Pay Payとは?メリット・デメリットから評判まで完全考察

paypayとは

PayPayは国内でもとくに人気の高いスマホ決済サービスの1つです。テレビCMなど積極的に放映しており、一度は名前を聞いたことがあるでしょう。

しかし、名前は聞いたことがあるけどどんなサービスか詳しく知らない、という人も多いと思います。

そこで本記事ではPayPayの概要やメリット、使い方などPayPayの全体像について詳しく解説しています。

1.PayPayとは?

PayPayって、どんなサービスなんですか?

スマホでコード決済できるのが最大の利点。あと、友達同士で簡単に送金もできるわよ。

PayPayはソフトバンクとYahoo!の合同会社である「PayPay株式会社」が運営するスマホ決済サービスです。

スマホに表示したバーコードを読み取るか、お店のQRコードを読み取ることで支払いができるQRコード決済に分類されます。

iDや楽天Edyなどの非接触決済と違い、おサイフケータイに対応していないスマホでも使えるのが特徴です。

また、PayPayに関する手数料はお店側が支払うため、ユーザーは完全無料で利用できます。

その他、PayPayの概要や特徴は以下の通りです。

運営会社 PayPay株式会社
サービス開始 2018年10月5日
機能 決済
割り勘
送金
出金
利用料 無料
ポイント還元率 通常支払い:1.5%
ヤフーサービス:1%
請求書払い:0.5%
決済手段 PayPay残高
クレジットカード
コンビニ支払い 対応
公共料金支払い 対応

2.ここが便利!PayPayのメリット3つ

PayPayの魅力って、何でしょう?

コード決済の利用者No.1らしく、使用できる店舗が多い点はメリットね。あとは何といっても、キャンペーンの豪華さが桁違いよ。
メリット
  1. スマホでスピーディに決済できる
  2. キャンペーンが豪華すぎる
  3. 使用できる店舗数が多い

①スマホでスピーディに決済できる

バーコード決済

コード決済

PayPay最大のメリットが普段の支払いをスマホだけでスピーディに行えることでしょう。

PayPayアプリを起動し、画面のバーコードを読み取ってもらうか、お店のQRコードをカメラで読み取るだけで支払いが完了します。

小銭を数えたり、おつりをもらったりといった手間が一切かからなくなるので、支払いが非常に楽です。

支払う側はもちろん、お店側にもお金の管理が楽になる、おつりを間違える心配がないといったメリットが生まれます。

Apple Watchならスマホすら不要

PayPayはApple社のスマートウォッチ「Apple Watch」にも対応しています。

Apple Watchに表示したバーコードを読み取ってもらうだけで支払いが完了するため、もはやスマホを出す必要すらありません。

②キャンペーンが豪華すぎる

PayPayと言えば豪華なキャンペーンも魅力です。

2018年12月には利用額の20%(最大5万円)が還元され、さらに抽選で全額が還元される「PayPay 100億円キャンペーン」を実施し、話題となりました。

PayPay人気に火をつけたのもこのキャンペーンでしょう。

その後も20%還元(ただし1回の上限は1,000円)が受けられる「100億円キャンペーン第2弾」や、初めて銀行口座を登録すると最大100万円相当のPayPayボーナスが当たる「100万円もらえちゃうキャンペーン」など、他社では真似できない豪華すぎるキャンペーンをたくさん実施しています。

執筆時点でもPayPayフリマと「PayPayモール」にて買い物をすると最大20%還元される「100億相当あげちゃうキャンペーン」をはじめとするキャンペーンを多数実施しています。

支払いが楽になるだけでなく、豪華なキャンペーンでお得に買い物ができるのもPayPayの魅力です。

ソフトバンク・Yモバイルユーザーは特に厚遇されている

PayPayは運営会社がソフトバンクとYahoo!の合弁会社ということもあり、ソフトバンクとYモバイルのユーザーが厚遇されています。

例えばYahoo!ショッピングの支払いをPayPayで行うとポイント還元は通常1%ですが、ソフトバンクユーザーなら常に10%も還元されます。

Yモバイルユーザーも「Enjoyパック」というオプションに加入すれば、同様に10%の還元を受けることが可能です。

また、「最大○○%還元」といったキャンペーンでは、最大限還元されるのはソフトバンク・Yモバイルユーザーだけということも多いです。

PayPayは誰が利用してもお得ですが、ソフトバンクユーザーとYモバイルユーザーはよりお得と言えますね。

③使用できる店舗数が多い

PayPayは数あるスマホ決済の中でもとくに使用できる加盟店が多いです。サービス開始から約1年後の2019年11月には加盟店数が170万ヶ所を突破しています。

PayPayが利用できる主な店舗は以下の通りです。

PayPayが使える店舗例

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • マツモトキヨシ
  • 松屋
  • 吉野家
  • ビックカメラ
  • TSUTAYA
  • 眼鏡市場
  • ゲオ
  • ジャンカラ
  • H.I.S
  • 東横INN

コンビニからスーパー、飲食店、家電量販店、ホテルなどさまざまなジャンルのお店で利用できますね。

どれだけ便利でお得なサービスでも、周りに使えるお店がなかったら意味がありませんよね。PayPayは加盟店が非常に多いため、その心配もありません。

paypayが使えるお店PayPayが使えるお店一覧と最寄りの対応店舗を探す方法

3.注意したいPayPayのデメリット

逆に、PayPayのダメな点ってありますか?

利用できるクレジットカード銀行に限りがある点がデメリットね。

たくさんのメリットがあるPayPayですが、いくつかデメリットもあります。

デメリット
  1. Yahoo!JAPANカード以外のクレカが冷遇されている
  2. チャージできる銀行が限られている
  3. 本人認証をしないと利用上限がある

①Yahoo!JAPANカード以外のクレカが冷遇されている

PayPayはクレジットカードで料金を支払えますが、Yahoo!JAPANカード以外のクレジットカードはかなり冷遇されています。

PayPayを利用すると支払い額の1.5%が還元されますが、これはPayPay残高か、Yahoo!JAPANカードで支払った場合のみです。

それ以外のクレジットカードで支払った場合は一切ポイントが還元されません。

PayPay残高のチャージができるクレジットカードもYahoo!JAPANカードのみです。その他のカードではチャージはできません。

また、PayPayの魅力であるキャンペーンについても、Yahoo!JAPANカード以外で支払うと対象外であることがほとんどです。

例えば対象店舗でPayPayを使うと10%の還元を受けられる「まちかどペイペイ第1弾」はPayPay残高かYahoo!JAPANカードで支払った場合のみ対象です。

他のクレジットカードで支払った場合は対象外になります。

PayPayでクレジットカードを利用する場合は、Yahoo!JAPANカードが必須と言えるでしょう。

paypay クレジットカード最大3重取りも!PayPayでポイントが貯まるクレジットカードと登録手順

②チャージできる銀行が限られている

PayPay残高をチャージする方法の1つに銀行口座があります。あらかじめ銀行口座を登録しておけば、アプリからいつでもチャージできて便利です。

ただ、PayPayはチャージできる銀行が限られています。

ゆうちょ銀行にメガバンク、各種地方銀行などに対応していますが、ネット銀行は対応しているところが少ないです。

利用可能な銀行は順次拡大予定とのことなので、今後に期待しましょう。

外部参照:PayPayを利用可能な金融機関

③本人認証をしないと利用上限がある

PayPayでクレジットカード払いをする場合、本人認証をしないと利用できる金額に上限があります。

本人認証状況 支払い上限
(24時間)
支払い上限
(30日間)
本人認証未設定クレジットカード 5,000円 5,000円
本人認証設定済みクレジットカード 2万円 5万円
本人認証設定済みクレジットカード
+青いバッジ
25万円 25万円

本人認証をしていない場合、クレジットカードで支払える上限は5,000円とかなり低いです。

本人認証をすれば24時間で2万円、30日間で5万円とかなり上限が増えるので、PayPayを使うなら必ず本人認証をしましょう。

本人認証はクレジットカードをPayPayに登録する際に「3Dセキュア認証」をすれば完了します。

4.ユーザーの評判・口コミを調査

PayPayユーザーの評判って、どうなんでしょう?

そう言うと思って、調べてみたわ。

5.PayPayの使い方とは?

PayPayの使い方は簡単ですか?

ええ、簡単よ。詳しく説明していくわね。

ここまではPayPayの特徴やメリット・デメリットについて解説しました。

続いて、PayPayの具体的な使い方について解説していきます。

5-1.チャージ方法は5つ

PayPayの支払い方法は大きく分けてPayPay残高とクレジットカードです。このうち、PayPay残高で支払う場合は、あらかじめ残高をチャージしておく必要があります。

PayPay残高のチャージ方法は以下の5つです。

チャージ方法

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • Yahoo!JAPANカード
  • ヤフオク!およびPayPayフリマの売上金
  • ソフトバンクおよびワイモバイルまとめて支払い

この中でもとくに主流なチャージ方法が「銀行口座」と「Yahoo!JAPANカード」でしょう。

銀行口座またはYahoo!JAPANカードを登録しておけば、アプリ上でいつでもサッとチャージできます。

銀行口座の登録方法

銀行口座を登録する手順は以下の通りです。

  1. PayPayアプリトップの[銀行口座登録]をタップ
  2. 一覧から追加したい金融機関をタップ
  3. 支店名や口座番号などを入力(項目は銀行によって異なる)
  4. [登録手続きをする]をタップ
  5. 各銀行のページに移行するので、画面の指示に従って手続きを進める

Yahoo!JAPANカードの登録方法

Yahoo!JAPANカードの登録はPayPayアプリトップの[カード追加]をタップするとカメラが起動するので、カメラでカード表面を読み取ればOKです。

銀行口座またはYahoo!JAPANカードが登録出来たら、あとは以下の手順でチャージできます。

  1. PayPayアプリトップの[チャージ]をタップ
  2. チャージ金額とチャージ方法を指定
  3. 最後に[チャージする]をタップする

【補足】チャージ無しでもポストペイで支払いできる

PayPayはPayPay残高だけでなく、登録したクレジットカードで料金を支払うことができます。

クレジットカード払いなら請求が直接登録したクレジットカードに行くため、毎回チャージする手間が省けます。

また、Yahoo!JAPANカード以外のカードを登録して支払うことも可能です。

ただし、前述した通りYahoo!JAPANカード以外のクレジットカードで支払うとPayPayボーナスが還元されません。

PayPayでクレジットカード払いを使いたい場合は、まずYahoo!JAPANカードを申し込みましょう。

5-2.支払いは、コード決済・スキャン決済が利用できる

PayPayの支払い方法には「コード決済」と「スキャン決済」の2種類があります。

  • コード決済:スマホ画面に表示したバーコードをお店の人が読み取る
  • スキャン決済:お店のQRコードをスマホで読み取る

コード決済はPayPayのアプリトップに表示されるバーコードをお店の人に読み取ってもらいます。アプリを起動するだけで良いので、支払いがとてもスムーズです。

一方、スキャン決済はお店のQRコードをスマホで読み取り、さらに金額を手入力しないといけません。現金で支払うよりは楽ですが、コード決済と比べるとやや手間です。

なお、どちらの支払い方法になるかはお店によって異なります。

paypayの使い方支払い方法が分かる!PayPayの使い方ガイド

公共料金の支払いもOK

PayPayは請求書払いに対応しており、税金や水道料金といった公共料金を支払うこともできます。

従来はわざわざ請求書をコンビニや金融機関に持っていって支払う必要がありました。PayPayなら、自宅にいながらスマホで簡単に公共料金の支払いが可能です。

5-3.【補足】PayPay残高は4つの種類がある

PayPay残高には、以下の4つの種類があります。

PayPay残高の種類

  • PayPayマネー
  • PayPayマネーライト
  • PayPayボーナス
  • PayPayボーナスライト

PayPayマネーは本人確認後に銀行口座・セブン銀行ATM・ヤフオク/フリマ売上金でチャージした残高です。

これ以外の方法でチャージするか、本人確認をしていない状態だとPayPayマネーライトになります。

PayPayボーナスとPayPayボーナスライトはキャンペーンなどの特典として進呈される残高です。

料金の支払いについてはどの残高でも使えます。では何が違うかと言うと「利用できる機能」と「有効期限の有無」です。

PayPay残高の種類 出金 送金
割り勘
有効期限
PayPayマネー なし
PayPayマネーライト なし
PayPayボーナス なし
PayPayボーナスライト 60日

PayPayマネーは唯一出金ができます。誤ってチャージしすぎても安心ですね。PayPayマネーライトは出金ができませんが、それ以外はPayPayマネーと同じです。

PayPayボーナスとPayPayボーナスライトは出金や送金、わりかんは一切できません。あくまでも支払い専用の残高ということですね。

また、PayPayボーナスは無期限ですがPayPayボーナスライトには60日の有効期限が設定されています。

6.過去に不正利用の問題があったけど大丈夫?

便利なのはいいけど、不正利用されそうで怖い・・。

確かに、PayPayの不正利用は過去に大きな問題になったわ。だけど、今はちゃんと対策が進んでいるのよ。

スマホ決済を利用する際に気になるのが不正利用ですよね。

実際、PayPayも2018年12月の「PayPay 100億円キャンペーン」の際にはクレジットカードが不正利用される問題が発生しました。

そのため、PayPayは安全なのか心配な人も多いでしょう。

現在の状況ですが、PayPayは最初の不正利用にあって以降、セキュリティ対策を徹底しています。

3Dセキュアによる本人認証や支払い上限額の設定により、クレジットカードによる不正利用が起きにくくなっています。

生体認証に対応しているスマホなら指紋認証や顔認証をしないとアプリを起動できないようにすることも可能です。

また、万が一不正利用にあった場合は被害額の全額を補償する制度を導入しています。

他のスマホ決済と比べても、セキュリティ対策と補償体制は万全です。PayPayは安心して利用できるスマホ決済サービスと言えますね。

7.【まとめ】今すぐPayPayを使ってみよう

今回はPayPayのサービス全般について解説しました。

これまでPayPayについて詳しくなかった人も、PayPayがいかに優れたスマホ決済サービスなのか、分かっていただけたと思います。

PayPayは簡単に使えて支払いがスムーズになる、キャンペーンがお得など、メリットがたくさんあるスマホ決済サービスです。

不正利用についてもしっかり対策を取り、万が一の時は補償もしてくれます。安心・安全でお得なPayPayをまだ使ったことがない人は、今すぐ使ってみましょう。

キャンペーン速報

TOPIC1

PayPayモール・PayPayフリマで100億円あげちゃうキャンペーン中(2020年1月31日まで)

Y!mobile」と「ソフトバンク」ユーザーは最大還元率が25%に

TOPIC2

ヤフー運営のY!mobileオンラインストアにてPayPayキャンペーン中。Y!mobile乗り換えで最大6000円分のPayPayボーナスライトが貰えます。

 

>Y!mobileのキャンペーンを見る

TOPIC3

PayPay導入の初期費用&入金手数料が0円に。2020年4月まで消費者還元事業で最大5%の補助金あり。

 

>PayPay加盟店の詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。