UQ mobile(UQモバイル)

UQモバイルのサービスエリアと電波状況について完全解説

uqモバイルのエリア

UQモバイルと契約しても、ちゃんと電波が繋がるのか?サービスエリアが気になる・・・。

UQモバイルに契約する前に心配なことと言えば、サービスエリアですよね。いくら利用料金が安くても、まともに電波が入らなければ意味がありません。この記事では、UQモバイルのサービスエリアについて詳しく解説。都心だけでなく田舎まで電波が入るのか詳しく解説しています。ぜひ、参考にして下さいね。

1.UQモバイルのサービスエリアとは?

さっそく、UQモバイルのサービスエリアについて見ていきましょう。

1-1.サービスエリアはauと同じ

auのサブブランドであるUQモバイルは、本家auと同じ回線を使用しています。いわゆるau系の格安SIMです。auと同じ回線を使用するため、人口カバー率は99%。人が住む地域なら問題なく使用可能です。地方の方でも通話が途切れる心配はありません。また、都心の方は地下鉄でもauエリアなら通話が可能です。通話品質も良好です。

auサービスが使えるわけではない

サービスエリアはauと同じUQモバイルですが、auのサービスを使えるわけではありません。auポイントやauメールは引き継げないので注意しましょう。詳しくは、「auからUQモバイルに乗り換える方法」の記事にて解説しています。

1-2.データ通信は3G回線が非対応

音声通話はauとまったく同じUQモバイル。では、データ通信はどうなるのでしょうか。UQモバイルはデータ通信もauと同じ回線を使用。4G LTEのプラチナバンド(800MHz)にも対応しています。料金プランやSIMカードのタイプによって通信品質が変わることもありません。

ただし、auと唯一違うのが、3G回線の対応です。UQモバイルを含め、au系の格安SIMは通信規格の関係で3G回線が使用できません。3G回線は低速通信ではありますが、対応地域が広いので地方で重宝されていた回線です。

しかし今は、4G LTEがほぼ全域の人工カバー率を誇るほど普及してきました。そのため、3G回線が使えないことによるデメリットはほとんどありません。実際、3G回線の提供自体が、2017年以降に順次終了してきています。一応、3G回線が使えないことはデメリットなのですが、気にするほどのレベルではないでしょう。

通信速度は本家auとほぼ同じ

UQモバイルの通信速度は、auとほぼ同じです。さすがに親会社のauよりは多少速度が落ちますが、体感速度は変わらないので快適にデータ通信ができます。

ちなみに、大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)と同レベルの通信速度が出る格安SIMは、UQモバイル以外にY!mobileくらいしかありません。この2社は格安SIMの中で屈指の通信品質を誇ります。

1-3.サービスエリアの検索方法

UQモバイルでは公式サイトからサービスエリアマップを見ることができます。都道府県別に、サービスエリアを検索できるので、自分の地域がカバーされているか確かめてみましょう。UQ WiMAXのエリア検索と間違えないように気をつけて下さいね。

UQモバイルのサービスエリア

沖縄や離島など広範囲に調べることができますよ。

1-4.田舎で利用するなら確認しておきたい対応バンド

au回線を使用するUQモバイルは以下のバンド(対応周波数)を利用しています。

  • バンド1(2.1GHz)
  • バンド11(1.5GHz)
  • バンド18(800MHz)
  • バンド26(850MHZ)
  • バンド28(700MHz)

過疎地など、人口が極端に少ない田舎でUQモバイルを利用する方は、バンド1とバンド18(26でもOK)に対応している端末だと心強いです。バンド1は基本的な対応周波数なので、国内販売されている端末ならSIMフリースマホでも対応しています。

重要なのが、バンド18か26の対応です。この2つは、山間部でも回り込みに強く電波が入りやすいです。地方・田舎でUQモバイルと契約するなら、対応しておきたいバンドとなります。

対応バンドを調べる方法

対応バンドを調べる方法は、端末のスペック表を見るのが手っ取り早いです。

バンドの確認方法

B1と書かれていたら、バンド1に対応していることを意味します。なお、UQモバイルで利用する端末ですが、SIMフリースマホはもちろんキャリア端末でも利用可能です。ドコモ・ソフトバンク端末はSIMロック解除が必須ですが、iPhoneをはじめほとんどの機種で利用できます。

詳しくは、「UQモバイルの対応機種」の記事も確認してみてください。

2.UQモバイルの電波状況は悪い?

UQモバイルのサービスエリアがわかったところで、実際の電波状況は良好なのか気になります。そこで、UQモバイルを実際に利用しているユーザーの電波状況に関する口コミを調べてみました。

※価格.comを参照しています

auから乗り換えたが、特に変わりなくら使えています。

時々ウェブを利用します。主にショッピングサイトですが、特にもたつきなどは感じません。

山奥に住んでいますが心配するほどつながらないことはなかったです。

サクサクつながり、よっぽどのことがなければ困ることはないです。

前はauを使っていたので あまり変わらないです。

地下や山奥だと繋がりにくいときもあります。

口コミを見ていると、繋がりやすさに関しては問題なさそうです。筆者も横浜の田舎でUQモバイルを契約しているのですが、まったく問題ありません。口コミでは、山奥でも大丈夫だったとの意見もありました。1件、山奥で繋がらなかったとの意見もあったので載せてあります(どれだけ山奥行ったんだよと突っ込みたくなりますが・・)。

どちらかと言えば、みんな通信速度に関する関心が強いですね。電波については何も気にしなくて大丈夫です。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、UQモバイルのサービスエリアと電波の状況について詳しく解説してきました。サービスエリアについては、auと同じ回線を使用しているため心配する必要はありません。田舎まで問題なく繋がるので、不便に感じることはありませんよ。

電波の入り具合についても、特に悪い評判はありません。実際に筆者も問題なく使えていますし、災害などが起きない限りは通常通り使用できます。UQモバイルのサービスエリアや回線、電波について心配していた方は安心して大丈夫ですよ。

UQモバイルの注目記事
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。