UQ mobile(UQモバイル)

UQモバイルの家族割を適用条件から申込方法まで全解説

UQモバイルの家族割について知りたい!

UQモバイルでは家族の利用料金が割引となるUQ家族割が利用できます。お得なUQ家族割ですが、適用条件や申し込み方法についてよく分かりませんよね。

また、実際にUQ家族割に申し込むとなると、家族が同居していない場合や支払い方法など細かな点も気になってきます。この記事では、UQモバイルの家族割について完全調査。複雑な家族割の仕組みや申し込み方法を分かりやすく解説しました。

家族でUQモバイルを利用しようと考えている方は、ぜひ参考にして下さいね。

0.結論

(1)UQ家族割の内容

2回線目(家族2人目)から月額基本料金が500円割引

(2)UQ家族割の適用条件

  • おしゃべり・ぴったりプランの加入
  • 同一性・同一住所でなくても家族なら適用

(3)UQ家族割の申し込み方法

  • 電話
  • 店舗
  • 郵送

(4)節約効果

大手キャリアから家族単位でUQモバイルに乗り換えた場合、最低でも年間20万円以上の節約が見込める

※それぞれ詳しくはこれから解説していきます。

1.UQ家族割の適用条件

UQ家族割の適用条件について詳しく見ていきましょう。

1-1.UQ家族割の内容

UQ家族割は2回線目以降の月額基本料金が500円割引になります。シンプルな仕組みで非常に分かりやすいです。

uq家族割

UQ家族割の仕組み

家族4人の場合は、親回線となる夫の利用料金はそのままですが、子回線となる母・子供の月額基本料金が500円ずつ(500円×3人で合計1500円)最大9回線まで割引される仕組みです。

家族割適用後の利用料金は以下となります。

  • プランS:1980円→1480円
  • プランM:2980円→2480円
  • プランL:4980円→4480円

割引期間はずっと続く

家族割の割引期間は特に決まっていません。家族でUQモバイルを利用し続ける限り、UQ家族割は適用されたままとなります。

家族間無料通話は無い

大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)では利用できる家族間の無料通話ですが、UQ家族割では残念ながら無料通話がありません。

UQモバイルの料金プラン(おしゃべり・ぴったりプラン)には最初から5分かけ放題か定額制の無料通話が付いているため、特に家族間を優遇する通話プランは用意されていません。通話に関しては大手キャリアと同じ感覚で家族割が使えないので注意しておきましょう。

1-2.対象プラン

UQ家族割は全プランが対象ではありません。

対象プランとなっているのは、

  • おしゃべりプランS/M/L
  • ぴったりプランS/M/L

のみです。親回線、子回線ともにおしゃべり・ぴったりプランに加入する必要があります。仮に、おしゃべり・ぴったりプラン以外の料金プランに加入した場合、家族内でもUQ家族割は適用外となります。

1-3.同一性・同居の必要性

UQ家族割は、基本的に同一性(名字が同じ)、同居の家族が対象です。しかし、家族である証明書を掲示できれば、離れて暮らす家族でもUQ家族割の適用となります。

また、家庭の事情で同一性でない場合でも、家族の証明書を提出することによりUQ家族割は適用されます。詳しい申し込み方法については次章で詳しく解説します。

2.UQ家族割の申込み方法

UQ家族割の適用条件が分かったら、今度は具体的な申し込み方法について見ていきましょう。

2-1.申込みはネット以外で可能

UQ家族割の申込みは、

  • 店舗:UQスポット、UQモバイル取扱店
  • 電話:UQお客様センター(同一性・同一住所のみ)
  • 郵送:契約申込書を送付

のいずれかで申込みます。my UQ mobile経由のネット手続きはできませんので注意してください。最も簡単な手続きの手段は電話です。同一性(苗字が同じ)・同一住所の家族は電話からUQ家族割に申し込むといいでしょう。

電話以外なら、近くにUQモバイルの店舗がある場合は店舗申込み、近くに店舗が無い場合は郵送申し込みをおすすめします。

※UQモバイルの店舗について

UQモバイルの店舗は、専門店のUQスポットと家電量販店などで即日開通を受け付けているUQモバイル取扱店に分かれます。UQスポットは都心部を中心に全国で100店舗ほどしか無いため、ほとんどの方は家電量販店やショッピングモール内のUQモバイル取扱店にて手続きを行います。

UQスポットとUQモバイル取扱店の違いや店舗の探し方を知りたい方、こちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
uqスポット
キャンペーンも利用可!UQモバイルを店舗で契約する方法UQモバイルと店舗で契約したいけど、どうすればいいの・・・? UQモバイルはネットだけでなく店舗を利用できる格安SIM会社です。店...

2-2.店舗で申し込む方法

UQ家族割を店舗(UQスポット、UQモバイル取扱店)で申し込む場合は、必要書類を持って家族全員(同一住所の場合)で手続きを行います。

1.必要書類を揃える

UQ家族割の申込みに必要な書類は以下の通りです。

  • 親回線(通常は夫)の本人確認書類
  • 子回線(通常は妻・子供)の本人確認書類

※苗字、住所が異なる場合

苗字、住所が異なる場合は、親回線・子回線の本人確認書類と以下の書類(発行から3ヶ月以内)が最低1点以上は必要です。

  • 戸籍謄本
  • 住民票
  • 健康保険証
  • 遠隔地用健康保険証
  • 同性パートナーシップ証明書

2.家族で来店してUQ家族割の適用を伝える

家族が同居している場合は、家族全員でUQモバイルの店舗に来店しましょう。家族が揃っていれば、家族の証明書類提出が不要となります。家族全員で来店できない場合は必ず、家族の証明書類を忘れずに持っていきましょう。

2-3.電話で申し込む方法

最も手続きが簡単な電話の申込みは、同一性・同一住所の家族のみ手続きが可能です。電話申込の方法は以下となります。

1.UQお客様センターに電話

  • UQお客様センター:0120-929-818
  • 対応時間:9:00~21:00(年中無休)

※電話は必ず親回線の契約者(通常は夫)が行って下さい

2.オペレーターにUQ家族割加入の意思を伝える

3.追加する子回線の情報を伝える

オペレーターに伝える子回線の情報は、

  • 契約者の氏名
  • 電話番号
  • 住所

となります。以上で、電話からのUQ家族割の申込みは完了です。

2-4.郵送で申し込む方法

郵送でUQ家族割に申し込む場合は、UQ家族割契約申込書を取得して必要書類とともに送付する流れとなります。

1.メールフォームからUQ家族割契約申込書の取得を依頼

メールフォームはこちら

お問い合わせ内容の「家族割申込書」にチェックを入れて申請してください。

家族割申し込み書の請求

2.UQ家族割契約申込書と必要書類を送付

必要書類は以下の通りです。

(1)同一性・同一住所の場合

  • 親回線となる契約者の本人確認書類
  • 子回線となる契約者の本人確認書類

(2)苗字・住所が異なる場合

  • 親回線となる契約者の本人確認書類
  • 子回線となる契約者の本人確認書類
  • 家族の証明書類(戸籍謄本、住民票、健康保険証、遠隔地用健康保険証、同性パートナーシップ証明書)

以上で郵送からの家族割の申込みは完了です。

2-5.契約したあとから申し込める?

UQ家族割は契約後でも問題なく申請できます。「UQモバイルのキャンペーン」では新規契約時のみ適用となるケースが多いのですが、家族割に関してはいつ申請しても問題ありません。

時間の問題で家族割の申請を後回しにしたい場合は、先にUQモバイルと契約して落ち着いてから家族割の手続きを行うといいでしょう。

3.UQ家族割はどれくらいお得?

UQ家族割は本当にお得なのでしょうか?他社の家族割と比較してみました。

3-1.大手キャリアと比較

大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)では、現在家族割の存在感が非常に薄くなっています。その理由は、不特定多数の相手に通話ができるカケホーダイプランが登場したからです。

そのため、大手キャリアとの比較は実質稼働していない家族割プランではなく、多くの方が利用しているカケホーダイプランを軸にUQモバイルの利用料金と比較してみます。

ドコモ(家族4人の利用料金)

  • 夫:6500円
  • 妻:6500円
  • 息子:6500円
  • 娘:6500円
  • 合計:26000円

内訳:カケホーダイ2700円+データSパック(2GB)3500円+SPモード300円=6500円、子回線の割引なし

UQモバイル(家族4人の利用料金)

  • 夫:1980円
  • 妻1480円
  • 息子:1480円
  • 娘:1480円
  • 合計:6420円

内訳:プランS 1980円(データ通信量2GBとかけ放題のパック)、子回線は500円割引

差額は20万以上

できるだけ条件を合せるために、両者とも同じデータ通信量(2GB)でかけ放題ありの場合を比較してみました。結果は、ドコモが月額26000円、UQモバイルが月額6420円となりました。

差額は、

  • 1ヶ月あたり:19580円の差
  • 1年あたり:234960円の差

です。au、ソフトバンクから乗り換える場合でも結果はほぼ同じとなります。UQモバイルに乗り換えるだけで20万以上の金額差になるのは驚きです。

データ通信量やかけ放題はもちろん、UQモバイルの場合は通信速度も大手キャリアに引けを取らないので、格安スマホに乗り換えただけで圧倒的な節約効果になります。

3-2.他の格安SIMと比較

大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)と比べると圧倒的に利用料金がお得なUQモバイル。では、家族割を提供している他の格安SIM会社と比較するとどうなるのでしょうか?

同じデータ通信量を家族で分け合うシェアプランと混同しがちですが、ここでは純粋に家族割を提供している格安SIMと比べてみます。

格安SIMが提供する家族割の内容

  • UQモバイル: 利用料金500円割引
  • mineo:利用料金50円割引
  • Y!mobile:利用料金500円割引

※3社とも親回線を除く子回線の利用料金が割引

実は、そもそもの利用料金が安い格安SIMでは、ほとんどの通信事業者が家族割引を提供できていません。

シェアプラン(決まった量のデータ通信量を家族で分け合う)ならIIJmioやBIGLOBEモバイルなどいくつかの格安SIMで提供されていますが、家族割の提供はUQモバイルを含めて3社だけです。

家族割を提供するUQモバイル、mineo、Y!mobileですが、mineoはわずか50円の割引なのでお得感はほとんどありません。

ですので、まともな家族割を提供できているのはUQモバイルとY!mobileの2社だけとなります。実質、格安SIMで家族割を適用させたいならこの2社しか選択肢が無い状態です。そう考えると、UQモバイル契約者は非常に恵まれているといえるでしょう。

ちなみに、UQモバイルとY!mobileはお互いを一番に意識したライバル関係なので、家族割以外の料金プランも非常に似通っています。

Y!mobileの料金プランや家族割について気になる方はこちらの記事を参考にして下さい。

Y!mobileの料金プランはこちら

Y!mobileの家族割はこちら

4.UQ家族割に関するQ&A

4-1.支払い方法はどうなる?

UQ家族割を適用した場合の支払い方法は、一つにまとめることもできますし、個別で分けることも可能です。請求をまとめる場合は、家族全員分の申込みを夫(主回線となる人)が行い、妻・子供(子回線となる人)を利用者登録の欄に記入すればOKです。

請求を分ける場合は、利用者登録には何も記入せず本人名義のクレジットカードか口座振替にて支払い方法を登録しましょう。

4-2.同一名義で複数回線を契約しても家族割になる?

親回線、子回線を分けずに一人で複数回線を契約した場合ですが、このケースでもUQ家族割は適用となります。

一人でUQ家族割に申し込む場合は、必ず同一名義(住所や電話番号の情報も同じ)で複数回線の契約を行いましょう。

4-3.親回線を変更したい場合はどうする?

親回線の解約などで子回線と親回線の登録者を変更したい場合は、my UQ mobileから手続きが可能です。

変更手続きは、my UQ mobileログイン後に契約一覧照会の親回線変更をタップして申し込みを行いましょう。

4-4.シェアプランはある?

一つのデータ通信量を複数人で分け合うことで毎月の利用料金を家族単位で節約できるシェアプランですが、UQモバイルでは残念ながら利用不可となっています。

もし、どうしても格安SIMでシェアプランを利用したい場合はUQモバイルの契約自体を諦める他ありません。シェアプランを利用できる格安SIMは以下の記事にまとめているので、気になる方は参考にして下さい。

あわせて読みたい
シェアプランが利用できる格安SIMを完全比較シェアプランが使える格安SIMと契約したい! この記事では、月額料金を賢く節約できる格安SIMのシェアプランを完全比較。 シ...

ちなみに、家族割とシェアプランは似ていますが、シンプルな割引制度を利用したいなら家族割がおすすめです。シェアプランは誰かが大量のデータ通信量を消費したら家族全員に迷惑がかかります。

シェアプランはデータ消費に関する約束事を決めるなどして、きちんと管理できる方のみ利用しましょう。

5.まとめ

いかがでしたか?

UQモバイルの家族割はシンプルな仕組みではありますが、毎月の利用料金が確実に割引されるため利用しないと損です。適用条件はおしゃべり・ぴったりプランに入っていれば問題ありません。非常に緩い適用条件なので、多くの方が利用できるでしょう。

UQ家族割はネットから申し込みができないので、その点だけ注意してくださいね。大手キャリアを利用している方は、家族単位でUQモバイルに乗り換えれば毎年20万以上のお金を節約できますよ。

UQモバイルの公式サイトはこちら

UQモバイルの注目記事
あわせて読みたい