動作確認されているY!mobile(ワイモバイル)の対応機種とは?

ワイモバイルの対応機種

Y!mobileはSIMカードだけを契約して手持ちのスマホで使うことができます。大手キャリアから乗り換える際に、現在使っているスマホをそのまま活用できれば端末代の節約になりますね。

しかし、どの端末でもY!mobileで使えるというわけではありません。Y!mobileを利用するためには、端末がY!mobileの回線(バンド)に対応している必要があります。

本記事ではY!mobileの対応機種の調べ方について解説します。現在使っている端末をそのままY!mobileで利用したい人は、ぜひ参考にしてください。

1.Y!mobile(ワイモバイル)の対応機種とは?

ずばり、Y!mobileの対応機種を教えて下さい。

機種によって条件が違うから、一言では言えないの・・。だけど、対応機種の調べ方を知ることで、Y!mobileで使えるのか分かるわよ。

1-1.動作確認済端末一覧で確認できる

Y!mobileの対応機種は公式サイトの「動作確認済端末一覧」ページから確認できます。

動作確認済端末一覧では、Y!mobileのSIMカードが利用できた実績のあるスマホが一覧で掲載されています。

ワイモバイルの動作確認

手持ちのスマホがこのページに掲載されていれば、Y!mobileを使うことが可能です。

対応しているSIMカードのサイズやOSのバージョンも確認できるので、手持ちのスマホでY!mobileを利用する場合は必ず目を通しておきましょう。

動作確認済端末一覧に載っていない端末も多数あり

Y!mobileの動作確認済端末一覧には本当なら使えるのに載っていない端末もたくさんあります。とくに大手キャリアのAndroidスマホはほとんど動作確認がされていません。

動作確認済端末一覧はあくまでも動作確認ができた端末を掲載しているだけであり、「掲載されていない=Y!mobileが使えない」というわけではありません。

1-2.Y!mobileの重要な対応バンド(B1/B3/B8)に対応していたらOK

Y!mobileを利用するためには、そのスマホがY!mobileの対応バンドに対応している必要があります。

バンドとは電波の周波数帯のことです。携帯電話会社には国からバンド(周波数帯)が割り当てられており、そのバンドを利用することでデータ通信や電話ができるようになっています。

つまり、Y!mobileのSIMカードを利用するためにはY!mobileのバンドに対応している必要があるわけですね。

Y!mobileの対応バンドは以下の通りです(3Gは重要性が低いため省略しています)。

Y!mobileの対応バンド(4G)
  • B1(2.1GHz)
  • B3(1.7GHz)
  • B8(900MHz)
  • B41(2.5GHz)

この中でも重要なのがB1/B3/B8の3つです。B1/B3/B8はいずれもY!mobileの主要なバンドで、全国各地の広い範囲をカバーしています。

とくにB8はプラチナバンドとも呼ばれ、都市部はもちろん地方や山間部までカバーしており、Y!mobileを使う上では必須のバンドです。

この3つのバンドに対応していれば、動作確認済端末一覧に掲載されていなくてもY!mobileを利用できます。

対応バンドについては各スマホのスペック表に記載されています(説明書かメーカーHPで分かる)。

対応バンドの確認方法

スペック表に記載されている対応バンド

スペック表の通信方式という項目に、そのスマホの対応バンドが載っています(項目名はメーカーによって異なることがあります)。

そこの4GまたはLTEの部分で「B1/B3/B8」が記載されていれば、Y!mobileを使える可能性が高いです。

海外輸入の端末は特にチェックしておこう

もし海外から輸入した端末で使う場合は国内モデル以上に入念に対応バンドをチェックしましょう。

国内モデルは大手キャリア3社のいずれか(またはその回線を利用する格安SIM)で利用することを想定しているため、たいていの機種はB1/B3/B8のいずれも対応しています。

しかし、海外モデルは日本で使うことを想定していないため、Y!mobileのバンドには対応していないことが多いです。

Y!mobileでは海外モデルの動作確認は一切されていないので、必ず自分で確かめましょう。

通信対応エリア格安スマホを購入する前に確認すべき対応バンド

1-3.キャリア版iPhoneは6s以降が使える

現在使っているiPhoneでY!mobileを利用したい人は多いと思います。

大手キャリアのiPhoneについてはSIMロック解除に対応しているiPhone 6s以降のモデルはすべて対応しています。

逆にiPhone 6や5sといったSIMロック解除ができない古いiPhoneについてはいずれもY!mobileで利用できません。

iPhoneのSIMロック解除のやり方については、以下の記事も参考にして下さい。

iPhone simロック解除3分で出来る!iPhoneをSIMロック解除(SIMフリー化)する方法

SIMフリー版iPhoneは5S以降で対応

SIMフリー版のiPhoneについては5s以降であればすべての機種が使えます。すべてのモデルでY!mobile公式による動作確認が行われているので安心です。

キャンペーン速報

オンライン限定のキャンペーンページからY!mobileを申し込めば、最大15555円分のTポイントが貰えます(終了未定)。

Y!mobileのキャンペーンページへ

その他の最新キャンペーンを見る

2.注意:Y!mobile(ワイモバイル)の対応機種でも、キャリア端末はSIMロック解除が必要

手持ちの端末をY!mobileで使う場合、必ずSIMロック解除が必要ですか?ソフトバンクのiPhoneなのですが・・。

その通り、必ず必要よ。Y!mobileはソフトバンクフループだけど、SIMロック解除が必要な条件は変わらないわ。

Y!mobileで大手キャリアのスマホを使う場合はSIMロック解除が必要な点に注意してください。

ドコモとauはもちろん、親会社であるソフトバンクのスマホを使う場合もSIMロック解除は必須です。

動作確認済端末であっても、SIMロックがかかったままのスマホは使えないので気を付けましょう。

中古で大手キャリアのスマホを購入してY!mobileで使う場合は、SIMフリーモデルにしてください。原則、中古スマホのSIMロック解除はできないためです。

ただし、ドコモに限り条件を満たせば中古のスマホでもSIMロック解除ができます。詳しい条件や対象機種については「ドコモの公式ページ」を参考にしてください。

3.【まとめ】手持ちの端末がY!mobile(ワイモバイル)で使えるのか、対応機種をチェックしておこう

以上、Y!mobileの対象端末について解説しました。

Y!mobileは独自に端末の動作確認を行い、その結果を動作確認済端末一覧に掲載しています。手持ちのスマホでY!mobileを使う場合は、まず一覧に掲載されているかを確認しましょう。

動作確認済端末一覧に掲載されていなくてもY!mobileの主要バンドである「B1/B3/B8」に対応していれば、Y!mobileを使えます。

端末の公式サイトのスペック表でB1/B3/B8に対応しているかどうかをチェックしてください。

なお、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の端末をY!mobileで使う場合は、すべてのケースでSIMロック解除が必要となります。

朗報:今なら最大15555円分のPayPayポイントが貰えます(終了未定)

オンライン限定で特設キャンペーンページから申込むとPayPayポイントが最大15555ポイント貰えます。

通常申し込みなら10000ポイント(プランSは5000ポイント)。5の付く日に申し込めば追加で5555ポイント付与されます(WEB限定)。

>>PayPayポイントが貰えるキャンペーンページへ


※朗報2:SIMカード単体契約で最大14400円の割引に(終了未定)

ソフトバンク以外の携帯会社からSIMカード単体契約(手持ちの端末を使う)でY!mobileへ乗り換えると、最大14400円が自動的に特別割引となります(WEB限定)。

特別割引
  • スマホプランM/L:14400円(600円×24ヶ月)
  • スマホプランS:9600円(400円×24ヶ月)

>>最大14400円割引の公式シークレットページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。