3キャリアOK!どんなときもWiFiの対応エリアが最強すぎる

どんなときもwifiのエリア

どんなときもWiFiの対応エリアはどれくらい広いのでしょうか。

結論を言うと、あらゆるポケットWi-Fiの中でエリアの広さはどんなときもWiFiがトップクラスです。 その理由は、3キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の回線に繋がるからです。

この記事では、どんなときもWiFiのエリアについて、なぜ3キャリアに繋がるのか、またエリア検索するにはどうすればいいのか解説していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

1.どんなときもWiFiの対応エリアは全ポケットWi-Fiでトップクラス

どんなときもWiFiのエリアってどんな感じですか?

人口カバー率99%。どこでも繋がるわよ。

1-1.au・ドコモ・ソフトバンクの通信エリアで繋がる

どんなときもWiFiは、au・ドコモ・ソフトバンクの3キャリアに対応したポケットWi-Fiです。

さらっと書きましたが、3キャリア対応はとても凄いことです。どんなときもWiFiの対応エリアが最強と言われる所以ですね。

ご存知の通り、au・ドコモ・ソフトバンクは人口カバー率99%を誇ります。

この3社の回線を使うということは、人が住む場所ならどこでも繋がるということです。 今この記事をスマホで見ている方は、同じ場所でどんなときもWiFiも繋がります。

POINT
使えるデータ容量は無制限

1-2.地方の山間部でも繋がる

いくら繋がりやすいとはいえ、それは理論上の話。実際は、エリア内でも全然繋がらないのでは?と不安に思いますよね。

そこで、どんなときもWiFiを持って山に登りました。

全然高くはない山ですが、当然ながら人は住んでいません。それでも、これだけ繋がりました。

山間部で測定

スマホの圏内で繋がるどんなときもWiFiなので、よほど辺ぴな場所で無い限りエリア外にはなりません。 離島でも余裕で繋がります。

どんなときもwifiは繋がらない?どんなときもWiFiは繋がらない?本当か山に行って確かめてみた

1-3.3キャリアの回線をカバーできる理由はクラウドSIMだから

なぜ、どんなときもWiFiは3キャリアの回線をカバーできるのか?

その仕組は、クラウドSIMという最新技術を使っているからです。

通常、ポケットWi-Fiやスマホなどネット回線に接続する通信機器には、SIMカードが挿入されています。

simカード

SIMカード

このSIMカードは物理的なものですが、クラウドSIMはSIMカードをバーチャル化します。

クラウドSIM

すると、実際にSIMカードを差し替える必要なく、ネット回線に繋がるというわけです。

どんなときもwifiの仕組み

実際、どんなときもWiFiの裏蓋を開けてみたのですが、物理的なSIMカードは挿入されていませんでした。

物理的なSIMカードなし

au回線に繋ぐならauのSIMカードに差し替え、ソフトバンク回線に繋ぐならソフトバンクのSIMカードに差し替え・・としなければいけないところを、クラウドSIMなら瞬時に回線切り替えができるわけですね。

一番強い回線に自動切り替えしてくれる

さらに、どんなときもWiFiが凄いのが、auの電波が強い地域はau回線に、ドコモの電波が強い地域はドコモ回線にといった自動切り替えを行ってくれます。

この自動切り替えにより、常に優位な回線が接続されるというわけです。

お住まいの地域が、電波塔の位置関係でドコモが強いのなら、勝手にドコモ回線に繋がってくれます。

1-4.国内だけでなく海外にも対応

どんなときもWiFiは、国内だけでなく海外にも対応しています。

これも、前項でお伝えしたクラウドSIMのおかげ。本来必要な、海外用のSIMカード差し替えが不要となります。

海外でどんなときもWiFiを使うときは、国内利用と少しルールが変わります。

まずエリアですが、以下の地域に限定されます。

エリア1

アジア(26地域)

韓国・香港・中国・台湾・マカオ・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・タイ・ベトナム・マレーシア・フィリピン・インドネシア・カンボジア・ミャンマー・ラオス・ネパール・インド・スリランカ・バングラデッシュ・カザフスタン・モンゴル・パキスタン・グアム・サイパン・フィジー

 

ヨーロッパ(41地域)

オーストリア・ベルギー・スイス・チェコ・ドイツ・スペイン・フィンランド・フランス・ギリシャ・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・スロベニア・トルコ・リヒテンシュタイン・モナコ・キプロス・ハンガリー・ラトビア・ポーランド・スウェーデン・ウクライナ・エストニア・クロアチア・アイルランド・リトアニア・ルクセンブルク・セルビア・ノルウェー・アルバニア・デンマーク・スロバキア・イギリス・サンマリノ・バチカン市国・ブルガリア・アイスランド・マルタ・ルーマニア・オーランド諸島

 

北米(2地域)

アメリカ・カナダ

エリア2

中東(7地域)

UAE・カタール・ヨルダン・イスラエル・サウジアラビア・イエメン・バーレーン

 

中米・南米(17地域)

コロンビア・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン・ベネズエラ・パナマ・ドミニカ共和国・コスタリカ・エクアドル・グアテマラ・ペルー・ボリビア・チリ・ニカラグア・エルサルバドル・メキシコ・プエルトリコ

 

アフリカ(13地域)

南アフリカ共和国・ケニア・モロッコ・エジプト・西サハラ・タンザニア・ザンビア・チュニジア・アンゴラ・アルジェリア・ガーナ・ナイジェリア・モーリシャス

エリア1とエリア2に分かれている理由は、利用料金が異なるからです。

海外の利用料金

  • エリア1:1280円/日
  • エリア2:1880円/日

高い!と思われたかもしれませんが、海外のSIM利用では他社と比べてむしろ安い水準です。

ちなみに、国内利用だと月額3480円で使い放題となります。

2.どんなときもWiFiの対応エリアを確認する方法

対応エリアの確認はどうすればいいんですか?

3キャリアのエリア検索ページから確認できるわよ。

どんなときもWiFiの対応エリアを調べるには、ドコモ・au・ソフトバンクの公式ページを使います。

MEMO
どんなときもWiFiの公式ページでエリア確認はできない

以下、3キャリアの対応エリア確認ページです。

エリア確認ページ(外部参照)

3Gと5Gは除いて、4G LTEのサービスエリアを検索して下さい。

例えばドコモの通信エリアなら、ページ内で都道府県検索、あるいは住所入力による検索を行います。

ドコモのエリア検索

詳細地図が表示されるので、さらに詳しく調べたい地域を限定しましょう。

地図上で赤くなっている部分がエリア内となります。

サービスエリア

実際検索してみると分かりますが、ほぼすべての地域が真っ赤になっているはずです(人口カバー率99%)。どんなときもWiFiの対応エリアは日本全土と考えて差し支えありません。

3.【体験談】WiMAXは最高速度が速いけどエリアが狭くて使いづらかった

ポケットWi-Fiと言えば、WiMAXが有名ですよね。WiMAXは最高通信速度が1Gbps(どんなときもWiFiは100Mbps)という、とんでもないスピードが出ます。

ですが・・WiMAXが使用するプラチナバンドは遮蔽物に弱いのが難点です。実際、京都へ旅行に行ったときに全然繋がりませんでした。

京都駅の周りはまだ良かったのですが、嵐山では全然ダメ。あと痛かったのが新幹線でまったく繋がらなかったこと。辛かったです。

このときはイライラしたな~

対応エリアは広くても繋がりやすさに難有りのWiMAX。近年は、WiMAXエリア外はau LTEエリアに自動接続するサービスが始まりました。

ただし、オプション料金が月1000円もかかります。最高速度が速いとは言え、ネットに繋がらないのはストレスです。

対してどんなときもWiFiは3キャリアの回線をカバーしているので、対応エリアの心配が不要です。

最高速度ではWiMAXに負けますが、動画が快適に見られる体感速度なのでまったく問題ありません(常時17Mbpsほどのスピードが出る)。

これまでポケットWi-Fiの対応エリアで辛い経験をした方は、どんなときもWiFiの快適さをぜひ味わってみて下さい。

4.【まとめ】どんなときもWiFiは3キャリアの繋がる場所が対応エリア

この記事では、どんなときもWiFiの対応エリアについて詳しく解説してきました。

ドコモ・au・ソフトバンクの回線に対応するどんなときもWiFi。その繋がりやすさは、すべてのポケットWi-Fiの中でトップクラスです。

クラウドSIMの仕組みを使っているため、回線切り替えは自動。その土地に合わせて、最も電波の有利な回線に繋がります。

対応エリアを確認する場合は、3キャリアのエリア検索ページを利用しましょう。人が住める地域なら、確実にエリア内ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。