格安SIMとは

今さら聞けないテザリングとは?利用料金から設定方法まで全解説

テザリングってよく聞くけど、どういう意味・・・?

スマホ用語として頻繁に出てくるテザリング。はじめて聞く方はどういう意味なのか分かりませんよね。筆者もはじめてテザリングという言葉を聞いた時は、何かの輪っか?(リングだから)、それともアクセサリー?と思いました。

しかし、意味を理解した今では便利にテザリング機能を使いこなしています。この記事では、テザリングの意味を初心者に分かりやすく解説。また、意味を知るだけでなく実際にどうやってテザリングを使うのか?利用料金から設定方法まで詳しく説明しました。

ぜひ、参考にして下さいね。

1.テザリングとは?

さっそくテザリングの意味について見ていきましょう。

1-1.テザリングの意味

テザリングとはスマホを起点にパソコン、タブレット、ゲーム機などあらゆる通信機器をネット接続することです。

テザリングの仕組み

テザリングの仕組み

専門的に言うとスマホをモバイルWi-Fiルーター化する、あるいはアクセスポイントとして利用すると言います。

1-2.テザリングのメリット

テザリングには以下のメリットがあります。

(1)外出先でタブレットやパソコンをネット接続できる

テザリングを使えばiPadやパソコン、ゲーム機ならPSPやDSなどあらゆる通信機器を外出先でネット接続できます。

カフェや図書館でパソコンを使って仕事・勉強ができますし、タブレットで動画を見ることも可能です。

(2)固定回線と契約する必要が無い

自宅に光回線などの固定回線を契約すると、毎月4000~5000円の利用料金が発生します。固定回線も様々な通信機器にネット接続できますが、テザリングでも同様のことができます(ただし通信速度はテザリングの方が劣る)。

固定回線無しで運用すれば、年間で5万円以上の通信費を節約できます。

(3)モバイルWi-Fiルーターと2台持ちしなくていい

外出先でネット接続する手段としては、モバイルWi-Fiルーターの利用が一般的です。モバイルWi-Fiルーターはスマホのテザリングよりも通信品質がいいのですが、毎月の利用料金が3000~4000円かかるのと端末が2台持ちになるデメリットがあります。

テザリングを使えばスマホでネット接続できるため、モバイルWi-Fiルーターいらずで鞄の中がスマートです。

1-3.テザリングのデメリット

テザリングにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

(1)バッテリーを消費しやすい

テザリングを行うとバッテリーを消費しやすくなります。バッテリーを消費しにくいBluetoothを使った接続方法もありますが、一般的に利用するWi-Fi接続ではバッテリーの消費が大きいです。

ただし、すぐに電池切れになるほど激しい消費量ではないため、長時間テザリングしない場合はあまり気にしなくてもいいでしょう。

(2)データ消費量が大きい

パソコンやタブレットはスマホよりもデータ消費量が大きいです。WEBサイトを閲覧する程度なら問題ありませんが、動画の再生や容量が大きなファイルをダウンロードした場合、大量にデータ消費する可能性があります。

契約しているデータ通信量を使い切ったら速度制限がかかるため、テザリングの使いすぎには注意が必要です。

(3)テザリングできない場合がある

テザリングは契約する通信事業者や使用する機種によって利用できない場合があります。同じiPhoneでも契約先によってテザリングできる・できないで条件が分かれたりするのです。

スマートフォンならテザリングが必ず使えるわけではないため注意しましょう。

2.テザリングの種類

スマホから他の通信機器に接続できるテザリング。テザリングを使ったネット接続の方法は以下の3種類があります。

種類 通信速度 特徴
Wi-Fiテザリング 普通 最も一般的な接続方法
USBテザリング 速い 通信速度が早く充電も可能
Bluetoothテザリング 遅い バッテリー消費が少ない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

2-1.Wi-Fiテザリング

一般的にテザリングとは、Wi-Fiテザリングを指します。テザリング利用者のほとんどがWI-Fi接続を行うためです。Wi-Fiならタブレットやゲーム機はもちろん、カメラやテレビなど有線では接続が難しい機器でも、無線で簡単にネット接続できます。

Bluetoothテザリングと比べるとバッテリー消費が大きいですが、通信速度が速いです。USBテザリングと比べると通信速度が劣りますが、ネット接続が簡単に行えます。3つの接続方法で最も汎用的で設定も簡単なのがWi-Fiテザリングです。

2-2.USBテザリング

USBテザリングはUSBケーブルを使ってスマホと他の通信機器をネット接続します。メリットはなんといっても通信速度の速さです。テザリングに限らずインターネットはケーブルを使って有線接続した方が、通信品質がよくなり速度も早くなります。

Wi-Fiと違い回線混雑することもないため、急に速度低下する心配もありません。また、USBケーブルを使ってパソコンと接続すれば、スマホを充電することもできます。

通常、テザリングはバッテリー消費がデメリットとなりますが、USBテザリングなら見事にデメリットを補えるわけです。メリットが多いUSBテザリングですが、デメリットはやはりUSBケーブルを毎回持ち歩く必要があることでしょう。

その他、USBケーブルが利用できない通信機器とはネット接続できないのも難点です。

2-3.Bluetoothテザリング

バッテリーの消費量が大きくなるテザリングですが、Bluetoothで接続すればバッテリーはほとんど消費しなくなります。接続方式はWi-Fiテザリングと同じ無線接続です。

Bluetoothテザリングはデメリットとして通信速度が遅くなります。スマホで出ていた通信速度の10分の1くらいに落ちるので、快適なデータ通信ができなくなる可能性があります。テキスト中心のWEBサイト閲覧や、LINE・メール程度なら問題ありません。

しかし、動画視聴や画像中心のWEBサイト、インスタグラムなどはBluetoothテザリングだと厳しいです。

3.テザリングの利用料金

ここではテザリングの利用料金について詳しく見ていきます。

3-1.au

■テザリング料金:対象プランによって異なる

テザリング料金が月額500円の対象プラン

  • auピタットプラン
  • auフラットプラン20/30
  • データ定額20/30

テザリング料金が無料の対象プラン

  • データ定額1/2/3/5
  • ジュニアスマートフォンプラン
  • カケホ(ケータイ)
  • スーパーカケホ(ケータイ)
  • VKプラン
  • VKプランS
  • VKプランM
  • LTEプランS

auは多くのユーザーが加入するピタットプランとフラットプランで、残念ながらテザリングが有料となっています。auでテザリングを利用する場合はMy au、電話、auショップで申込みが必要です。

3-2.ドコモ

■テザリング料金:無料

ドコモは大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)で唯一、テザリングを無料で使用できます。

ドコモのテザリングはユーザーの利用状況や回線混雑を伺いながら有料化する予定でしたが、無料にしても技術的な問題が発生しなかったことから、無料キャンペーンの無期限延長が決まりました。今後も永久的に無料なのかは分かりませんが、現時点では無料でテザリングが利用可能です。

3-3.ソフトバンク

■テザリング料金:対象プランによって異なる

テザリング料金が月額500円の対象プラン

  • データ定額 50GB
  • データ定額 20GB/30GB
  • 家族データシェア 50GB/100GB
  • 法人データシェアギガパック

テザリング料金が無料の対象プラン

  • データ定額ミニ 1GB/2GB
  • データ定額 5GB
  • データ定額S(4Gケータイ)

ソフトバンクもau同様に対象プランによってテザリングの利用料金が変わります。小容量のプランでテザリングを利用する方は少ないので、実質ほとんどのユーザーが月額500円のテザリングオプション料を支払う必要があります。

テザリングの利用申込みはMy softbank、電話、ソフトバンクショップにて可能です。

3-4.格安SIMはテザリング対象外の機種あり

格安SIMは機種によってテザリングができない場合があります。特に注意したいのがau回線をレンタルして運用する「au系の格安SIM」です。au系の格安SIMはiPhoneでテザリングできないケースが多いです。

格安SIM会社でテザリングの有無を確認する場合は、公式サイトの動作確認済端末一覧ページから、機種別のテザリング項目をチェックしましょう。

iPhoneSEのテザリング対応

動作確認済端末一覧ページにテザリングの可否が書いてある

利用料金は無料

格安SIMではどのサービス会社も無料でテザリングを利用できます。現時点でテザリングを有料オプションにしている格安SIM会社はありません。今後も格安SIMでテザリングが有料になることは無いでしょう。

4.テザリングのやり方

テザリングの設定方法は非常に簡単です。ここでは、iPhone・iPad・Androidを親機、接続先の通信機器を子機として、テザリングでネット接続する方法を解説します。

4-1.iPhone・iPad

1.「設定」アプリをタップ

2.「インターネット共有」をタップ

3.「インターネット共有」のスライドをON

「Wi-FiとBluetoothはオフです」が表示されたら、Wi-Fi・Bluetoothテザリングは「Wi-FiとBluetoothをオンにする」をタップ、USBテザリングは「USBのみ」をタップします。

4.通信機器に接続する

(1)Wi-Fiテザリング

iPhoneの「インターネット共有」の設定画面からネットワーク名とパスワードを確認しておきます。その後、接続先の通信機器でWi-Fiマークをタップ。確認したネットワーク名をタップしてパスワードを入力しましょう。

(2)USBテザリング

USBケーブルをiPhoneと接続先のパソコンに繋ぎます。iPhone側で「インターネット共有ON」→「USBのみ」が選択できていれば接続完了です(手順3)。

※iTunesが必須

iPhoneでUSBテザリングを行う場合、接続先のパソコンに「iTunes」をインストールする必要があります。Macなら購入時からインストールされていますが、Windowsは事前に手動インストールが必要です。

(3)Bluetoothテザリング

iPhone側で「Wi-FiとBluetoothをオンにする」をタップしておきます(手順3)。その後、接続先の通信機器でBluetoothをON(iPadの場合は設定内にBluetooth項目あり)にします。iPhoneの名前が表示されたらタップして接続完了です。

4-2.Android

1.「設定」アプリをタップ

2.「テザリング」をタップ

※テザリング項目の場所は機種によって異なります。「データ通信」、「無線とネットワーク」などの項目から探してみましょう。

3.テザリングの種類を選択してタップ

Wi-Fi・USB・Bluetoothテザリングが選択できます。

※USBテザリングはUSBケーブルを通信機器と繋いでいる状態でないと表示されません

4.通信機器に接続する

(1)Wi-Fiテザリング

Androidのテザリング設定画面からネットワーク名とパスワードを確認しておきます。その後、接続先の通信機器でWi-Fiマークをタップ。確認したネットワーク名をタップしてパスワードを入力しましょう。

はじめてWi-Fiテザリングを行う場合は、Wi-Fiアクセスポイントの情報を設定します。手順3で「Wi-Fiテザリング」をタップした後、以下の情報を設定しておきましょう。

  • ネットワーク名:任意の名称でOK
  • セキュリティ:「WPA2 PSK AES」を選択
  • パスワード:任意のパスワードを入力

(2)USBテザリング

USBケーブルをAndroidと接続先のパソコンに繋ぎます。Android側で「USBテザリング」が選択できていれば接続完了です(手順3)

(3)Bluetoothテザリング

Android側で「Bluetoothテザリング」をタップしておきます(手順3)。その後、接続先の通信機器でBluetoothをONにします。接続候補のデバイスが表示されたらAndroid(端末名が表示される)をタップして接続完了です。

5.まとめ

いかがでしたか?

この記事ではテザリングとは何か?詳しく解説してきました。テザリングを使えばあらゆる通信機器を、スマートフォンを使ってネット接続できます。非常に便利な機能なので、使いこなしたい機能です。

テザリングの利用条件や料金は通信事業者によって異なるので事前に確認しておきましょう。テザリングの利用を確認できたら、Wi-Fi・USB・Bluetoothのいずれかでテザリングを使ってみてくださいね。

2018年7月の注目キャンペーン
  • LINEモバイル:2ヶ月間ぜーんぶゼロキャンペーン(8/27まで)
  • UQモバイル:特設ページからの契約で現金13000円キャッシュバック(終了未定)
  • 楽天モバイル:新規契約で最短当月に現金2万円キャッシュバック(終了未定)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(7/31まで)
  • NifMo:新規契約で最大20100円のキャッシュバック(7/31まで)

>>すべてのキャンペーンはこちら

 

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。