UQ mobile(UQモバイル)

解約金はいくら?UQモバイルの解約方法を全解説

UQモバイルの解約方法を知りたい!

通信事業者によってルールが異なる解約のやり方。UQモバイルはどうすればいいのでしょうか?

この記事では、解約金・手数料の発生条件や詳しい解約手順について解説しました。UQモバイルの解約方法を探している方はぜひ参考にして下さいね。

0.結論

UQモバイルの解約金、解約方法について結論をまとめると以下となります。

解約金・手数料

  • 解約金:9500円
  • MNP転出手数料:3000円
  • 合計:12500円

※MNP(現在の電話番号で他社に乗り換え)しない場合はMNP転出手数料はなし

解約金無料のルール

  • おしゃべり・ぴったりプラン:更新月の解約
  • 端末購入アシスト解除料:13ヶ月目以降
  • データ通信専用SIMは解約金なし

解約方法

  • 電話番号:0120-929-818(受付9:00~21:00)
  • MNP転出の場合はmy UQ mobileから手続き可能

それぞれ詳しくは次章から解説していきます。

1.UQモバイルの解約金

UQモバイルの解約金は契約タイプによってルールが異なります。詳しく見ていきましょう。

1-1.解約金が発生するケース

UQモバイルの解約金(違約金/契約解除料)は9500円です。しかし、全員が解約金を支払うわけではありません。解約金の発生条件には以下のルールがあります。

  解約金 最低利用期間 解約金無しの条件
おしゃべりプランS/M/L 9500円 24ヶ月 更新月の解約
ぴったりプランS/M/L 9500円 24ヶ月 更新月の解約
データ高速+音声通話プラン 9500円 12ヶ月 13ヶ月目以降の解約
データ無制限+音声通話プラン 9500円 12ヶ月 13ヶ月目以降の解約
データ高速プラン なし なし
データ無制限プラン なし なし

おしゃべり・ぴったりプランはほとんどの人が解約金の支払い対象

おしゃべり・ぴったりプラン(かけ放題付きの料金プラン)の方は、2年に一度訪れる2ヶ月間の更新月以外は解約金が発生します。

自動更新の仕組み

更新月が過ぎればまた2年契約の自動更新となります。残念ながらほとんどの方が更新月以外で解約することになるため、解約金の支払いは必須と考えておきましょう。

データ高速・無制限+音声プランは2年目から解約金が無料

データ高速・無制限+音声プランに加入している方は、最低利用期間の12ヶ月(利用開始日から365日後)が過ぎれば解約金は発生しません。

こちらは、おしゃべり・ぴったりプランとは対象的に多くの方が解約金を支払わなくて済むでしょう。

データ通信専用SIMは解約金なし

データ通信専用SIM(音声通話ができないタイプのSIMカード)の場合は、解約金は無料で最低利用期間もありません。通話機能が無い(LINE通話などは利用可)のはデメリットですが、いつでも解約できる自由があるのは大きな魅力です。

1-2.他社との比較

音声通話SIMで契約した場合の解約金・最低利用期間を他社と比較してみましょう。

格安SIM 最低利用期間 解約金 自動更新
UQモバイル 24ヶ月 9500円 あり
Y!mobile 24ヶ月 9500円 あり
楽天モバイル 24ヶ月 9800円 なし
LINEモバイル 13ヶ月 9800円 なし
DMMモバイル 13ヶ月 9000円 なし
OCNモバイルONE 6ヶ月 8000円 なし

他社と比べると自動更新ありで最低利用期間が24ヶ月のUQモバイルは条件が悪いことが分かります。しかし、UQモバイルの条件が厳しいのはかけ放題付きの料金プランだからです。

UQモバイルと同じかけ放題付きの料金プランを展開するY!mobileも、自動更新と最低利用期間のルールが同じとなっています。解約金の金額については、他社と同じくらいです。

1-3.更新月の確認方法

UQモバイルのおしゃべり・ぴったりプランは更新月に解約すれば解約金が無料となります。

現在の契約状態が更新月なのか?あるいは、あとどれくらいで更新月になるのか?についてはmy UQ mobileより確認します。

1.my UQ mobileにログイン

my UQ mobileはこちら

2.トップ画面の「ご契約中のプラン」に記載

次回更新月と書かれている箇所に記載されています

1-4.解約金以外の手数料

UQモバイルを解約する際は、解約金以外にも以下の手数料が発生する場合があります。

(1)端末購入アシスト解除料

端末購入アシストとは、端末代金を契約月の翌月から分割払いできる制度です。通常は分割払いの方が一括払いより最終的な支払い総額が高くなります。

しかし、端末購入アシストなら、最終的な支払総額が分割払いにもかかわらず一括払いと同じになります。

※端末購入アシストの新規申し込みは2017年6月で終了

UQモバイルに端末購入アシストで申込んだ方で、端末代金の残債が残っている方は端末購入アシスト解除料を請求されます。

端末購入アシスト解除料は、毎月の分割払い金額と残債の金額によって変わります。

例えば、端末購入アシスト1500(毎月の分割払い金額が1500円)で36500円の端末を購入した場合、12ヶ月で解約したら18000円(36500円-1500円×11ヶ月)が請求されます。24ヶ月で解約したら、1500円(36500円-1500円×23ヶ月)が請求されます。

※端末購入アシスト解除料は残債の一括請求と同じ

端末購入アシスト解除料と名前が付くと高く解約金を請求されるイメージがありますが、実際は端末代金の残債を一括で請求しているに過ぎません。

つまり、本来支払うべき端末代金を一括で精算するだけなので、解約金とは違い金銭的に損するわけではありません。

(2)MNP転出手数料

UQモバイルと音声通話SIM(おしゃべり・ぴったりプラン含む)を契約している方で、次の通信事業者でも電話番号を引き継ぎたい方は、UQモバイルでMNP転出手続きを行います。

その際に、MNP転出手数料として3000円の支払いがかかります。なお、MNP転出手数料はMNP予約番号発行時点ではなく、他社への乗り換えが完了した時点で手数料発生となります。

詳しい、MNP転出の方法は次章で解説します。

2.UQモバイルの解約方法

ここではUQモバイルの解約方法について詳しく見ていきましょう。

2-1.通常解約の解約手順

UQモバイルを解約するには、UQお客さまセンターに連絡します。

■UQお客さまセンター 0120-929-818(受付9:00~21:00)

上記の連絡先に電話したら自動ガイダンスが流れるので、2→3の順番で番号を押して下さい。その後、オペレーターに繋がったら解約したい旨を伝えましょう。

解約の際は、

  • 電話番号
  • 暗証番号

が必要です。電話番号はデータ通信専用SIMの方でも必ず割り振られていますので、契約書類かmy UQ mobileから確認しましょう。

暗証番号はUQモバイル申込時に設定した4桁の番号です。忘れた方はオペレーターに伝えて個人情報から照合してもらいましょう。

解約タイミングは即時

UQモバイルとの解約タイミングですが、通常解約の場合は電話を切ったら即時で解約状態となります。解約タイミングを選ぶことはできません。

2-2.MNP転出の解約手順

次の通信事業者で、現在使っている電話番号を引き継ぎたい場合はMNP転出の解約手順を行って下さい。

MNP転出を行う場合は、

  1. 電話かネットでMNP予約番号を発行
  2. 次の通信事業者でMNP予約番号を使って転入

の2ステップで完了します。UQモバイル側でのMNP転出手続きはMNP予約番号の取得までとなります。

電話でMNP予約番号を取得する方法

電話でMNP予約番号を取得する場合はUQお客さまセンターに連絡します。

■UQお客さまセンター 0120-929-818(受付9:00~21:00)

自動ガイダンス2→3を押してオペレーターに繋がったら、MNP予約番号を発行したい旨を伝えましょう。

ネットでMNP予約番号を取得する方法

ネットでMNP予約番号を取得する場合はmy UQ mobile(受付9:30~20:30)にて手続きを行います。

  1. 「my UQ mobile」にログイン
  2. 「ご契約内容」をタップ
  3. 契約一覧照会/変更の「契約回線情報一覧」をタップ
  4. 「詳細へ」をタップ
  5. 「他社乗り換え」をタップ

以上でMNP予約番号を発行できます。

UQモバイルでMNP予約番号を発行したら、早めに次の通信事業者と契約しましょう。MNP予約番号には15日の有効期限がありますが、多くの通信事業者では有効期限が10日以上残っていることが契約条件となっています。

次の通信事業者と契約(MNP転入)ができたら、UQモバイルとの契約は自動で解約となります。

※MNP予約番号の発行だけでは解約されない

UQモバイルとの解約タイミングは次の通信事業者と契約した時です。MNP予約番号を発行しただけでは解約扱いにはならないので注意して下さい。また、MNP転出手数料の支払いも、MNP乗り換えが完了した時点で発生となります。

2-3.解約月の請求は日割り計算?

解約月の請求は、

  • 基本料金:日割り計算
  • オプション料金:一部日割り計算無し

となります。

日割り計算が無いオプションは、

  • セキュリティサービス(月額290円)
  • 通話明細サービス(月額100円)

の2つです。その他のオプションは日割り計算となります。

一部のオプションサービスで日割り対象外はありますが、UQモバイルの利用料金はほぼすべて日割り計算になると考えて問題ありません。

2-4.損しない解約タイミング

UQモバイルの解約は月初・月末のどちらがお得なのでしょうか?

結論から言うと、月初がお得なパターンと、月末がお得なパターンの2つに分かれます。

月初がお得なパターン

UQモバイルを月初に解約した方がお得なのは、

  • UQモバイルで日割り対象外オプション契約をしていない
  • 次の通信事業者が初月の利用料金無料サービスを行っている

に当てはまる人です。UQモバイルで日割り対象外オプションを契約していない方は利用料金がすべて日割りとなるため月初に解約しても損することはありません。

さらに、月初の解約がお得なパターンとしては、UQモバイル解約後に乗り換える通信事業者がキャンペーンを行っている場合です。

例えばLINEモバイルでは契約月の利用料金が無料となります。当然月初に契約した方が、無料期間が長いためお得です。

初月の利用料金が無料の格安SIM

上記の格安SIM会社に乗り換える場合は、UQモバイルを月初に解約した方がお得です。

月末がお得なパターン

UQモバイルを月末に解約した方がお得なのは、

  • UQモバイルで日割り対象外オプション契約をしている
  • 次の通信事業者で初月無料サービスが無い

となります。月末がお得なパターンでは、月初がお得なパターンの真逆となります。

UQモバイルで日割り対象外オプション(セキュリティサービス/通話明細サービス)を利用している場合、月初に解約してしまうとせっかくのオプションがほとんど利用すること無く利用料金だけ支払って解約となってしまいます。

また、次の通信事業者で初月無料サービスが無い場合も月末の解約でいいでしょう。前述した「初月の利用料金が無料の格安SIM」に当てはまらない通信事業者に乗り換える場合は月初に解約するメリットがありません。

両方の条件が重なる時

もし、UQモバイルで日割り対象外オプションを契約しているけど、次の通信事業者で初月の利用料金無料サービスを行っている場合はどうすればいいのでしょうか?

この場合は、月初に解約した方がいいです。日割り対象外オプションのセキュリティサービスと通話明細サービスは両方契約している場合でも月額390円と少額です。

そのため、次の通信事業者で初月の利用料金無料サービスを行っている場合は、こちらを優先して月初にUQモバイルを解約してしまった方がお得となります

2-5.SIMカードの返却は不要

UQモバイルと解約した後に残ったSIMカードは返却する必要がありません。

契約が切れている状態ではただのプラスチックに過ぎませんが、何らかの手段で悪用される可能性も0とは言い切れないので、紙にくるんで捨てるか金属部分に傷を入れて破棄しましょう。

3.UQモバイルの解約に関するQ&A

3-1.端末代金の残債はどうなる?

まず、端末代金の支払いが残っている状態でUQモバイルが解約できるかどうかについてですが、こちら問題なく解約可能です。解約後の残債については、今までと同じ支払い方法で分割払いが継続します。

もし、一括で残債を清算したい場合は解約時にオペレーターに相談しましょう。一括精算の手続きを行ってくれますよ。

3-2.メールアドレスはどうなる?

結論から言うと、使用不可となります。UQモバイルではキャリアメール(@uqmobile.jp)を利用できますが、解約後はメールアドレスが無くなります。

そのため、解約前の準備として大事なメールがある場合はSDカードなどに保存しておきましょう。GmailやYahoo!メールなどフリーメールを使用している場合は、UQモバイル解約後も引き続き同じアカウントで使用できます。

3-3.解約後に再契約はできる?

UQモバイルを解約した場合、同じSIMカードで再契約することはできません。新たにUQモバイルと契約する場合は、新規契約の手続きが必要です。

UQモバイルを再契約すれば料金プランの割引制度を一から享受できるのでは?と考える方もいるでしょう。

しかし現実には、再契約で割引制度を何度も利用されるのを防ぐために解約金が用意されています。さらに、UQモバイルと新規契約を繰り返すということは電話番号も毎回変わることになります。

割引制度狙いで再契約を考えている方は実質不可能と考えておきましょう。

3-4.解約後にSIMロック解除はできる?

UQモバイルでは、iPhoneをSIMカードとセット契約した場合のみSIMロックが付いています。UQモバイルで購入したiPhoneを他社で使う場合はSIMロック解除が必要です。

UQモバイル解約後のSIMロック解除ですが100日以内なら手続き可能です。

SIMロック解除の手続きは、

  • my UQ mobile
  • 店舗
  • 電話

にて可能です。なお、UQモバイルでAndroid端末を購入した場合は、すべてSIMフリースマホ(SIMロック解除が外れている)なので気にすることはありません。

4.まとめ

いかがでしたか?

UQモバイルの解約はやや複雑に見えますが、分かりにくいのは解約金の有無だけです。UQモバイルは多くの方がおしゃべりプランかぴったりプランで契約するため、基本的には9500円の解約金が発生すると考えておきましょう。

解約方法自体は電話かネット(MNP転出する場合のみ)にて簡単に手続きができますよ。

次の通信事業者がまだ決まっていない場合は、以下の記事を参考にして下さいね。

https://l-kyojin01.jp/archive/4036

UQモバイルの注目記事
あわせて読みたい