povo(ポヴォ)は家族割プラスの対象外!家族通話や人数カウントもないので注意

povoに家族割はある?

この記事のポイント

  • povoは家族割を利用できないが十分すぎる安さ
  • auユーザーの方は、povo移行により家族分の割引額が減る可能性あり

「povoって家族割を利用できるの・・?」

月額料金が大幅に安くなることで話題のpovo(ポヴォ)ですが、家族割を利用できるかどうかが気になりますね。

結論から言うとpovoでは家族割を利用できません。家族割の人数にもカウントされません(現在は早期特典でカウントあり)。

auで家族割を利用している場合は、特に注意が必要です。しかしながら、月額料金は家族割なしでも十分すぎる安さとなっています。

\5G対応!3GB990円~

1.povoは家族割の利用ができない

povoに家族割はありますか・・?

残念だけど、家族割サービスはないわ。

家族割プラスやauスマートバリューは継続不可

povoに乗り換えると(auから移行含む)、以下の割引がなくなります。

利用不可
  • 家族割プラス:家族でauを契約すると月額料金が最大1,100円割引
  • auスマートバリュー:対象の光回線とセットで月額料金が割引

どちらも対象となるのはau本家のプランのみ。povoは対象外なので、割引を継続できません。

auから移行するなら特に注意

auユーザーがとくに注意してほしいのが家族割プラスです。家族割プラスはauを契約している家族の人数で割引額が決まります。

povoに移行することで、au利用中の家族の料金が高くなる恐れがあるのです。

au家族割の割引例

  • 家族2人で利用:1人あたり550円の割引
  • 家族3人で利用:1人あたり1,100円の割引

例えば、3人家族の1人がpovoへ乗り換えると割引額が1,100円から550円に減少します。言い換えれば、家族のスマホ代が550円高くなるわけですね。

なお、上記の割引額は現行プランを契約している場合です。実際の割引額はプランによって異なります。

家族割プラスの詳細はこちらのページも参考にしてください。

家族通話の特典もない

povoでは家族通話の特典もありません。auの場合、家族割により家族間の国内通話料およびSMS送信料が24時間無料です。

家族割対象外のpovoは、家族間の通話でも通話料がかかります。代替となる通話サービスもないため、家族間の電話が多い人は要注意です。

かけ放題オプションで代用するか、LINEなど通話料がかからない方法でやりとりしましょう。

基本料0円からトッピング/
povo

2.早期特典のみ家族割プラスの人数カウントに入る

povoでは家族割プラスが適用されませんが、家族割プラスの人数にカウントされる「早期特典」が用意されています。

受付期間中にpovoへ乗り換えて家族割プラスに申し込むと、povo利用者も家族割プラスの人数にカウントされるという特典です。

家族3人のケースで考えると、1人がpovoへ乗り換えても早期特典が適用されれば「3人で家族割プラスを利用している」ことになり、家族分の割引額が減りません。

早期特典は終了時期が未定ですが、なるばく早く申し込むことをおすすめです。

MEMO

早期特典を利用して家族割プラスの人数にカウントされても、通話料は無料にならない

3.家族割が無くてもpovoは十分に安い

家族割が無いのは残念です・・

そうね。だけど、月額料金は十分な安さよ。

povoは家族割による割引を受けられませんが、それでも料金は十分に安いです。実際にauの既存プランと月額料金を比較してみました。

au(家族割あり)と料金比較

家族割プラス
(3人以上)
家族割プラス
+auスマートバリュー
povo 2,728円 ※家族割適用なし
ピタットプラン 5G ~1GB:2,178円
1~4GB:3,828円
4~7GB:5,478円
~1GB:2,178円
1~4GB:3,278円
4~7GB:4,928円
使い放題MAX 5G 6,138円 5,038円

ピタットプラン 5Gの場合、1GB以上利用すると家族割プラス+auスマートバリューでも3,278円かかります。povoなら2,728円で20GBのデータ通信を利用可能です。

毎月のデータ通信量が1GB以下ならpovoより安くなりますが、それ以外の人はピタットプランよりpovoにしたほうがお得です。

使い放題MAX 5Gと比べても、povoにすることで月額料金が半額ほどまで下がります。データ通信量が20GB以下ならpovoのほうが圧倒的にお得です。

POINT
ドコモやソフトバンクで家族割を利用中の方も上記の表とほぼ同じ結果となる(povoの方が安い)

4.最も家族割の条件がいいキャリアの格安プランはahamo

大手キャリアの格安プランはいずれも家族割などの対象外ですが、その中で最も条件が良いのはドコモが提供するahamoです。キャリアの格安プランにおける家族割の条件を比較しました。

家族割条件の比較(キャリア別)

家族割
(割引特典)
家族割の
人数カウント
家族間の
無料通話
ahamo なし あり あり※2
povo なし※1 なし
LINEMO なし なし
楽天モバイル なし なし

※1 早期特典のみカウント
※2 ドコモからahamoへの通話のみ

ahamoは家族割による割引はないものの、ドコモの家族割の人数にはカウントされます。そのため、ahamo契約者本人は割引を受けられませんが、ドコモを利用する家族は継続して割引を受けられます。

また、ドコモを利用している家族からahamoへの通話は無料です。少し手間はかかりますが、メールなどで電話をかけてほしいことを伝えてから連絡してもらえば家族間の通話料を抑えられます。

povo・LINEMO・楽天モバイルでは家族割の人数にカウントされませんし、家族間の無料通話もありません。

ahamoの評判を見る

5.まとめ

povoはauの家族割が適用されません。auの家族割を継続利用したい方は注意が必要です。

家族割が適用されない影響が出るのはau本家を利用する家族で、povo利用者本人にとってはさほど問題ではありません。

割引を考慮しても、au本家よりpovoのほうが安いからです。家族間の通話についても、最近ではLINEがメインで電話はほとんど使わないという人も増えています。

家族割が使えなくても、povoは十分おすすめですよ。

\5G対応!3GB990円~

【2021年】スマホ代を劇的に下げるなら?

安さ重視→楽天モバイル

公式サイトへ

 

1GB以内なら0円、20GBでも全携帯会社で最安の2178円に。さらにRakuten Linkで通話料はどこにかけても無料です。

今なら誰でも5000ポイント還元&3ヵ月無料キャンペーン中。ポイント還元で実質0円の端末もあり。iPhoneは最安値で購入できます。

月額料金 初期費用・解約金 iPhone販売
0円~ 0円 あり

品質重視→LINEMO

公式サイトへ
LINEMO

ソフトバンク回線をそのまま利用するLINEMOは通信品質が良好です。料金は、3GB 990円と20GB 2728円の2種類のみ。

LINEアプリはデータ消費なしで使い放題。キャリア品質なのに格安SIMより割安です。通話重視なら、無制限かけ放題を利用できます。

月額料金 初期費用・解約金 iPhone販売
990円~ 0円 なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。