mineo(マイネオ)

知らなきゃ怖い!mineo(マイネオ)の全メリット・デメリット

mineoのメリット・デメリット

mineo(マイネオ)のメリット・デメリットが知りたい!

mineoはおすすめという口コミは、よく見かけます、しかし、mineoには良い部分だけでく悪い部分があるのも事実です。できれば契約前にすべてのデメリットを知っておきたいですよね。

この記事ではmineoのメリット・デメリットを一つ残らずすべて解説しました。ユーザーの視点からmineoの特徴を丸裸にしています。ぜひ、参考にして下さいね。

1.mineoのメリット

まずは、mineoのメリットから詳しく見ていきましょう。

mineoのメリット一覧

  • A/Dプランを選択できる
  • 大容量コースを選択できる
  • データ容量をシェア・プレゼントできる
  • フリータンクを利用できる
  • 解約金・最低利用期間が無い
  • マイネ王でコミュニケーションを取れる
  • サポート機能が充実している
  • 豊富なオプションが用意されている
  • 無料で通話料半額アプリが利用できる
  • 通常の電話番号で通話オプションが利用できる
  • SIMロック解除無しで乗り換え可能

1-1.A/Dプランを選択できる

mineoはマルチキャリア対応の格安SIMです。マルチキャリアとは、複数のキャリア回線(au・ドコモ・ソフトバンク)を使用できることを意味します。au回線とドコモ回線を選択できるmineoでは、それぞれauユーザー、ドコモユーザーが乗り換えやすくなっています。

具体的には、現在使用しているau端末・ドコモ端末のままmineoのSIMカードに入れ替えるだけで、乗り換えが完了するのです。マルチキャリア対応の格安SIMは少数派です。au、ドコモの両回線にはそれぞれ特徴が異なるため選択肢の幅が広がるのも利点と言えます。

1-2.大容量コースを選択できる

mineoでは最大30GBの大容量プランを選択できます。30GBでも月額基本料金は6510円(Aプラン)です。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の30GBプランは8500円程度なので、格安料金で大容量プランを利用できます。

テザリングも可能なので、モバイルWi-Fiルーターを別に持ち歩く必要も無いでしょう。30GBが多すぎると感じる方は20GBプランがおすすめですよ。動画やゲームが好きな方は、データ残量を気にせず楽しめます。

1-3.データ容量をシェア・プレゼントできる

mineo独自の仕組みにパケットシェア、パケットギフトがあります。他の格安SIMでは利用できない機能です。「パケットシェア」とは家族や友人など好きなメンバーを選んで、当月に使いきれずにデータ容量をメンバー内でシェアする仕組みのことです。

パケットギフトはmineoユーザーなら誰でも、パケットを受け渡しすることができます。パケットシェア、パケットギフトの使い方は様々です。パケットシェアでは、翌月に残したデータ容量をグループで無駄なく使用できるため損することがありません。

一度設定すると自動でシェアしてくれる点も効率的です。パケットギフトは相手にプレゼントしたい時はもちろん、使い切れないデータ容量を一時的に預けておくという使い方もできます。

1-4.フリータンクを利用できる

パケットシェア、パケットギフトだけでなく、mineoにはフリータンクという他社には無い独自の仕組みがあります。「フリータンク」とは、mineoユーザー全員で貯めたデータ容量から、毎月1GBまで誰でも自由に引出しできる仕組みのことです。

フリータンクは、引き出しはもちろんmineoユーザーのために預け入れもできます。今月のデータ容量が無くなりそうでピンチな時は、フリータンクからデータ容量を引出して翌月まで乗り切ることが可能です。フリータンクの利用料金は無料です。mineoらしいユーザー思いのシステムとなっています。

1-5.解約金・最低利用期間が無い

通常の格安SIMは、8000~9500円の解約金と1~2年の最低利用期間が設定されています。しかし、mineoにはシングルタイプ(データ通信専用SIM)、デュアルタイプ(音声通話SIM)ともに解約金・最低利用期間がありません。

そのため、mineoと契約した後に他社へ乗り換えたくなったら、いつでも解約が可能です。解約金がかからないため気軽にmineoと契約することができます。

最低利用期間はいわゆる2年縛りなどの仕組みを指しますが、こちらの制度もmineoにはありません。契約縛りが無いことで自由度の高い格安スマホライフが楽しめます。

1-6.マイネ王でコミュニケーションを取れる

マイネ王も他の格安SIMでは見られない、mineoだけのコミュニティサイト(掲示板)です。マイネ王では、ユーザー同士であらゆる疑問を解決することができます。誰でも登録可能ですが、mineoユーザーならデータ容量が1GBプレゼントされます。

マイネ王の凄い点はとにかく活発であることです。盛り上がっていない掲示板はよく見かけますが、マイネ王はユーザーの助け合い熱が高く、mineoに関することはもちろん、スマホ操作やアプリに関する疑問点までマイネ王だけで解決可能です。

その他、mineo利用者のレビューもあるため、これからmineoに契約する方や端末選びに迷う方は参考にすることができます。

1-7.サポート機能が充実している

大手キャリアと比べてサポートが手薄いと言われる格安SIM。しかし、mineoなら

  • 電話
  • メール
  • チャット
  • 実店舗(対面)
  • マイネ王

にてサポートを受けることができます。サポート品質もよく、他社と比べて質問から回答までのスピードが早いです。筆者はよくチャットサポートを利用しますが、質問すれば即答で答えが返ってきます。

実店舗にて対面でサポートを受けたい場合はmineoショップを利用すると、初期設定から丁寧に教えてくれます。近くにmineoショップが無い方でも、電話やメールにて無料でサポートしれくれるので安心です。

有料オプションにはなりますが訪問サポートも用意されているため、はじめてスマホを使う方や年配の方でも安心です。

1-8.豊富なオプションが用意されている

mineoでは以下のオプションが利用できます。

オプション 月額料金 内容
10分かけ放題 850円 10分以内の国内通話がかけ放題
通話定額30 840円 毎月30分の定額通話
通話定額60 1680円 毎月60分の定額通話
050IP電話サービス 100円 通話アプリLaLa Callの利用
ウイルスバスターモバイル 270円 総合セキュリティアプリの利用
安心フィルタリング 350円 有害サイトのフィルター機能
メールウイルスチェックサービス 200円 @mineo.jpメールのウイルス検知
スマホ操作アシスト 500円 画面共有で遠隔サポート
訪問サポート 1回9000円 対面であらゆるサポート
端末安心保証サービス 370円 端末故障時の負担金を下げる
持込み端末安心保証サービス 500円 持込み端末故障時の修理・交換対応
mineo安心パック2 550円 ウイルスバスターモバイル+端末安心保証サービス
安心バックアップ 500円 ネット上にファイルを保管
ジュニアパック 200円 子供のセキュリティ+学習アプリ
シニアパック 200円 セキュリティ+防災情報

通話サービス、セキュリティ関連、サポート、端末保証など、必要なオプションはほぼすべて網羅されています。唯一、エンタメ関連だけオプションがありませんが、近年のエンタメサービスはアプリ内課金の流れとなっているため、携帯会社にオプションが無くても困りません。

mineoのオプションはすべて外すことも可能ですし、途中で契約変更もできます。全体的にオプション料金も良心的なので、気になるオプション内容があれば契約途中からでも利用してみるといいでしょう。

1-9.無料で通話料半額アプリが利用できる

格安SIMは通話料金が高いというイメージがありますよね(実際は大手キャリアと通話料は同じ)。mineoでは、通話料が通常の20円/30秒から10円/30秒の半額になる「mineoでんわアプリ」が無料で利用できます。

通話アプリ自体は他の格安SIMでも多く利用できますが、mineoでんわが優れているのはIP電話でなく090/080/070番号から発信できることです。そのため、相手に通話アプリを利用していることがバレませんし、ちゃんと自分の携帯番号が相手に通知されます。

音質もIP電話より優れている点も評価が高いです。さらに、mineoでんわアプリは電話帳の同期も可能です。無料サービスにしては使い勝手がよく、mineoを利用する大きなメリットとなっています。

1-10.通常の電話番号で通話オプションが利用できる

mineoの通話オプションは、

  • 10分かけ放題(月額850円)
  • 通話定額30(月額840円)
  • 通話定額60(月額1680円)

の3種類が利用できます。mineoの通話オプションが優れているのは、050やIP電話でなく090/080/070など通常の電話番号を使用できる点です。他の格安SIMでは、通話関連のオプションがIP電話や050番号を使うケースが多いです。

料金は安いのですが、音質が悪く相手に通話アプリの使用がばれるうえ、固定電話は非通知扱いとなります。そのため、仕事の通話などには利用しにくいのがデメリットです。mineoの通話オプションなら090/080/070の携帯番号を使うため、当然相手の番号通知も自分の携帯番号です。

通話オプションの利用もばれないため、堂々と仕事や友人に電話ができます。最近は固定電話への番号通知もできるようになり、ますますサービスの品質が上がっています。

通話定額は他社と比べてやや高いのですが、10分かけ放題は標準の料金相場なので非常におすすめの通話オプションとなっています。

1-11.SIMロック解除無しで乗り換え可能

必ずSIMロック解除が不要となるわけではないのですが、auとドコモは多くの機種でSIMロック解除が必要ありません。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)で契約した端末は、他社で利用できないようにSIMロックがかかっています。

そのため、大手キャリアの端末で格安SIMに持込み契約する場合はSIMロック解除が必要となるケースが多いです。しかしmineoなら、ドコモユーザーはDプラン、auユーザーはAプランで契約すれば、SIMロック解除無しでそのまま契約できる場合があります。

SIMロック解除の要・不要は公式サイト内の動作確認端末一覧から確認可能です。

1-12.その他のメリット

その他、mineoには以下のメリットがあります。それぞれ、mineoの代表的なメリットとまでは言えないものの、無くてはならない重要な機能ばかりです。

(1)デビットカードが利用できる

クレジットカードを作成できない方は、デビットカードにてmineoと契約可能です。

(2)余ったパケットは繰越できる

当月内に使い切れなかったパケット(データ容量)はすべて、翌月末まで繰り越しされます。

(3)メールアドレスが無料で付与される

mineoに契約すると、無料で@mineo.jpのメールアドレスが付与されます。Android、iPhoneともにキャリアメールと同じ使い勝手で送受信可能です。

(4)バースト機能が使える

mineoでは低速通信時に、一時的に通信速度を早くするバースト機能が使えます。速度制限時はもちろん、データ容量の消費を抑える節約モード利用中も重宝する機能です。

(5)iPhoneの販売がある

執筆時点では在庫切れですが、mineoではiPhone7/7Plusの販売を行っています。在庫復活時期はわかりませんが、今後も新しいiPhoneシリーズの発売が期待できます。

2.mineoのデメリット

メリットの次は契約前に知っておきたいmineoのデメリットを詳しく見ていきましょう。

mineoのデメリット一覧

  • セット端末の種類が少ない
  • 12ヶ月以内のMNP転出手数料が高い
  • 通話定額が高額
  • 無制限かけ放題が無い
  • mineoショップの利用は都市部に限られる
  • テザリングの利用条件が複雑
  • 家族割の割引額が小さい
  • 通信速度が遅くなる時間帯がある
  • LINEのID検索ができない
  • 使い放題プランが無い
  • Wi-Fiスポットのサービス提供が無い

2-1.セット端末の種類が少ない

良く言えば厳選しているといえますが、mineoはSIMカードとセットで購入できるSIMフリースマホの種類が少ないです。購入できるSIMフリースマホは約10種類です。最新の人気機種を抑えているため、初心者には選びやすいですが中級者には物足りません。

ちなみに、端末の種類が多い格安SIMだと約25種類を揃えています。主要な格安SIMを比較すると、mineoのSIMフリースマホは選択肢の幅が狭いことがよく分かります。

購入できる端末の種類

  • mineo:約10種類
  • 楽天モバイル:約20種類
  • LINEモバイル:約10種類
  • IIJmio:約25種類
  • OCNモバイルONE:約10種類
  • UQモバイル:約20種類
  • DMMモバイル:約15種類
  • イオンモバイル:約25種類
  • BIGLOBEモバイル:約15種類

2-2.12ヶ月以内のMNP転出手数料が高い

mineoでは12ヶ月以内にMNP転出(電話番号を引き継いで他社に乗り換えること)すると、高額の手数料が発生します。

mineoのMNP転出手数料

  • 12ヶ月以内:12420円
  • 13ヶ月以降:2160円

解約金と最低利用期間が無いmineoですが、12ヶ月以内のMNP転出は1万円を超える手数料が発生するため、事実上の契約縛りとなっています。事実上の契約縛りといっても1年間なので悪質ではありませんが、最低利用期間無しでいつでも解約できるわけではないため注意が必要となります。

なお、MNP転出ではなく一般解約の場合は12ヶ月以内でも無料でmineoを解約できます。

2-3.通話定額が高額

mineoの通話オプションは、IP通話ではなく通常の音声回線を使います。そのため、通話品質がよく自分の電話番号で発信できるメリットがあるのですが、逆にオプション料金が高くなるデメリットもあります。

月額850円の10分かけ放題は他社とほぼ同じ料金ですが、高いのが通話定額です。mineoの通話定額は30分と60分が用意されています。mineoの60分通話定額は1680円ですが、例えばBIGLOBEモバイルなら同じ60分で月額600円です。

同じ専用アプリ経由の通話定額ですが、1680円と600円は倍以上も値段が異なります。なぜ10分かけ放題が普通の料金で通話定額だけ高額なのか理由は分かりませんが、ユーザーにとっては契約を躊躇する金額設定です。

mineoの通話オプションを利用する場合は通話定額ではなく10分かけ放題を選びましょう。

2-4.無制限かけ放題が無い

mineoだけでなくY!mobile以外の格安SIMでは無制限のかけ放題がありません。大手キャリアと比べて格安SIM全体のデメリットと言えるでしょう。格安SIMには家族間の無料通話や同じ携帯会社同士の無料通話もありません。

ただし、特定の相手限定なら格安SIMでも無制限でかけ放題が使えるサービスがあります。例えば、OCNモバイルONEでは通話頻度の高い3人の通話料金が無料となる、トップ3かけ放題が利用できます。特定の相手に限られますが、無料で長電話できるのは魅力的です。

残念ながらmineoには特定の相手に限定しても、無制限のかけ放題プランがありません。用意されている通話オプションは10分かけ放題、通話定額30/60のみ。どうしても長電話したいなら、LINEやIP通話アプリを利用する他ありません。

2-5.mineoショップの利用は都市部に限られる

実店舗サービスが利用できるmineo。新規契約専門の家電量販店だけでなく、初期設定や機種変更のサポートまで行ってくれるmineoショップが利用できます。mineoショップは格安SIMの中でも屈指の充実度で、渋谷店にはカフェまで併設されています。

しかし、問題なのが利用できるのは都市部に限られてしまう点です。執筆時点では、渋谷、秋葉原、名古屋、浜松、大阪、なんば、神戸の7店舗だけです。人工の多い東京、大阪でさえ2店舗ずつとなっていて、利用できるユーザーは非常に限られます。

来店予約も取れる便利なmineoショップ。今後の拡大に期待ですが、現時点では地方の方はまったく無縁のサービスとなっています。

2-6.テザリングの利用条件が複雑

mineoでは無料で「テザリング」を利用できます。しかし、契約方法を間違えるとテザリングができません。

機種によって利用可否は多少変わりますが、ざっくりいうとmineoのテザリング条件は以下の通りです。

  • Aプラン → Android可、iPhone不可
  • Dプラン → Android不可、iPhone可

この利用条件を知らずにmineoと契約してしまうと、あとからテザリングができないことに気づきます。例えば、au版iPhoneを使ってAプランに契約すると、SIMロック解除は不要で乗り換えできてもテザリングが使えません。

テザリングを重視するなら、SIMロック解除してでもDプランで契約すべきでしょう。このように、テザリングの利用条件がやや複雑なmineo。事前確認は必須となっています。

2-7.家族割の割引額が小さい

家族割」があるだけマシなのですが、割引額が50円というのは少なすぎます。

格安SIMの家族割

  • mineo:50円割引
  • UQモバイル: 500円割引
  • Y!mobile: 500円割引

家族割は申込みが必要なので月額50円割引のためにわざわざ手続きが必要となります。格安SIM全体で3社しか行っていない家族割ですが、50円の割引額なら最初から月額基本料金を値引きしてくれた方がいいです。

2-8.通信速度が遅くなる時間帯がある

mineoではスマホ利用者が混雑する時間帯に速度低下が起こります。格安SIM全体の問題点となっている回線混雑時の速度低下。残念ながらmineoも例に漏れず遅くなります。速度低下のピークはお昼の12時30分あたりです。

最大40Mbpsから1Mbps程度まで速度が落ちます。この時間帯はAプラン、Dプランともに遅いです。そして、夕方18時から19時の時間帯も3~5Mbpsまで遅くなります。

最もデータ通信量を必要とする高画質動画の視聴では3Mbpsのスピードが求められます。つまり、夕方はぎりぎり大丈夫ですが、お昼は普通画質以下で動画を見なければなりません。せっかくのお昼休みなのに楽しみが減ってしまう方もいるでしょう。

mineoでは度々ネットワーク増強を行っていますが、いきなり通信速度が5倍、10倍と速くなることは無いでしょう。

あわせて読みたい
mineo遅い
mineoの通信速度は遅い?速度低下しやすい時間帯を実際に計測mineo(マイネオ)の通信速度は速いのか遅いのか気になりますよね。特に、速度低下を起こしやすいと言われるお昼の時間帯はどれくらいのスピ...

2-9.LINEのID検索ができない

こちらも格安SIM全体の問題点ですが、mineoに乗り換えるとLINEのID検索機能が使えなくなります。ID検索できない理由は、年齢認証のシステムが大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)のSIMカードでないと通らないためです。

格安SIMでも例外としてLINEモバイルとY!mobileのみID検索機能が使えます。LINEが運営するLINEモバイルと自社回線保有で実際は格安SIMではないY!mobileだけが使えるというわけです。

ID検索機能が使えなくても、ふるふるやQRコードで友達登録することは可能です。また、使用する端末をSIMフリースマホに変える場合でも、LINEアカウントは問題なく引き継げます。

ID検索が使えないのは致命的なデメリットではありませんが、無くては困るLINEアプリの使い勝手が落ちるのは少し残念です。

あわせて読みたい
line
格安スマホでLINEのID検索ができない問題の対処法格安スマホでLINEを使う際にやっかいな問題となるのが、ID検索で友達登録ができなくなることです。 LINEでID検索ができないと...

2-10.使い放題プランが無い

mineoにはデータ残量を気にせず使える使い放題プランがありません。さらに、特定のアプリが使い放題となるカウントフリーもありません。他社では低速通信になるものの、データ使い放題の無制限プランが利用できる場合があります。

例えば、UQモバイルでは500kbpsの低速通信になるかわりに、月額1980円でデータ使い放題になる無制限プランがあります。

その他、BIGLOBWモバイルでは人気の動画・音楽アプリがオプション料金480円で使い放題。LINEモバイルではLINE、SNSのデータ消費量をカウントフリーにしてくれる料金プランが利用できます。

mineoには無制限プランやカウントフリーが一切ないため、必ず500MB~30GBの定額制プランに加入する必要があります。

2-11.Wi-Fiスポットのサービス提供が無い

mineoにはデータ通信量の節約に活用できるWi-Fiスポットのサービス提供がありません。

Wi-Fiスポットのサービス提供がある格安SIM

  • 楽天モバイル(有料)
  • BIGLOBEモバイル(有料)
  • OCNモバイルONE
  • U-mobile
  • NifMo
  • UQモバイル

Wi-Fiスポットがあれば基本データ容量を使い切って速度制限にかかっても、何とか月末まで乗り切れます。また、カフェや空港、駅内でスマホやパソコンを好きなだけ利用することも可能です。

残念ながらmineoではWi-Fiスポットの提供がないため、Wi-Fiを使う場合は街中の無料Wi-Fiしか選択肢がありません。出張が多い方などは、多くのWi-Fiスポット数がある方が有利なので、mineoはやや使いにくいかもしれません。

2-12.A(au)プランだけのデメリット

mineoのAプランには以下のデメリットがあります。

(1)iPhoneのテザリングができない

au回線を利用するAプランはiPhoneテザリングの相性が非常に悪いです。すべてのiPhoneシリーズでテザリングが使えません。しかし、同じiPhone機種でもDプランならテザリングは可能となります。

au版iPhoneでテザリングを使いたい方は、auでSIMロック解除をした後、Dプランと契約する必要があります。

(2)3G回線が使えない

Aプランは4G LTE専用回線となっているため、3G回線が使えません。低速の3G回線なんて利用できなくてもいいのでは?と考えてしまいますが、電波の悪い山奥などに入るとすぐに圏外となります。

山奥でもDプランなら3G回線が繋がる可能性があるため、Aプランの方が人口のいない地域で圏外になる可能性は高いです。

(3)3日間の速度制限がある

Aプランだけ3日で6GB以上のデータ通信量を使用すると速度制限にかかります。Dプランには無い制限です。3日で6GBは相当な余裕がありますが、大容量ファイルを一気に送受信したりすると、翌日に速度制限される可能性があるため注意が必要です。

2-13.D(ドコモ)プランだけのデメリット

(1)Androidのテザリングができない

AプランではiPhoneのテザリングができませんが、DプランではAndroidのテザリングが多くの機種で使用不可となります。

特にドコモ版のAndroid端末は特殊なロックがかけられているため、Aプランで契約しないとテザリングできない可能性が高いです。ドコモ端末をAプランで利用する場合はSIMロック解除が必要となります。

(2)SIMカード返却が必要

mineoを解約した後に残ったSIMカードですが、DプランのみSIMカード返却が必要です。しかも、返送する封筒は自分で用意して送料も自己負担で支払わなければなりません。AプランはSIMカード返却不要なので簡単に解約できますが、Dプランはひと手間かかります。

(3)回線混雑時の速度がAプランより遅い

大きな差ではありませんが、回線混雑時の通信速度がAプランよりも遅いです。逆に回線混雑していない時間帯はDプランの方が、最大通信速度が出やすいのですが、お昼や夕方など速度低下する時間帯はAプランの方が有利となります。

3.mineoに契約すべき人・すべきでない人

最後に、mineoのメリット・デメリットを踏まえてmineoに契約すべき人、すべきでない人を解説します。

3-1.mineoに契約すべき人

(1)mineo独自の機能を使ってみたい

mienoでは他社には無い独自の機能があります。代表的なのが、

  • パケットシェア
  • パケットギフト
  • フリータンク

です。その他、mineo専用アプリやコミュニティサイトのマイネ王などがあります。ユーザー同士でパケットを気軽に渡し合えるシステムは、格安SIM業界内では非常に画期的です。

マイネ王で返事が返ってきた時は、お礼としてチップで小容量のデータ通信量をプレゼントすることもできます。せっかく格安SIMに乗り換えるなら、ユーザー同士の結びつきが強くて明るく楽しい通信事業者がいいですよね。

その点、mineoはコミュニティを大事にする格安SIMなので、契約する甲斐がありますよ。

(2)サポートを重視する

初めての格安SIMで不安な方はmineoを選ぶといいでしょう。mineoのサポート力は定評があり、顧客満足度1位に何度も選出されています。電話・メール・チャットですばやくオンライン対応してくれるのはもちろん、実店舗で対面サポートまで行ってくれます。

また、ちょっとしたことならマイネ王で質問するのもありでしょう。mineoのことはもちろん、スマホの操作や格安SIMの設定について分からないことがあれば、すぐに専門スタッフがサポートしてくれますよ。

(3)人気の格安SIMを選びたい

単純に、ユーザー数が多くて人気の格安SIMを使いたい方はmineoが向いています。やはり、みんなが使っているサービスは安心感があります。現在、mineoのユーザー数は楽天モバイルに次いで2位です。国内に600社以上あると言われる格安SIM全体で2位なので相当すごいです。

3位はNTTが運営するOCNモバイルONE。大手企業に囲まれながらも大健闘しています。ユーザー数が多い格安SIMを選ぶメリットとして、資金が潤っているため回線増強や新しいプランなど充実したサービスを享受できる可能性が高まります。

初めて格安SIMを使う方は、人気のあるmineoだと安心してサービス利用ができますよ。

3-2.mineoに契約すべきでない人

(1)使い放題プランを契約したい

使い放題(データ無制限)やカウントフリーはmineoの弱点となっています。mineoには使い放題プランが無いため、必ず毎月決まった基本データ容量内でやりくりする必要があります。

データ残量はmineoの専用アプリで簡単に確認できますが、どうしてもデータ残量を気にしたくない方は使い放題プランの無いmineoを選ばない方がいいです。「使い放題プランありの格安SIM」に契約することを考えましょう。

(2)豊富な種類から端末を選びたい

最新機種に厳選されているとはいえ、やはり選択できる端末の種類が少ないのは大きなデメリットです。種類が多すぎて迷う初心者には10種類程度の品揃えとなるmineoは契約しやすいかもしれません。

しかし、性格上あらゆる端末を比較検討しないと気がすまない方は、mineo端末の種類に物足りなさを感じるでしょう。豊富な種類から端末を選びたい場合は、約25種類のSIMフリースマホを揃える、「IIJmio」か「イオンモバイル」がおすすめです。

(3)速度低下を我慢できない

回線混雑する30分から1時間の間だけでも、どうしても速度低下を我慢できないならmineoは向いていません。速度低下は格安SIM全体の問題なので、もしかしたら格安SIM自体を辞めておいた方がいい可能性があります。

mineoは比較的、通信速度が早い格安SIMですが、大手キャリアと同レベルの通信速度を求めるなら、自社回線を保有する「Y!mobile」しか選択肢はありません。

利用料金はmineoよりやや高く、手持ちの端末で契約する場合はSIMロック解除が必要となりますが、通信速度は常に30~40Mbpsと親会社のソフトバンクを超える勢いです。mineoも回線混雑時以外は十分に早いのですが、お昼・夕方の速度低下が許せない場合は、Y!mobileの契約を考えてみましょう。

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、mineo(マイネオ)のメリット・デメリットについて詳しく解説してきました。独自のサービスが多く、ユーザー人気の高いmineoはメリットが非常に多いです。しかし同時にデメリットが存在するのも事実です。

世の中、メリットだけの商品やサービスはありません。じっくりとmineoのメリット・デメリットを検討した上で、契約するかどうかを決めてみてくださいね。

mineoの公式サイトはこちら

今月の注目トピック

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:代理店経由の契約で現金13000円キャッシュバック(終了未定)
  • 楽天モバイル:新規契約で最短当月に現金2万円キャッシュバック(終了未定)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(5/31まで)

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。