【口コミ・評判】Naipoの首マッサージャーを体験レビュー

Naipo 首マッサージャーをレビュー

この記事のポイント

  • ピンポイントで凝りをほぐせて、コスパに優れている
  • 使い方はコードを繋いで電源ボタンをONにするだけ
  • デメリットとして、電源コードが必須なのとながら作業が難しい

「Naipoの首マッサージャーが気になるけど、実際どうなの・・?」

お手軽価格なのにヒーター機能付きの赤い揉み玉でしっかりマッサージしてくれるNaipoシリーズ

枕タイプの商品を持っていたのですが、今回は別の首マッサージャータイプを試してみることにしました。

結論から言うと、テレワーク中の僕にはもはや手放せない商品に。

首だけでなく肩甲骨回りや腰、太ももやふくらはぎまでアプローチできるため翌日の目覚めが変わるくらい体全体がほぐされます。

今回は、そんなNaipo 首マッサージャーを徹底レビュー。メリットだけでなくデメリットもしっかりと評価していきます。

ぜひ、ご参考に。

1.Naipoの首マッサージャーとは?

Naipoって聞いたことないですけど?

中国の大手家電メーカーよ。マッサージ機器のブランドとして有名なの。

Naipo(ナイポ)は、マッサージ機器を展開する中国メーカーです。日本ではあまり聞き慣れませんが、中国では有名な大企業です。

世界的な電子機器メーカーのAUKEYと同グループです。会社名は知らなくても、赤いもみ玉はどこかで見たことがあるかと思います。

テレビでも頻繁に紹介されており有名です。

赤い揉み玉が特徴的

ちなみに、もみ玉が赤い理由は赤外温熱ヒーター機能が付いているからです。今回購入した首マッサージャーは、その名の通り首を中心とした施術ができる商品(型番はEMK-150LC)。

カラーはブラック・ホワイトから選択可能、Naipoシリーズの中で屈指の人気を誇っています。

MEMO
医療用の機器としてPMDAから認証を受けている

【Naipo首マッサージャー】
→現在の価格を見る

2.Naipo首マッサージャーの使い方

使い方は簡単ですか?

電源に繋げば、ワンタッチで動くわよ。

Naipo首マッサージャーの使用方法は至って単純。以下、詳しい使い方です。

STEP.1
電源アダプタをコンセントに挿す

電源アダプタを挿す

STEP.2
電源ボタンを押す

Naipo 首マッサージャーの電源ボタン

STEP.3
お好みでヒーターや回転速度を調整する

回転速度やヒーターの調整

電源ですが、カーアダプタが付属しているので車の中でも使用できます。

カーアダプタ

また、メッシュ部分に直接肌が当たるのを避けたい場合は、付属のカバーを取り付け可能です。

カバーを取り付け

使い方はとっても簡単なので、もしご年配の両親にプレゼントするときなど安心して大丈夫ですよ。

3.【体験レビュー】凝り固まった首・肩は楽になる?

EMK-150LC

Naipo 首マッサージャー(EMK-150LC)

さっそく、外箱を開けて中身を取り出します。

同梱物
本体・説明書・カバー・電源ケーブル・カーアダプタ―・カバー

本体サイズは幅38cm・奥行18cm・高さ50cmと結構な大きさ。重量は約1.9kgで、軽くはありませんが手に持って疲れる重さではありません。

使い方は、先述した通り電源コードを挿してスイッチを入れるだけ。もみ玉が赤く光り「ういーん」と音を立てて動きます。

動作音は特に気になる程ではありません。

まずは、テレワークで凝り固まってしまった首から当てていきます。

首をマッサージ

マッサージの強さは非常にパワフル。回転速度は普通またはゆっくりでちょうどいいです。

10分くらいケアしましたが、首の回りが良くなりました。

お次は、肩・肩甲骨回り。

肩周りをマッサージ

肩甲骨はゴリゴリと音が鳴りました。相当凝り固まっていたのが分かります。

個人的には、首よりも気持ちよかったです。

今度は腰に当ててみます。

腰をマッサージ

腰はストラップに腕を通す必要はなく、ソファや椅子に立てかけるだけで使えます。両腕が開くので自由な体勢になれるのがいいですね。

さて次は太ももに当ててみます(上半身用に購入したのですが、下半身にも使えることが判明)。

太ももをマッサージ

上半身同様、太もものケアも気持ちいいです(特に裏)。歩き疲れた日にはもってこいです。

最後は、第2の心臓とも言われるふくらはぎに当ててみました。

ふくらはぎをマッサージ

ふくらはぎもしっかりと揉みほぐされました。もしかしたら、下半身は正規の使い方ではないのかもしれませんが、普通にマッサージできます。

むくみの気になる女性にも、かなりおすすめです。

全体の感想

全体の感想として、心底購入して良かったなと思います。コスパがいいとはいえ、6980円なので失うと手痛い金額。

現在、2週間ほど使い倒していますが確実に元は取れたと思います。体に起きた変化としては、朝の目覚めが30分ほど早くなりました。

翌日に疲れを残さなくなったため、仕事の生産性も上がっています。

マッサージ効果について、さすがにプロのマッサージ師や整体より良いとはいえません。

人の手に敵わない部分はもちろんありますが、下手なマッサージ師にお願いするくらいならNaipo 首マッサージャーの方が全然いいです。高価なマッサージチェアも必要ないと感じました。

【Naipo首マッサージャー】
→現在の価格を見る

4.Naipo首マッサージャーのメリット7つ

もっと詳しいメリットを教えて下さい。

強めの指圧でマッサージ効果が高いのが魅力よ。あとは何と言ってもコスパの良さね。

①ピンポイントで凝った箇所にフィットする

Naipo首マッサージャーには、ストラップが付いています。

ストラップ部分

ストラップ部分

両腕をかけられるストラップが付いていることで、ピタッと狙っている箇所にフィットします。肩甲骨にも、絶妙な角度で入り込んでくれるのは素晴らしい。

人間工学に基づいているそうで、体のラインに自然と密着します。

ストラップなしのタイプだと、腰は椅子の間において押し込めば調整できるのですが、首や肩はなかなかフィットさせることができず。

地面に置いて、上から押し当てるほかありませんでした。

いくらマッサージ機能が素晴らしくてもフィットしなければ意味なし。その点、Naipo首マッサージャーは凝った箇所へのはまり具合が完璧です。

②指圧が強めで気持ちいい

人によって強い・弱いの感じ方は異なりますが、指圧は強めだと思います。凝りが激しい箇所に当てると、ゴリゴリと音が鳴りました。

一部の口コミで指圧が足りないとの口コミがありましたが、例外ケースだと思います。

この指圧力で足りないなら、整体に行った方がいいでしょう。一般の方は、十分すぎるほどの強さです。

③外部評価が高い

執筆時点で、Amazonの評価は星4.0。1100人以上の評価を得ています。

レビュー評価が高い

実際、評価に書き込む人は30人に1人くらいなので相当数が購入していることが分かります。初期不良に対する低評価がいくつか見られましたが、効果に対しては悪評がほぼ見られず。

ネックマッサージャー全体のカテゴリーでも、評価の高い商品として分類されています。

Amazonレビューを見る

④ほぼ全身に使える

一応、首マッサージャーではありますが、ほぼ全身どこでも使用できます。使えないのは顔くらいでしょうか。

僕自身気に入っているのは、ふくらはぎのマッサージです。必ずしもストラップに腕をかける必要はなく、ただマッサージャーの上にふくらはぎを乗せているだけ。

これだけでも十分にもみほぐされます。

同様に、腕や太ももの裏もマッサージ可能。目のツボと言われている、首と頭の境目の部分も寝転がりながらマッサージできています。

足を乗せて、足裏も全然いけますね。公式の使い方ではないかもしれませんが、実際はほぼ全身に使えるので他のマッサージ機を組み合わせる必要がありません。

⑤2年間の無料保証が付いている

通常、メーカー保証は1年のケースが多いのですがNaipo首マッサージャーは2年までOK。購入履歴(注文番号)と故障した製品の写真または動画を送るだけで新品と交換してくれます。

保証の条件が複雑または面倒といったことはなく、交換商品もすぐに発送してくれます。

⑥対応が誠実

どんなに良い商品でも、適当な対応なら購入したくありませんよね。僕自身、中国メーカーに対する偏見で対応には期待していませんでした。

しかしNaipoは違う。ユーザーに対する対応がとても誠実です。

例えばこちら。Amazonレビューで故障したと書き込んだユーザーに対してすぐに交換品を送ったそうです。レビューからこのような対応を行うメーカーは聞いたことがありません。

Naipo 首をマッサージャーのアマゾンレビュー

画像タップで拡大

2年のメーカー保証を付けている点も、最後まで責任を取ろうとする誠実さが見て取れます。

⑦コスパが抜群にいい

Naipo 首マッサージャーのお値段は6980円です(Amazon価格)。この価格が、得られる効果に対して安いのか高いのか・・。

僕自身の体感だと、圧倒的にコスパがいいと思いました。ユーザーの口コミでもコスパを絶賛する声が非常に多かったです。

6980円と言えば、人の手で行うマッサージ料金の約1回分。その価値は十分にあります。

買い切りで何十回、何百回と使い続けられますので。

ちなみに僕は、今でもマッサージ店に通っています。しかし、以前と比べて通う回数が週一から月一に減りました。

それだけでも、年間で数十万円の節約になっています。

【Naipo首マッサージャー】
→現在の価格を見る

5.Naipo首マッサージャーのデメリット4つ

逆にデメリットはありますか?

充電式じゃないのと、ストラップをかけると両腕の自由が奪われる点かしら。

①電源コードがないと使えない

Naipoのマッサージグッズ全体に共通しますが、電源コードは必須です。電源を取らないとフルパワーが出せないゆえの設計でしょう。

充電式ではないので、電源のない場所では使えません。

どのみち、Naipo 首マッサージャーはサイズが大きいので持ち運びは難しいです。自宅または車内用として割り切って使う商品です。

②腕をかけるとながら作業が難しい

Naipo 首マッサージャーは両腕をストラップにかけて使用するのが基本なので、自由が奪われます。読書くらいなら問題ありませんが、何か作業を行う場合は難しいです。

テレワークしながら使用したいときは、ストラップは使わずに椅子と背中の間に置くか足に当てるのがいいでしょう。

③圧をかけると揉み玉が止まることがある

安全装置が働いているのか、もみ玉の部分に強い圧をかけると動作が止まることがありました。口コミでも同様の指摘があったので仕様なのでしょう。

普通に利用する分には問題ありませんが、ヘビーな使い方をすると動作が頻繁に止まって故障の原因になるかもしれないので気をつけてください。

④すぐに故障する場合がある

他のマッサージ家電も共通ですが、一定数の初期不良はあるみたいです。また、数ヶ月で壊れてしまうケースも稀にあります。

保証で対応してくれる

もし故障してしまったらメールまたは電話連絡で対応してくれます。2年以内の故障なら、無料で新品に交換してくれますよ。

6.【総合評価】Naipo首マッサージャーがおすすめな人・おすすめでない人

結局、Naipo 首マッサージャーは購入すべきですか?

どんな人におすすめできるかまとめたから、確認してちょうだい。

実際の体験とユーザーのレビューから、Naipo 首マッサージャーがおすすめな人・おすすめでない人を以下にまとめました。

おすすめな人

  • 強めの指圧でしっかりほぐされたい
  • 首・肩を中心に全身をマッサージしたい
  • 無料の長期保証で安心したい
  • 確実に元が取れるコスパ重視の商品選びをしたい

 

おすすめでない人

  • 電源コードなしの充電タイプがいい
  • 施術中に両腕の自由が無くなるのは困る
  • 100%安心安全な耐久性を求める

総合的に見て、Naipo首マッサージャーはかなりおすすめです。マッサージグッズの購入でこれまで数多く失敗してきましたが、こちらは購入初日で元が取れたと感じました。

疲れの集中する首・肩・腰を強い指圧でほぐせるのは大きい。座椅子に座ってふくらはぎを下から揉みあげるマッサージも気に入っています。

今のところ、耐久性も問題なし。もし今後故障しても、2年間の無料保証が付いているため安心感があります。

マッサージ効果・コスパ・保証の3拍子が揃っており、今後もロングセラーで売れ続けることでしょう。

【Naipo首マッサージャー】
→現在の価格を見る

7.まとめ

Naipo首マッサージャーは、首だけでなく全身の凝り固まった筋肉にアプローチできます。テレワーク中の僕にとっては救世主のような存在で、大袈裟ではなく本当に手放せません。

買い切りなのでコスパもGOOD。自宅で手軽に疲れを取りたい方は、十分にお試しする価値がありますよ。

Naipoマッサージクッションの評判とは?Naipoマッサージクッションの評判・口コミとは?【体験レビューあり】

Amazonで最大2.5%還元中

普段のお買い物を、Amazonギフト券で購入するだけで最大2.5%還元されます。クレジットカード不要で誰でも利用できるキャンペーンです。

 

チャージ金額 通常 プライム会員
5000~19999円 0.5% 1.0%
20000~39999円 1.0% 1.5%
40000~89999円 1.5% 2.0%
90000円以上 2.0% 2.5%

 

POINT
Amazonプライム会員なら、さらに還元率がアップ

CHECK!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。