IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)の通信速度は遅い?速度低下時の対策も解説

iijmio 遅い

IIJmio(みおふぉん)の通信速度は遅いのか気になる・・

IIJmioを契約する前に気になるのが通信速度ですよね。どんなに月額料金が安くても、通信速度が遅いと申し込みを躊躇してしまいます。この記事では、IIJmioの通信速度をタイプA・タイプDともに計測。どの時間帯に通信速度が遅くなるのか、他の格安SIMと比較して通信速度は速いのかなど考察しました。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.IIJmioの通信速度に関するユーザーの評判を調査

IIJmioの通信速度についてユーザーの評判を調べてみました。口コミは価格.comを参照しています。

12時~13時と、18時~19時は1M前後に速度低下します。

時間帯や場所によって通信速度が出なかったり、接続が途絶えることがよくあります。

朝晩の電車での利用がメインですが、つながりにくい点が不満です。

格安では普通の速度で繋がっていると思う。

繋がりやすさと速度は体感的には満足出来ます。

お昼時の速度は結構速度は遅いですが、そのほかの時間帯はキャリアほどではありませんが、充分早いと思いますね

全体的な意見としては、速度低下するお昼と夕方の時間帯は厳しいとの口コミが目立ちました。その他の時間帯は大丈夫との口コミもありますが、やはり通信速度に波があることは避けられそうにありません。価格が安いので妥協しているとの意見が目立ちますが、やはり通信速度が遅いのは気になりますよね。

次章から、実際にIIJmioの通信速度を計測して、実際のスピードを確かめてみようと思います。

2.IIJmioは本当に遅いのか実測

ここでは、実際にIIJmioの通信速度を測定してみました。他社との速度比較も行っています。詳しく見ていきましょう。

2-1.時間帯別の測定結果

速度低下が起こりやすいお昼と夕方の時間を中心に、IIJmioの通信速度を計測してみます。

測定条件

  • 端末:arrows M03
  • 計測アプリ:SPEED TEST
  • 計測日時:2018年10月(平日)
  • 計測場所:横浜市内
  • 料金プラン:ミニマムスタートプラン

※IIJmioの通信速度は料金プランやSIMカード種別(音声通話SIM・データ通信専用SIM)によって差はでません(同じ回線を使うため)

IIJmioの速度測定

速度測定アプリ:SPEED TEST

時間通信速度(Mbps)
タイプAタイプD
10:0029.013.6
10:307.517.0
11:0016.719.9
12:006.99.2
12:300.60.3
13:001.80.4
17:0011.74.2
17:3022.41.5
18:002.31.6
21:0015.25.0
21:3024.310.0
22:0027.516.1

まず午前中の通信速度ですが、タイプA(au回線)・タイプD(ドコモ回線)ともに、快適な通信速度を記録しました。タイプAは10時過ぎに10Mbpsを切りましたが、7Mbpsあれば必要十分です。高画質動画は3Mbpsあれば再生できます。注目は12時過ぎの通信速度です。12時を過ぎると徐々に通信速度が低下。ピークは12時半頃です。

タイプDは12時半に0.3Mbpsを記録。速度制限時の通信速度0.2Mbpsとほぼ変わりません。その後、通信速度は徐々に回復。タイプAは13時を過ぎて14時になる頃には、10Mbpsを超えています。タイプDはタイプAほどの速度回復はしませんが、13時を過ぎるとなんとか2~3Mbpsに回復していました。そして、2度目のピークが夕方。

タイプDは17時台から速度が遅くなりました。タイプAは18時頃から速度低下。ただ、お昼の速度低下よりはだいぶマシです。夜中の時間帯は、タイプA・タイプDともに好調でした。とくにタイプAは速かったです。

2-2.タイプAとタイプDの比較

結論から言うと、タイプAは良好な通信速度を記録したのですが、タイプDは全体的にやや遅かったです。とくにお昼12時を過ぎると、タイプDはかなり厳しくなります。LINE、SNS、テキスト中心のネット閲覧(ニュースサイトなど)なら大丈夫ですが、それ以外の用途では使い物になりません。テザリングも厳しいです。

タイプDでお昼の時間帯を快適にやり過ごすならWi-Fi接続が欲しいところです。タイプAも12時半をピークに1Mbpsを切りますが、逆に言うとこの時間帯を乗り切ればあとは1日を通して十分な通信速度が出ます。夕方の時間帯ですが、お昼に続いてやはりタイプAよりタイプDが遅いです。17時を過ぎてから1Mbps台が続くタイプD。

夜になると回復しますが、それでもタイプAより遅いですね。

2-3.快適な通信速度の目安

1Mbpsや5Mbpsなど数字だけ見ても、いまいち必要な通信速度が掴めないですよね。以下は、用途別にまとめた必要な通信速度の目安です。

用途通信速度(Mbps)
ネット閲覧1.0
メール・LINE0.2
動画(低画質)0.5
動画(普通画質)1.0
Instagram閲覧1.0
動画(高画質)2.0
アプリのインストール3.0

見ての通り、必要な通信速度の基準は意外と低いです。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)は平均で30~40Mbps出るので感覚が麻痺してしまいますが、およそ5Mbpsあれば十分快適といえます。この表を元に、再度IIJmioの測定結果を見ると、タイプAはお昼の12時半と夕方18時頃以外は5Mbpsを切りません。

1日中安定しているとまでは言いませんが、通信速度が遅くて困る場面は少ないです。タイプDは、頻繁に高画質動画を再生したりアプリをインストールしたりする人にとっては、やや厳しいです。お昼を過ぎると2Mbpsを切る時間が続くため、動画・ゲームが好きならストレスが溜まります。

ですが、タイプDも夜になると通信速度が回復。5Mbpsを超えるので、快適な通信速度の基準内に収まります。

2-4.お昼と夕方に速度低下しやすい理由

IIJmioをはじめ、格安SIMはとにかくお昼と夕方の通信速度が遅いです。IIJmioも例外ではなく絶望的に遅くなる場合があります。お昼と夕方に速度低下する理由は単純で、スマホを利用するユーザー数が一気に増えるためです。

しかし、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)では体感速度が変わるほど、速度低下を実感しなかったと思います。なぜ、格安SIMだけ急激に速度低下するのかというと、利用できる帯域幅が割り当てられているためです。この仕組みが、大手キャリアと比べて格安SIMが劣っている点となります。

通信速度が低下する理由

回線混雑時の速度低下はほぼすべての格安SIMに起こります。格安SIMを利用する際のデメリットと言えるでしょう。通信速度が遅い時の対策方法については次章で詳しく解説していきます。

2-5.他の格安SIMと速度比較

IIJmioの通信速度を他の格安SIMと比較してみました。

格安SIM通信速度(Mbps)
正午夕方
IIJmio(タイプA)1.212.110.4
IIJmio(タイプD)0.42.410.4
楽天モバイル2.22.210.5
mineo(Aプラン)1.912.112.4
mineo(Dプラン)1.13.226.9
LINEモバイル1.56.46.3
UQモバイル13.147.523.4
Y!mobile20.137.622.5
BIGLOBEモバイル0.44.325.4
DMMモバイル1.13.719.6
イオンモバイル0.72.924.5
nuroモバイル0.51.519.5
OCNモバイルONE0.73.55.3

正午12時から13時の時間帯ですが、UQモバイルとY!mobileをのぞいては、どこも1Mbps付近となっています。IIJmioが特別遅いわけではありません。夕方の時間帯は、タイプAが他社と比べて優秀な結果を出しています。夜の時間帯は、タイプA・タイプDともに他社と比べてやや通信速度が遅いです。

その理由は、IIJmioは最高速度が20Mbps程度だからです。他社は40Mbps程度出るため平均を取ると、どうしても数字が劣ります。ですが、10Mbpsを超えると体感速度はあまり変わらないため、数字ほどの差は実際感じません。

2-6.IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)で通信制限を防ごう

IIJmioでは高速通信をあえて低速通信に切り替えることで、データ消費量を0に抑えることができます。高速/低速通信の切り替えは、IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)を使用します。IIJmioクーポンスイッチは、IIJmio契約者だけが使える専用アプリです。使い方は、速度切り替えのスライドをON/OFFするだけです。

低速通信時でも一時的に高速通信となるバースト機能があるため、ちょっとした用途なら十分に対応できます。およそ240kbpsとなりますが、テキスト中心のWEB閲覧やLINEアプリの利用なら十分ですよ。IIJmioクーポンスイッチの詳しい使い方は以下の記事でも解説しているので、興味がある方は参考にして下さいね。

みおぽん
IIJmioのアプリ「みおぽん(IIJmioクーポンスイッチ)」の使い方IIJmioの専用アプリ、IIJmio クーポンスイッチ。通称、みおぽんと言います。可愛らしい名前です。みおぽんのメイン機能は高速・低速...

3.IIJmioが遅い時の対策方法

ここでは、IIJmioの通信速度が低下した時の対策方法について詳しく解説していきます。

(1)Wi-Fi接続を活用する

最もオーソドックスな解決方法は、Wi-Fi接続を利用することです。Wi-Fiもサービスによっては通信速度が遅い場合がありますが、1Mbpsを切ることはめったにありません。IIJmioでWi-Fi接続する方法は2つ。

  • 街の無料Wi-Fiスポットを活用する
  • IIJmio WiFi by エコネクト(月額362円)を契約する

まず、街の無料Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)を活用できる場合は、できるだけ使い倒した方がいいです。職場に近いカフェやショッピングモール、交通機関など無料Wi-Fiスポットが使えないか調べてみましょう。お昼の時間だけWi-Fiスポットを使って動画再生したりアプリのダウンロードをしたりと有効活用すれば、かなり快適になります。

無料のWi-Fiスポット探しが面倒な方は、IIJmio WiFi by エコネクトに契約するといいです。月額362円とWi-Fiスポットサービスの割には高いのですが、Wi2 300とBBモバイルポイントの両エリアでWi-Fi接続できます。アクセスポイントは全国で75000箇所以上と非常に充実しています。パソコン、タブレットも接続可能です。

IIJmio WiFi by エコネクトが気になる方は、以下の記事を参考に利用するかどうか考えてみましょう。

iijmio wifi エコネクト
IIJmio WiFi by エコネクトをサービスエリアから設定方法まで全解説IIJmioのWi-Fiスポットサービス、IIJmio WiFi by エコネクトをサービスエリアから使い方まで詳しく説明しています。設定方法はiPhone、Android、PCの手順を図説で説明していますよ。...

(2)端末の対応周波数を確認する

IIJmioの通信速度は回線と端末の通信規格の相性によって変わる場合があります。具体的には、端末の対応周波数がタイプA(au回線)、タイプD(ドコモ回線)に適合していない場合に速度低下する可能性があります。

タイプAとタイプDの対応周波数(バンド)は以下の通りです。

タイプAの対応周波数

  • 4G LTE:Band1/11/18/26/28
  • 3G:Band1/18

タイプDの対応周波数

  • 4G LTE:Band1/3/19/21/28
  • 3G:Band1/6/19

上記の対応周波数(バンド)と、端末のスペック表に記載している対応周波数が合っているか確認してみましょう。

バンドの確認方法

端末の対応周波数はスペック欄に書いてある

タイプAとタイプDで気を付けたいのがタイプAです。au回線は世界的にマイナーな通信規格を採用しています。そのため、海外製の端末と対応周波数が合わない場合があります。海外製でも国内で販売されたSIMフリースマホなら問題ありませんが、海外輸入品を使用する場合は注意しましょう。

なお、iPhoneシリーズは、au・ドコモ・ソフトバンクのすべての対応周波数をカバーしているため、通信速度のパフォーマンスが非常にいいです。IIJmioでSIMカードとセット販売している格安スマホ端末(SIMフリースマホ)も、対応周波数の問題はありませんよ。

(3)通信速度が速い他の格安SIMと契約する

根本的な改善策ですが、IIJmioを諦めて他の通信速度が速い格安SIMと契約する方法があります。IIJmioは他の格安SIMと比較して通信速度が遅いです。そのため、通信速度を重視するなら他の格安SIMを使うのが合理的な選択となります。

通信速度が速いおすすめの格安SIM

最も通信速度が速いのが自社回線を利用するY!mobileです。利用料金はIIJmioより高いのですが通信速度は格安SIMで唯一、大手キャリアと肩を並べます。ただし、手持ちの端末で乗り換える場合は、必ずSIMロック解除が必要です。au回線で最もおすすめなのがUQモバイルです。UQモバイルはauの子会社であり、1日を通して安定した通信品質を保ちます。

IIJmioのタイプAに契約しようと考えていた方は、最有力候補となるでしょう。ドコモ回線を使う格安SIMは、通信速度のランキングが毎月変わるので一押しを上げるのが難しいのですが、イオンモバイルとNifMoは比較的安定して上位のスピードを誇っています。なお、イオンモバイルはau回線での契約も可能です。

他の格安SIMの通信速度については、以下の記事も参考にして下さいね。

格安sim 通信速度
格安SIMの通信速度を比較【安定感を重視】 格安SIMを使いたいけど、通信速度が速くないと嫌! 月額料金が安くなることは分かっていても、通信速度を犠牲にするのは我慢できないで...

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、IIJmio(みおふぉん)の通信速度が遅いのかについて詳しく解説しました。結果は、スマホの利用者が急増する時間帯は1Mbpsを切る場合があり、通信速度が遅くなります。IIJmioだけでなく、他の格安SIMも同様の結果です。その後、夕方に2度目の速度低下が起きて夜になると安定してきます。

IIJmioの通信速度は、他社と比べるとタイプAは速い、タイプDは遅いという結果になりました。通信速度にこだわるならタイプAで契約するといいですよ。

【IIJmio】玄人好みの高品質
iijmioのロゴ
  • 約50種類の端末が揃う
  • ファミリーシェアプランで家族割
  • au・ドコモ回線から選べる
  • 毎月キャンペーンあり
  • 新型iPhoneの持ち込み契約可

※大手キャリアから乗り換えると、スマホ代が月4000円(年間5万円)程度安くなります

詳細ページ公式ページ

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。