コメント欄にご質問・感想をどうぞ

モバイル保険が丸わかり!加入の判断は評判で決めちゃダメ

モバイル保険

この記事で分かること

  • モバイル保険の加入条件・サービス概要
  • 実際の利用者のリアルな評判・口コミ
  • モバイル保険の優れた点と注意したいデメリット
  • iPhoneユーザーはApple Care+よりモバイル保険を選ぶべき理由
  • モバイル保険に入らなくてもいい人

大事に使っていたとしても、実に3人に1人はスマホを壊してしまうそうです。その割に、スマホ向けの保険は手薄なのが現状。

そんな状況で救世主とも言える新サービス「モバイル保険」が登場しました。

モバイル保険とは、スマホだけでなく通信機器全般を補償してくれるサービス。高額なiPhoneの修理も対応しています(Apple Careより安く永年保証)。

しかし、気になるのがモバイル保険の評判ですよね。実際に利用しているユーザーの口コミはどうか?デメリットは無いのか?気になるかと思います。

この記事では、保険が苦手な初心者でも分かるようモバイル保険の加入条件・サービス内容を優しく解説。

さらに、モバイル保険に加入すべきか、評判だけでなく数字で比較検証していきます。

ぜひ、参考にして下さいね。

CHECK!

1.はじめに:モバイル保険の加入条件と補償内容とは?

モバイル保険って、誰でも加入できますか?

ええ、1年以内に購入した国内の端末に補償を付けられるわよ。

モバイル保険は、月額700円の保険料で年間10万円まで(主端末)補償してくれるサービスです。

補償の回数は無制限。2万円かかる修理なら年5回まで受けられます。

補償期間に有効期限はありません。通常の端末補償は2~3年の有効期限があるため、大きな強みです。

仮に修理不能でも、25000円まで保険金が下ります。なお、契約の定期縛りはないのでいつでも解約可能です。

加入条件は、1年以内に購入した国内販売の通信機器(スマホの他、タブレットやノートPCもOK)であることのみ。

どの携帯会社に契約していてもOKです。合計3台の登録が可能で、副端末登録の通信機器でも30000円までの補償が受けられます。

加入条件
  • 1年以内に購入した端末
  • 国内販売で持ち運び可能な通信機器

モバイル保険の補償内容

月額料金 700円
登録端末 3台
(主端末1台・副端末2台)
補償金額 主端末:10万円
副端末:3万円(2台合計)
補償内容 修理全般
(バッテリー交換除く)
補償対象 ・購入から1年以内の端末
・国内販売された通信機器
申込期間 購入1年まで
補償期間 期限なし
対象台数 3台
補償回数 無制限
盗難の補償
家族名義の端末登録
中古端末の補償
支払い方法 クレジットカード
キャリア決済
口座振替
補償開始 申込日翌日0時から
運営 さくら少額短期保険株式会社

CHECK!

モバイル保険の公式サイトへ
※高額iPhoneも全額保証

2.モバイル保険の評判・口コミ

モバイル保険の評判っていいんですか?

ひいき目なしで、予想以上の評価ね。

SNSから、モバイル保険の評判・口コミを見ていきましょう。

iPhoneを即修理

ゲーム機も補償してもらえる

月額料金が手頃

Appleストアが近くに無いなら一択

AppleCareより安い

保険に入っておいて良かった

口コミ評価は、全体的に良好でした。悪評が見当たらず、ユーザーの満足度が伺えます。

特に、iPhoneユーザーは修理が高額なので助かるとの声が多数。AppleCare+より安いとの意見も目立ちました。

CHECK!

モバイル保険の公式サイトへ
※高額iPhoneも全額保証

3.モバイル保険のメリット7つ

モバイル保険は何が優れていますか?

補償対象がスマホ以外もOKで合計3台まで登録できること。あと、条件次第で中古端末も補償されるわよ。

①合計3台まで補償される(iPadやゲーム機もOK)

補償対象はスマホだけじゃないなんですね。

ええ、普通の端末補償と違う点がこれ。スマホが壊れなくても、他の通信機器で保険を効かせることが出来るのよ。

モバイル保険の補償対象は3台までOK。通信機器であれば、iPadやゲーム機などスマホ以外も補償してくれます。

補償対象の通信機器

  • スマホ
  • タブレット
  • ノートパソコン
  • スマートウォッチ
  • モバイル音楽プレイヤー
  • モバイルWi-Fiルーター
  • 携帯ゲーム機
  • ワイヤレスヘッドホン
MEMO
国内販売された(技適マーク付き)メーカー純正品が対象

外出時に持ち歩ける通信機器なら、何でも補償してくれると思って構いません。デスクトップパソコンや家庭用ゲーム機など、家で使用する通信機器は対象外です。

海外製品も非対象なのでご注意を。

スマホは大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)だけでなくSIMフリースマホも対象です。格安SIMユーザーの方でもモバイル保険を利用できます。

Appleユーザーなら、高価なiPadやMacbookも保障してくれるのが嬉しいところ。ワイヤレスヘッドホンも通信機器となるので、Air Podsも対象です。

②iPhoneの高額な画面割れ修理も全額補償

日本人のおよそ2人に1人がiPhoneユーザーです。iPhoneにモバイル保険を適用させたい方も多いでしょう。

もちろん、iPhoneも補償対象です。

iPhoneの故障で多いのが画面割れ。近年のiPhoneは、画面割れ修理が尋常じゃなく高くなっています。

画面割れ修理の料金

iPhoneシリーズ 修理代金
11 Pro Max/XS Max 35800円
11 Pro/XS/X 30400円
11/XR 21800円
8 Plus/7 Plus 18400円
8/7 16400円

画面割れ修理で3万円以上の出費は本当に手痛いです。新しいスマホが買える値段ですからね・・。

仮に、画面以外の故障も発覚すれば修理代金は7万円を超えます。新しいパソコンを購入できる金額です。

モバイル保険に加入していれば、年間10万円まで補償あり。最新iPhoneがぐちゃぐちゃに全損したとしても、修理代金は全額戻ってきます。

モバイル保険とAppleCare+の比較(記事内ジャンプ)

③盗難でも補償してくれる

通常、スマホの端末保障は修理が伴わない盗難は保証対象外です。ですが、モバイル保険なら盗難被害でも保障してくれます。

盗難の補償金額

  • 主端末:25000円まで
  • 副端末:7500円まで

満額10万円は受け取れませんが、最大25000円の補償はありがたい限り。スリが発生しやすい海外でも安心です。

④家族名義で購入した端末も本人が利用していれば登録OK

モバイル保険は家族名義で購入した端末も登録可能です。登録条件としては、家族名義の端末を本人が管理していることが必須です。

「家族名義で購入したけど、使用・所有しているのは自分」といったケースで適用されます。

このルールを活用すれば、主端末は自分名義で副端末(2台まで)は家族名義の通信機器を登録、といった使い分けが可能です。

注意点として、回線契約(家族名義)しているスマホは、被保険者が管理しているとは見なされない可能性が高いので気をつけましょう。

⑤中古端末でも条件を満たせば加入できる

モバイル保険は、条件を満たせば中古端末でも保障してくれます。

中古端末の登録条件

  • 国内販売された製品
  • 販売店の保証が3ヶ月以上付いている

国内販売の条件は新品と一緒です。重要なのは後者。

中古販売店独自の保証が3ヶ月以上付いていれば登録OKです。保証の有無・保証期間は、必ず明記されているので確認してみて下さい。

条件が付きますが、新品より壊れやすいから中古端末を保障してくれるのは凄いことです。

3ヶ月保証

保証期間の記述(中古販売店イオシスより)

ヤフオクやメルカリなど、個人販売の端末は残念ながら対象外です。店舗ではなく個人の独自保証は認められません。

⑥正規店(Appleストア含む)の修理代金を請求できる

地味に見逃せないメリットが、正規店の修理代金を保障してくれるところ。特に、iPhoneユーザーはApple正規店を使えるのが大きいです。

Apple正規店は民間の修理業者より修理代金が高額です。

しかし、モバイル保険は修理店の指定がないので値段を気にせず正規店を利用できます。どうせななら、純正パーツを使うApple正規店で修理してもらいましょう。

⑦通信キャリアが変わっても補償継続

高い利便性も見逃せません。モバイル保険なら、通信キャリアが変わっても保険に加入し続けられます。

例えば、ドコモの端末補償オプションに加入している場合、他のキャリアや格安SIMに乗り換えると端末補償が無くなります。

ですが、モバイル保険なら契約先の通信キャリアが変わっても保険の継続OK。いちいち、面倒な保険加入の手続き&解約を繰り返す必要はありません。

CHECK!

モバイル保険の公式サイトへ
※高額iPhoneも全額保証

4.モバイル保険のデメリット2つ

逆にデメリットはありますか?

デメリットというか当たり前のルールだけど、自然消耗のバッテリー交換は補償対象外だから注意してね。

①自然消耗のバッテリー交換(iPhone含む)は対象外

バッテリー交換を補償してくれるかどうかは、気になるポイントだと思います。結論から言うと、残念ながらバッテリー交換は補償対象外です。

故障であれば補償可能ですが、大抵は自然消耗による経年劣化でしょう。故障ではないため保険金を申請することはできません。

iPhoneはもちろん、すべての通信機器で共通ルールです。

その他、以下のケースでも補償対象外となります。事前に確認しておきましょう。

その他、補償対象外のケース
  • 法令違反による故障
  • 海外販売の端末
  • 故意の故障
  • 同世帯の親族による故障
  • 置き忘れの紛失
  • 海外での故障
  • 自然消耗による劣化
  • その他(変色、変質、さび、かび、腐敗、腐食、浸食、ひび割れ、はがれ、ねずみ食い、虫食い)
  • 周辺機器(付属品)

②副端末の登録を主端末に変更できない

モバイル保険では、主端末1台と副端末2台の合計3台を登録できます。冒頭で解説した通り、保険金額は主端末が10万円で副端末が3万円です。

注意したいのが、契約途中に副端末で登録している通信機器を主端末に変更できないこと。逆に、主端末から副端末の変更は可能です。

登録ルール

  • 主端末から副端末の登録変更 → 不可
  • 副端末から主端末の登録変更 → 可
  • 主端末の変更 → 可
  • 副端末の変更 → 可

機種変更時の登録変更の心配はない

主端末から副端末に登録変更しなければ、どのパターンでも変更手続きできます。機種変更したときも、柔軟に登録変更できます。

例:機種変更した場合
  • 主端末の登録を新しい機種に変える
  • 古い機種を副端末登録に変更

5.運営元のさくら少額短期保険株式会社は信頼できる?

まだ、世間一般にあまり浸透していないモバイル保険。そもそも信頼できるのでしょうか。

モバイル保険を運用しているのは、さくら少額短期保険株式会社です。

会社名に保険と名前がついている通り、モバイル保険以外にも火災、地震、死亡、重度障害などあらゆる保険を取り扱っています。

会社設立は2006年。決算書が毎年公開されているので調査してみましたが、なんと税引き前純利益で10億以上の利益(単年)を残していました。すごいですね・・。

ぽっと出の会社ではありませんし、会社の資産も現金だけで40億弱と十分すぎるほど。よほどの有事が起きない限り倒産はありえないでしょう。

実績と資本の両面から十分に信頼できる保険会社と断言できます。

6.結局、モバイル保険は必要?口コミではなく数字で判断しよう

う~ん、モバイル保険に加入すべきかどうか・・。口コミだけが判断材料ですか?

いいえ。口コミより補償金額や補償回数の数字で見極めたほうがいいわよ。

実は、モバイル保険はまだ口コミがほとんど無いんです。新しく出来たサービスで認知度が低いですからね・・。そのため、保険の加入判断は口コミではなく数字で決めるべき。

ここでは、どんな人がモバイル保険に入るべきか解説していきます。

6-1.iPhoneユーザーはAppleCare+よりモバイル保険を選ぶべき

モバイル保険の利用を最も検討したいのがiPhoneユーザーです。実際、Apple Care+より本当にお得なのか比較してみましょう。

モバイル保険とAppleCare+の比較

モバイル保険 Apple Care+
料金 700円/月 12800円~22800円
補償金額 全額保証
(10万円まで)
一部負担あり
申込期間 購入から1年まで 購入から30日まで
保障期間 期限なし 2年
対象台数 3台 1台
補償回数 無制限 2年で2回

ご覧の通り、どの項目もモバイル保険が上回っています。

AppleCare+はルールがとにかく複雑です(ルール変更時のお知らせもない)。補償金額では、頻繁に故障する画面割れ修理に対して3400円の支払いが求められます。

高額なAppleCare+に加入しているのに、全額保証してくれないのはケチですよね。

対して、モバイル保険の補償ルールは明快です。修理代金に対して10万円までなら全額保証されます。

iPhoneの修理で10万円を超えることは無いので、実質全額保証といい切っていいでしょう。修理内容によって、別途◯◯円かかる・・といった悪質ルールもありません。

その他、保障期間と補償回数に制限が無いことも、モバイル保険が大きく有利と言える項目です。

iPhoneに限らず通信機器はいつか故障します。モバイル保険なら無期限で保障してくれるため、高い保険料を掛け捨てにしなくて済みます。

CHECK!

モバイル保険の公式サイトへ
※高額iPhoneも全額保証

6-2.端末代金5万円以上なら即決、3万円以下なら不要

モバイル保険を付けるべきは、やはり高額端末です。5万円以上の端末なら補償を付けて損はありません。

月額700円なので、2年加入したとしても保険料の総額は16800円。高額端末を何度でも修理できると考えれば、コスパは十分見合っています。

iPhoneは高額なので、モバイル保険との相性がとくにいいですね。前項で述べた通り、AppleCare+よりモバイル保険の方がお得です。

4万円台の端末は微妙なところ。普段から端末を壊しやすいなら、加入を検討しましょう。

3万円以下の端末ならモバイル保険は不要です。頑丈なスマホカバーで乗り切りって、故障したら新品に買い替えましょう。

POINT
副端末の登録を含めて、合計3台で10万円以上の価値がある場合も加入オススメ

6-3.Androidユーザーは大手キャリアの端末補償オプションでもいい

今度は、Androidユーザーがモバイル保険に加入すべきか考察していきましょう。Androidユーザーが大手キャリアで保証を付ける場合は、端末補償オプションに加入します。

モバイル保険と大手キャリアの端末補償オプション比較

モバイル保険 au※1
ドコモ※2
ソフトバンク※3
月額料金 700円 630~660円 330~1000円 650円
補償金額 全額保証
(10万円まで)
3000円~
8000円の負担あり
保証対象外は
上限5000円まで
全損は5000円負担
申込期間 購入1年まで 購入時のみ 購入14日まで 購入時のみ
補償期間 期限なし 3年 期限なし 期限なし
対象台数 3台 1台 1台 1台
補償回数 無制限 2年で2回 1年で2回 無制限

※1:故障紛失サポート
※2:ケータイ補償サービス
※3:あんしん保証パックプラス

MEMO
格安SIMの端末補償オプションは月額500円くらいが相場

純粋な月額料金だけで比較すると、モバイル保険が最も高いです。ただし、補償期間が無期限なのと3台まで登録できるのは有利なポイントです。

どちらを選ぶかは、どの項目を重視するかで変わります。

オススメの補償の選び方

  • 月額料金を重視 → 大手キャリアの端末補償
  • 補償期間・対象台数・補償回数を重視 → モバイル保険
  • 全額保証を重視 → モバイル保険

補償内容が落ちてもいいから月額料金の安さを求めたいなら、大手キャリアの端末補償オプションでしょう。

ただ、月額数十円しか変わらないのにモバイル保険の方が手厚い補償を受けられます。

充実した補償内容を求めるならモバイル保険を選びましょう。大手キャリアで端末補償オプションの加入時期を見逃した方も要検討です。

7.補足:保険金の申請・受け取りの流れ

スマホが壊れて補償されるときは、どういう流れになりますか?

補償は二通りの申請方法があるの。詳しく説明するわね。

7-1.修理代金を先払いしてマイページで申請

モバイル保険は、以下の流れで保険金を申請します。

保険金受取りまでの流れ

  1. 端末が故障
  2. 端末を修理する(自分で)
  3. マイページから保険金を申請
  4. 指定口座に保険金が振り込まれる

ポイントは、まず自分で修理代金を支払うこと。その後、修理にかかった代金を掲示して保険金を受け取ります。

マイページから保険金を申請する際は、以下の書類が必要なので準備しておきましょう。

保険金申請に必要な書類
  • 故障が分かる写真
  • 修理報告書または見積書
  • 領収書(レシートでOK)

書類はマイページでアップロードできるので、郵送の必要はありません。書類が受理されたら、1週間以内に指定口座へ保険金が振り込まれます。

電話のやり取りが無いので、とっても楽ですよ(心配ならサポートセンターに連絡できる)。

7-2.パートナー店ならキャッシュレスリペア(0円修理)で手続き不要

基本は、先に修理代金を支払って保険金を申請する流れですが、パートナー店(リペアパートナー)で修理すればキャッシュレスリペアが可能です。

MEMO
キャッシュレスリペアとは、修理代金の先払いなしで保険適用させること

キャッシュレスリペアは、iPhoneシリーズとGoogle Pixelシリーズで利用できます。

キャッシュレスリペアを利用する流れ

  1. マイページにてキャッシュレスリペアの事前申し込み
  2. パートナー店にて修理
POINT
最寄りのパートナー店はマイページのキャッシュレスリペアメニューから検索できる

この方法なら、先払いの必要なし。事前にマイページから申し込むので、修理会社にキャッシュレスリペアを利用したい旨を話す必要もありません。

修理完了時の支払いは無いので、そのまま請求無しで修理された端末を返してくれます。修理後、モバイル保険側に領収書などを送付しなくてOKです。

CHECK!

モバイル保険の公式サイトへ
※高額iPhoneも全額保証

8.この記事のまとめ

今回は、モバイル保険について詳しく解説してきました。

評判・口コミを無視して、保険料や補償金額から数字で判断しても加入は十分理にかなっています。サービス内容の充実度は非常に高いです。

加入条件は、

  • 1年以内に購入した端末
  • 国内販売で持ち運び可能な通信機器

を満たせばOK。中古端末でも、3ヶ月以上の保証が付いていれば加入できます。

モバイル保険に加入すべきかの分かれ目は、端末代金が5万円を超えるかどうか。新型iPhoneにAppleCare+を付けるなら、モバイル保険の方が有利ですよ。

おさらい

モバイル保険の加入条件は?

1年以内に購入した端末・国内販売で持ち運び可能な通信機器の2点を満たしていれば加入できます。

 

モバイル保険のメリットは?

合計3台まで永年補償されるのがメリットです。条件次第では、家族名義の端末や中古端末も補償されます。

 

モバイル保険のデメリットは?

自然消耗のバッテリー交換は補償対象外となります。

 

モバイル保険に加入すべき?

iPhoneユーザーは、Apple Care+よりモバイル保険の方が有利です。Androidユーザーも、端末代金が5万円以上なら検討すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。