LINEモバイルで使えるかけ放題とは?

lineモバイルのかけ放題

LINEモバイルはLINEやSNSが使い放題になるのが特徴の格安SIMです。当然、LINEやSNSをよく使うユーザーがターゲットですが、中には普通の電話を使う人も多いでしょう。

LINEモバイルでも、もちろん電話は利用できます。普通に電話をすると20円/30秒の通話料がかかりますが、有料オプションの10分かけ放題を使えば、1回10分までの通話が何度でも無料です。

今回はLINEモバイルのかけ放題の料金や利用方法、注意点などをまとめました。LINEモバイルのかけ放題を検討している人はぜひ参考にしてください。

1.LINEモバイルで利用できるかけ放題とは?

LINEモバイルではかけ放題オプションとして「10分かけ放題」が用意されています。まずは10分かけ放題の料金や適用条件について詳しく見ていきましょう。

1-1.月額880円で10分かけ放題が使える

LINEモバイルでは月額880円で10分かけ放題が使えます。1回10分までの国内通話なら回数無制限で通話料が無料になります。短い通話を何度も利用する人におすすめです。通話相手はLINEモバイルユーザーである必要はなく、携帯電話はもちろん固定電話への通話も対象です。

他社の10分かけ放題と料金比較

LINEモバイルの10分かけ放題の料金を他社と比較してみました。

格安SIM 10分かけ放題の
月額料金
LINEモバイル 880円
楽天モバイル 850円
mineo 850円
OCNモバイルONE 850円
IIJmio 830円
BIGLOBEモバイル 830円
DMMモバイル 850円

LINEモバイルの10分かけ放題が一番高いですが、その差は数十円くらいで誤差の範囲内です。むしろ、LINEやSNSを頻繁に利用する人ならプラン料金を安くできる分、他社よりも安いと言えます。

1-2.10分かけ放題の適用条件

LINEモバイルの10分かけ放題が適用される条件をまとめました。

  • 音声通話SIMであること
  • 1回の通話時間が10分以内であること
  • 10分かけ放題のオプションを契約していること
  • 専用アプリ「いつでも電話」を利用して発信すること
  • アプリが使えない時は発信先番号の先頭に「0035-46」をつけること

10分かけ放題はLINEモバイルのすべてのプランが対象です。ただし、利用できるのは音声通話SIMのみで、データSIM・SMS付きデータSIMでは利用できません。また、10分かけ放題を適用するには専用アプリ「いつでも電話」から発信する必要があります。

通常の電話アプリからそのまま電話をかけても適用されません。いつでも電話アプリを使わず通常の電話から10分かけ放題を利用する場合は、発信先電話番号の先頭に「0035-46」を付ける必要があります。

10分を超過しても通話料は半額のまま

10分かけ放題は10分以内の通話のみ通話料が無料ですが、10分を超過した場合は通話料がかかります。ただし、通常(20円/30秒)の半額である10円/30秒の通話料で済みます。ついたくさん話しても半額になるので安心ですね。

1-3.専用アプリのいつでも電話とは?

「いつでも電話」はLINEモバイルの音声通話SIMを利用しているユーザーのみ使える専用アプリです。いつでも電話から電話をかけることで10分かけ放題が適用されます。また、10分かけ放題を契約していないユーザーもいつでも電話を経由することで通話料が通常の半額の10円/30秒になります。

いつでも電話を使った場合も、相手には自分の普段の電話番号で通知されます。また、通話相手はアプリを立ち上げる必要はありません。要するに、いつでも電話から通話を受ける相手は何も意識をしなくても良いということです。

LINEモバイルで使えるいつでも電話を詳しく解説

電話回線を使うので音質がいい

いつでも電話は「プレフィックス方式」と呼ばれる通話方式を利用しています。いつでも電話アプリから電話をかけると、発信先電話番号の先頭に自動的に「0035-46」番号が付与されます。

この番号が付与されると、通常とは違う特別な電話回線を経由して電話がかかるので、通常よりも通話料が安くなるという仕組みです。いつでも電話はLINEの無料通話やIP電話(インターネット回線を利用する電話)と違い、通常の電話と同じ電話回線を利用します。

通話品質が良く、通常の電話と同じ感覚で利用できます。ビジネスシーンなどで重要な電話をする場合にもおすすめです。

1-4.かけ放題を使う際の注意点

通話料を大幅に節約できるかけ放題ですが、利用する際は以下の点に注意してください。

対象は音声通話SIMのみ

10分かけ放題は通常の電話回線を利用します。そのため、対象となるのは音声通話SIMのみです。電話回線を利用した電話ができない「データSIM」と「SMS付きデータSIM」では10分かけ放題および専用アプリのいつでも電話は利用できません。

緊急電話の発信はできない

いつでも電話アプリからは「110番」や「119番」といった緊急電話への発信はできません。そもそもこれらの緊急電話は通話料が無料なので、10分かけ放題を使うメリットはありません。通常の電話アプリから発信しましょう。

フリーダイヤル・ナビダイヤルは対象外

緊急電話と同じく、フリーダイヤルやナビダイヤルへは発信ができないことがあります。また、発信できたとしても10分かけ放題が適用されず、通常通り通話料がかかることもあります。フリーダイヤル・ナビダイヤルについても、通常の電話アプリから発信しましょう。

専用アプリ経由の発信となる

10分かけ放題を利用するには原則として専用アプリ「いつでも電話」を経由して発信することになります。使い勝手は通常のアプリと同じですが、別のアプリをインストールしないといけないので少し面倒です。

通常の電話アプリからでも、先頭に「0035-46」を付ければ10分かけ放題が適用されます。しかし毎回付与するのは面倒ですし、電話帳の数が多い人はわざわざ編集しなおすのも大変です。できるかぎりいつでも電話を利用しましょう。

1-5.かけ放題の申込み方法

LINEモバイルの10分かけ放題の申し込み方法は以下の2通りがあります。

  • LINEモバイル申し込み時に10分かけ放題も同時に申し込む
  • あとから10分かけ放題を単体で申し込む

LINEモバイルと同時に申し込む場合はプラン選択画面の「通話サービスを選択」から「10分電話かけ放題オプションに加入する」にチェックを入れて申し込みましょう。あとから申し込む場合はマイページの「プラン・オプション」のページから申し込みができます。

10分かけ放題オプションは利用開始月も解約月も日割りされません。その代わり解約条件や違約金もありません。

※緊急

現在、LINEモバイルに申し込むとWEB限定のキャンペーンで、3GBプランが月300円&LINEポイント3000ポイントが貰えます。(キャンペーンコード:DAS333を入力)

キャンペーンは6月30日まで。申し込みはこちらです↓

LINEモバイルの公式サイト

最新キャンペーンを見る

2.LINEモバイルにかけ放題を付けたほうがいい人とは?

10分かけ放題を付ければ通話料がお得になるわけですが、実はすべての人がお得になるわけではありません。電話を利用する時間が少ない人は、10分かけ放題をつけることでむしろ損をする可能性もあります。

2-1.約45分の通話時間が契約の分かれ目

10分かけ放題は毎月45分以上通話をするなら付けたほうがお得です。LINEモバイルでいつでも電話を利用して通話をすると10円/30秒の通話料がかかります。45分の通話をすると単純計算で、10円×2×45=900円の通話料がかかります。

LINEモバイルの10分かけ放題は月額880円なので、45分(900円)以上通話をする人なら元が取れるという計算です。ただし、あくまでも1回10分までの通話が無料になるだけなので、10分を超える長い電話を何度もする人にはあまり向いていません。

どちらかと言うと、短い通話を頻繁に行う人に向いています。

2-2.かけ放題なしでも通話料の節約は可能

かけ放題は通話料を大幅に節約できますが、オプション料金がかかります。実はかけ放題以外にも通話料を節約する方法はいくつかあります。

  • いつでも電話アプリだけを使う
  • LINE Out / LINE Out Freeで電話をする

いつでも電話アプリは10分かけ放題を利用するのに必要ですが、10分かけ放題を契約しなくても利用可能です。その場合は通話料が通常の20円/30秒から半額の10円/30秒になります。普段は電話をしないが、実家の家族とたまに電話をする、くらいならいつでも電話アプリを使うだけでいいでしょう。

また、通話品質をあまり気にしないなら「LINE Out」の利用も検討しましょう。LINE OutはLINEが提供しているIP電話サービスです。インターネット回線を利用して通話を行うので、通話品質は通常の電話に劣ります。その代わりに、通話料が通常の電話より大幅に安いです。

さらに「LINE Out Free」なら広告を見ることで最大5分まで完全無料で通話もできます。携帯電話はもちろん、固定電話への発信も可能です。多少音質は悪くても良いのでとにかく安く電話をかけたいならLINE Out / LINE Out Freeもおすすめです。

LINEモバイルならLINEの無料通話・ビデオ通話がカウントフリー

10分かけ放題やいつでも電話もお得ではありますが、もっともお得なのはやはり「LINEの無料通話」ですよね。LINEモバイルではすべてのプランでLINEの無料通話とビデオ通話がカウントフリー対象になっており、どれだけ利用してもデータ通信量を消費しません。

相手がLINEを利用可能なら、LINEの無料通話を利用することで通話料を一切かけず、かつデータ通信量を一切消費せずに電話をすることができます。せっかくカウントフリー対象なのですから、LINEの無料通話も積極的に活用しましょう。

3.まとめ

以上、LINEモバイルの10分かけ放題について詳しく解説しました。

10分かけ放題を利用すれば、1回10分までの通話が何度でも無料になります。短い通話を何度もする、という人は10分かけ放題を利用するのがおすすめです。ただし、10分かけ放題は月額880円のオプション料がかかります。あまり電話をしない人だと10分かけ放題をつけるのは無駄です。

電話をあまりしない人は

  • 通話料が半額になる「いつでも電話」
  • LINEのIP電話である「LINE Out」

も検討しましょう。また、LINEモバイルはすべてのプランでLINEが使い放題になるのが最大のメリットです。このメリットを生かすためにも、相手がLINEを使っている場合は積極的にLINEの無料通話を活用しましょう。

格安SIMのキャンペーン情報まとめ(2019年5月17日更新)

1.かなりお得
  • 楽天モバイル:最新15機種が大幅値引き(6/13まで)
  • Y!mobile:最大15555円のTポイントが貰える&SIM単体契約で最大14400円割引(終了未定)
  • UQモバイル:現金13000円のキャッシュバック&初期費用0円(終了未定)
2.まあまあお得
  • mineo:60歳以上の契約で3000円ギフト券が貰える(6/30まで)
  • IIJmio:端末の大幅割引&10000円のギフト券&月額1300円×3ヶ月割引(7/3まで)
  • BIGLOBEモバイル:iPhone含む端末の大幅割引&SIM契約は6ヶ月1200円割引(6/30まで)
  • LINEモバイル:1/3GBプランが3ヶ月300円&LINEポイント3000円分(6/30まで)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。