PayPayの加盟店になるには?登録手順や手数料の有無を解説

paypay加盟店

PayPayは国内でもっとも勢いのあるスマホ決済サービスの1つです。

2019年10月にスタートした「キャッシュレス・消費者還元」の対象にもなっており、PayPay加盟店になるだけで大幅な集客を見込めます。

しかも今なら初期費用や決済システム利用料といった各種費用がすべて無料です。PayPayの加盟店になるなら、今が絶好のチャンスです。

本記事ではPayPayの加盟店になるメリットと注意点、さらに加盟手に登録するための手順について詳しく解説しています。

CHECK!

1.【2019年10月~】キャッシュレス消費者還元事業がスタート!乗り遅れると集客を逃す可能性も

PayPayの導入って、急ぐ必要あるんですか?

消費者還元事業の対象事業者なら、大きな集客効果を見込めるわよ。

キャッシュレス・消費者還元事業になるには、消費者がキャッシュレス決済で支払わないといけません。

そのためには、当然お店側が対象となっている何らかのキャッシュレス決済を導入する必要があります。

キャッシュレス決済はたくさんありますが、その中でもとくにおすすめなのが今回紹介するPayPayです。

1-1.2020年4月まで最大5%の補助金を受けられる

PayPayは2019年10月にスタートした「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象事業者になっています。

キャッシュレス・消費者還元事業は対象の店舗でキャッシュレス決済を利用すると最大5%の還元を受けられる国の補助金事業です。

買い物をする際に「何も還元がないお店」と「追加で5%も返ってくるお店」があったら、当然後者を選びますよね。

キャッシュレス・消費者還元事業に乗り遅れると、せっかくの集客チャンスを逃すことになります。

キャッシュレス・消費者還元の申込申請の受付期限は2020年4月までです。 条件を確認してもし自分のお店も対象だと分かったら、早めに申し込みを行いましょう。

1-2.キャッシュレス・消費者還元に参加する条件

キャッシュレス・消費者還元事業に参加できるのは、以下の条件を満たす「中小・小規模事業者」に限ります。

業種分類 条件(どちらか一方を満たせばOK)
資本金
および出資の総額
常時使用する従業員数
製造業/その他 3億円以下 300人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
小売業 5,000万円以下 50人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下

フランチャイズチェーンの場合、本部が大企業でも加盟店が中小・小規模事業者の条件を満たすならキャッシュレス・消費者還元事業に参加できます。

ただし、その場合の還元率は5%ではなく2%です。また、課税所得の平均額によっては上記の条件を満たしても対象から外れる可能性があります。

キャッシュレス・消費者還元の参加条件の詳細については「公式サイトの資料」もチェックしてください。

2.PayPay加盟店になるメリットとは?

PayPay加盟店って、何が魅力ですか?

日本人だけでなく外国人の集客が見込めることね。あと、入金サイクルが早いのも大きいわよ。

PayPay加盟店になると、以下のメリットがあります。

  • 認知度ナンバー1のスマホ決済で集客アップが見込める
  • ユーザー数8億人のAlipayも利用可能に(中国人を取り込める)
  • 初期導入費・月額固定費・決済システム利用料・入金手数料が全部無料
  • 累計決済額1万円以上で最短翌日の入金

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

①認知度ナンバー1のスマホ決済で集客アップが見込める

PayPay加盟店になる最大のメリットは集客アップが見込めることです。

現在、日本ではLINE Payや楽天Pay、d払い、メルペイなどさまざまなスマホ決済サービスが乱立しています。その中でも認知度ナンバー1なのがこのPayPayです。

実際の利用者数も非常に多く、2019年10月にはPayPayの登録ユーザー数は1,500万人を超えました。

今では支払いのメインがPayPayで、現金しか使えないお店は利用したくないという人も増えています。

逆に言えば、PayPayを導入することでそういったお客さんをお店に呼び込むことが可能です。お店を利用してくれるお客さんが増えるのが、PayPay最大のメリットでしょう。

②ユーザー数8億人のAlipayも利用可能に(中国人を取り込める)

alipay

PayPay公式より

PayPayを導入すると中国人観光客を取り込めるというメリットもあります。

PayPayは中国や香港でもっとも普及しているAlipayというスマホ決済サービスと連携しており、PayPay加盟店ではAlipayによる支払いも可能です。

つまり、PayPayの加盟店になるだけでAlipayを利用している訪日外国人を取り込むことができます。

8億人以上と言われているAlipayユーザーを取り込むことができれば、さらに集客をアップさせることが可能です。

③初期導入費・月額固定費・決済システム利用料・入金手数料が全部無料

手数料無料

スマホ決済を導入する際に気になるのが初期費用や毎回の入金手数料といった各種費用です。

PayPayでは初期導入費、月額固定費はもちろん、決済システム利用料や入金手数料もすべて無料です。

一切費用をかけることなく導入できますし、導入後も手数料等はかかりません。

ただし、決済システム利用料と入金手数料については期間限定のキャンペーンなので注意しましょう。

TOPIC
無料になるのは決済システム利用料が2021年9月30日まで、入金手数料が2020年6月30日まで

④累計決済額1万円以上で最短翌日の入金

PayPayでは累計決済額が1万円以上なら、最短翌日に売上を入金することができます。

入金タイミング

  • ジャパンネット銀行:翌日
  • その他の銀行:2~4営業日

入金サイクル

入金タイミングは受け取る銀行口座によって異なります。受け取る銀行口座がジャパンネット銀行の場合は翌日に入金されます。

スマホ決済を導入する際に受け取りまでどれくらいかかるか心配な人も多いでしょうが、これだけ早く振り込んでくれるなら安心です。

補足:入金手数料が永年無料のジャパンネット銀行法人口座を開設しておきたい

ジャパンネット銀行は入金が早いだけでなく、入金手数料が永年無料というメリットがあります。

前述の通り入金手数料は2020年6月30日まで無料ですが、ジャパンネット銀行なら2020年7月以降もずっと入金手数料が無料です。

2020年7月以降、ジャパンネット銀行以外だと105円(税込)の手数料がかかります。

決して高額ではないものの、積み重なっていくと大きな出費となります。PayPayを利用するなら、「ジャパンネット銀行の口座」を開設しておくのがおすすめです。

CHECK!

PayPay加盟店に申し込む

3.加盟店になる前に注意したいこと

逆にデメリットはありますか?

決済システムの利用料0円が、スキャン支払いに限られることね。

PayPayの加盟店になるとさまざまなメリットがありました。一方で、加盟店になる前にいくつか気を付けておくべきこともあります。

注意
  • 決済システム利用料0円はお客さんに負担のかかるスキャン支払いのみ
  • 今後の手数料がどうなるかは未定

①決済システム利用料0円はお客さんに負担のかかるスキャン支払いのみ

決済システム利用料が無料になるのは前述の通りですが、実はこのキャンペーンが適用されるのは支払い方法がスキャン支払いの場合のみです。

PayPayでは大きく分けて2つの支払い方法があります。

PayPayの支払いシステム

 

バーコード支払い:お客さんのスマホに表示したQRコードを店側が読み取る

スキャン支払い:お店に設置されているQRコードをお客さんがスマホで読み取る

スキャン支払いはレジにバーコードを設置するだけでいいのでお店の負担が少ないです。

しかし、支払う側がQRコードをスキャンし、しかも料金を手入力しないといけないため、お客さんには負担がかかります。

スキャン支払い

スキャン支払い

バーコード支払いはお客さんのスマホに表示したQRコードをお店側が読み取るのでお客さんの負担は少ないですが、決済システム利用料が無料にならないのがデメリットです。

最初は決済システム利用料がかからないスキャン支払いでサービスを開始し、無料キャンペーン終了後もPayPayを利用するならバーコード支払いに変更するといいでしょう。

②今後の手数料がどうなるかは未定

2021年9月30日までは決済システム利用料が無料ですが、それ以降の手数料は未定です。

無料のまま継続するのか、それとも利用料がかかるようになるのか分かりませんし、利用料がかかる場合はいくらになるのかも分かりません。

PayPayは「もし2021年9月30日以降から利用料が発生する場合は半年前までに連絡する」としています。

いきなり利用料が発生する、といったことにはならないので安心ですね。

出典:決済システム利用料について

4.個人事業主もOK!PayPay加盟店の登録手順

加盟店登録の手順は簡単ですか?

ええ、審査も厳しくないから、すぐに導入できるわよ。

ここからはPayPayの加盟店登録の手順を見ていきましょう。

PayPayは法人だけでなく個人事業主も登録できます。登録するための資格は必要なく、簡単な審査を通過すれば利用可能です。

加盟店登録の手順は以下の通りです。

STEP.1
加盟店の申し込みページへアクセス

>>加盟店の申し込みページはこちら

アクセスできたら、「加盟店に申し込む(無料)」をタップしましょう。

加盟店に申し込む

STEP.2
申し込みフォームに必要事項を入力する

申し込み

まずは、簡単な情報として、名前・メールアドレス・電話番号・事業形態(法人・個人事業主)を入力します。

入力が終わったら「確認する」をタップして下さい。

STEP.3
申し込み案内メールを受け取る

「PayPayより(お客様の氏名) 加盟店登録の続きはこちら」の件名でメールが届きます。

メール内のリンクから申し込みフォームにアクセスして下さい。

STEP.4
審査情報を入力する
STEP.5
必要書類をアップロードする

以下、必要書類です。

法人

法人番号(書類は不要)

個人事業主

次のうち、いずれか(運転免許証・運転経歴証明書・パスポート・国民健康保険被保険者証・在留カード・住民票の写し・印鑑登録証明書)

共通

  • 中古品・リサイクル品・古物の取扱有:古物商許可証
  • 施術所に該当:開設届出済証明書
  • 旅行代理店に該当:旅行業登録票
  • 医療相談、法律相談を行っている:資格認定証/登録証
  • 運転代行業:自動車運転代行業認定証
STEP.6
PayPayコードキットを受け取る

審査完了後、登録住所にPayPayコードキットが送られます。

STEP.7
初期設定をして利用開始

加盟店様用スタートガイド」を参考に初期設定を行います。

以上、PayPayの導入は完了です。わからないことがあれば、電話サポート(0120-957-640)も利用できます。

5.【考察】PayPay加盟店になることで危険性はあるのか?

不正利用でお店の売上が無くなる心配はありませんか・・?

現在は、セキュリティ対策で不正利用の発生はかなり減っているわ。
でも、100%安全じゃないですよね?

万一、不正利用されたら、PayPay側がお店の損害を補償してくれるの。売上が無くなる心配はないのよ。

PayPay加盟店になるとたくさんのメリットがあることが分かって頂けたと思います。

一方で「スマホ決済であるPayPayを導入することに危険性はないのか?」という不安を持っている人もいるでしょう。

実際、2018年末に実施された「100億円還元キャンペーン」ではクレジットカードが不正利用される被害がありました。

しかし、結論から言うと現在はPayPayを導入することに危険性はほとんどありません。PayPayの不正利用防止の技術はかなり進んでいます。

最初に不正利用の被害に遭って以降、本人確認プロセスを強化したり、クレジットカードの利用限度額を下げたりといった対策を実施しました。

不正利用防止対策を強化したこともあり、2019年10月現在は不正利用がほとんど発生していません。

万が一、PayPayによる不正取引があっても加盟店には取引金額の全額を入金してくれます。

また、不正利用による被害者への補償などはすべてPayPayが負担してくれるので、加盟店側が負担をすることはありません。

対策が強化され、さらに補償もしっかりされるため、安心してPayPayを使うことができます。

6.【まとめ】国が推進するPayPay、加盟店になって売上を伸ばそう

PayPayは知名度が抜群で利用者も多いです。PayPayの加盟店になるだけで、集客効果が期待できます。

今なら初期費用に加えて決済システム利用料や入金手数料も無料なので、まったく費用をかけることなく導入可能です。

しかも国の補助金事業である「キャッシュレス・消費者還元」の対象事業者でもあるため、より一層たくさんのお客さんにお店を利用してもらうチャンスです。

これを機にPayPay加盟店になって、売上を伸ばしましょう。

キャンペーン速報

TOPIC1

PayPayモール・PayPayフリマで100億円あげちゃうキャンペーン中(2020年1月31日まで)

Y!mobile」と「ソフトバンク」ユーザーは最大還元率が25%に

TOPIC2

ヤフー運営のY!mobileオンラインストアにてPayPayキャンペーン中。Y!mobile乗り換えで最大6000円分のPayPayボーナスライトが貰えます。

 

>Y!mobileのキャンペーンを見る

TOPIC3

PayPay導入の初期費用&入金手数料が0円に。2020年4月まで消費者還元事業で最大5%の補助金あり。

 

>PayPay加盟店の詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。