楽天モバイル

家族割が無くても20万の節約!楽天モバイルを家族でお得に使う方法

楽天モバイル 家族

家族でお得に楽天モバイルを利用することはできるの・・・?

自分だけでなく家族単位で格安SIMを使うと、大幅に携帯料金を節約することができます。楽天モバイルは家族割をはじめ、家族で利用料金が安くなるサービスはあるのでしょうか。また、家族で利用したいデータシェアの有無についても気になるところです。

この記事では、家族で楽天モバイルを使いたい方に向けてお得な割引情報をすべてまとめました。毎月の携帯料金を家族全員で下げることができるので、ぜひ参考にして下さいね。

1.楽天モバイルに家族割はある?

まずは、楽天モバイルの家族割について見ていきます。

1-1.楽天モバイルは家族割が無い

結論から言うと、楽天モバイルには家族割がありません。また、家族割に近い複数回線割も無いです。サービス内容が乏しいと感じるかもしれませんが、楽天モバイルでは家族割に匹敵する割引キャンペーンが用意されています。

例えば、家族同士で紹介キャンペーンを使う。これだけでも、1人あたり4500円分の得となります。家族割に近いサービスについてさらに詳しくは次章にて解説します。

1-2.家族割が利用できる格安SIMは3社のみ

実は、格安SIM全体で家族割が利用できるのは執筆時点で3社しかありません。

家族割を提供する格安SIM

UQモバイルとY!mobileはそれぞれauとソフトバンクのサブキャリアなので、純粋な格安SIM会社ではmineoだけが唯一家族割を提供しています。と言っても、割引額はわずか月額50円ですが・・。格安SIMはそもそもの利用料金が安いので、さらに割引を効かせる家族割がなかなか提供できないのです。

家族割を提供するくらいなら、通常の基本月額料金を下げたいのが本音でしょう。楽天モバイルに限らず、格安SIMに対してはあまり家族割の適用を求めることができないのが現状です。

1-3.家族間無料通話は格安SIM全体で無し

家族割と言えば、月額基本料金の割引が基本です。しかし、気になるのが家族間無料通話。
大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)では3社とも家族間無料通話を利用できます。格安SIMの場合は、楽天モバイルも含めてすべての通信事業者で家族間無料通話がありません。また、同じ会社同士の無料通話も格安SIMには無いです。

データ通信は安く利用できる格安SIMですが、通話サービスは大手キャリアの方が充実しています。長時間の無料通話が付かないのは、「格安スマホのデメリット」とも言われています。ただし、家族間無料通話ではありませんが「Y!mobile」は時間無制限のかけ放題、「OCNモバイルONE」は通話先TOP3のかけ放題が利用できます。

残念ながら楽天モバイルは時間無制限のかけ放題は無いです。家族間無料通話が欲しかった方はLINEやSkypeで代用するか次章に紹介する楽天でんわを利用しましょう。

2.家族で利用したい楽天モバイルのお得なサービス

家族割の無い楽天モバイル。しかし、以下のサービスを利用すれば家族でお得に楽天モバイルを契約することが可能です。

2-1.最大5人までデータシェア

データシェアを使えば、家族で繰り越し分のデータ通信量をシェアすることができます。データシェアするメンバーは任意で決めることが可能です。主回線となるリーダーを含めて最大5人まで追加可能です。

楽天モバイルのデータシェア

家族でデータシェアを使うイメージ

当月、親が残したデータ通信量を子供に分け与えることができます。お小遣い代わりにプレゼントするのもいいでしょう。元々、高速通信容量がない「ベーシックプラン」は、データ通信量を貰うだけしかできませんが、その他のプランならデータSIM・通話SIMに限らずデータシェアが可能ですよ。

データシェアの利用料金は月額100円。楽天モバイル契約後、メンバーズステーション(マイページ)から申し込みできます。

2-2.楽天でんわで通話料半額

家族間で通話をする際は、LINE、Skype、IP通話アプリなどを使えば無料となります。しかし、状況によってはこれらのアプリを使えない場面もあるでしょう。そんな時に活用したいのが楽天でんわです。

楽天でんわは利用料無料。IP通話ではなく通常の音声通話で通話料が半額(10円/30秒)となります。電話番号も自分の090/080/070番号から発信可能。非通知扱いではなく、相手にもしっかりと番号通知されます。

また、家族間で長電話はしないけど、短い通話を頻繁に行う場合は楽天でんわ 5分かけ放題がおすすめです。楽天でんわは一般ユーザーでも利用できますが、5分かけ放題は楽天モバイルユーザーのみ利用できます。5分以内の国内通話なら回数無制限で使い放題。オプション料金は月額850円となります。

毎日、子供や夫に連絡する方は5分かけ放題を付けておくといいですよ。

2-3.家族で使える紹介キャンペーン

楽天モバイルの紹介キャンペーンは家族で利用するとかなりお得です。その理由は、紹介した人だけでなく紹介された人もキャンペーン対象となり楽天スーパーポイントが貰えるからです。

貰えるポイント数は以下の通りです。

被紹介者がスーパーホーダイで契約

  • 紹介者:3000ポイント
  • 被紹介者:1500ポイント

被紹介者が組み合わせプランで契約

  • 紹介者:2000ポイント
  • 被紹介者:1000ポイント

※スーパーホーダイと組み合わせプランの違いについてはこちらの「楽天モバイルの料金プラン」の記事から確認して下さい

例えば、家族4人で紹介キャンペーンを利用した場合、家族全員で貰えるポイントは最大で13500ポイントとなります。

家族4人分の紹介ポイント

  • 夫:紹介3000ポイント
  • 妻:被紹介1500ポイント、紹介3000ポイント
  • 子:被紹介1500ポイント、紹介3000ポイント
  • 子:被紹介1500ポイント

正直、mineoの家族割(一人あたり月額50円割引)より随分とお得です。紹介キャンペーンは家族で利用するのはまったく問題ありません。楽天モバイルの公式サイトにも家族利用が可能であることを明記しています。

家族で楽天モバイルに新規契約かMNPする際は利用してみてくださいね。詳しい紹介方法は以下の記事を参考にして下さい。

楽天モバイルの紹介キャンペーン
楽天モバイルの紹介キャンペーンを利用するための全手順楽天モバイルの紹介キャンペーンを利用するにはどうすればいいのか、お悩みではありませんか? 楽天モバイルでは、紹介した人だけでなく紹...

2-4.家族・自分にもう1回線!3カ月無料キャンペーン

実質、家族割に最も近いのがこちらのキャンペーンです。2017年9月から始まったキャンペーンで、執筆時点では終了未定となっています。家族・自分にもう1回線!3カ月無料キャンペーンでは、2台目の契約で契約事務手数料3000円と3ヶ月分の月額基本料が無料となります。1台目の契約に割引はありません。

一人で複数回線を契約する場合でも使えるキャンペーンですが、家族でも利用可能なので実質、家族割となっています。

楽天モバイルの2回線無料キャンペーン

2回線目の利用料金が安くなる

例えば、スーパーホーダイのプランMに契約した場合、

  • 契約事務手数料:3000円
  • 月額基本料:8940円(2980円×3ヶ月)

で合計11940円が無料に。想像以上の節約効果です。ちなみに、プランSなら8940円、プランLなら17940円が割引となります。家族・自分にもう1回線!3カ月無料キャンペーンを利用するには、1台目の契約を通話SIMで申し込む必要があります。データSIMは対象外なので注意して下さい。

なお、組み合わせプランの通話SIMでも20GB・30GBプランのみ対象外となります。割引が効くのは通話SIM1回線に対して1台までですが、3回線目を新規契約した場合は4回線目にキャンペーンを適用させることができます。

家族4人でキャンペーンを利用した場合

  • 1人目:通常料金
  • 2人目:契約事務手数料&3ヶ月分の月額基本料が無料
  • 3人目:通常料金
  • 4人目:契約事務手数料&3ヶ月分の月額基本料が無料

4人家族で全員プランMに加入した場合は、家族全員で23880円の割引となります。家族・自分にもう1回線!3カ月無料キャンペーンはいつ終了するか分かりません。最新情報はこちらの「楽天モバイルのキャンペーン情報」の記事から確認して下さい。

2-5.家族カードで支払い

楽天モバイルで家族カードを使えば家族全員の支払いをまとめることができます。妻、子供がカードを利用した場合でも夫に請求がいく仕組みです。楽天モバイルでは一人で家族全員分を複数契約することもできますが、後々家族間で支払いを分けたくなった場合は家族カードの方が支払い変更の手続きが楽です。

新しく家族カードを作る場合は楽天カードがおすすめとなります。楽天カードは入会特典で5000ポイントが貰えるのと、楽天市場で得られるポイント数が最大4倍になるのが魅力です。家族カードは一度に5枚まで作成可能。限度額を10万円程度に設定すれば、子供が使いすぎる心配もありません。

楽天モバイルで家族カードを使用する方法ですが、特別な手続きは不要です。家族それぞれ自分の家族カードで新規契約するだけでOKです。同一名義にする必要も無いですし、別居していても問題なし。MNPする場合でも、もちろん利用可能です。

3.家族で楽天モバイルに乗り換えれば1年で20万円の節約

家族で楽天モバイルを契約してみたいけど、実際どれくらい安くなるのか気になりますよね。

ここでは、家族割を適用しながらドコモを契約している4人家族を例に、楽天モバイルの利用料金と比較してみます。

ドコモの利用料金:28000円(7000円×4人)

一人あたりの内訳

  • カケホーダイライト(5分かけ放題):1700円
  • データMパック(5GB):5000円
  • SPモード:300円

楽天モバイルの利用料金:11920円(2980円×4人)

一人あたりの内訳

  • スーパーホーダイ プランM(6GB):2980円
  • 5分かけ放題込み

両者を比較すると、ひと月で16080円の金額差となりました。1年で192960円、2年で385920円の金額差なので相当な節約効果です。4人家族で楽天モバイルに乗り換えれば約20万円、3人家族なら約14万円をわずか1年で節約することができます。

楽天モバイルの利用料金にはキャンペーンの割引額を考慮していないため、実際はもっと金額差が広がります。現在、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の家族割はガラケーしか利用できません。スマホの場合は、家族割なしです。

そのため、大手キャリアでスマホを利用している方は、平均で大体月7000円前後かかっています。楽天モバイルに乗り換えると、利用料金は平均で3000円程度となります。5分かけ放題込でもこの金額です。

今回の料金比較は、ドコモが5GBに対して楽天モバイルが6GB、さらにスーパーホーダイは2年目から月額基本料が1000円アップするため実際はもう少し両者の差が縮まります。それでも、1年で18万円程度は節約できる計算です。

通信品質やキャリアショップの内容などは大手キャリアに劣りますが、節約できる金額を考えれば十分に許容できます。

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事では家族でお得に楽天モバイルを利用する方法について解説しました。家族割が無い楽天モバイルですが実質、家族割となっているキャンペーンの適用が可能です。また、キャンペーンの利用に関わらず、家族で楽天モバイルに乗り換えれば4人家族なら約20万円も年間の通信費用が下がります。

家計を圧迫する通信費用をここまで節約できれば、教育費や住宅ローンの負担も随分と下がります。家族で通信費用を節約したい方は、楽天モバイルの申し込みを考えてみてくださいね。

【格安スマホ】10月の申し込み
UQモバイル
uqモバイルのロゴ
  • 月額料金:980円~
  • 端末セット:1980円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:安定した通信速度とauのサブブランドである安心感。初めての格安SIMに。

 

詳細ページキャンペーン

LINEモバイル
LINEモバイル
  • 月額料金:500円~
  • 端末セット:1150円~
  • 評価:4.6pt/5.0
  • 特徴:LINE、SNSが使い放題。圧倒的な使いやすさを誇る格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

mineo
mineoのロゴ
  • 月額料金:700円~
  • 端末セット:1310円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:トリプルキャリア対応。TV CMでもおなじみの格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。