iPhone13 販売開始(9/24~) >>

OPPO Reno Aを実機レビュー【防水(お風呂)対応・デメリット・評判】

OPPO Reno Aをレビュー

【PR】iPhone13の予約スタート

 

手数料・頭金・送料0円の予約方法を解説中↓

この記事のポイント

  • 高コスパなのにハイクラスの性能が大きなメリット
  • デメリットはサイズが大きくて手が小さい人は使いにくいこと
  • 口コミ評価が高く、万人におすすめできる端末

「OPPO Reno Aって、どんな機種なの・・?」

これまでHUAWEIやASUSの影に隠れて、あまり目立たなかったOPPO。

しかし今回、OPPO Reno Aで歴代最高の注目度を集めることに成功。実際、全てのSIMフリースマホでトップクラスの売上を誇っています。

なぜ、OPPO Reno Aがここまで人気が出たのか?

色々と理由はありますが、以下の2つが特に大きいです。

  • 日本人が使いやすいようにカスタマイズをした
  • 3万円台とは思えない性能で高コスパ

今回は、そんなOPPO Reno Aを実機レビュー。実際に使い倒してみて、メリット・デメリットを徹底的に掘り下げました。

カメラ画質のテストも行っています。OPPO Reno Aがどんな端末か気になっていた方は、ぜひ参考にしてくださいね。

OPPO Reno Aの購入先

OCNモバイルONEで、
\限定スマホセール中!1円~
OCNモバイルONE/OCN光

1.OPPO Reno Aのメリット

カメラ以外に、OPPO Reno Aの良いところを教えて下さい。

おサイフケータイ対応とゲームアプリに強いのが大きいわね。

OPPO Reno Aには、以下のメリット(強み)があります。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

①防水対応でお風呂でも使える

OPPO Reno AはIP67の高性能で、防水・防塵に完全対応しています。

防水は、最高ランクの一歩手前ですが、30分の水没テストもパスする完全防水です。お風呂に入りながら、動画やネットサーフィンを楽しむこともできます。

キッチン周りに置いても安心ですし、プールにも持っていけます。

利用シーン例

  • お風呂に入りながらYoutubeやゲームを楽しむ
  • プールや海で遊ぶときにスマホを持っていく
  • キッチンで濡れた手を拭かずにレシピを見る

最安はこちら

OCNモバイルONEの公式サイトへ

②ゲームブースト・ゲームスペースでアプリが軽い

以前から、OPPOは他のスマホメーカーと比べてゲームに力を入れていました。

今回、ゲームブースト2.0という新たな機能が搭載で、今までのゲームブーストがさらに進化。ゲーム操作の快適性が最高クラスとなっています。

論より証拠。実際にゲームをしてみました。

マリカー

ゲームブースト2.0

ぬるぬる動くこの感覚、ゲーマーなら思わずニッコリすることでしょう。

ゲームブースト2.0ですが、画面タップの反応速度を上げるタッチブーストと、画面のカクツキを抑えるフレームブーストが核となっています。

とくにタッチブーストが優秀で、FPSのキル数がリアルに上がりました。

また、OPPO独自の機能「ゲームスペース」によく使うアプリを登録しておくと、バックグラウンドのアプリ起動が抑えられて、よりゲームの処理速度が向上します(ローディング時間も大幅短縮)。

ゲームスペース

ゲームスペース

POINT
OPPO Reno Aはゲーム用の格安スマホとして超オススメ

③海外製なのにおサイフケータイ対応

おサイフケータイ

おサイフケータイ

日本独自の機能であるおサイフケータイは、日本製スマホの特権でした。そのため、性能が悪くてもおサイフケータイ目当てで日本製スマホにする人も。

ですが、OPPO Reno Aは日本市場向けにカスタマイズしておサイフケータイ(FeliCa)が利用可能に。

マイナー機種を除けば海外製SIMフリースマホで始めての対応です。

電子マネーが手放せない、あるいはキャッシュレスで生活を送っている人にとっては、非常にありがたい機能です。

④6GBメモリでサクサク

OPPO Reno Aは、6GBの大容量メモリを搭載しています。

MEMO
メモリはスマホの作業領域を意味する。メモリが大きいほど、複数アプリの同時起動ができたりレスポンスが早くなったりする。

通常、ミドルレンジのスマホはメモリ3~4GBが相場。それでも十分なのですが、6GBはもはやパソコンと同レベル。

10万円を超える端末で搭載しているなら分かりますが、3万円台の端末に6GBメモリを積んでしまうのは価格破壊です。他社も穏やかではないでしょう。

高コスパと言われる所以ですね。


2.OPPO Reno Aのデメリット

逆にデメリットはありますか?

対応のケースが少ないことね。女子は特に選択肢が少なすぎて困るかも。

①大きいサイズが苦手な人は使いづらい

6.4インチの大迫力は動画・ゲーム好きなら嬉しいポイント。しかし、裏を返せば手の小さな女性や子供は使いづらいです。

ポケットからはみ出るほどの大きさなので、コンパクトサイズが好きな方は向きません。

②スマホケースの充実度が低い

SIMフリースマホで爆発的な人気を誇るOPPO Reno Aですが、まだまだ日本市場はAppleやGalaxyが有名です。一般的には浸透していません。

そのため、ケースの充実度はイマイチ。家電量販店や雑貨屋に行けば、これでもかとiPhoneケースが並びますが、OPPO Reno A向けケースは少ないです。

あまりこだわりのない人なら、最低限のクリアケースでいいと思いますが、かわいいケースを使いたい女子は困るかもしれません。

とはいえ、OPPO Reno Aは今までのOPPOシリーズの中で最大限のヒットなので、ケース販売は徐々に充実していくでしょう。

OPPO Reno Aの購入先

3.OPPO Reno Aの外観レビュー

光沢があって、キレイな見た目ですね!

ええ、大人向けのデザインで洗練されている印象ね。

さっそく、届いたOPPO Reno Aを開封。まずは、外観からチェックしていきましょう。

こちら正面写真です。

正面写真

正面

なかなかサイズ感が伝わらないかもしれませんが、6.4インチとかなりの大画面です。ベゼル幅は極小で無駄がありません。

そして驚きなのが3万円台ながら発光に優れた有機ELに対応していること。文句なしにキレイです。

MEMO
通常、原価の高い有機ELは高価格帯(10万円前後)のスマホしか搭載されていない

裏面はこんな感じ。

裏面

裏面

光沢がありますね。デザインは大人っぽくて、可愛さよりエレガントを求める方にぴったり。

黒だとやや指紋が目立つので付属のケースを付けたほうがいいかもしれません。

手に持った印象は、めちゃくちゃ軽い。大げさではなく、友人も「かるっ」と言っていました。

手に持った感触

重量は軽い

重量は169.5g。同サイズのスマホは平気で200g超えするので、いかに軽量なのか分かります。

操作中に疲れないのがいいですね。

同梱物はこちら。

同梱物

同梱物

本体の他に、

  • USBケーブル(Type C)
  • ACアダプタ
  • イヤフォン
  • 保護ケース
  • 説明書(保証付き)

が同梱されていました。ちなみに、保護フィルムは最初から貼り付けされているので、別途購入する必要はありません。

4.OPPO Reno Aのカメラ性能

カメラ画質はどうですか?

一眼レベル・・とまではいかないけど、十分すぎる性能よ。

さて、スマホを購入するとき、誰もが重視するのがカメラ性能ですよね。

OPPOは以前からカメラ画質に定評がありますが、実際どうなのでしょうか?写真を撮ってみました。

アウトカメラ

木

山道

山の中

住宅

神社

庭

神社

階段

商店街

この日は曇だったので雰囲気が少しどんよりしていますが、それでも細部までキレイに撮影できました。

近距離(マクロレンズ)

コーヒー

観葉植物

十分SNS映えを狙えます。

夜景

夜の川 夜の電車

上写真の川は、街灯が少なくてかなり暗かったのですが、補正が入って明るく撮れました。

AI補正

OPPO Reno Aが凄いのは、AI補正です。とくに真価を発揮するのが、くすんだ色を撮ったとき。

実際の写真がこちら。

AI補正

こちらの観葉植物、実はくすんだ緑であまりキレイではないのですが、OPPO Reno Aで撮ると鮮やかな緑に補正されました。

補正画像をもう一枚。

AI補正2

同じ白色でも、背景と画面上でまったく違うことが分かります。

インカメラ

インカメラ

2500万画素の実力は伊達ではありません。髪の毛一本まで、しっかりと映しています。

10万円前後のハイエンド端末と比べて、正直アウトカメラは少し劣ると感じましたが、インカメラは同等だと思います。

動画

動画はこんな感じで4K撮影が可能です。

OPPO Reno Aの購入先

5.ユーザーの評判・口コミを調査

ユーザーの口コミはどうでしょう?

予想通りの高評価よ。売れ切れが続出するのも納得ね。

OPPO Reno Aの口コミを見てみましょう。

やはり、高コスパに対する評価が高いですね。価格はミドルレンジながら、機能は新型iPhoneに匹敵する性能。

実機を触りたいと格安SIMの専門店や家電量販店に行ってみたところ、既に売り切れていた・・との報告も多数ありました。

バッテリーの発熱やカメラ性能、フリーズしたといった悪評はなし。ユーザー評価は最高クラスと言えるでしょう。

6.後継機種「OPPO Reno3 A」と比較

OPPO Reno3 Aとの違いを教えてください。

OK、詳しくまとめるわね。

OPPO Reno Aの後継機種であるOPPO Reno3 Aと比較してみました。

OPPO Reno3 Aとスペック比較

OPPO Reno3 A OPPO Reno A
発売日 2020年6月25日 2019年10月18日
メーカー OPPO OPPO
重量 約175g 約169.5g
画面 6.44インチ、FHD+
2400×1080
6.4インチ、FHD+
2340×1080
OS Android 10 Android 9
CPU Snapdragon 665
(オクタコアCPU)
Snapdragon 710
(オクタコアCPU)
メモリ 6GB 6GB
ストレージ 128GB 64GB
(楽天モバイル版のみ128GB)
カメラ性能 アウト:4800万画素+800万画素+200万画素+200万画素
イン:1600万画素
アウト:1600万画素+200万画素
イン:2500万画素
外部メモリ microSD
(最大256GB)
microSD
(最大256GB)
バッテリー容量 4025mAh 3600mAh
本体カラー ホワイト
ブラック
ブラック
ブルー
防水 防水:IPX8
防塵:IP6X
防水:IPX7
防塵:IP6X
おサイフケータイ
ワンセグ
DSDV

OPPO Reno3 Aは、前作の良い所を引き継ぎつつほとんどの項目でグレードアップしているのが分かります。

カメラは2眼から4眼になり、広角撮影やウルトラナイトモードに対応しました。OPPO Reno Aからもっとも進化しているポイントですね。

バッテリー容量も増加しています。Quick Chargeにも対応したので、より速く充電できるようになりました。

他にも防水等級がIPX7からIPX8になっていたり、ストレージ容量が128GBになっていたりと、細かい部分でOPPO Reno Aから進化しています。

唯一OPPO Reno Aに劣るのがCPUです。Snapdragon 710からSnapdragon 665へダウンしており、パフォーマンスは落ちています。

3Dゲームなど負荷の大きいアプリを利用するならOPPO Reno Aに分があると言えるでしょう。

oppo reno3 a【レビュー】OPPO Reno3 Aのスペックから分かるおすすめな人

7.スペック・ベンチマークテスト

スペックを一覧で見たいです。

表にまとめたから確認してちょうだい。

以下、OPPO Reno Aのスペック一覧です。

スペック

発売日 2019年10月18日
メーカー OPPO
サイズ 高さ:約158.4mm
幅:約75.4mm
厚さ:約7.8mm
重量 約169.5g
画面 6.4インチ
(2340×1080px)
OS ColorOS 6
CPU Qualcomm
SDM710
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
カメラ性能 アウトカメラ:1600万画素+200万画素
インカメラ:2500万画素
外部メモリ microSD
(最大512GB)
バッテリー容量 3600mAh
本体カラー ブラック
ブルー
デュアルSIM
(DSDV)
防水
おサイフケータイ
ワンセグ

ベンチマークテストの結果はこちら。

ベンチマークテスト

ベンチマーク

総合:186377

  • CPU:64481
  • GPU:54365
  • MEM:35625
  • UX:31906

8.【総合評価】OPPO Reno Aがおすすめな人

ずばり、買いなのかスルーなのか・・。

購入すべき人をまとめたわ。

さて、OPPO Reno Aは一体どんな人が購入すべきなのか、以下にまとめてみました。

  • セルフィーがキレイに撮れないと嫌
  • 性能の割にコスパのいいスマホを狙いたい
  • みんなより一足先にOPPOを使ってみたい
  • ゲーム用の格安スマホがほしい
  • おサイフケータイ対応を重視する

コスパと性能の両方を求める方は、一番の候補にすべきです。あらゆる機能が整ったワガママを叶える端末なので万人におすすめできます。

コスパ以外だと、インカメラの性能が良いので、セルフィーを重視する方にもおすすめ。

特にビューティー補正が凄まじく、「すっぴんなのに、めっちゃ盛れる」と喜ぶ女性が多いです。食事や風景も盛れる写真が撮れます。

一度OPPOを使ってみたい方も、OPPO Reno Aなら手頃な価格で購入しやすいです。

OPPO Reno Aの購入先

9.まとめ

OPPO Reno Aは、全スマホで比較しても最高レベルと言えるでしょう。

その理由は、カメラを含む基本性能の高さ。3万円台とは思えないスペックで、そのコスパの良さは群を抜いています。

致命的なデメリットはなし。非常に優秀なスマホなので、気になっている方は、十分に検討する価値がありますよ。

TOPIC
後継機種としてOPPO Reno3 Aが発売されました

おさらい

OPPO Reno Aのメリットは?

コスパが良い割にハイスペックなのがメリットです。

 

OPPO Reno Aのデメリットは?

画面サイズが大きいので、手が小さな方には向きません。

 

どんな人におすすめ?

安さも性能も妥協したくないすべての方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。