楽天モバイルが3か月無料&iPhone12大幅値下げ

楽天モバイルにeSIMで申し込む手順とは?設定方法・メリット・注意点など詳しく解説

楽天モバイルでeSIMを使う

【PR】iPhone13の予約スタート

 

手数料・頭金・送料0円の予約方法を解説中↓

【速報(2021年10月)】
UQモバイルが超お得なキャンペーンを実施中▼

  • SIMのみ契約なら1万円キャッシュバック ※WEB限定
  • iPhone11/12/SE(第2世代)が割引価格に
  • iPhone8(リユース品)が一括550円
  • 自宅セット割で月額990円~

UQモバイル 公式サイトへ

この記事のポイント

  • 楽天モバイルにeSIMで申し込めば、即日開通が可能でデュアルSIM運用にて通話専用にすることもできる
  • 注意点として、eSIM対応機種は一部に限られる
  • eKYCで本人確認すれば郵送物なしで最短5分で開通OK

楽天モバイルは従来の物理SIMだけでなくeSIMにも対応しています。eSIMならSIMカードの配送を待つ必要がありません。

オンラインで本人確認できるeKYCを使えば、最短5分で開通します。

ただ、eSIMは物理SIMと比べると仕組みや設定がやや複雑です。楽天モバイルでは無料で物理SIMからeSIMに変更できるので、初心者はとりあえず物理SIMで申し込んでも良いでしょう。

この記事では楽天モバイルのeSIMについて申し込み方法からメリットや注意点まで詳しく解説していきます。

\今なら3か月無料!
※事務手数料&解約金0円

1.楽天モバイルでeSIMを使うメリット

そもそも、eSIMを使うメリットって何かあるんですか?

即日開通できるのと、デュアルSIM運用できるのが大きいわね。

楽天モバイルでeSIMを使うメリットは以下の通りです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

即日開通ができる

楽天モバイルでeSIMを利用する最大のメリットは即日開通できることです。物理SIMの場合、SIMカードが郵送されるのを待たないといけません。

オンラインの場合はどれだけ早くても開通まで2~3日かかります。店舗なら即日開通できますが、店舗が近くにない場合は数日待たないといけません。

注意:eKYCで本人確認しないと郵送物あり

即日開通できるeSIMですが、オンラインで本人確認するeKYCで申し込まないと郵送物不要の契約はできません。

eKYCの厚み撮影

eKYC

eKYCを利用せずに申し込む場合はeSIMでも郵送物を待つ必要があります。即日開通したい場合はeKYCで申し込んでください。

楽天モバイルの本人確認書類とは?楽天モバイルで有効な本人確認書類とは?eKYCや自宅で本人確認する方法も解説

デュアルSIM運用ができる

eSIMを選択すると、デュアルSIM運用ができます。とくに便利なのがiPhoneです。

iPhoneはいずれも物理SIMスロットが1つしかないため、SIM2枚を利用するデュアルSIM運用はできません。

一方でeSIMに対応しているため、楽天モバイルをeSIMで申し込み、別のキャリアを物理SIMで申し込めばiPhoneでもデュアルSIM運用が可能です。

楽天モバイルを通話専用にもできる

デュアルSIM運用の際は楽天モバイルを通話用にするのもあり。楽天モバイルは月間のデータ消費量が1GB以下なら月額料金が無料です。

それでいて専用アプリ「Rakuten Link」を経由して電話すれば通話料がかかりません。デュアルSIMを活用することで完全無料の通話かけ放題を実現できます。

データ通信は回線の安定度が高いahamopovoLINEMOなどを使って通話だけ楽天モバイルを活用するといった使い方はかなりおすすめです。

発行・交換手数料がかからない

楽天モバイルではSIMカードの発行・交換・再発行手数料がかかりません。物理SIMはもちろん、eSIMも無料で発行できます。

eSIMから物理SIMへの変更、およびその逆の物理SIMからeSIMへの変更手数料も不要です。機種変更やSIMタイプ変更を気軽にできますね。

eSIM・物理SIMの変更はいつでもOK

eSIM・物理SIM間の変更はいつでもできます。契約縛りなどがなく、好きな時に手数料をかけずに手続き可能です。

手続きはすべてオンラインで完結します。お店に行く必要はありませんし、待ち時間も一切ありません。

詳しい変更手順は後ほど解説します。

iPhone12が値下げ
\さらに2.2万円引き

2.eSIMの利用は対応機種が限られるので注意

便利な楽天モバイルのeSIMですが、対応機種が限られる点に注意してください。eSIMを搭載している機種はまだ多くありません。

その中で楽天モバイルに対応している機種となるとさらに限られます。執筆時点では、楽天モバイルのeSIMに対応しているスマホは以下の通りです。

eSIM対応

カテゴリ eSIM対応機種
iPhone XS/XS Max/XR以降の全機種
Rakutenオリジナル Rakuten BIGs
Rakuten Hand
Rakuten BIG
Rakuten Mini
Android OPPO A73
OPPO reno5 A

AQUOS sense4 lite
Xperia 10 III lite
Google Pixel 4/4 XL
Google Pixel 4a/4a(G)
Google Pixel 5

iPhoneはXS/XS Max/XR以降の全機種でeSIMに対応しています。iPhoneと比べると、Androidは対応機種が少ないのが現状です。

楽天モバイルで購入するか、GoogleのPixelシリーズを利用しましょう。

3.【eSIM向け】楽天モバイルの申し込みから開通までの手順

ちゃんとeSIMで開通できるか不安です・・

大丈夫。手順に沿って進めていけば開通できるわよ。

ここからは実際に楽天モバイルのeSIMの申し込みから開通までの手順を解説します。新規契約(MNP)でeSIMを申し込む手順は以下の通りです。

STEP1:申し込みに必要なものを準備する

まずは楽天モバイルの申し込みに必要なものを準備しましょう。

必要なもの

  • 本人確認書類
  • クレジットカードまたは銀行口座
  • MNP予約番号

本人確認書類のうち、eKYCで利用できるのは運転免許証とマイナンバーカードのみです。即日開通したい場合はどちらかを用意してください。

運転免許証もマイナンバーカードもない場合はeKYC以外の方法で本人確認します。

現在使っている電話番号を引き継ぐ場合はMNP予約番号が必要です。利用中の携帯会社から事前に取得しておいてください。

ドコモ

  1. My docomoにログイン
  2. 「契約内容・手続き」をタップ
  3. 「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」をタップ
  4. 「解約お手続き」をタップ
  5. 注意事項を確認して「次へ」をタップ
  6. 予約番号の送信先を選ぶ
  7. 「手続きを完了する」をタップ

※電話取得なら151(ドコモ携帯以外は0120-800-000)

 

au

  1. My auにログイン
  2. 「スマートフォン・携帯電話」のメニューをタップ
  3. 「ご契約内容 / 手続き」をタップ
  4. 「お問い合わせ / お手続き」をタップ
  5. 「MNPご予約」をタップ

※電話取得なら0077-75470

 

ソフトバンク

  1. My SoftBankにログイン
  2. メニューから「設定・申し込み」をタップ
  3. 「設定・変更」をタップ
  4. 「契約者情報の変更」をタップ
  5. 「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」をタップ
  6. 「番号ポータビリテリティ(MNP)予約」をタップ

※電話取得なら*5533

 

格安SIMの方は、サポートダイヤルかマイページにて取得できます。

STEP2:楽天モバイルに申し込む

準備ができたら楽天モバイルを申し込みます。eKYCで本人確認を行えば、郵送物が不要で最短5分ほどで開通します。

以下、詳しい申し込み手順です。

申し込みの流れ

  1. 楽天モバイル 公式サイトにアクセス
  2. 申し込みボタンをタップ
  3. 「プランを選択する」をタップ
  4. SIMタイプで「eSIM」を選択
  5. 端末も購入する場合は「製品を選択する」をタップして端末を選ぶ
  6. 「この内容で次へ進む」をタップ
  7. 楽天会員にログイン、または会員登録
  8. 契約者情報を入力
  9. 本人確認方法で「AIかんたん本人確認(eKYC)」を選択
  10. 指示に従い「本人確認書類」と「申込者の顔」を撮影

eKYCを利用できない時は本人確認書類の画像をアップロードするか、受け取り時に自宅で本人確認書類を提示しましょう。

STEP3:開通手続き(MNP転入)

申し込みが完了したら開通手続き(MNP転入)をします。eKYCで申し込んだ場合は、申し込み完了画面からそのまま開通手続きが可能です。

開通の手順

  1. 申し込み完了後の画面で「設定・確認画面へ進む」をタップ
  2. 「申込番号」をタップ
  3. 「転入を開始する」をタップ

eKYC以外で申し込んだ場合は冊子が届いてから開通手続きをします。手順自体はほとんど変わりません。

これで開通は完了です。このあと、eSIM向けの初期設定を行います。

4.開通後のeSIM設定手順

これで開通ですね!

そうね。ただ、最後に初期設定しないとまだネットに繋がらないの。

楽天モバイルの回線が開通した後は、eSIMの初期設定が必要です。設定方法はiPhoneとAndroidによって異なります。

iPhone

iPhoneの設定は、以前は別の機種でQRコードを表示してカメラで読み取る必要がありました。

しかし現在は、iPhoneにmy 楽天モバイルアプリをインストールしてアプリ上にて設定が完了します。詳しい手順は以下の通りです。

設定手順

  1. 「my 楽天モバイル」アプリを起動
  2. 申し込み履歴の「申込番号」をタップ
  3. 「開通手続きへ進む」をタップ
  4. 「続ける」をタップ(機種によっては表示されない)
  5. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
  6. 「続ける」をタップ
  7. デフォルト回線を選択し「続ける」をタップ
  8. iMessageとFaceTimeで使う回線を選択し「続ける」をタップ
  9. データ通信に利用する回線を選択し「続ける」をタップ

Android

Androidは機種によって設定手順が異なりますが、ほとんどの機種でQRコードを読み取ることなく設定が可能です。

  1. 「my 楽天モバイル」アプリを起動
  2. 申し込み履歴の「申込番号」をタップ
  3. 「開通手続きへ進む」をタップ

「開通手続きへ進む」をタップした後の手続きは端末によって異なります。例えばRakuten miniのような楽天モバイルオリジナル端末なら、「開通手続きへ進む」を押すだけでeSIMの設定も完了です。

詳しくは端末の取扱説明書や公式解説なども参考にしてください。

5.機種変更で物理SIMからeSIMに切り替える手順

こちらは、機種変更にて物理SIMからeSIMに切り替える既存ユーザー向けの手順です。流れとしては、my 楽天モバイルからSIM再発行手続きを行います。

eSIM切り替えの手順

  1. my 楽天モバイルにアクセス
  2. メニューの「契約プラン」をタップ
  3. 「SIM交換を申請する」をタップ
  4. 交換理由で「その他」を、SIMタイプで「nanoSIM」を選択
  5. 「再発行を申請する」をタップ

残ったSIMカードは返却が必要

eSIMへ変更して不要になった物理SIMカードは、楽天モバイルへの返却が必要です。以下の住所へ返送してください。

〒143-0006

東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F 楽天モバイルRSIM回収係

注意点として送料は自己負担です。普通郵便など、送料が安い方法で返送するといいですよ。

6.楽天モバイルのeSIMに関するQ&A

開通しないときの原因と対処法は?

開通手続きをしてもeSIMが開通しない・繋がらない時の原因としては次のようなものが挙げられます。

開通しない原因
  • 端末が楽天モバイルに対応していない
  • SIMロックがかかっている
  • 古いプロファイルが削除されていない(iPhoneのみ)

楽天モバイルのeSIMを利用するためには、端末が楽天回線に対応していて、なおかつSIMロック解除されている必要があります。楽天回線非対応機種やSIMロックがかかった機種では利用できません。

iPhoneの方は、古い格安SIMのプロファイルが残っていないかもチェックしてください。古いプロファイルが残ったままだと開通しても楽天モバイルを利用できないことがあります。

古いプロファイルの削除は、

  1. 「設定」アプリを起動する
  2. 「一般」→「プロファイル」の順にタップする
  3. 削除するプロファイルをタップする
  4. 「プロファイルを削除」をタップする

にて行えますよ。

再発行はできる?

楽天モバイルではmy 楽天モバイルからeSIMの再発行が可能です。

再発行の手順

  1. my 楽天モバイルにアクセス
  2. メニューの「契約プラン」をタップ
  3. 「SIM交換を申請する」をタップ
  4. 交換理由で「再度ダウンロード」を選択
  5. 「再発行を申請する」をタップ

再発行に伴う手数料等は一切かかりません。

物理SIM(nano SIM)とどっちが簡単?

スマホ初心者の方は物理SIMがおすすめです。eSIMは即日開通できるのがメリットですが、設定項目が難しいです。

実際僕もeSIM設定してみたのですが、結構大変でした・・。特に、Androidは機種によって設定手順が異なるため説明を探すのにも苦労します。

対して、物理SIMなら設定事項が少な簡単に設定できます。すでに解説した通り、後で物理SIMからeSIMに変更することも可能です。

特別急いでいない方は、物理SIMから申し込むといいでしょう。物理SIMでの詳しい申し込み手順は以下をご参考に。

楽天モバイルにmnp転入する方法【手数料0円】楽天モバイルにMNP転入する手順とは?

7.まとめ

楽天モバイルでは、eSIM申し込みなら最短5分ほどで開通します。オンライン完結なので郵送物を待つことなく、すぐに利用可能です。

デュアルSIM対応スマホなら他のキャリアとも併用OK。楽天モバイルを通話専用として活用すれば、無料のかけ放題が実現できます。

また、eSIM利用に関する手数料は一切かかりません。契約時はもちろん、再発行も無料です。

ただ、良いこと尽くしのeSIMですが、物理SIMと比べると設定項目が多いため初心者には難しいかもしれません。あとで物理SIMから変更できるので、自信がない方はとりあえず物理SIMで申し込むのもありですね。

楽天モバイル(UN-LIMIT)

ポイント
  • iPhone12/13が全キャリアで最安値
  • iPhone購入は最大25000円還元
  • 1GB以下なら0円
  • データ無制限でも3278円
  • ポイント還元で端末代が実質0円
  • 契約事務手数料&解約金0円
  • 24時間誰にかけても通話料0円
  • テザリングで実質ポケットWi-Fi
月額料金 解約金 支払い方法
0円~3278円 0円 クレジットカード
口座振替
デビットカード
メインスマホとして乗り換えるのが怖いなら、新しい電話番号を取得して無料でお試ししましょう(2021年から管理人もメインスマホに変更!)。
3ヵ月無料&25000ポイント還元

楽天モバイル公式サイトへ

【追加情報】
楽天カード×楽天モバイル(年会費無料)で獲得ポイントが毎日4.5倍

 

ポイント4.5倍の内訳:

楽天カード利用(+2倍)+楽天モバイル利用(+1倍)+通常の買い物(+1倍)+楽天市場アプリの利用(+1倍)

 

今なら楽天カードの新規発行で5000円分のポイントが貰えます。さらに、楽天モバイルの分割手数料も楽天カード払いなら0円です。

 

\新規発行で5000円分のポイントバック/

楽天カードの詳細&申し込みへ
※年会費は無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。