コメント欄にご質問・感想をどうぞ

ITCE Academy(アカデミー)とは?評判、デメリットから無料の仕組みまで徹底考察

ITCE Academy

ITCE Academyって、どうなの?

ITCE Academyは無料で通えるプログラミングスクールです。

まだサービス開始間もないこともあり口コミは少ないのですが、250人以上の方が卒業しています。卒業後の内定率は94%。ほぼ全員が未経験者です。

この記事では、ITCE Academyのメリット・デメリットを中心に解説。なぜ無料なのか、どんな人がおすすめなのかについても詳しくまとめていきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

1.はじめに:ITCE Academyとは?

ITCE Academyって、どんなスクールですか?

未経験から1ヶ月でITエンジニアを目指すプログラミングスクールよ。内定率が高いのが最大のウリね。

ITCE Academyは、未経験者を対象にネットワークエンジニア・サーバエンジニアに就職・転職できるプログラミングスクールです。

利用料金はかからず、完全に無料。受講期間は1ヶ月となります。

短期集中型なので勉強はハッキリ言って大変なのですが、卒業生は実に94%の人が内定を取っています。

運営元のエンライズコーポレーションは、従業200人規模の会社です。大企業ではありませんが、ITベンチャーの業界では海外からも高く評価されています。

なお、メイン講師の飯田さんは、ネットワークSE10年、インフラ系SI&保守運用SE10年、IT教育7年の経歴を持っています。

ITCE Academyの基本情報

コース名 ITエンジニアコース
対象者 18〜30歳
日本国籍
第二新卒・転職希望者
開始時期 月初
開講日 平日10:00〜18:00(土日祝日除く)
開講場所 東京都渋谷区代々木1-43-7 SKビル1F
期間 1ヶ月
受講区分 通学制
費用 無料
講師 飯田 和宏
運営会社 株式会社エンライズコーポレーション

 カリキュラム内容

1週目 コンピュータ基礎研修
2週目 ネットワーク基礎研修&ビジネス研修
3週目 ネットワーク基礎研修&サーバー基礎研修
4週目 サーバー構築研修&研修総復習

2.どうして無料で手厚いサービスが受けられるのか?

どうして、無料でカリキュラムを受講できるんですか?なんか怖いんですげど・・。

スクール生が内定を決めると企業から手数料を貰うビジネスモデルだから無料なのよ。タダだからといって、手抜きのスクールじゃないわよ。

無料なのに、どうしてここまで手厚いサービスがあるのでしょうか。その理由は、運営が報酬を受け取る仕組みにあります。

運営は、スクール生が転職を決めると企業から手数料という形で報酬を受け取ります。

転職市場の中でもエンジニアは報酬額が高いと言われており、概算で年収の2~3割をバックしていると思われます。

逆に言えば、スクール生が転職できないと1円も儲からないので必死です。

よく、無料のプログラミングスクールは有料と比べて質が低い、役に立たないなどと言われます。

ですが実際は真逆で、受講料を取れない分、短期間で就職・転職に通じる実力を付けさせようと本気になるのです。

受講期間が長くなったり、質の低い人材しか輩出できないのであれば、運営の負担も増えますからね。

3.ここが凄い!ITCE Academyのメリット

ITCE Academyは何が優れていますか?

内定率の高さに加えて、勉強に集中できる環境が整っている点が大きな魅力ね。

①1ヶ月の研修で内定率94%

最も肝心な就職率ですが、ITCE Academyの卒業生は94%が内定をもらっています。

この数字が驚異的なのが、わずか1ヶ月の研修で内定を決めていること。恐らく、運営元に対する企業側からの信頼が厚いということでしょう。

ちなみにですが、内定はほぼ全員未経験から始めた方がもらっています。

公式発表だと、文系出身が50%、前職異業種が77%です。元からITの知識が無くても、かなりの確率で内定を取れています。

②無料で宿泊施設を利用できる

意外と大きなメリットなのが、宿泊費無料の特典。特に地方の方は助かることでしょう。

用意してくれる部屋もしっかりとしており、十分に快適です。宿泊施設を利用すれば、家賃だけでなく交通費も浮きます。

関東圏だけど東京じゃない・・といった、微妙に距離が遠い人も利用OK。さらに、内定後の家探しまで手伝ってくれるサポート付きです。

③IT専門のキャリアアドバイザーがサポート

ITCE Academyでは、キャリアアドバイザーが親身になってサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーはIT専門の知識が豊富なので、何でも質問OK。また、マンツーマンで指導してくれるため、手取り足取り教えてくれます。

技術的なノウハウはもちろん、IT企業の雰囲気や給与面など個別でないと聞きにくいこともサポート可。

公式サイトには、キャリアアドバイザーが経歴・顔写真付きで紹介されているので、「どんな人が担当になるのか分からない・・」といった不安もありません。

④最大10人の少人数クラスで受講できる

効率を求めるあまり、大人数のクラスを設けるプログラミングスクールは多いです。

ITCE Academyなら、クラスの人数が最大10人。少人数なので密度が濃い授業を受けられます。

わずか1ヶ月で転職できるのも、少人数に絞っているからでしょう。スクール生同士で良きライバル関係が築ける点も大きいです。

⑤求人企業例が公開されている

カリキュラム受講後、どんな会社から求人が来るか心配かと思います。

以下、公式に公開されている求人企業例です。

求人企業

株式会社ISID-AO/株式会社スリー・イー/KCCSキャリアテック株式会社/カゴヤ・ジャパン株式会社/ChatWork株式会社/エクイニクス・ジャパン株式会社/株式会社KSK/株式会社ボードルア/株式会社アトミテック/株式会社夢テクノロジー/株式会社アクロビジョン/株式会社ネットサポート/小柳建設株式会社/アクレスコ株式会社/シアトルコンサルティング株式会社/株式会社シンクスマイル/ジャパンシステム株式会社/バルテス株式会社/シスココンサルティング株式会社/株式会社アイドマ・ホールディングス/株式会社グッドフェローズ/ツバイソ株式会社/株式会社ヒューマネージ/株式会社ビジネスバンクグループ/株式会社アルテニカ/株式会社アイエスエフネット/株式会社FUSIONIA/株式会社GENOVA/株式会社ガルフネット/株式会社YAZ/アントラス株式会社/カチシステムプロダクツ株式会社/株式会社Orchestra Holdings/株式会社アウトソーシングテクノロジー/株式会社電算システム/株式会社ネットサービス・ソリューションズ/タマテクノシステム株式会社

もちろん、上記の企業でも時期によって求人が無いこともありますが、ざっくりとどんな会社で働けそうかイメージを掴むには十分でしょう。

よくよく見ると、IT業界で勢いのあるベンチャーが多いですね。しっかりと求人企業が公開されている点は、非常に好感が持てます。

4.ここに注意!ITCE Academyのデメリット

逆に、デメリットはありますか?

まず、年齢制限があること。あと、口コミが少ないのもデメリットね。

①31歳以上は基本的に応募できない

ITCE Academyに応募できるのは、18歳から30歳までです。 一応、31歳以上でも相談可となっていますが、完全未経験だと厳しいでしょう。

運営としては、卒業後にスクール生を就職・転職させないと報酬が入りません。そのため、IT系の転職市場で価値の劣る30代以降の未経験者は、はなからお断りというわけです。

②サービス開始間もないので評判が少ない

ITCE Academyの一番のデメリットなのが、口コミ・評判が非常に少ないことです。サービス開始が2017年と最近なので、あまり情報が出回っていません。

プログラミングスクール自体、世間一般的には体験者が少ないので、余計に口コミが出てこない状況です。

執筆時点では、過去のカリキュラム受講者は250名以上。公式発表の口コミにはなりますが、以下のような声が上がっています。

ITのスキルレベルは素人でだったのでLinuxサーバやCisco機器に触れるのは初めてでしたが、講師の方に丁寧に教えて頂いた為、基礎をしっかり学ぶことができました。

やはり学習内容は初心者で初めてのことがほとんどなので、自分の中に落としこんでいくことが大変でした。

コンピュータの基礎・ネットワーク・サーバーの主に3つについて、1ヶ月掛けて基礎の基礎を学ぶことが出来、とてもためになりました。

受講内容を理解しながら進めて行くことが難しかったです。しかし質問をすれば、しっかり講師の方サポートして下さったので行き詰まることはありませんでした。

勉強はやはり大変な部分もありましたが、その中でも面白さを見出すことができたことや、クラスメイトや講師の方々と仲良く一緒に授業受けられ楽しかった。

履歴書の書き方から面接対策まで担当の方が親身になって相談に乗って下さったので自信を持って面接に臨めました。

5.ITCE Academyが向いている人

ITCE Academyは、どんな人に向いていますか?

ずばり、短期集中でIT企業の内定を決めたい人が最適よ。

ここまでの総括として、ITCE Academyは以下の方が向いています。

  • 短期集中で内定を決めたい
  • 交通費や宿泊費をかけたくない
  • 少人数で濃い授業を受けたい
  • 内定率を重視してプログラミングスクールを選びたい
  • 無料でITエンジニアとしてのスキルを身に着けたい

全体としては、とにかく時短で次の転職先を決めたい人が一番向いています。

短期集中なので勉強量は多くなりますが、1ヶ月だけ本気で頑張れるのであれば、ITCE Academyは最適です。

少人数制のクラスによる濃い授業やマンツーマンのサポートもあるので、環境も十分に整っています。

開講場所は1校のみ(代々木)ですが、宿泊施設を無料で借りられるので、地方の方も利用しやすいでしょう。

有料のプログラミングスクールは高くて手が出せない、といった方も向いています。

6.【まずは無料相談から】未経験から転職までの道のり

転職するまでの道筋が見えませんが・・。

まずは、無料説明会と個別相談からスタート。そのあと、カリキュラムを受講して転職する流れよ。

ITCE Academyに通って、未経験から就職・転職を目指すまでの道のりは以下の通りです。

STEP.1
無料説明会・個別面談に申し込む
STEP.2
カリキュラムを受講する

実際に受講する日数は20日となります。

STEP.3
内定を貰う

キャリアアドバイザーサポートの元、1ヶ月で内定を決めます。もし、1ヶ月で決まらなかった場合でもサポートがあります。

以上の流れです。

最初に、無料説明会・個別面談があるので、いきなり受講するわけではありません。受講前に不安に思っていることや細かな質問をぶつけてみましょう。

受講が決まったら、あとはひたすらカリキュラムを消化していくのみ。毎月1日がスタート日となります。

すべて受講し終えたら、就職活動へ。履歴書の書き方から面接対策までキャリアアドバイザーが手取り足取りサポートしてくれますよ。

7.【まとめ】未経験からITエンジニアに転職したい人にぴったり

今回は、ITCE Academyについて詳しく解説してきました。

ITCE Academyは、未経験でも94%が内定のスクール生が内定を決めています。まだまだ評判・口コミが少ないのですが、今後はどんどんサービス拡大していくでしょう。

受講者としては、完全無料なのでリスクはありません。

宿泊施設も提供してもらえるので、1ヶ月本気で頑張れるのであれば、ITCE Academyを利用して就職・転職にチャレンジしてみるといいですよ。

総合まとめ

メリット

  • 1ヶ月の研修で内定率94%
  • 無料で宿泊施設を利用できる
  • IT専門のキャリアアドバイザーがサポート
  • 最大10人の少人数クラスで受講できる
  • 求人企業例が公開されている

 

デメリット

  • 31歳以上は基本的に応募できない
  • サービス開始間もないので評判が少ない

 

おすすめな人

  • 短期集中で内定を決めたい
  • 交通費や宿泊費をかけたくない
  • 少人数で濃い授業を受けたい
  • 内定率を重視してプログラミングスクールを選びたい
  • 無料でITエンジニアとしてのスキルを身に着けたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。