大ピンチ!引っ越しの初期費用が払えない場合の対処法

引っ越し代が払えない

引っ越しが決まったけど、初期費用が払えなくてやばい・・

引っ越しは想像以上にお金がかかります。事前に想定していたよりも、見積もりの初期費用が高くて支払えない方も多いです。

この記事では、引っ越しの初期費用を払えない方に向けて、具体的な解決策を解説していきます。ぜひ、参考にして下さいね。

1.引っ越しの初期費用は想像以上に高い

やばい、予想より引っ越しにお金がかかる・・

見積もりが甘かったわね。引っ越しの初期費用は家賃の5倍くらい必要なのよ。

引っ越しの初期費用は、想像以上に高いものです。ざっくりと、家賃の5ヶ月分くらいかかります。あなたも、見積もりを見て驚いたのではないでしょうか。

引っ越しに必要な初期費用の項目

  • 敷金
  • 礼金
  • 前家賃
  • 仲介手数料
  • 火災保険料
  • 引っ越し費用
  • 保証会社(連帯保証人がいない場合)

家賃7万円の部屋に引っ越すなら、上記の費用を全部合わせておよそ35万円のお金が必要です。

敷金・礼金・前家賃は1ヶ月分が相場。そこから、不動産会社に払う仲介手数料を引っ越し前に支払い。そして、最も負担がかかる引っ越し費用を支払います。

引っ越しの距離や家族の人数によっては、家賃相場の5倍を軽く超えることも。高くはなっても、安くはなりにくいのが引っ越しの辛いところ。

交渉次第で削れるのは礼金と引っ越し費用のみです(引っ越し費用を安くする方法は後ほど)。

2.今すぐ引っ越しの初期費用をまかなう方法は4つ

引っ越しの日にちは決まっているし、一体どうすればいいんですか?

焦らないで。解決策はあるわ。

引っ越しまで余裕があれば、費用を工面する手段は増えるのですが、この記事を読んでいるあなたは、あまり時間が無いことでしょう。

そこでここでは、今すぐ引っ越しの初期費用をまかなえる手段を解説していきます。

2-1.短期で無利息カードローンを利用する(一番現実的)

正直なところ、引越しの初期費用を今すぐまかなう方法は、ほぼカードローン一択です。

その理由は、引っ越しは医療保険も効かなければ、国の補助も受けにくいため、お金を用意する手段が、カードローンくらいしか無いためです。

カードローン?そんな怖い方法できるわけありません。

落ち着きなさい。カードローンで融資を受けて、計画的に返済すればほとんど手数料は無いの。

カードローンは怖い・・と思われたかもしれませんが、30日以内に返せば無利息でお金を用意できます。使うのは、消費者金融系のカードローンです。

なお、消費者金融より銀行の融資の方が安心できるかと思いますが、引っ越しの初期費用が用途では融資は降りません。

仮に融資が降りるとしても、銀行は審査が厳しいため時間がかかります。

10万円を3ヶ月で返しても102981円で済む

仮に30日を過ぎても、借金地獄に陥ることは無いので安心してください。例えば、10万円を借りて3ヶ月後に返した場合、総返済額は102981円です。

返済シミュレーション(10万円借りて3ヶ月で返済)

  • 借入期間:3ヶ月
  • 毎月の返済額:34327円
  • 総返済額:102951円

年率17.8%という数字を見れば怖くなりますが、実際はおよそ3千円の手数料で、目の前に10万円を用意できます。30日で返せるのであれば、手数料(利息)は0円です。

思ったよりも利息は少ないんですね。

引っ越しの初期費用程度ならこんなもんよ。30万円借りて半年で返しても、総返済額は315762円。利息は16000円くらいね。これで急場をしのげると考えれば、悪い条件ではないわ。

今月末までに引っ越し費用を払わなければ・・と焦っている方は、素直にカードローンを利用しましょう。

こちらのカードローンなら、即日で指定の口座へ振り込んでくれます。郵送物は無いので家族にバレる心配はなし。

お金を借りる癖が付くのが怖いのなら、返済が終わったと同時に解約すればOKです。

24時間申し込み可、最短1時間で振込↓

>>プロミスでお金を借りる

プロミス【2019年】プロミスのメリット・デメリットから借り入れにおすすめな人まで完全解説

2-2.最安の引っ越し業者を探す

ところで、引っ越し業者は決まったの?
はい、近所でよく見かける業者に決めました。

そんな理由で引っ越し業者を決めてはダメよ。まだ確定していないなら、他の業者も見積もりを取りなさい。

あなたが利用予定の引っ越し業者は本当に最安値ですか?

引っ越し業者は、CMでよく見かける有名な業者から、地域に根ざしたマイナーな業者まで様々です。

最安値で引っ越すなら、できるだけ多くの引っ越し業者に見積もりを依頼して、金額を算出する必要があります。

面倒かもしれませんが、いくつかの引っ越し業者を比較するだけで、5~10万円も初期費用が安くなるのです。

一括見積がめっちゃ楽

最安値の引っ越し業者を探す上で利用したいのが一括査定です。車・バイクではおなじみですが、引っ越しでも一括査定が使えます。

やり方は、一括査定サイトに必要事項を記入して問い合わせるだけ。その後、数社の引っ越し業者から連絡が入るので、引越し料金を聞いて控えておきましょう。

実際に、訪問してもらう場合は、見積もり金額を出してもらったあとに、値下げ交渉をしてみて下さい。「他社では◯◯円でした」と言えば、すぐに値下げしてくれますよ。

1分で引っ越し業者の最安値が分かる↓

>>無料で一括見積を行う

2-3.助成金がある地域へ引っ越す

既に引っ越す地域が決まっているかと思いますので、現実的な解決策ではありませんが、一応助成金を利用できる地域があります。

東京都だと、以下の地域で引っ越し助成金を貰える可能性があります。

金銭的に援助が必要と認められた場合(障害者や母子家庭など)

  • 江戸川区
  • 北区(15万円まで)
  • 渋谷区
  • 江東区(15万円まで)
  • 文京区(15万円まで)

子育て支援による引っ越し援助

  • 新宿区(10万円まで)
  • 墨田区(12万円まで)

ご覧の通り、東京23区でも引っ越し支援(家賃補助は除く)を実施しているのはわずか7区のみ。そのうち5区は経済的な援助が必要な状態でなければなりません。

言い換えれば、生活保護が必要なほど困窮している場合に限ります。使えそうなのが、新宿区と墨田区が実施している子育て支援による助成金。

ただし、市役所との相談は必須で、必ず助成金が貰えるとは限りません。東京都以外の助成金については、引っ越し先の市役所に問い合わせてみましょう。

過疎化による誘致を実施している地区以外は、9割以上の確率で助成金は無いと想定しておきましょう。

2-4.引っ越し業者に頼まない

こちらも、あまり現実的ではありませんが、引っ越し業者に頼まないのも一つの手です。

引っ越しの初期費用で大部分を占める引越し業者への支払い。ここを0円にできれば、かなりの費用を浮かせることができます。

引越し業者を使わない場合は、以下の手段で引っ越しを行います。

  • ダンボールを郵送する
  • 自分で車を用意して荷物を運ぶ

単身引越しで大型家具が無いのなら、ダンボールで郵送するほうが安上がりです。やり方は単純で、ダンボールに荷物を詰めて集荷をお願いするだけ。

一般的な集荷より、かなりダンボールの数が増えるので、事前に電話で荷物量を配達員へ伝えておくと親切です。

車の運転をお願いできる相手がいる、あるいは自分で運転できるのなら身内だけで引っ越しするのもありでしょう。

私は過去に、ハイエースをレンタカーで借りて、友人と隣町へ引っ越したことがあります。引っ越しの荷物が多いと、運転中に後ろが見えづらいので十分に注意して下さいね。

3.引っ越しでクレジットカードのリボ払いは99%使えない

そういえば、カードローンじゃなくてクレジットカードのリボ払いを使いたいのですが。

それが出来るなら一番いいわね。だけど、引っ越しや不動産の業界は現金主義なの。クレジットカードはほとんど使えないわ。

引っ越しの初期費用が払えなければ、クレジットカードのリボ払いを利用しよう・・そんな根も葉もない情報を垂れ流すメディアが溢れかえっています。

言っておきますが、引っ越しの初期費用をクレジットカードで払えるケースはほとんどありません。

引っ越し・不動産の業界は未だに現金主義です。とくに、引っ越し業者への支払いは、現金手渡しを求められます。決済はカードで・・なんて通用しません。

また、不動産会社へ支払う仲介手数料、オーナーへ支払う前家賃・敷金・礼金も口座振込が一般的。

これまで5回以上引っ越しをしてきた筆者も、口座振込以外の決済手段は見たことがありません。

火災保険料なども、請求書払い(コンビニ決済が多い)です。結局のところ、クレジットカードを使えるのは、引越し先で家具・家電を揃えるときくらいです。

引っ越しの初期費用をクレジットカードでまかなうのは不可能であることを覚えておきましょう。

4.【まとめ】引っ越しの初期費用を今すぐ準備しよう

この記事では、引っ越しの初期費用を工面する方法について詳しく解説してきました。

引っ越しは、保険が効くわけでも無ければ、健常者が補助金を貰うことも困難です。そして、頼みのクレジットカード払いも使えません。

自分で引越をする、などの荒技は残されていますが、現実的な解決策はカードローンとなります。

カードローンに対して怖いイメージを持つ方は多いのですが、実際は短期返済なら利息無しで借りられます。

引っ越しの初期費用を払えない場合は、無理せずにお金を借りて、計画的に返済しましょう。

もう一度、引っ越しの初期費用を支払う手段を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。