Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)で端末が故障や紛失した時の修理・保証対応

ワイモバイルの修理

Y!mobile(ワイモバイル)では、端末が故障した時に修理対応をしてくれるのでしょうか。また、安価に故障端末を修理・交換できる端末保証オプションのサービス内容も気になります。

この記事では、端末が故障、紛失した場合のY!mobileの対応について詳しく解説しています。Y!mobileのサポート体制が気になる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

\オンライン限定!5000円キャッシュバック

1.端末故障時のY!mobile(ワイモバイル)の修理対応

さっそく、Y!mobileの故障端末の修理対応について詳しく見ていきましょう。

1-1.Y!mobile端末は店舗で修理を受け付けてくれる

Y!mobileで購入した端末が故障したときは、Y!mobileショップにて修理を受け付けてくれます。Y!mobile版iPhoneも対象です。故障端末が起動できる場合は、修理に出す前に「端末のバックアップ」を取っておきましょう。データが初期化されてしまいます。故障端末を店舗に持ち込む際は、本人でなくても構いません。

ただし、おサイフケータイが搭載されている端末だけでは、本人以外の持ち込みは委任状が必要です。なお、電話で修理依頼を出すことはできません。最寄りのY!mobileショップを探す際は、「Y!mobileの店舗(ショップ)は何ができる?」の記事も参考にしてください。

修理を受け付けてくれる格安SIMは他に無い

格安SIMは通常、端末が故障しても修理依頼を出すことができません。有料の端末保証オプションに加入していない限り、修理の際は自分でメーカーに問い合わせる必要があります。Y!mobileは格安SIMサービスを提供する通信事業者の中で唯一、故障端末の無料受付(修理代金は別)を行っています。

契約途中に、端末が故障したらどうしよう・・と心配している方にとっては、非常に心強いです。

1-2.代替機の有無と修理期間

Y!mobileでは修理期間中に代替機を無料で貸してくれます。代替機の指定はできませんが、通話もデータ通信も問題なく使えるので安心です。もちろん、通話は自分の電話番号を使えます。修理期間は端末の故障状態によりますが、およそ2週間前後かかります。

バッテリー劣化など一部の損傷だけなら速いのですが、全損(水没や電源が入らないほどの損傷)は時間がかかります。液晶割れも端末の種類によっては時間がかかる場合があります。

1-3.他社のキャリア端末は元の販売店に修理依頼を出す

Y!mobileショップで修理を受け付けてくれるのは、Y!mobileで購入した端末だけです。他社の端末は修理受付の対象外となります。Y!mobileにSIMカード単体で契約して他社の端末を壊してしまった場合ですが、元のキャリアショップにて修理を受け付けてくれます。例えば、ドコモ端末を使っている方ならドコモショップに故障端末を持ち込めばOKです。

メーカーへの修理依頼を取り次いでくれますよ。au・ソフトバンク端末も同様です。

Y!mobile以外でSIMフリースマホを購入した場合はメーカー依頼

キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)端末ではなく、さらにY!mobileで購入した端末でもないSIMフリースマホの場合は、メーカーに直接修理を依頼します。メーカーの窓口に連絡して指示を仰ぎましょう。代替機の有無や修理代金などはメーカーによってルールが様々です。

もし、代替機がない場合は、昔使っていた端末にSIMカードを挿入して代替機にするといいですよ。

1-4.修理に必要な料金の目安

修理代金は故障の状態や端末の種類によって異なります。以下はおおよその目安として参考にして下さい。

バッテリー劣化

  • HUAWEI P20 lite:5500円~
  • iPhone6s:8800円~
  • Android One S4:5500円~

画面割れ

  • HUAWEI P20 lite:15000円~
  • iPhone6s:17800円~
  • Android One S4:15000円~

全損

  • HUAWEI P20 lite:39000円~
  • iPhone6s:33800円~
  • Android One S4:39000円~

修理代金はY!mobileショップにて無料で見積もりを取ってくれます。全損の場合は、機種によっては買い替えても料金が変わらない場合があるため、その際は修理より機種変更を選んだ方がいいでしょう。

なお、端末の修理はご覧の通り決して安くありません。もし、頻繁に端末を壊す癖がある方は、後述する端末保証オプションに加入するのも一つの手でしょう。

修理シミュレータで必要な修理代金が分かる

Y!mobileの公式サイトでは、修理代金の目安がわかる修理シミュレータが利用できます。修理シミュレータは「サポート」→「困ったときは」→「故障・修理について」を順番にタップして開きましょう。故障したY!mobile端末、利用期間、端末の状態などを選択していけば修理代金の目安が表示されますよ。

1-5.1年以内の自然故障なら無料で修理

端末保証オプションの加入に関わらず、1年以内の自然故障ならメーカー保証が効いて、無料にて修理を受け付けてくれます。無償修理を受ける場合は必ず保証書が必要です。端末購入時の同梱されていた保証書を持って、Y!mobileショップに来店しましょう。

なお、無償修理の対象はあくまで自然故障のみです。自然故障とは利用者に過失がない状態で壊れた状態を意味します。つまり、故意の画面割れや水没は自然故障として認められません。急に電源が起動しなくなったなどのトラブルのみ対応してくれます。その他は、有料の修理となるため気を付けましょう。

2.Y!mobile(ワイモバイル)で端末を紛失したときの対処方法

Y!mobileを利用中に、うっかりと端末を紛失してしまった、あるいは盗難の被害に合う可能性があります。ここでは、万一端末を紛失してしまった場合の対処法について解説していきます。

2-1.端末保証オプションで補償あり

Y!mobileの端末保証オプションは、故障端末の修理だけでなく紛失時の補償もしてくれます。オプション名は故障安心パックです(詳しい内容は次章にて)。補償内容は、紛失した同一機種あるいはY!mobileの指定機種を会員価格で購入できます。無料ではありませんが、およそ1万円でiPhoneやAndroid Oneシリーズの最新機種を購入できますよ。

なお、端末保証オプションに加入している場合でも、端末を紛失したら回線の停止を行いましょう。回線の停止は、My Y!mobileの「回線停止・解除」から手続きできます。

2-2.保証未加入の場合の対処方法

端末保証オプションに未加入の場合は、以下の流れで対処します。

  1. 位置特定サービスで端末を探す
  2. 警察に紛失届を出す
  3. Y!mobileの回線を停止する
  4. 機種変更で端末・SIMカードを購入する

まず、端末を紛失したら焦らずに位置特定サービスを使って端末の現在地を探してみましょう。Y!mobileの位置ナビ(月額200円)に加入している方は、連携している別の端末から、紛失した端末の位置がすぐに分かります。オプションに加入していない方は、Androidデバイスマネージャーにて端末の位置が検索可能です。

端末の位置 Android

Androidデバイスマネージャーの操作画面

iPhoneの方はiPhoneを探す機能にて端末の位置を特定できますよ。Androidデバイスマネージャー、iPhoneを探すともにパソコンやタブレットなど無くした端末以外の通信機器で検索しましょう。ちなみに、両サービスとも遠隔でロックをかけることもできます。

Androidデバイスマネージャーの使い方

  1. パソコンからAndroidデバイスマネージャーの管理画面にアクセス
  2. Googleアカウントでログイン

iPhoneを探すの使い方

  1. パソコンからiCloudにアクセス
  2. 「iPhoneを探す」を選択
  3. 再度AppleIDでログイン

端末を探しても見つからなかった場合は、警察に紛失届を出してY!mobileで回線停止の手続きを行います。回線停止はMy Y!mobileメニューの「回線停止・解除」から手続き可能。5分程度で回線が止まり、悪用される危険性がなくなります。

なお、端末を紛失した際、すぐに位置特定サービスを使えない状況なら、すぐにY!mobileで回線を停止した方がいいでしょう。回線を停止した後、新しい端末・SIMカードは「Y!mobileの機種変更」にて購入できます。再契約する必要はありませんよ。

おサイフケータイの停止も忘れずに

おサイフケータイを使っている方は、端末を紛失したらすぐにサービスを停止しましょう。おサイフケータイは、利用している電子マネーによってサービスの停止方法が異なります。調べる時間がない場合は、それぞれのサービスのカスタマーサポートに連絡して、サービス停止のやり方を聞いてみましょう。

3.Y!mobile(ワイモバイル)は端末保証オプションとは?

Y!mobileでは端末保証オプションとして、故障安心パックが用意されています。故障安心パックプラスは修理代金の負担軽減や端末の交換サービスを利用できます。ここでは、詳しい保証内容と故障安心パックに加入すべき人を解説していきます。

3-1.故障安心パックのサービス内容

故障安心パックはY!mobileで購入する端末に付けることができる端末保証オプションです。利用料金は対象プランによって若干変わります。詳しい内容は以下の通りです。

故障安心パックの月額料金

オプション名 月額料金 対象プラン
故障安心パックプラス 690円 スマホプラン
シェアプラン
故障安心パック 500円 データプラン
ポケットWi-Fiプラン2
ポケットWi-Fiプラン2 ライト
故障安心パック-S 500円 ケータイプランSS

※月額料金は税抜価格です

ほとんどの方は、スマホプランS/M/Lのいずれかに加入するので、故障安心パックプラスが対象となる方が多いでしょう。保証内容は3種類ともほぼ同じですが、故障安心パックプラスだけ端末交換サービスが付いています。

故障安心パックの詳しい保証内容は以下の通りです。

故障安心パックの保証内容

サービス名 サービス内容 自己負担金
故障保証サービス 自然故障の修理 0円
※iPhone対象外
破損保証サービス 外装破損の交換 最大1500円
※iPhone対象外
故障交換サービス
※故障安心パックプラスのみ
新端末に交換 7500円~12500円
水漏れ・全損保証サービス 水没・全損の修理 5000円
※電池パック、iPhone対象外
※修理不可の場合あり
盗難・紛失保証サービス 盗難・紛失時の端末購入 機種による(およそ1万円)
電池パック無料・内蔵型バッテリー交換修理割引サービス バッテリーの無料進呈、交換割引 バッテリー交換3000円
※iPhone対象外
セキュリティトラブル補償 不正アプリ・ウイルス被害の補償 修理代金を上限5000円まで補填。その他は自己負担
データ復旧支援サービス 電源の入らない端末のデータ復旧 0円

全体的に、故障安心パックは保証の範囲が広く自己負担金も安いです。全損を5000円で修理してくれる端末保証サービスは、他の格安SIM会社で見たことがありません。およそ8000円~10000円が相場です。バッテリー交換も保証対象外とされる場合が多いのですが、故障安心パックは保証範囲に含まれています。

注意点としては、全体的にiPhoneは保証サービスの対象外となる場合が多いです。端末交換サービスや故障保証サービスは利用できますが、すべてのサービスを利用できるAndroidと比べて不利になっています。

故障安心パックの申し込み方法

故障安心パックの申し込みは新規契約時(MNP含み)のみ可能です。契約後にあとから加入することはできません。契約方法は、手続き途中でオプションの選択欄から「故障安心パック」を選ぶだけです。

故障安心パックプラス

保証を付けたい方は忘れずに申し込んでおきましょう。

3-2.持ち込み端末は故障安心パックライトに加入する

Y!mobileではSIMカード単体で契約する際も、手持ちの端末に保証を付けることができます。加入できるオプション名は、故障安心パックライトです。

故障安心パックライトの内容

  • 対象プラン:スマホプランS/M/L(SIMカード単体契約)
  • 月額料金:500円
  • 保証内容:指定機種の交換

故障安心パックライトの保証は、手持ちの端末が故障した際にY!mobileの指定する機種に安価で交換できるサービスとなります。指定機種とっても古い機種ではなく、Android OneやHUAWEIシリーズの最新機種と交換可能。Y!mobileショップにて即日で交換できるのが大きなメリットです。

なお、指定機種の交換は取り替え手数料がかかります。6ヶ月以内の交換は、12500円/15000円の取り替え手数料(指定機種によって変わる)、7月以降は7500円/10000円の取り替え手数料が必要です。交換できる端末は4万円以上の機種もあるため、交換時期が比較的早ければ月額料金と取り替え手数料を含めても十分に元が取れます。

持ち込みのiPhoneは保証される?

手持ちのiPhoneを利用する場合も故障安心パックライトに加入できますが、iPhoneの修理は行ってくれません。あくまで故障安心パックライトは新しい端末を安価に購入できるサービスで修理は保証対象外です。そのため、手持ちのiPhoneが故障しないか心配な方は、アップルストアにてApple Care+に加入しましょう。

アップルストアはオンラインから申し込み可能。料金はiPhoneシリーズによって変わります。iPhone7/8なら14800円で2年間の保証です。

3-3.故障安心パックが必要な人とは?

故障安心パックは全員が加入すべきオプションではありません。端末代金によっては大きく損をする方もいるでしょう。月額690円の故障安心パックプラスに加入する場合は、1年間の支払総額は8280円。2年間で16560円です。スマホの故障率が高まるのは大体2年を過ぎたあたりなので、2年分のオプション料金16560円で元が取れるかどうかが鍵となります。

この金額で計算すると、ずばり故障安心パックに加入すべき人は4万円以上の端末を購入する方に限られます。2万円以下の端末の場合は、16560円(2年分のオプション料金)に自己負担金を支払って端末の修理・交換するくらいなら買い替えた方が安いです。

もちろん、半年で故障する場合もあるので一概に損するとは言えませんが、可能性としては得より損の確率の方が高いでしょう。3万円台の端末も微妙なラインです。

しかし、4万円以上の端末になると、故障安心パックで修理・交換した方がお得なケースが増えていきます。さらに、8万円以上のハイスペック機種の場合は、画面割れなどの修理代金が大きく得する可能性が高いので、故障安心パックの加入を積極的に検討するといいですよ。

結論として、4万円以下の端末なら加入不要で4万円以上の端末なら加入を検討する、となります。普段から画面を割ったり水没させたりしない人なら4万円以上の端末でも故障安心パックは不要ですが、スマホの使い勝手が荒くていつも故障させている方なら、オプションに加入していた方が安心です。

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、Y!mobile(ワイモバイル)で端末が故障した際の修理方法について詳しく解説してきました。Y!mobileは修理の保証が手厚いです。Y!mobileショップに端末を持ち込めば修理を受け付けてくれます。端末を紛失した場合は、保証に入っているなら新しい端末を安く購入できます。保証未加入でも機種変更の手続きで新しい端末を購入できますよ。

もし、普段からスマホを壊しやすくて、さらに価格の高い端末を購入する方は、端末保証オプションの故障安心パックに加入しておくと安心です。加入の基準は明確に決まっていませんが、4万円以上の端末を購入する場合は加入を検討するといいですよ。

Y!mobileは他の格安SIMとは比較にならないほど、故障端末に対するサポート体制が整っています。修理対応について心配していた方は、Y!mobileがベストな選択肢となるでしょう。

【Y!mobile】もはや格安SIMではない速度
ymobile
  • 全格安SIMで通信速度No1
  • 初年度1980円から契約可
  • 実質0円の人気機種が多数
  • 新型iPhoneの利用OK
  • 全プランに10分かけ放題

※大手キャリアから乗り換えると、スマホ代が月4000円(年間5万円)程度安くなります

▼WEB契約なら10分

詳細ページ公式ページ

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。