楽天アンリミット5Gが1年無料(300万人)

【悲報】LINEモバイルが契約ルールを改悪!初月無料の廃止&LINEポイントの付与なしへ

lineモバイルのルール変更

2019年5月からLINEモバイルがこれまでの契約ルールを一部変更すると発表がありました。

初月無料の廃止など、今までのメリットが無くなる変更も。

今回は、2019年5月から始まったLINEモバイルのルール変更について詳しく解説。実際、どれくらい損をするのか考察していきます。

LINEモバイル

LINEモバイル
ポイント
  • WEB限定キャンペーンあり
  • LINEアプリがカウントフリー
  • ソフトバンク回線が安い
  • LINE Payで支払いOK
  • SNS使い放題のオプションあり
月額料金 解約金 オンライン契約
700円〜 0~1000円 可(最短3日)

>LINEモバイルの公式サイト

1.LINEモバイルが2019年5月からルール変更

LINEモバイルで今までのルールが変わるって本当ですか?

ええ、そうよ。「au回線の提供」に合わせて、ルール変更が発表されたの。

ルールが変わるのは、以下の4点です。

  • 初月無料サービスが終了
  • LINEポイントの付与(1%)が終了
  • 最低利用期間が初月からカウント
  • データSIMの初期契約解除が不可に

それぞれ詳しく見ていきましょう。

TOPIC
「インスタグラムのデータフリー実質値上げ」が2020年より追加

①初月無料サービスが終了【重要】

今まで

→初月の月額基本料金は無料

これから

→初月の月額基本料金が発生

今回の変更で一番重要なのがココよ。

今まで、LINEモバイルに契約すると初月の月額基本料金(通話料・契約事務手数料のぞく)が無料でした。

キャンペーン扱いではなく常に無料だったためLINEモバイルの強みだったのですが、残念ながら今回のルール変更で初月無料はなしに。

ルール変更後の初月料金ですが、日割りではなく以下の料金が一律請求となります。

ルール変更後の初月料金

  • データSIM → 500円
  • データSIM(SMS付き) → 620円
  • 音声通話SIM → 1200円

※通話料は別

一律で同じ料金なので、例えば最も高いMUSIC+ 10GBプラン(月額3520円)の場合でも、初月は1200円となります。

初月が一律料金になるということは、月末に契約すると損なのでは?

するどいわね。その通り、月初のほうがお得感があるわ。ただ、月末契約でも開通日を翌月に持っていけば損しないわよ。

ちなみに、日割は無いため月末の契約はやや損することに。月末に申し込んだ方は、翌月をまたいでから開通させるとお得です。開通のやり方について詳しくは「こちらの記事」へ。

現在は初月300円です

結構な改悪ですね。

そうね、だけど今はキャンペーンで初月300円よ。0円が300円に変わるだけだから、実質的な損は小さいわよ。

現在は、「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」を実施しているため、全プランで初月の月額基本料金が300円に。

そのため、実際は初月無料が無くなっても大きな損ではなくなっています。

このキャンペーンはいつ終わるか分かりません。詳しい内容は記事後半にて解説します。

②LINEポイントの付与(1%)が終了

今まで

→1%のLINEポイント付与

これから

→LINEポイントの付与なし

これまで、LINEモバイルでは利用料金に対して1%のLINEポイント付与がありました。

付与率1%なので、年間でも数百円程度の獲得ポイントでしたが、ゼロになるのはちょっと悲しいですね。

2019年4月以前までにLINEモバイルに契約した方は、継続してLINEポイントが付与されますが、2019年5月以降に契約した方はポイント付与が無いので注意して下さい。

③最低利用期間が初月からカウント

今まで

→最低利用期間は契約2ヶ月目から12ヶ月間(実質13ヶ月)

これから

→最低利用期間は初月から12ヶ月間

LINEモバイルに音声通話SIM(電話番号が付与されるSIMカード)で申し込む場合、最低利用期間が発生します。

最低利用期間内に解約すると、9800円の解約金が請求されます。最低利用期間は12ヶ月です。

解約金のルールは変わりませんが、2019年5月から最低利用期間のカウントが初月からに変更。

これまで初月無料サービスがあったため、最低利用期間は契約2ヶ月目からでしたが、今後は初月を含めて12ヶ月が最低利用期間です。

このルール変更は最低利用期間が短くなるのでデメリットではありません。 なお、最低利用期間を過ぎればいつ解約しても解約金は無料です。

④データSIMの初期契約解除が不可に

今まで

→すべてのSIMカードで初期契約解除可能

これから

→データSIM・SMS付きデータSIMの初期契約解除は不可

まず、初期契約解除とは新規契約してから8日以内なら(利用開始日からカウント)、解約金無しで解除できるサービスのことです。

簡単に言えばクーリングオフですね。万が一、ご自宅が通信エリア外だったときの保険です。

今までの初期契約解除は全プラン、すべてのSIMカード種別(音声通話SIM・データSIM・SMS付きデータSIM)で手続きできました。

しかし、今回の変更からデータSIM・SMS付きデータSIMは初期契約解除が不可となります。

ただ、データSIM・SMS付きデータSIMはどのみち解約金無しで契約解除できるので、初期契約解除のルールが変わったところであまり意味はありませんが・・。

初期契約解除については、小さな変更点なので気にしなくて大丈夫です。

2.【まとめ】LINEモバイルのルール変更は痛手、だけどキャンペーンで相変わらず安い

この記事では、LINEモバイルのルール変更について詳しくまとめてきました。

もう一度おさらいしておくと、2019年5月から以下のルールが変わります。

  • 初月無料サービスが終了
  • LINEポイントの付与(1%)が終了
  • 最低利用期間が初月からカウント
  • データSIMの初期契約解除が不可に

「最低利用期間が初月からカウント」以外はマイナスの変更です。

ですが、キャンペーンを適用すれば実質的なマイナスは数百円程度。相変わらずの低価格はキープしています。

LINEモバイルのルール変更については今後もウォッチしていきます。また、ルールが変わったら、その都度お知らせしますね。

LINEモバイルの魅力とは?

LINEモバイルって、何が優れているんですか?

プラン価格の安さに加えてLINEアプリがカウントフリーで使い放題よ。

月額700円から契約できるLINEモバイル。さらに月額割引などWEB限定キャンペーンも豊富です。

ソフトバンク回線は全格安SIMで最安値。LINEらしくLINEアプリは通話も含めてカウントフリーで使い放題に。

+280円でTwiiterやFacebookも使い放題にできます。

ポイント
  • WEB限定キャンペーンあり
  • LINEアプリがカウントフリー
  • ソフトバンク回線が安い
  • LINE Payで支払いOK
  • SNS使い放題のオプションあり
月額料金 解約金 オンライン契約
700円〜 0~1000円 可(最短3日)


CHECK!

LINEモバイルの申込みはこちら

LINEモバイルの体験レビューはこちら

お知らせ

2020年より、楽天モバイルは格安SIMからキャリアへ移行。月額2980円でデータ使い放題の楽天アンリミットが登場しました。

現在、1年間無料キャンペーン中。体験談を詳細にレビューしています。

 

>楽天アンリミットの評判・口コミを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。