機種変更に!Googleアカウントの引き継ぎ方法とセキュリティの高め方

googleアカウントの引き継ぎ

機種変更したら、必要となるのがGoogleアカウントの引き継ぎ。どうやって、設定するのでしょうか。

Googleアカウントの引き継ぎは、新しい端末にアカウントを追加してログインするだけ。初心者の方でも3分以内に設定できます。

図で詳しく解説しているので、参考にして下さいね。その他、Googleアカウントのセキュリティを高める方法についても説明していきます。

1.【図説】Googleアカウントを引き継ぐ方法

Googleアカウントの引き継ぎは簡単ですか?

ええ、手持ちのGoogleアカウントでログインするだけよ。

さっそく、Googleアカウントの引き継ぎ方法を見ていきましょう。

もし、Googleアカウントをまだ持っていない方は、「こちらの記事」を参考に、アカウントを新規作成して下さいね。

1-1.Androidは端末の設定アプリから引き継げる

AndroidでGoogleアカウントを新しい端末に引き継ぐ手順は以下の通りです。

1.端末の「設定」アプリをタップ

Googleアカウントの設定1

2.「アカウント」をタップ

Googleアカウントの設定2

3.[アカウントを追加]をタップ

Googleアカウントの設定 アカウント追加

4.一覧から「Google」をタップ

Googleアカウントの設定3

5.ユーザー名を入力して「次へ」をタップ

googleアカウント ログイン

入力はメールアドレス、電話番号でもOKです。

6.パスワードを入力して「次へ」をタップ

googleアカウントの設定 パスワード

7.「同意する」をタップ

googleアカウントの設定 同意

以上でGoogleアカウントが端末に登録されました。再び設定アプリに戻りGoogleアカウントを端末と紐付けましょう

8.設定アプリ内の「アカウントを追加」タップ

9.「Google」をタップ

10.登録したGoogleアカウントをタップ

1-2.iPhoneは各アプリにてGoogleアカウントでログインする

iPhoneの場合、Androidと違って端末全体はApple IDで管理します(AndroidはGoogleアカウントで管理)。

そのため、各アプリにてGoogleアカウントでログインすることで、データを引き継ぎます。

手順は簡単で、使用したGoogleサービスのアプリを立ち上げて、手持ちのGoogleアカウントでログインします。各アプリは、Apple Storeにてダウンロードして下さい。

主なGoogleサービス

  • Gmail
  • Google Play
  • Googleフォト
  • Googleドライブ
  • Googleカレンダー
  • YouTube

ログインが完了すれば、あとは自動でデータが同期します。

以上で、Googleアカウントを使った、iPhoneのデータ引き継ぎは完了です。

1-3.アカウント追加&切り替えもできます

複数のGoogleアカウントを取得した場合、同じ端末に追加登録していくことができます。 また、以下の手順で、登録した複数のGoogleアカウントを切り替えることもできますよ。

アカウント切り替えの手順

1.端末の「設定」アプリをタップ

2.「アカウント」→「アカウントを追加」タップ

3.「Google」をタップ

4.使用したいGoogleアカウントをタップ

googleアカウントの設定 切り替え

一人でプライベート用、仕事用といった使い分けが可能ですし、家族内で同じ端末を共有するときも便利です。


2.Googleアカウントのセキュリティを2段階認証で高めよう

これで、Googleアカウントが自由に使えますね。仕事のデータもばっちり同期しました。

ちょっとまって。なくしたら困る仕事のデータは無い?
・・あります。

だったら、セキュリティも高めておくべきよ。

Googleアカウントはあらゆるサービスと同期しているので、もし個人情報が流出したら大変なことになります。

ここでは、Googleアカウントのセキュリティを高める方法について解説していきます。

2-1.2段階認証の設定手順

Googleアカウントには、2段階認証の機能があります。通常、Googleアカウントはユーザー名とパスワードを入力してログインします。

ですが、2段階認証ではユーザー名とパスワードに加えて端末に届く通知を2段階目の認証として使います。

2段階認証を使えば、パスワードの流出やなりすましの脅威から身を守ることができます。

2段階認証の設定手順

  1. こちらのページ」にアクセス
  2. 「セキュリティ」をタップ
  3. 2段階認証プロセスをタップ
  4. 2段階認証に利用する電話番号を入力
  5. コードの取得方法を選び「次へ」をタップ
  6. SMSでGoogleから届くコードを確認
  7. コードを入力して「次へ」をタップ
  8. 2段階認証プロセスを「オンにする」をタップ

コードの取得方法はテキストメッセージか音声通話のどちらかを選べます。以上で2段階認証が有効になりました。

2-2.Google認証システムでログインの手間を省ける

セキュリティの固い2段階認証ですが、ログインするたびにSMSメッセージを受け取るのは面倒くさいですよね。

iOS端末の場合はTouch IDが利用できますが、Androidの場合は利用できません。

そこで、2段階認証を簡単に行う解決策としてGoogle認証システムというアプリがあります。このアプリを使えば、毎回SMSメッセージを受け取らなくて済みます。

Google 認証システム

Google 認証システム

Google認証システムでは6桁のコードを発行します。この6桁のコードを、2段階認証プロセスの2段階目の認証に使用します。

認証プロセス

  • 第1認証:GoogleアカウントのID、パスワードを入力
  • 第2認証:Google認証システムで発行した6桁のコードを入力

以上の認証プロセスで、Googleアカウントにログインできます。

Google 認証システムは、以下の手順で設定して下さい。

Google 認証システムの設定手順

  1. 「2段階認証プロセスのページ」にアクセス
  2. 「認証システムアプリ」→「設定」をタップ
  3. Google認証システムを使うOSをAndroid、iOSから選択
  4. QRコードが表示されたら「スキャンできない場合」をタップ
  5. コードが表示されるので保存しておく
  6. Google認証システムアプリをGooglePlayストアからダウンロード
  7. アプリを起動し、「設定を開始」をタップ
  8. 「提供されたキーを入力」をタップ
  9. アカウント名と先ほどのコードを入力
  10. 表示された確認コードをメモする
  11. 2段階認証画面に戻って確認コードを入力

以上で、Google認証システムの設定は完了です。

3.【まとめ】Googleアカウントは簡単に引き継げる

Googleアカウントは端末の設定アプリから簡単に引き継ぐことができます。アカウントを追加してログインするだけなので、早ければ2分くらいで引き継げます。

Googleアカウントのセキュリティを高めたいなら、2段階認証を取り入れましょう。Google 認証システムを使えば、セキュリティを高めたままログインが楽になりますよ。

この記事を参考に、ぜひ活用してみてくださいね。

スマホ代が3000円以下格安SIMの総合比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。