楽天モバイルに家族割はなし!それでも家族向けキャンペーンで利用料金は安くなります

家族で楽天モバイル

家族でお得に楽天モバイルを利用することはできるの・・・?

楽天モバイルは家族割をはじめ、家族で利用料金が安くなるサービスはあるのか気になりますよね。

結論からいうと、家族割はありません。ですが、実質家族割となっているキャンペーンや通話割引は利用できます。

この記事では、家族で楽天モバイルを使いたい方に向けてお得な割引情報をすべてまとめました。

毎月のスマホ代を家族全員で下げたいなら、ぜひ参考にして下さいね。

1.楽天モバイルに家族割はありません

楽天モバイルは家族割が無いんですか?

ええ、残念ながら無いわね。ただ、格安SIMに家族割が無いのは普通のことなの。

1-1.残念ながら楽天モバイルに家族割は無い

楽天モバイルには家族割がありません。また、家族割に近い複数回線割も無いです。

ただ、次章で詳しく紹介しますが、家族割に近いキャンペーン・割引は利用できます。

まともな家族割があるのはUQモバイルとY!mobileだけ(格安SIMは家族割に弱い)

ちなみに、格安SIMはそもそもの利用料金が安いため、さらにそこから値引く家族割はほとんど用意されていません。

まあ、これ以上安くしたら赤字になってしまう事情もあるのでしょう。

まともに家族割を利用できる格安SIMは、UQモバイルとY!mobileだけです。

格安SIMの家族割

  • UQモバイル:月額500円引き
  • Y!mobile:月額500円引き
  • mineo:月額50円引き

どうしても家族割を適用させたいなら、楽天モバイルは辞めて別の格安SIMを選択したほうがいいでしょう。

お得な家族割が利用できる格安SIM4選

1-2.家族間の通話割引もなし

家族で同じ携帯会社を使えば、月額基本料金の割引だけでなく通話料も安くなるイメージがありますよね。

実際、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)では、家族間の無料通話を利用できます。

楽天モバイルでは、残念ながら家族間の無料通話はありません。楽天モバイル同士の通話割引も無いです。

家族間の通話割引は格安SIM全体でほぼなし

実は、家族間の無料通話が無いのは楽天モバイルに限った話ではなく、格安SIM全体のデメリットとなっています(同キャリア同士の無料通話もない)。

データ通信費を大幅に安くするかわりに、通話割引はなしにするのが格安SIMです。

※唯一、「IIJmio」だけは家族間の通話割引があります。

ただ、通常の通話料は大手キャリアと変わりません(30秒あたり20円)。

また、通話アプリ経由となりますが、格安電話サービスで通話料を半額にすることもできます(次章で解説)。

1-3.シェアプランも使えないけど、余ったデータ容量はデータシェアできる

楽天モバイルにはシェアプランがありません。もし、シェアプランを使いたいなら別の格安SIMを選びましょう。

詳しくは、「シェアプランを利用できる格安SIM」の記事にてまとめています。

余ったデータ容量なら最大5人までシェアできる

基本データ容量を分け合うシェアプランは利用できない楽天モバイルですが、余ったデータ容量のシェアなら可能です。

例えば、家族で5GBデータ容量が余ったら、翌月に繰越分の5GBをグループでシェアできます。

楽天モバイルのデータシェア

家族でデータシェアを使うイメージ

データシェアを行うメンバーは任意で決めることができます。主回線となるリーダーを含めて最大5人まで追加可能です。

楽天モバイルのデータシェア楽天モバイルのデータシェアを申込み方法から特徴まで全解説
キャンペーン速報

2019年8月8日まで

 

人気14機種の端末代金が大幅割引に。7980円のHUAWEIは狙い目です。

 

楽天モバイルの公式サイトへ

>>さらに詳しく最新キャンペーンを見る

2.家族割は無いけど、楽天モバイルは家族向けのサービスが充実

家族割が無いのは残念ですね・・。

そうでもないわよ。楽天モバイルには家族割に匹敵する、家族向けの割引サービスがあるのよ。

2-1.実質これが家族割!プラス割キャンペーンで総額15000円以上還元

家族割と名前は付いていませんが、実質家族割扱いとなっているのが「2回線目からもっとおトク!プラス割キャンペーン」です。

プラス割

2018年10月から終了未定で始まったこちらのキャンペーン。

1回線目を通常申し込みした後に、申込み完了メール記載の専用ページから2回線目を申込むと割引特典が貰えます。

2回線目契約後、3回線目・・と続けて契約することで人数分の特典が貰えます。

キャンペーン特典の内容

  • 月額基本料金が3ヶ月無料(1回線目は除く)
  • 端末セット契約の場合は、端末代金を5000円割引
  • SIM単体契約の場合は、5000円キャッシュバック

キャンペーンの適用条件

  • 申込み完了後に案内される専用ページから2回線目以降を申込む
  • 5000円割引・キャッシュバックは通話SIMのみ

プラス割キャンペーンの注意点として、端末代金の5000円割引またはSIM単体契約の5000円キャッシュバックは通話SIM(電話番号付きのSIMカード)のみ適用されます。

10分かけ放題付きのプラン「スーパーホーダイ」も対象です。

データSIM(通話できないアプリ・ネット専用のSIMカード)の場合は、月額基本料金3ヶ月無料のみ適用です。

仮に、家族4人でプラス割キャンペーンを適用すれば、一人目を除く3人分の月額基本料金が3ヶ月無料、そして5000円の割引かキャッシュバックが受け取れます。

ざっくりと、総額15000円~20000円くらいの割引額です。かなりお得なので利用しない手はありません。

ちなみに、以前実施されていた「家族・自分にもう1回線!3カ月無料キャンペーン」は終了しました。こちらのプラス割キャンペーンに移行した形ですね。

2-2.家族間の通話も楽天でんわで実は安い

家族通話はLINE、Skype、IP通話アプリなどを使えば無料となりますが、もう一つ使えるのが楽天でんわです。

楽天でんわは楽天モバイルの通話SIMに契約すると無料で使えます。

IP通話ではなく通常の音声回線を使うので、LINEのように相手がアプリを立ち上げる必要はありません。

アプリ経由の発信となりますが(相手はアプリを立ち上げて無くていい)、通話料は半額の10円/30秒となります。

電話番号も自分の090/080/070番号から発信可能。非通知扱いではなく、相手にもしっかりと番号通知されます。

楽天でんわの使い方4

楽天でんわの発信画面

もちろん、家族以外での通話でも使い放題なので、楽天モバイルに契約したらぜひ活用してみましょう。

楽天でんわとは?通話料から使い方まで完全ガイド

頻繁に通話するなら10分かけ放題に加入するのもあり

楽天モバイルでは、月額850円で「10分かけ放題」に加入できます。

10分以内の国内通話なら回数無制限で使い放題。家族で短い通話を頻繁に行うなら利用したいところです。

なお、スーパーホーダイで契約した場合は、最初から10分かけ放題がセットで付いています。

2-3.紹介キャンペーンも家族で使えます:1人あたり最大3000ポイントGET

楽天モバイルの「紹介キャンペーン」は家族で利用することができます。キャンペーンが適用されると、最大3000円分の楽天スーパーポイントが貰えます。

紹介キャンペーン

紹介した人だけでなく紹介された人にもポイントが入りますよ。

紹介キャンペーンの特典内容

■紹介された人がスーパーホーダイで契約

  • 紹介した人:3000ポイント
  • 紹介された人:1500ポイント

■紹介された人が組み合わせプランで契約

  • 紹介した人:2000ポイント
  • 紹介された人:1000ポイント

例えば、家族4人で紹介キャンペーンを利用した場合、家族全員で貰えるポイントは最大で13500ポイントとなります。

参考:家族4人分の紹介ポイント

  • 夫:紹介3000ポイント
  • 妻:被紹介1500ポイント、紹介3000ポイント
  • 子:被紹介1500ポイント、紹介3000ポイント
  • 子:被紹介1500ポイント

プラス割との併用はできないので注意!紹介キャンペーンは利用しないほうがいいかも・・

お得に見える紹介キャンペーンですが、先ほど解説したプラス割キャンペーンと併用できないので注意してください。

両キャンペーンを比べると、プラス割キャンペーンの方がお得です。なので、紹介キャンペーンは基本的に使わない方がいいです。

紹介キャンペーンは、何らかの理由でプラス割キャンペーンが使えないときに利用しましょう。

2-4.それぞれのキャンペーン(割引特典)は別居の家族でも適用さます

この章で紹介したプラス割・楽天でんわ・紹介キャンペーンはどれも別居している家族でも適用されるのでご安心を。

住所が同じである必要はありません。

楽天モバイルでは利用料金に対して楽天スーパーポイントが付与されますが、こちらも別居・同居に関係なく家族全員に付与されます。

3.大手キャリアで家族割に加入中、それでも楽天モバイルの方がお得なの?

結局、家族で楽天モバイルに乗り換えて得するんですか?

実際、大手キャリアとどれくらい金額差があるのか比較してみたわ。参考にしてちょうだい。

3-1.楽天モバイルの方が圧倒的に安い!1年で20万円弱の節約ができます

結論からいうと、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)で家族割を適用していたとしても、楽天モバイルの方がお得です。

ドコモの利用料金:28000円(7000円×4人)

一人あたりの内訳

  • カケホーダイライト(5分かけ放題):1700円
  • データMパック(5GB):5000円
  • SPモード:300円
楽天モバイルの利用料金:11920円(2980円×4人)

一人あたりの内訳

  • スーパーホーダイ プランM(6GB):2980円

楽天モバイルは10分かけ放題込み。両者を比較すると、ひと月で16080円の金額差となりました。1年で192960円、2年で385920円の金額差なので相当な節約効果です。

確かに、大手キャリアの家族間無料通話は魅力的です。

それでも、4人家族で楽天モバイルに乗り換えれば約20万円、3人家族なら約14万円をわずか1年で節約することができます。

さらに、楽天モバイルの利用料金はキャンペーンを考慮していないため、実際はもっと金額差が広がります。

3-2.支払いをまとめたいなら家族カードが使えます(楽天カードで特典あり)

楽天モバイルでは、家族カードを使って家族全員の支払いをまとめることができます。

妻、子供がカードを利用した場合でも夫に請求がいく仕組みですね。後から、簡単な手続きで支払いを分けることもできます。

新しく家族カードを作るなら、楽天カード一択でしょう。

楽天カードは入会特典で5000ポイントが貰えます。楽天モバイルと組み合わせれば、楽天市場で得られるポイントが最大6倍に。

楽天モバイルで楽天カードを使う楽天モバイルの利用料金を楽天カードで支払うメリット

楽天モバイルの家族カードは一度に5枚まで作成できます。限度額を設定すれば、子供が使いすぎる心配もありません。

楽天モバイルで家族カードを使用する場合、特別な手続きは不要です。それぞれの家族カードで新規契約すればOK。

同一名義にする必要も無く、家族で同居していなくても問題ありませんよ。 支払いをまとめたい方は、家族カードを活用してみて下さいね。

4.【まとめ】楽天モバイルに家族割は無い!それでも、家族で使えば大幅に安くなります

この記事では家族で楽天モバイルを契約したい人向けに、家族割やキャンペーンの有無について詳しく解説してきました。

楽天モバイルに家族割はありません。ですが実質、家族割となっているキャンペーンは利用できます。

家族で楽天モバイルに乗り換えれば、約20万円(4人家族の場合)もスマホ代を安くすることができますよ。

家計を圧迫する通信費用をここまで節約できれば、教育費や住宅ローンの負担も随分と下がります。

家族で通信費用を節約したい方は、楽天モバイルの申し込みを考えてみてくださいね。

朗報:楽天モバイルで端末価格が大幅値下げ中です(2019年8月8まで)

楽天モバイル公式サイトにて、キャンペーンで端末がありえないセール価格に。

通常価格 セール価格
HUAWEI nova lite 3 26880円 7980円
(分割359円)
HUAWEI nova 3 54800円 42980円
(分割1934円)
HUAWEI P20 69800円 48980円
(分割2204円)
HUAWEI P20 lite 31980円 7980円
(分割359円)
AQUOS zero
SH-M10
89980円 79980円
(分割3599円)
AQUOS R2 compact
SH-M09
69800円 62800円
(分割2826円)
AQUOS sense2
SH-M08
29800円 14580円
(分割656円)
AQUOS R compact
SH-M06
67800円 49480円
(分割2226円)
AX7 29880円 9580円
(分割431円)
ZenFone 5 52800円 30980円
(分割1394円)
ZenFone 4 Max 19800円 17480円
(分割786円)
HTC U12+ 89800円 74980円
(分割3374円)
HTC U11 life 39800円 13980円
(分割629円)
LG Q Stylus 39800円 14980円
(分割674円)
Essential Phone 49800円 27980円
(分割1340円)

在庫限りなのでお早めに↓

セール中の端末一覧を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。