Amazonで一番人気のマッサージ枕【Naipo】をレビュー!ヒーター付きのもみ玉が最高です

ヒーターともみ玉のマッサージ枕

パソコンで仕事をしているため、体の凝りがひどい私。

毎週マッサージに通うのが日課でした。ひと月のコストはおよそ2万5千円ほど。年間で25万円を超える大出費です。

しかし今では、NAIPOのマッサージ枕を購入したことで、マッサージ店には通わなくなりました。信じられない節約効果です。

今回は、NAIPOのマッサージ枕について詳しくレビュー。実際の使い心地から、メリット・デメリットまでまとめていきますよ。ぜひ、参考にして下さいね。

Naipo マッサージ枕 首マッサージャー 首・肩マッサージ枕ピロー マッサージクッション ヒーター付き 首・肩・腰・背中・太もも 肩こり ストレス解消 家庭用&職場用&車用 温熱療法

1.Amazonで星4.5&415件の口コミ!NAIPOのマッサージ枕を購入しました

NAIPOって全然聞いたことありませんけど?

確かにメーカー名は私も知らなかったわ。だけど、Amazonでの評価はトップクラスよ。

マジで肩こりがやばい・・。私がこのマッサージグッズを購入した理由は、肩こりが酷すぎて、翌日頭痛になったからです。

Amazonでマッサージグッズを探したところ、見つけたのがこちらNAIPO マッサージ枕。

購入当時、Amazonで一番売れているマッサージグッズでした。

その評価は、419件の口コミ数で星4.5。 マッサージ分野のAmazon’s Choiceにも選ばれています。

naipo amazonの評価

赤いもみ玉もテレビで見て、以前から気になっていました。少しでも疲れを軽減できればと思い購入しました。

MEMO
購入金額は3980円でした。

2.NAIPO マッサージ枕の外観をレビュー

実際、使いやすそうですか?

ええ、コンパクトサイズで重量も軽いし、使い勝手はいいわね。

こちら購入したNAIPO マッサージ枕です。

naipo マッサージ枕の外箱

 

naipo マッサージ

中央はメッシュ素材です。コンパクトサイズで重さは普通(1.2kg)。持ち運びしやすいです。

裏面はこんな感じ。

naipo マッサージの裏

電源ケーブルとバンドが付いています。バンドは車で首周りに固定するときに使えます。

電源は充電式ではなく有線接続となります。常にフルパワーを出すためでしょうね。

naipo マッサージの電源

通常のAC電源の他、車用の電源ケーブルも同梱されていますよ。

なお、外箱には「家庭用マッサージ器 管理医療機器」と書かれていました。

naipo マッサージの医療機器証明

ちゃんと、医療機器として認証されているので安心感があります。

3.NAIPO マッサージ枕の使用感を部位別に解説

一番気になっていたマッサージの使用感、どんな感じでしょうか?

思ったより強い刺激で頑固な凝りに効いたわよ。詳しくレビューしていくわね。

3-1.使い方はかんたん:ボタン一つでヒーター&マッサージがONになります

さっそく、NAIPO マッサージ枕を使っていきましょう。

電源ボタンは一つ。強弱は選べません。

naipo マッサージの電源ボタン

電源を入れると(長押し)、もみ玉が4つ動き出します。 この、もみ玉式のマッサージ機はテレビでもよく取り上げられていましたよね。

naipo マッサージのもみ玉

なぜ赤いかというと赤外温熱のヒーターとなっているからです。

naipo マッサージのもみ玉2

ヒーターの温度は人肌程度、ちょうどいいです。電源ボタンを短く押すとヒーター機能を切ることができます。

もみ玉の回転方向は1分おきに変わります。20分経つと自動で電源が切れるので安心です。 ちなみに、動作音は静かです。

こんな感じで動きます。

3-2.まずは足を重点的にマッサージ

NAIPO マッサージ枕は全身に使うことができます。頭、首、肩、腰、おしり、太もも、足裏どこでもOKです。

まずは足裏から。足裏の使い方は2つ。

一つ目は片方の足をもみ玉の中央に載せる方法。こうすると、足の外側の部分がほぐされます。

足のマッサージ

そしてもう一つの使い方。

両足をもみ玉の上に載せます。これで足裏マッサージができます。

naipoで足マッサージ

私の場合、仕事中に足裏に置いて使っています。足裏がほぐされると全身に血が巡るので、仕事のパフォーマンスが上がっているような気がするんですよね。

次はふくらはぎと太ももに当ててみました。

naipoでふくらはぎマッサージ

ふくらはぎは第2の心臓と言われています。もみ玉でほぐされると、全身がスッキリしますね。

太ももの裏も気持ちいい。

全身の体重をかけても部品が割れるなどの心配はないので、おしりに敷いて使うのもありです。

3-3.次は腰と肩の凝りをほぐしていきます

お次は腰へ。

もみ玉のパワーが強いので、ゴリゴリとほぐされます。

naipoで腰をマッサージ

少し痛い場合は、柔らかい布団の上で使ったほうがいいです。 私はカーペットだけだと、ちょっと痛かったですね。

あと、寝るスタイルだけじゃなくて、椅子に置くのもあり。

椅子に置く

足裏と同じく、こちらも仕事中に使っています。

肩周りをほぐすなら、肩甲骨の下あたりがおすすめ。

ここに当てると、ゴリッゴリッと音がなりました。 そうとう、固まっていたんだなと、我ながら驚きましたね。

3-4.最後に首と後頭部をゴリゴリとマッサージしました

そして今度は首へ。

naipoで首マッサージ2

首が一番気持ちいいかも。

ちょうど首の付け根にもみ玉がフィットするので、良い感じに揉み上げてくれます。

naipoで首マッサージ

あと、首からちょっと上にあげて後頭部に当てるのも個人的にお気に入り。耳の裏あたりにもみ玉を当てるのもいいですね。

頭をマッサージするとほんとスッキリします。仕事で行き詰まったときは、首と頭をほぐすしてリセットしています。

Naipo マッサージ枕 首マッサージャー 首・肩マッサージ枕ピロー マッサージクッション ヒーター付き 首・肩・腰・背中・太もも 肩こり ストレス解消 家庭用&職場用&車用 温熱療法

4.NAIPO マッサージ枕の口コミ・評判を調査してみた

他の人の口コミってどうなんでしょう?

そう言うと思って、調べておいたわ。

Amazonのレビューから、気になる口コミをピックアップしてみました。

良い口コミ

まるで整体に行った様にかなりの力でグイグイ押してくれます。自分の「ツボ」というか「筋肉の硬い所」は何年も整体に通っていたので分かっています。

高価なマッサージチェアーもいいけど場所要らずのこの商品は手軽に使用でき車でもシガーソケットにつないで使える優れもの。

凝り固まっていたので最初はゴリゴリ・バキバキと背中の音が鳴り笑ってしまった。1週間使い続けてゴリゴリ音も収まり楽になった。

ヘルニア、腰痛持ちで疲労が溜まってくると腰周りの筋肉が硬まってくるのがわかります。この商品はそんな強張った筋肉をやさしくほぐしてくれます。

オフィスワークのため、ひどい肩こりに悩まされていて、それが広がって腕や手にも痛みが広がっていたのですが、このマッサージ機のおかげでそれがだいぶ治りました。

少し身体が凝ってるなって感じるくらいの症状であれば、巷の訳のわからないマッサージを受けるより、この商品で十分な気がします。

安いマッサージに行くならこっちのほうがいい・・との意見は同感です。 あと、自分以外にゴリゴリ鳴った人も見つけました(笑)。

今度は悪い口コミもピックアップ。

悪い口コミ

耐久性には欠けます。体重のせいもあるでしょうが約1ヶ月で壊れます。しかし、3回リピしましたが、それでも整体1回分のお値段です

すぐにこわれますが、新品を送ってくれます。しかし故障したときはメール対応だと中国人が対応されるため、気をつけてください。

色々と位置を変えたりして丁度良くならないかと試しましたが、首に全くフィットしませんでした。

すぐに動かなくなった。マッサージは気持ちよかったので残念。

耐久性に欠けるとの意見が一番多かったです。 私は2ヶ月目ですが、いまのところ壊れる気配はなし。普通に使えば問題ない気もしますが・・?

ただ、口コミにもあるように、壊れても3980円なのであまり損した気にはなりません。整体だと1回で6000円以上取られますからね。

5.NAIPO マッサージ枕のメリット・デメリットと総合評価

メリットだけじゃなくて、デメリットも気になります。

OK、デメリットも含めて総合評価していくわね。

5-1.メリットは5つ

NAIPO マッサージ枕のメリットをまとめました。

メリット
  • 顔以外なら全身に使用できる
  • もみ玉の刺激が強いので、頑固な凝りをほぐせる
  • ヒーター機能のぬくもりが気持ちいい
  • コンパクトサイズで場所を選ばない(車でも利用可)
  • 3000円台でコスパがいい

まず、4つのもみ玉がどの部位にもフィットするので、全身に使えるのが一番嬉しいポイント。 全身揉みほぐせて3980円は十分にやすいです。

あとは、ヒーター機能が気持ちいいですね。この記事を見ている方には、ぜひ体感して欲しい。

コンパクトサイズなので、持ち運びしやすいのもメリット。マッサージチェアーより使い勝手抜群です。

5-2.デメリットは3つ

今度はデメリットを挙げてみます。

デメリット
  • 人によっては刺激が強すぎる
  • 有線接続しないと使えない
  • 耐久性はあまり高くない

もちろん怪我するほどではありませんが、マッサージの刺激はけっこう強力です。

体が凝っているが使えばちょうどいいですが、そもそもマッサージが不要な人は痛いと感じるかもしれません。

あと、充電式ではないので必ず有線接続になるのもデメリットですね。もう気持ち、ケーブルを長くしてくれれば良かったのに・・。

耐久性については、私はいまのところ大丈夫ですが口コミからデメリットに盛り込みました。

まあ壊れても3980円。半年持てば十分で、3ヶ月でも元が取れると考えて購入したほうがいいですね。

5-3.総合評価と購入がおすすめな人

最後に、NAIPO マッサージ枕の総合評価と購入したほうがいい人をまとめました。

NAIPO マッサージ枕の評価
操作性
(5.0)
気持ちよさ
(5.0)
動作音の静かさ
(5.0)
使い勝手の良さ
(4.0)
総合評価
(4.5)

正直、今まで買ってきたマッサージグッズの中でトップ級の評価です。 唯一不便な点は、有線接続だからコンセントが近くにないと使えないことくらい。

その他は、文句のつけようがありません。

購入がおすすめな人

  • マッサージ店や整体に通うのが高いと感じる
  • 頭痛になってしまうほど凝りがひどい
  • 体全体の凝りを解消したい
  • 父・母へのプレゼントを送りたい
  • 車の中でマッサージ枕を使いたい

上記に一つでも当てはまれば、NAIPO マッサージ枕の購入をおすすめします。

Naipo マッサージ枕 首マッサージャー 首・肩マッサージ枕ピロー マッサージクッション ヒーター付き 首・肩・腰・背中・太もも 肩こり ストレス解消 家庭用&職場用&車用 温熱療法

6.【まとめ】NAIPO マッサージ枕は全身の凝りをほぐせるスグレモノ

今回は、NAIPO マッサージ枕について詳しくレビューしてきました。このマッサージグッズは、全身の凝りをほぐせるのが良いところ。

もちろん、首だけ腰だけなど特化しているモノも欲しいのですが、とりあえずこれ一台で体全体をカバーできるのがいいです。お得感があります。

コンパクトで持ち運びしやすいので、私みたいに職場に持ち込むのもありでしょう。その際は、上司に許可を取ってくださいね。

もみ玉の刺激は強いので、体の凝りが頑固な人にもおすすめ。Amazonで一番人気のマッサージグッズということもあり、期待通りでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。