人ならAQUOS sense3 liteのカメラでも問題ありません。

画質目安↓

TOPIC
同価格帯でゲームの操作性・カメラ性能を求めるのなら、「OPPO Reno A」がおすすめ

4.兄弟機種「AQUOS sense3」との違いは?

そういや、AQUOS sense3が発売されたって聞いたんですが、何か違いはあるんですか?

ほぼ一緒だけど、カメラ性能だけ違いがあるのよ。

SHARPからはAQUOS sense3 liteの兄弟機種「AQUOS sense3」も発売されています。

AQUOS sense3 liteとAQUOS sense3はスペックもデザインもほぼ同じですが、唯一アウトカメラの仕様だけが異なります。

AQUOS sense3との違いはカメラ性能

  • AQUOS sense3 lite:1200万画素のシングルカメラ
  • AQUOS sense3:1200万画素+1200万画素のデュアルレンズカメラ

AQUOS sense3 liteのアウトカメラはシングルカメラでしたが、AQUOS sense3はデュアルレンズカメラになっています。

AQUOS sense3のセカンドカメラは超広角レンズになっており、広い範囲を含めた写真を撮影できます。グループ写真や風景写真を撮影する際に便利です。

広角レンズが不要な人にとってはこの2機種で違いはほとんどありません。広角レンズを使いたい人はAQUOS sense3、広角レンズは不要な人はAQUOS sense3 liteを購入しましょう。

なお、現時点ではAQUOS sense3は、

でのみ購入可能です。AQUOS sense3 liteは楽天モバイル専売モデルではありますが、楽天市場で単体購入することもできます。

5.ユーザーの口コミを調査してみた

ユーザーの口コミが気になります。

OK、調査したから参考にしてね。

ここまでAQUOS sense3 liteのメリット・デメリットを解説してきましたが、実際に使っているユーザーの意見や口コミも気になりますよね。

実際にAQUOS sense3 liteを利用しているユーザーの口コミを調査してみました。

※口コミ元は「価格com」から参照

4000mAhとのことで、そこそこ大容量ですね。省電力(&低発熱?)にチューニングされているようで、待ち受けはスペック通りに持ちそうな気がします。

よく持ちます。私の使い方なら3日はOK。

それなりに使って1日で8割切らないので充電するか迷いますね、3日で50%代にやっとなった、災害の時は頼りになると思いますね

バッテリー容量4,000mAhは魅力です。今のところ1日1回充電していますが、2日に1回でも大丈夫そうです。

防水加工が良いです。画面に垂れた水滴が、液晶の外まで自然に流れていきます。

SH-M05のモッサリした動作に比べれば、だいぶスムーズで、自分の使い方ならこのくらいでも不満は感じません。

シングルカメラでも意外とキレイに撮れます。SNS映えを最重視する方はもっとカメラのいい機種をお勧めしますが、日常の記録程度なら十分かと思います。

liteなので単眼だが結構綺麗に撮れますね、ただ初めの設定だと黄色く映るのでHDRとか何かを有効にしないとダメですが

特徴でもあるバッテリーは高評価ですね。実際に使ってみても3日くらいは余裕で持つという意見がたくさんありました。

レスポンスや防水機能についても良い意見が多かったです。一方、カメラについてはやはり「こだわる人には物足りない」という評価でした。

とは言え、普通に使う分には問題ないという意見も多く、よほどカメラにこだわる人以外なら問題ないと言えます。

6.AQUOS sense3 liteがおすすめな人とは?

結局、AQUOS sense3 liteはどんな人におすすめなんですか?

ずばり、ハイスペックにこだわりすぎず電池持ちや耐久性を重視する人がおすすめよ。

ここまでに解説したメリット・デメリットと評判を考慮すると、AQUOS sense3 liteは以下のような人におすすめです。

  • 電池持ちを重視する人
  • 耐久性に優れる機種が欲しい人
  • スペックやカメラにこだわりがない人

AQUOS sense3 liteは大容量バッテリーを搭載しており、電池持ちが非常に良いです。

口コミでもバッテリー関連の評判はかなり良かったので、電池を重視する人が購入しても後悔しないでしょう。

防水・防塵に加えて耐衝撃などのMIL規格に対応しているのも大きなポイントです。他のスマホより壊れにくいので、過酷な環境でスマホを使う人にも向いています。

AQUOS sense3 liteはコスパ重視のミドルレンジスマホなので、上位モデルと比べるとカメラやスペックは劣ります。

それでも普段使いなら問題ないレベルなので、スペックやカメラに強いこだわりがない人なら十分おすすめです。

MEMO
海外製は怖いから、日本製スマホにこだわるという人もおすすめ

CHECK!

楽天モバイルの公式サイトへ

7.【まとめ】AQUOS sense3 liteはコスパに優れた日本製スマホです

以上、AQUOS sense3 liteのスペックや評価、メリット・デメリットについて解説しました。

AQUOS sense3 liteはバッテリー容量が大幅に増加し、これまで以上に電池持ちが良くなりました。 Snapdragon 630と4GBメモリにより、普段使いであれば動作もスムーズです。

さらに、従来の防水・防塵に加えて耐衝撃をはじめとする19のMIL規格にも対応しました。

故障の心配をすることなく安心して使えるのも、日本製スマホならではの特徴ですね。

キャンペーン速報

①楽天モバイル

キャンペーン

人気機種が、期間不定期で大幅割引に。

キャンペーン端末(一部)

キャンペーン価格 割引額
HUAWEI P30 lite 一括:29819円
分割:1366円
-3061円
AQUOS sense2 SH-M08 一括:24800円
分割:1136円
-5000円
OPPO Reno 10x Zoom 一括:95880円
分割:4694円
-4000円

キャンペーンの適用条件は、通話SIMで申し込むのみ。端末のみ購入はできません。

POINT
どの端末を選ぶか迷ったら、HUAWEI P30 liteがおすすめ。価格の割に高性能です。

CHECK!

キャンペーン中の端末を見る

②IIJmio

oppoキャンペーン

OPPOの新端末購入で最大5000円のギフト券あり。

  • キャンペーン名:OPPO新端末発売記念キャンペーン
  • キャンペーン期間:2019年10月18日~2019年12月2日まで

キャンペーン期間内に、以下のOPPO端末を申し込めば(音声通話SIMとセット契約)、選べるe-GIFTが貰えます。

キャンペーン端末

対象端末 価格 ギフト券
Reno A 一括:34800円
分割:1500円×24回
5000円分
A5 2020 一括:24800円
分割:1050円×24回
3000円分

おすすめは断然「OPPO Reno A」です。実質5000円引きなので、29800円に。およそ3万円で、7万円くらいの機種と同等のスペックを体感できます。

POINT
選べるe-GIFTはAmazonギフト券に交換できる

ギフト券の付与ですが、10月31日まで申し込めば、2020年1月中に、11月から12月2日までに申し込めば2020年12月月中に付与されます。

CHECK!

IIJmio公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。