d払いとdカード支払いの違いとは?組み合わせると還元率アップ

d払い dカード

d払いとdカードはどちらもドコモが提供するサービスです。簡単に言うとd払いはスマホ決済サービス、dカードはクレジットカードという違いがあります。

d払いとdカードは組み合わせて使うことが可能です。チャージが不要になるだけでなく、ポイントの2重取り/3重取りができます。

d払いを使うなら、できる限りdカードと組み合わせるのがおすすめです。

本記事ではd払いとdカードの違いや、両者を組み合わせて還元率をアップさせるお得な方法について解説しています。

1.d払いとdカード支払いの違いとは?

超初心者質問ですが、d払いとdカード支払いの違いって何ですか?

恥ずかしがることないわ。詳しく説明するわね。

1-1.d払いはスマホ決済、dカードはクレジットカード

d払いとdカードはどちらもドコモのサービスですが、内容は大きく異なります。

d払いはスマホだけで支払いができる「スマホ決済サービス」です。アプリのバーコードを読み取ってもらうか、お店のQRコードを読み取るだけで支払いが完了します。

実店舗はもちろん、ネット通販でも利用できます。

一方、dカードはドコモの「クレジットカード」です。年会費無料のdカードと、年会費が10,000円の代わりにサービスが充実しているdカードGOLDの2種類があります。

1-2.d払い&dカードは組み合わせOK

dカード/dカードGOLDともに利用料の1%分のdポイントが貯まります。d払いとdカードは別のサービスですが、組み合わせることが可能です。

MEMO
組み合わせたときのポイント還元率については次章にて

d払いにdカードを登録すると、d払いで支払った料金の請求がdカードに行きます。 毎回残高をチャージする手間が省け、残高不足で支払いに失敗する心配もありません。

1-3.d払いをポストペイ(後払い)にできる

チャージ不要で料金を後払いする形式の電子マネーや決済サービスをポストペイと言います。

d払いもdカードを登録することでポストペイ型の決済サービスとして利用可能です。

ちなみにd払いは事前に残高をチャージして料金を支払うことができます。残高で支払う方式をさきほどのポストペイに対してプリペイドと言います。

プリペイドなら使いすぎを防げるのがメリットです。ただ、毎回残高を確認およびチャージをしないといけないので手間がかかります。

CHECK!

dカードGOLDの詳細を見る

2.d払いとdカード/dカードGOLDは組み合わせると還元率がお得

d払いとdカードを組み合わせるメリットは何ですか?

ずばり、ポイント多重取りができること。すごいスピードでdポイントが貯まるわよ。

d払いとdカード/dカードGOLDを組み合わせることでチャージが不要になるのは前述の通りです。

それだけでなく、d払いとdカードを組み合わせると「dポイントが貯まりやすくなる」というメリットもあります。

2-1.実店舗は1.5%、ネット通販は2.0%の高還元率

d払いとdカード/dカード GOLDを組み合わせると、買い物の際に最大2.0%のdポイントが還元されます。

ポイント還元(2重取りOK)

d払い dカード
実店舗 0.5% 1.0%
ネット通販 1.0% 1.0%

d払いを利用すると実店舗では0.5%、ネット通販では1%のポイント還元を受けられます。一方、dカードのポイント還元率は利用場所を問わず1.0%です。

つまり、d払いの支払い方法をdカードにすることで実店舗では1.5%、ネット通販では2.0%の還元を受けられます。

特定のお店や通販サイトだけでなく、どんな場所でも1.5~2.0%の還元率はかなりお得です。

2-2.さらにdポイント加盟店ならポイント3重取りに

さらに、dポイントカードを掲示することでdポイントが貯まるdポイント加盟店では、d払い+dカードを利用すればポイントの3重取りも可能です。

ポイント3重取りの仕組み

  1. dポイントカードやモバイルdポイントカード掲示でdポイントが貯まる
  2. d払いで0.5%のdポイントが貯まる
  3. dカードで1.0%のdポイントが貯まる

d払いアプリでモバイルdポイントカードが表示できるほか、dカードもdポイントカードとして掲示することができます。

dポイント加盟店以外に、楽天ポイントやPontaポイントなど各種ポイントが貯まるお店でもポイント3重取りが可能です。

2重取りが出来るサービスはいくつかありますが、3重取りができるサービスは珍しいです。

外部参照:dポイント加盟店一覧

2-3.【注意】dカード特約店ならdカード支払いの方がお得

d払いとdカードの組み合わせはとてもお得ですが、dカード利用時に特典を受けられる「dカード特約店」の場合はd払いではなくdカードで支払うのがおすすめです。

その理由は、dカード特約店でdカード支払いをすると最大4%の還元を受けられるからです。

例えばスターバックスの場合はdカード利用による1.0%の還元に加えて3%のポイント還元を受けられます。還元率は合計4%となり、d払い+dカードよりお得です。

MEMO
dカード特約店でも還元率はお店によって異なり、場合によってはd払いのほうがお得なケースもある

外部参照:dカード特約店一覧

3.d払いにdカード/dカードGOLDを設定する方法

dカードはどうやって、d払いに設定できますか?

d払いアプリのクレジットカード登録から手続きすればOKよ。

d払いアプリにdカード/dカードGOLDを設定する方法は以下の通りです。

  1. d払いアプリトップ画面左上のメニューボタンをタップ
  2.  [設定]→[お支払い方法]→[クレジットカードを登録]の順にタップ
  3. dカード/dカードGOLDの情報を入力し[登録]をタップ
  4. お支払い方法変更画面で登録したdカード/dカードGOLDをタップ
  5. [次へ]をタップ
  6. 本人認証サービス(3Dセキュア)に移行するのでパスワードを入力
  7. [送信]をタップ

dカードをd払いアプリに登録するには本人認証サービス(3Dセキュア)への登録が必要です。

まだ3Dセキュアに登録していない人は事前に設定しておきましょう。

POINT

3Fセキュアは、登録の途中で各クレジットカード会社のパスワードが求められるので、指示通り入力すれば認証される

4.補足:dカードとdカードGOLDの違い

素朴な疑問なのですが、dカードとdカードGOLDって何が違うんですか?

一番はポイント還元率。あと、海外旅行保険の充実度にも差があるわね。

これからdカードを契約する際、通常のdカードとゴールドカードであるdカードGOLDのどちらにすればいいか迷うかもしれません。

dカードとdカードGOLDの違いを簡単にまとめました。

dカード dカードGOLD
年会費 無料 10,000円(+税)
ポイント還元率 1.0% 1.0%
ドコモ利用料のポイント還元率 1.0% 10%
dカードケータイ補償 最大1万円 最大10万円
お買い物あんしん保険 年間100万円まで 年間300万円まで
旅行傷害保険 なし 海外:最大1億円
国内:最大5,000万円
空港ラウンジ ×
海外緊急サービス 有料 無料

dカードとdカードゴールドの違いはいくつかありますが、最大の違いはドコモユーザーが利用した際のポイント還元です。

ドコモユーザーがdカードゴールドを利用すると、毎月のドコモの利用料の10%のdポイントが還元されます。

毎月のドコモの利用料が10,000円前後の人は、この特典だけでdカードゴールドの年会費の元が取れます。

また、お買い物あんしん保険や旅行傷害保険といった各種付帯サービスが充実しているのもdカードゴールドの特徴です。

ドコモの利用料が10,000円前後の人や旅行に頻繁に行く人はdカードゴールドを選び、それ以外の人はdカードを選ぶとよいでしょう。

CHECK!

dカードの詳細を見る

dカードGOLDの詳細を見る

4.【まとめ】組み合わせで還元率を最大限に高めよう

以上、d払いとdカードの違いと、両者を組み合わせる方法について解説しました。

d払いはスマホ決済サービス、dカードはクレジットカードです。同じドコモのサービスで名前も似ていますが、内容は異なります。

d払いとdカードを組み合わせるとdポイントの2重取りが可能で、還元率は最大2.0%と高いです。しかもdポイント加盟店ならポイントの3重取りもできます。

d払いもdカードも単体で利用してもお得ですが、可能であれば両者を組み合わせるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。