Y!mobile(ワイモバイル)

画面割れでもOK!Y!mobile(ワイモバイル)の下取りプログラムとは?

まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)

Y!mobileの下取りプログラムについて知りたい!

Y!mobile(ワイモバイル)では、今まで使用していた機種を下取りしてくれるキャンペーンを実施しています。

Y!mobileの契約と同時に、新しい機種に変える場合は、古い機種を下取りしてもらうことで、初期費用を抑えることができますよ。

この記事では、Y!mobileの下取りプログラムについて完全調査。下取りの条件から申し込み方法まで詳しく解説しました。下取りを利用して少しでもお得に、Ymobileと契約を結びたい方はぜひ参考にして下さいね。

1.Y!mobileの下取りプログラムとは?

まずは、下取りプログラムの内容について理解していきましょう。

1-1.下取りプログラムの内容

下取りプログラム

Y!mobileの下取りプログラムは、2016年11月から終了未定で行われているキャンペーンです。

  • 新規契約
  • MNP
  • 機種変更
  • 契約変更

を行なう方向けに、今まで利用していた機種を下取りしてくれます。下取り後は、査定額を毎月の利用料金から割引してもらえます。

すべてのキャンペーンと併用可能

下取りプログラムはY!mobileで利用できるすべてのキャンペーンと併用することが可能です。Y!mobileのキャンペーンについて詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
ワイモバイル
【2018年版】Y!mobile(ワイモバイル)のキャンペーンまとめY!mobileでキャンペーンを利用したい!だけどどれが利用できるのかよく分からない・・・ Y!mobile(ワイモバイル)では、...

対象機種は決まっている

下取りしてくれる対象機種はY!mobile側で決められています。端末の種類はiPhoneとAndroidが下取り対象となります。

あまりに古い機種は対象外ですが、数年前の機種なら下取りしてくれます。下取りしてくれる機種のリストは次項にて解説します。

1-2.対象機種と下取り額

2018年1月時点の下取り対象機種と下取り額は以下となります。

Y!mobile以外で購入した機種

機種 下取り価格
iPhone 7 Plus 38,400円
iPhone 7 28,800円
iPhone 6s Plus 24,000円
iPhone 6s 19,200円
iPhone 6 Plus 19,200円
iPhone 6 16,800円
iPhone SE 9,600円
iPhone 5s 3,000円
iPhone 5c 1,000円
iPhone 5 1,000円
Galaxy S8 31,200円
Galaxy S8+ 31,200円
Galaxy S7 edge 12,000円
Galaxy S6 4,800円
Galaxy S6 edge 4,800円
Galaxy Note Edge 3,000円
Galaxy A8 3,000円
Galaxy S5 1,000円
Galaxy S5 Active 1,000円
Xperia XZs 16,800円
Xperia XZ Premium 16,800円
Xperia XZ 14,400円
Xperia X Performance 9,600円
Xperia X Compact 7,200円
Xperia Z5 4,800円
Xperia Z4 3,000円
Xperia Z3 1,000円
Xperia Z3 Compact 1,000円
HTC U11 12,000円
HTC 10 4,800円
Nexus 6P 3,000円
Nexus 5X 1,000円

 

Y!mobileで購入した機種

機種 下取り価格
iPhone 6s 19200円
iPhone SE 9600円
iPhone 5s 3000円
Nexus 6P 3000円
Nexus 6 3000円
Nexus 5X 1000円

下取り額は、需要と供給の関係や年月が経つごとに変わるので、最新の下取り額情報はY!mobileの公式サイトから確認しましょう。下取り対象機種は大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)の端末だけでなく、Y!mobileで購入した機種も対象となります。

iPhoneの下取りが高額

全体的な下取り額を見ると、やはりiPhoneの価格が非常に高いです。最高で4万円弱の下取り額となるため、毎月の利用料金に当てると料金プランによっては半年以上も下取り額だけで補填できます。

下取り額は安いですが、2012年に発売されたiPhone5も対象機種となっています。iPhone以外だとGalaxyの下取り額が高いです。

1-3.下取りの相場は適正?

あらゆる商品の買取り相場を確認できる「ヒカカク」にて、Y!mobileの下取り額が一般的な買取り相場と比べて安いのか?高いのか?調べてみました。

結論から言うと、機種によって違いはありますが、

  • 一般的な相場とほぼ同じ
  • 一般的な相場よりY!mobileの方が3000円~4000円ほど安い

のどちらかのパターンに当てはまるケースがほとんどでした。

iPhone7 Plusの相場

iPhone7Plusの買取額
  • 一般買取り相場:42030円
  • Y!mobile下取り額:38400円

iPhone6の相場

iPhone6の買取相場
  • 一般買取り相場:16800円
  • Y!mobile下取り額:16800円

Y!mobileの方がやや不利となっていますが、一般買い取りの場合は複数業者に一括見積を出して、さらに端末の状態が綺麗な場合の価格となっています。Y!mobileは機種の状態によって下取り額は変動せず、一般買取りほど細かく査定されることもありません。

機種の状態に自信がある、あるいは少しでも高く買い取ってほしい場合は一般買取りがおすすめですが、あまり自信が無いときはY!mobileの下取りで十分かと思います。Y!mobileの方が一括見積などの手間もないので、取引もスムーズです。

1-4.下取りの条件

Y!mobileの下取りプログラムを利用するには、以下の条件があります。

  • Y!mobileに新規契約、MNP、機種変更、契約変更する
  • 下取り対象機種である
  • 端末の電源が入る
  • 端末を初期化している
  • 端末のロックを解除している

端末の状態ですが、電源が入って正常に起動すればOKです。汚れや傷が付いていても、重症でなければ下取りしてくれます。

下取りに出す前は、必ず端末を初期化しておきましょう。個人情報流出などセキュリティの面からも重要です。初期化の方法は、iPhone、Androidともに設定アプリから、データ消去の項目にて実行できます。初期化した後は端末のロックも自動的に外れます。

端末を初期化する前は、必ずデータのバックアップを取っておきましょう。バックアップの取り方について詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
バックアップ
格安スマホ移行前に!簡単にデータのバックアップをとる方法格安スマホに移行する前に、大切なデータのバックアップを取りたい!だけど、どのバックアップ方法がいいのか分からないとお悩みではありませんか...

契約無しの下取りはできない

そもそも下取りの意味は、新しい商品を購入する際に、現在持っている商品を売り手に引き取ってもらい、その査定額を値引きしてもらうシステムを指します。

つまり、下取りは新しい商品の購入が前提となっているのです。買取りと混同されがちですが、下取りと意味は異なります。

Y!mobileの下取りシステムの場合だと、新規契約、MNP、機種変更、契約変更が下取りの条件となっているため、契約無しの下取りは不可となります。

1-5.ガラケーの下取りは可能?

残念ながら、現在はガラケーやPHSの下取りは不可となっています。実は、2016年12月から2017年3月まで、Y!mobileは期間限定でガラケーの買取りを行っていました。

電源さえ入ればほぼすべての機種でOKという激甘審査で、下取り額は9600円という転売でも利益が出るほどの大盤振る舞いでした。

キャンペーンは非常に好評で、期間延長されたりもしたのですが、現時点ではガラケーの下取りが復活するかは未定となっています。

2.下取りプログラムの申し込み方法

ここから、下取りプログラムの申込方法について解説していきます。基本的には、必要書類とともに端末をY!mobileに送付するだけなので、特に面倒なことはないですよ。

2-1.店舗

Y!mobileショップで申し込む場合は、下取りして欲しい端末と以下の必要書類を持っていくだけです。

必要なもの

  • 下取りしてもらう端末
  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • 印鑑

口座振替を希望する場合は、クレジットカードは不要です。印鑑はサインで済むケースがありますが、一応準備した方がいいでしょう。本人確認書類は、健康保険証の場合だと補助書類として公共料金の明細書や住民票が必要となります。

契約の際に下取りしてほしい旨を伝えれば、その場で査定してくれます。

店舗によっては後日郵送となる場合も

Y!mobileは店舗によっては、その場の下取りが不可で後日郵送にて対応となる場合があります。Y!mobileの店舗は正規のY!mobileショップと、代理店のY!mobile取扱店に分かれます。

家電量販店などに入っているY!mobile取扱店の場合は、店舗の下取りができない可能性があるため注意しましょう。

あわせて読みたい
ワイモバイルショップ
Y!mobileの店舗(ショップ)は何ができる?サービス内容を完全調査Y!mobileの店舗って何ができるの・・・? 都市部を中心に展開するY!mobile(ワイモバイル)ショップ。あなたもどこかで見...

下取りしてくれる店舗の探し方

下取りしてくれる店舗は「Y!mobileショップ検索」のページから探すことができます。

探し方は以下の通りです。

店舗で下取りプログラムを利用する方法

1.条件を指定して探すよりエリアを選択

最寄りの都道府県、市町村区を指定しましょう

2.取扱いサービスで「店頭下取りサービス」にチェック

その他、「新規・機種変更」や「契約内容変更」など、目的に合わせて複数選択が可能です。

3.「検索」をタップ

以上で、下取り可能なY!mobileショップが一覧表示されます。

2-2.オンライン

オンラインでは、契約画面にて下取りを申し込み、後日郵送にて端末を送付する流れとなります。

詳しい手順は以下の通りです。

1.申し込み画面にて「下取りプログラム」にチェックを入れる

 

下取りプログラム

通常契約の途中で下取りプログラムのチェックボックスが表示されるので、こちらにチェックを入れましょう。

2.下取り希望の機種を選択する

下取りプログラムの機種選び

3.申し込みを完了する

申し込みが終わったら、後日「機種送付キット」が送られてきます。

4.供え状を書く

機種送付キットから供え状を取り出し必要事項を記入します。供え状は名前・住所と下取りする端末の機種名・IMEI情報(確認方法は供え状に記載あり)などを記入します。

5.供え状と下取り端末を返送する

端末をしっかりと梱包して指定の住所に返送すれば完了です。査定結果は、後日SMS(ショートメッセージサービス)にて通知されます。

郵送の場合は、機種送付キットが送られますので、同梱されている同意書とともに端末を入れて返送しましょう。

2-3.下取り額の割引タイミング

割引のタイミングは申し込みと査定が同じ月なら、翌月の利用料金から割引となります。申し込みから翌月以降に査定となった場合は、査定完了した月から利用料金が割引となります。

毎月の割引額ですが、

  • 下取り額3000円以上は24回に分割して割引
  • 下取り額3000円以下は1回で割引

となります。

iPhone6を下取りした場合は、下取り額が16800円となり、700円×24回で毎月の利用料金から割引となります。

3.下取りプログラムのQ&A

3-1.画面割れしていても大丈夫?

Y!mobileの下取りプログラムで最も優れているのは、電源さえ入れば液晶割れしていても査定額が下がらないことです。

査定額が変動しないことについて確証を得るため、実際にY!mobileに問い合わせてみました。

「きちんと電源が入り動作可能であれば液晶割れしていても下取り可能」、「下取り額の変動もない」との回答をもらいました。端末が破損していても電源さえ入れば、正規の価格で下取りが可能です。

3-2.SIMカードだけの契約でも下取りできる?

手持ちの端末を持ち込んで、SIMカードだけでY!mobileと契約したい場合は、下取りプログラムが利用できるのでしょうか?

こちらも実際にY!mobileのスタッフに問い合わせてみました。

下取りプログラム SIMカードのみ

「SIMのみ契約でも下取りプログラムは利用可能」との回答をもらいました。SIMカード単体でY!mobileと契約する方も下取りプログラムは利用可能です。

3-3.他の格安SIMで下取りサービスはある?

結論から言うと、Y!mobile以外で下取りサービスを行っている格安SIM会社はありません。携帯会社全体だと、Y!mobile以外では大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のみ下取りが可能です。

ちなみに、大手キャリアではauとソフトバンクが機種の状態が悪くても電源さえ入れば正規の価格で下取りしてくれます。ドコモは液晶割れなどがあれば、下取り額が下がります。

格安SIMのサービスで下取りを希望する場合は、他のサービス会社では利用できないので、Y!mobileから申し込みましょう。

4.まとめ

いかがでしたか?

Y!mobileの下取りプログラムは、端末が液晶割れしていても正規の価格で下取りしてくれる優れたキャンペーンです。

下取りしてくれた金額は毎月の利用料金から値引きしてくれます。下取りに出す前はデータの初期化が必要なので、バックアップを取っておきましょう。使わなくなった端末を家に眠らせておくなら、Y!mobileの下取りプログラムをぜひ活用してみて下さいね。

オンラインから下取りプログラムを申し込む場合は、以下のY!mobile公式サイトから契約手続きを行いましょう。

Y!mobileの公式サイトはこちら

まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)