楽天モバイルが3か月無料&iPhone12大幅値下げ

LINEMO(ラインモ)は海外で使える?国際電話・データ通信・SMSの利用方法と注意点

LINEMOは海外で使える?

【PR】iPhone13の予約スタート

 

手数料・頭金・送料0円の予約方法を解説中↓

【速報(2021年10月)】
UQモバイルが超お得なキャンペーンを実施中▼

  • SIMのみ契約なら1万円キャッシュバック ※WEB限定
  • iPhone11/12/SE(第2世代)が割引価格に
  • iPhone8(リユース品)が一括550円
  • 自宅セット割で月額990円~

UQモバイル 公式サイトへ

この記事のポイント

  • 国際電話は申し込み不要で利用できる
  • データ通信は国際ローミングの申し込み(無料)が必要
  • LINEMOのデータ通信費用は高いので別の手段も検討すべし

「LINEMOは海外でも利用できるの・・?」

「国際電話が使えないと困る・・」

「データ通信は安く使える・・?」

海外旅行や出張に行くとき、LINEMO(ラインモ)が使えるのか気になるところです。結論から言えば、国際電話もデータ通信も利用可能です。

ただし、データ通信は国際ローミングの申請が必要です。また、利用料金が高いので、滞在日数が長い場合はおすすめできません。

この記事では、海外でLINEMO(ラインモ)を使えるのか気になっている人に向けて、利用手順はもちろん別のおすすめ手段も合わせてご紹介していきます。

\LINE使い放題で990円

1.LINEMO(ラインモ)は海外で使えるの?

海外旅行でLINEMOを使いたいのですが・・

通話もネットも使えるから安心して。

国際電話は申し込み不要で利用OK

LINEMOでは、国際電話に無料で対応しています。サービス利用の申し込みは必要ありません。

国際電話の通話料は発信先の国によって異なります。主要国の国際電話通話料は以下の通りです。

国際電話通話料

国名 通話料(30秒)
アメリカ(本土) 39円
カナダ 49円
中国 99円
韓国 99円
オーストラリア 99円
イギリス 119円
ドイツ 119円
フランス 119円
南アフリカ 184円

参考までに、国内通話料は30秒あたり22円です。国際電話通話料は割高なので、長電話にならないように気を付けましょう。

すべての国の国際電話通話料はこちらのページにて確認できます。

MEMO
海外から発信する場合は国際電話通話料ではなく国際ローミング通話料となり、発信する国・地域によって通話料が変わる

発信するときは、電話番号の前に「+」か「010」を付ける

国際電話をかける際は、相手先の電話番号の前に「+」か「010」を付けたうえで「相手先の国番号」もつけて発信します。

例:アメリカに発信する場合

010-1(アメリカの国番号)-✕✕✕-✕✕✕✕-✕✕✕

例えばアメリカ(国番号1)に住んでいる友人の電話番号が「09011112222」だった場合は、「010 1 09011112222」とすればOKです。

データ通信(LINEなど)は国際ローミングの申し込み必須

LINEやWEBサイト閲覧など、データ通信については国際ローミング(手持ちのスマホのまま海外で通話・メール・データ通信が使えるサービスのこと)の申し込みを行うことで利用できます。

オプション料金はかかりません。申し込みは、LINEMO契約後にMy Menuから申請できます。

海外データ通信の利用料金は、月額基本料とは別に発生します。国ごとに料金は異なりますが、1KBあたり2円(従量制課金)が目安です。

対象国については一応決まっていますが、一般的に名前が知られている国はすべて対応。非対応の国を探す方が難しいくらいです。

国際ローミングの対応地域(外部リンク)

海外パケットし放題で定額となる

従量制課金が心配なら、定額の海外パケットし放題オプションに加入すると安心です。

海外パケットし放題

加入なし 加入あり
25MBまで 0~51199円 0~1980円/日
25MB以上 51200円~ 2980円/日

海外パケットし放題に加入せずうっかり海外でデータ通信を使いすぎると、とんでもない額を請求される可能性があります。

海外パケットし放題に加入しておけば、1日あたりの利用料金は最大2980円までに固定できるため安心です。

なお、海外パケットし放題に加入する場合は、国際ローミングの対応地域とは別に対象国が限られます。対象国一覧は、こちらのページにて確認可能です。

国際SMSは一通100円(受信は0円)

国際SMSは、海外データ通信と同じく国際ローミングの申し込みを行うことで使用できます。利用料金は送信料が一律100円(非課税)で受信料は無料です。

その他の、オプション料金などはかかりません。

SMSの利用料金

  • 送信料:100円/1通
  • 受信料:無料

注意点として、SMS送信料は文字数に関わらず一律料金となっています。

そのため、LINEの感覚で短い文章を頻繁にやり取りするのではなく、最大文字数いっぱいまで伝えたいことを書き込む方がいいですよ。

SMSの送り方については、国内で使うときと変わりません。国番号の指定などは不要、相手先の電話番号のみで送信できます。

月額990円から
LINEMO

2.【渡航後に必須】国際ローミングの設定手順

海外に渡航後、国際電話は設定不要で利用できますが、データ通信やSMSなどは国際ローミングの設定が必要です(海外パケットし放題を利用するときも要設定)。

渡航後で構わないので、以下の手順で国際ローミングの設定を行いましょう。

POINT
渡航前にMyMenuから国際ローミングの加入を行っておくこと

iPhone

  1. 端末の「設定」をタップ
  2. 「モバイル通信」をタップ
  3. 「通信のオプション」をタップ
  4. 「データローミング」をオンにする

 

Android

  1. 端末の「設定」をタップ
  2. 「ネットワークとインターネット」をタップ
  3. 「モバイル ネットワーク」をタップ
  4. 「ローミング」をオンにする

Androidは端末によって表記名が異なるため注意して下さい。分かりにくいときは、「モバイルデータ通信」などの項目を探してみましょう。

メニュー内に「データローミング」という表示があれば、そちらが設定項目です。

データローミングON

Androidは端末によって表記が変わる

なお、iPhone・Androidともに帰国後は設定を元に戻して下さいね。

3.海外でLINEMO(ラインモ)を使用する際の注意点

海外でLINEMO(ラインモ)を使用する際は、以下の点に気を付けましょう。

海外データ通信費が高い

LINEMOは、海外でデータ通信を利用する際の費用が割高です。滞在日数が1週間を超えるなら別の手段を使った方がいいでしょう。

他の手段との料金比較

  • LINEMO:0~2980円/日
  • 海外用Wi-Fiレンタル:1200円程度/日
  • ahamo:無料(基本データ容量に含まれる)

上記のLINEMOの料金は、海外パケットし放題に加入したときなので、これでも安く抑えられています。非加入なら青天井に料金が高くなるので怖いですね・・。

空港で借りられる海外用Wi-Fiレンタルなら1日1200円くらいの費用で済みます(アメリカ渡航の場合)。近隣のアジア圏ならもっと安上がりです。

また、ahamoなら基本データ容量内(20GB)で海外データ通信が可能です。LINEMOを使わず海外データ通信を行う方法について、詳しくは次章で解説していきますね。

新規契約は5ヵ月目まで国際ローミングを使えない

LINEMOにMNPなしの新規契約を行う場合、国際ローミングの申し込みは5ヵ月目以降から可能となります。

そのため、5ヵ月目(課金開始から4ヵ月目の末日)までは国際ローミングの使用不可。海外でデータ通信が使えないので気を付けて下さい。

MNP乗り換えの場合は、申し込み直後から国際ローミングに申し込めるのでご安心を。なお、国際電話については新規契約でもすぐに利用可能です。

LINE使い放題やかけ放題は対象外

海外でLINEMOを使うと、

  • LINE使い放題
  • かけ放題オプション

が無効化されます。LINE使い放題(データ消費なし)はLINEMOユーザー限定の無料特典で、国内でのみ利用可能です。

かけ放題オプションも同様に国内限定のサービスとなっています。海外では対象外なので気を付けて下さい。

海外同士の通話は受信側に通話料がかかるケースあり

国際電話は受信側にも通話料がかかるのでは・・?と怖くなりますが、日本で着信するのなら受信側に通話料はかかりません。

しかし、海外から海外に通話するとき、受信側にも通話料が発生するケースがあります。

受信側の通話料発生ルール

  • 海外から日本:無料
  • 海外から海外:LINEMO含む日本の携帯会社で受信すると発生

例えば、友達とハワイに旅行に行っていたとして、現地で通話してしまうと受信側にも通話料が発生します。

受信側でも現地の携帯会社なら通話料はかかりませんが、日本の携帯会社だと受信側もローミングする関係で通話料が発生するのです。十分に注意して下さいね。

4.割高なLINEMO(ラインモ)の海外データ通信費を回避する方法

LINEMOで海外データ通信を使うときの費用って、ちょっと高くないですか・・?

そうね。従量制だから繋ぎっぱなしにするのは怖いし・・。もっと安上がりな別の手段を紹介するわ。

LINEMOの海外データ通信費は割高です。短期滞在なら許容できますが、1週間以上滞在するなら以下の手段を使った方がいいですよ。

ahamo(アハモ)を利用する

海外利用をメインに考えるなら、LINEMOではなくドコモの格安プラン「ahamo(アハモ)」の方がおすすめです。その理由は、追加料金なしで海外データ通信を使えるから。

LINEMOと違い、毎月の月額基本料と別に費用が発生することはありません。

海外データ通信を利用する時の比較

  • LINEMO:従量制で課金される(パケットし放題に加入していれば0~2980円/日)
  • ahamo:毎月の基本データ容量内(20GB)でデータ通信OK

海外利用を考えるなら断然ahamoがお得なわけですが、注意点として対象国が80か国に限られます。

指定国リスト

ahamoの対象国リスト

通話は200か国以上で対応しているのですが、データ通信は80か国対応となっているのでご注意を。渡航先が上記のリストに入っているならahamoを使った方が合理的です。

アハモの評判とは?ahamo(アハモ)の評判とは?速度やデメリットを完全評価

海外用のWi-Fiルーターをレンタルする

初心者におすすめなのが、こちらの方法です。利用手順は、渡航前にインターネットで申し込みを行い、宅配または日本の空港のカウンターからWi-Fiルーターを受け取ります。

日本に帰ってきたら、受け取り時と同じく宅配か空港のカウンターで返却を行います。

海外用Wi-Fiルーターレンタルサービスはスマホとは別にルーターを持ち運ぶ必要がありますが、PCやタブレットに同時接続が可能。

盗難・紛失が怖いなら有料オプションで保険を付けられます。

気になる料金は、渡航先やルーターの品質によって変わるため一概には言えません。ざっくりした目安ですが、

  • アメリカやヨーロッパだと1200円~1500円/日
  • アジア圏だと800円~1000円/日

くらいが目安です(1日300MBプランで試算)。時期によっては、キャンペーンの活用などでもっと安くなりますよ。

現地のプリペイドSIMを使う

海外に慣れている上級者なら、現地のプリペイドSIMの利用がおすすめです。LINEMOはもちろん、海外用レンタルWi-Fiと比べても料金は安上がりです。

ルーターを持ち歩く必要もなく、通信速度も快適なのがメリット。ただし、現地のプリペイドSIMを使う場合は、渡航先で購入する必要があります。

ある程度、現地の方とコミュニケーションを取れないと購入は難しいでしょう。海外に慣れておらず、渡航後にあたふたしそうなら避けた方が無難です。

無料Wi-Fiでやりくりする

無料Wi-Fiを利用すれば、お金をかけずにスマホでインターネットが使えます。空港やホテルはほぼ確実に無料Wi-Fiが利用できますよ。

地域によって状況は様々ですが、街中の無料Wi-Fiが充実しているエリアもあります。

MEMO
無料Wi-Fiは便利だけどセキュリティに気をつけよう(会員サイトにログインしない・クレジットカード番号を入力しない)

事前にオフラインの地図アプリで準備しておくと安心

MAPS.ME(iOS / Android)という無料アプリを使えば、地図データをあらかじめダウンロードできます。

オフライン環境でもマップを開けるので、事前に無料Wi-Fiがある場所を調べて、その場所の地図をダウンロードしておくといいでしょう。

無料Wi-Fiの電波が届く場所まで迷うことなくたどり着けます。

5.まとめ

LINEMOは、国際電話・データ通信ともに海外で利用できます。データ通信は国際ローミングの事前申し込みが必要です。

注意点として、海外データ通信の費用は高いので、海外での滞在日数が長い場合は別の手段を使った方がいいでしょう。この記事を参考に、ベストな方法を模索してみて下さいね。

\LINE使い放題で990円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。