【SBユーザー必見】LINEモバイルのソフトバンク回線を詳しく解説

lineモバイルのソフトバンク回線

LINEモバイルでは、2018年からソフトバンク回線プランがスタートしました。

そこで気になるのがサービス内容ですよね。

この記事では、LINEモバイルのソフトバンク回線について、

  • 料金プランの内容
  • 通信速度
  • au・ドコモ回線と違う点

をそれぞれ解説していきます。

ソフトバンクユーザーの方は乗り換えもスムーズになっているので要注目。ぜひ、参考にして下さいね。

5ヶ月半額

LINEモバイル

1.まずはLINEモバイルのソフトバンク回線プランをチェック

ソフトバンク回線の料金プランって、どんな感じですか?

3種類のプランが用意されているわ。料金は、au・ドコモ回線プランと同じよ。

LINEモバイルのソフトバンク回線プランは、au・ドコモ回線とまったく同じ料金です。

利用できるのは、LINEフリープラン・コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プランの3つ。

詳しいプラン内容は以下の通りです。

①LINEフリープラン

 

データ容量 月額料金
データSIM データSIM
SMSあり
音声通話SIM
1GB 500円 620円 1200円

最安のLINEフリープランは、LINEアプリのみデータフリーとなります。

②コミュニケーションフリープラン

 

データ容量 月額料金
データSIM
SMSあり
音声通話SIM
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円

一番人気のコミュニケーションフリープランでは、LINEアプリ、Twitter、Instagram、Facebookがデータフリーとなります。

③MUSIC+プラン

 

データ容量 月額料金
データSIM
SMSあり
音声通話SIM
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円

MUSIC+プランは、LINEアプリ、Twitter、Instagram、Facebookに加えてLINE MUSICもデータフリーとなります。

TOPIC
テザリング」も無料で使える
lineモバイルの料金プラン毎月いくら?LINEモバイルの料金プランを全解説

LINEモバイルは、他の「ソフトバンク系格安SIM」と比較して最安で利用できるのも大きなポイントです。

他社より安い

  • LINEモバイル:1200円~
  • mineo:1750円~
  • nuroモバイル:1680円~

価格が優遇されているのは、ソフトバンクの傘下(LINEモバイルは2018年にソフトバンクの子会社化)に入ったからでしょう。

2.ソフトバンク回線×ソフトバンク端末ならSIMロック解除無しで乗り換えできる

ソフトバンクのiPhoneをLINEモバイルで使いたいのですが・・。

だったら、ソフトバンク回線がぴったりね。乗り換えはSIMカードを差し替えるだけよ。

ソフトバンクユーザーの方は、LINEモバイルのソフトバンク回線で契約すれば、SIMロック解除なしで手持ちの端末を使えます。

MEMO
SIMロックとは他社で端末を使えないようにするロック設定のこと

以下、SIMロック解除なしでそのまま使えるソフトバンク端末です。

SIMロック解除不要(ソフトバンク端末)

  • iPhone:iPhone5s以降
  • iPad:第6世代iPad(2018年発売)以降
  • Android:2017年8月以降

iPhoneはほぼすべてに対応。SIMカード差し替えだけで乗り換え可能です。

なお、ソフトバンク版iPhoneでLINEモバイルに契約する場合は、申込画面で「SIMカードのみ」を選択。

その後、SIMカード選択の画面で「iPhone」→「iPhone専用ナノSIM」を選びましょう。

iPhone専用sim

IPhoneLINEモバイルでiPhoneを使う方法を契約手順から設定まで全解説

3.ソフトバンク回線の通信速度は驚異の40Mbps(公式発表)

ソフトバンク回線の通信速度ってどうなんでしょう?

サービス開始当初は平均で40Mbpsだったわ。今は多少落ちているけど、それでも十分なスピードよ。

LINEモバイルではソフトバンク回線の通信速度(実測値)を定点観測しています(計測場所は新宿駅周辺)。

結果は、平均速度でおよそ40Mbpsを記録(全格安SIMで最速クラス)。かなりの爆速です。

lineモバイルの通信速度

40Mbpsをキープ

TOPIC
定点観測の公式発表は2018年末で終了

格安SIMの通信速度はお昼すぎに一気に落ち込むのが通常ですが、LINEモバイルのソフトバンク回線では、お昼でも35Mbps以上をキープ。

本家のソフトバンクとほぼ同じ通信速度となっています。ユーザーの評判も好調で、快適にデータ通信ができるとの口コミが大半。

ちなみに、LINEモバイルはドコモ・au回線でも午前中なら40Mbpsを超えるのですが、お昼は1Mbps付近まで速度低下していきます。

注意
今後、ソフトバンク回線のユーザー数が増えれば、もう少し通信速度は落ちると思われる

4.注意:au・ドコモ回線と違う点あり

LINEモバイルはau回線とドコモ回線がありますけど、何か違いってあるんですか?

基本サービスは同じだけど、オプション内容が一部異なるの。詳しく説明するわね。

4-1.通話オプションが若干異なる

基本サービスの内容は変わらないドコモ・au・ソフトバンク回線。ですが、通話オプションの内容が若干異なります。

通話オプションで異なる点

ソフトバンク回線 ドコモ回線 au回線
留守番電話 無料
留守番電話プラス 月額:300円
保存件数:100件
保存期間:1週間
月額:300円
保存件数:20件
保存期間:72時間
月額:300円
保存件数:99件
保存期間:1週間
グループ通話 月額:200円
最大6人
月額200人
最大3人
迷惑電話ストップ 月額:100円
最大20件
無料
最大30件
月額:100円
最大30件

ご覧の通り、そこまで大きく変わるわけではないので、あまり気にしなくてもいいレベルです。

POINT
プラン価格・解約条件・支払い方法など重要な条件は3回線とも同じ

4-2.(補足)あとからソフトバンク回線に変更できる

ドコモ・au回線で契約した後、マイページからソフトバンク回線に変更可能です(ソフトバンク回線からの変更も可)。

MEMO
回線変更を行うと新しいSIMカードが自宅に送られる

注意点として、回線変更する場合は、回線変更手数料が3000円かかることを覚えておきましょう。 また、変更できるのは音声通話SIMのみです(データSIMの回線変更は不可)。

5.【まとめ】ソフトバンクユーザーはLINEモバイルのソフトバンク回線プランで契約しよう

この記事では、LINEモバイルのソフトバンク回線について詳しいサービス内容を解説してきました。

ソフトバンク回線プランはドコモ・au回線とプラン価格は変わりません。

同じトリプルキャリア対応のmineoはソフトバンク回線のプラン価格が高いので、LINEモバイルは良心的と言えます。

ソフトバンク回線は、まだユーザー数が少ないため通信速度も非常に速いです。

ソフトバンクユーザーの方は、手持ちの端末にてSIMロック解除なしで乗り換えできます。

SIMカード入れ替えだけでスマホ代が半額以下になるので、ソフトバンクユーザーの方はLINEモバイルのソフトバンク回線プランを検討してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。