コメント欄にご質問・感想をどうぞ

リクルートエージェントの評判とは?インタビューと口コミ調査で見えた真実

リクルートエージェント

リクルートエージェントに登録すべきか、評判が気になる・・。

転職は、人生で何度もない大切なイベントです。いくら無料登録とはいえ、利用する転職エージェントに慎重になるには当たり前の話。

誰もが、最高のサポートを受けたいと考えています。

この記事では、リクルートエージェントの評判を徹底考察。SNSの口コミと実際転職を決めた方のインタビューを行いました。

ぜひ、参考にしてくださいね。

CHECK!

リクルートエージェント

1.SNSでリクルートエージェントの評判を調査してみた

リクルートエージェントの評判って、実際どうなんですか?

良い口コミだけでなく、もちろん悪評もあるわ。

まずは、SNSの口コミをランダムに選び、リクルートエージェントの評判を見ていきましょう。ステマ系の口コミはすべて排除しています。

良い評判

非公開求人が多い

フリーランスでもOK

対応がしっかりしている

面談して良かった

リクルートの仕組みを無料で使える

1ヶ月の転職希望を聞いてくれた

細かく求人選定できる

丁寧に接してくれた

転職できて良かった

求人がドンピシャ

エージェントと話しやすい

悪い評判

求人が微妙

関係ない求人を紹介される

年収交渉が微妙

以下、調査した口コミのまとめです。

良い評判

  • 非公開求人が多い
  • フリーランスでもOK
  • 対応がしっかりしている
  • 面談して良かった
  • リクルートの仕組みを無料で使える
  • 1ヶ月の転職希望を聞いてくれた
  • 細かく求人選定できる
  • 丁寧に接してくれた
  • 転職できて良かった
  • 求人がドンピシャ
  • エージェントと話しやすい

悪い評判

  • 求人が微妙
  • 関係ない求人を紹介される
  • 年収交渉が微妙

当然ながら主観的な意見が多いので、本人の期待値によって左右される口コミとなっています。

とはいえ、リクルートエージェントのサービス満足度に対する全体像はわりと見えてきたのではないでしょうか。

悪い評判では、求人の質に対しての意見が主でした。

リクルートエージェントにとってみれば、求職者が転職を決めないと自社の報酬にならないため、必死に大量の求人を見せてくるのだと思われます。

面談で確度を上げるまでは、質より量となる部分は致し方ないでしょう。

良い評判は、想定通り大手らしいサービス充実度が伺える内容です。

忘れてはいけないのが、無料で利用できるサービスだということ。有料サポートに負けず劣らずの手厚いサポートには、感謝している方が多くいました。

CHECK!

リクルートの公式サイトへ

2.リクルートエージェントで転職した男性にインタビューしてみた

おっ、次はもっと詳しい話が聞けそうですね。

そうよ。インタビューから、リクルートエージェントの全体像が見えてくるわよ。

次は、実際にリクルートエージェントを使って転職した男性に、管理人がインタビューしてみました。

インタビューした中居さんの情報

  • 年齢:29歳
  • 性別:男
  • 転職時期:2019年12月
  • 転職理由:会社に対する不安(離職率の高さ・転勤の多さ)、地方で働きたかった(住みやすさ・結婚予定)
前職 転職先
業界 人材 IT
雇用形態 正社員
社員数 3000人 200人
会社の売上 160億 15億
年収 600万円 400万円
勤務地 名古屋 石川
仕事内容 自社で作った生産管理システムの法人営業 人材派遣のコーディネーター、営業

2-1.転職までの流れとサポート体制について

―リクルートエージェントに登録してから内定を貰うまでの期間について教えてください。

9月に登録して、10月に面接。その月に内定を貰いました。入社は12月からです。

―最初の登録後、すぐに連絡が来ましたか?

登録したのが晩だったのですが、翌日の午後には面談を設定してくれるサポートの方から連絡が来ました。

―そのときの内容は面談の設定ですか?

はい、そうです。電話でも良かったのですが、対面を希望しました。僕は名古屋で駅チカだったので。

―エントリーしてからいつ面談でしたか?

エントリー後、すぐです。だいぶスムーズな流れでした。

―面談の雰囲気はどうでしたか?

個室で1対1でしたが、かたい雰囲気ではなかったです。経歴やざっくりとした希望を1時間半くらい聞かれました。

こんな求人あるよ、といった簡単な紹介もありましたね。

―エントリーシートを掘り下げる感じですか?

そうです。

―中居さんの希望は、どんな内容でしたか?

まず、勤務地は石川県で働きたくて。あと、転勤が無いことが一番の希望で、ここは共有しておきたかった点です。

給料は300万だと厳しいので450万は欲しいといいました。地方なので難しいとは思いましたが。

―キャリアアドバイザーはどんな方でしたか?

最初は20代女性の方でしたが、途中で転勤になってしまって。対面で会えないのは辛いので、担当を変えてもらいました。

次の方は、30代男性の方でした。

―求人はどのように紹介されていきますか?

最初はざっくりでしたね。30~40案件くらいをA4印刷してもらって。ざっくり「こんなのあるよ」って感じです。

―それは、初回の面談のときに教えてもらったのですか?

そうです。希望から外れるけど、10枚分くらいの求人も頂きました。

―不動産屋で家探しするみたいですね。

そんなイメージです。ネットでよく見る有名企業の紹介が多かったですね。各求人を比較していく感じです。

―非公開求人は多いですか?

う~ん・・どれが非公開なのかあまり見ていなくて。なんとも言えないです。ただ、僕が最終的に決まったのは非公開求人でした。

―求人紹介は、はじめざっくりしていて、話し合い進むに連れ確度が上がっていくイメージですか?

そんな感じです。徐々に案件が絞られて精度が上がっていきました。

―給与と勤務地以外で、最終的に希望案件が絞られた過程を教えてください。

元々、派遣の人材業界にいたのですが、来年30歳なのでチャレンジできる最後の年かなと。

そこで人材と同じ無形商材の話が出てきて、最終的にIT業界に決まりました。

―IT業界は、最初の面談では希望していなかったのですか?

はい、自分は人材業界しかないと考えていたので。リクルートエージェントに申し込んでいなかったら、IT業界は行ってなかったですね。

―面談の回数は何回ありましたか?

計2回です。そのあとは電話とメールです。

―やり取りの頻度はどれくらいですか?

そんなに多くないです。どちらかといえば、エージェントさんより面接日の調整などを行ってくれるサポートの方とのやり取りが多かったですね。

エージェントさんとのやり取りは週に1回くらいでした。

―なるほど、キャリアアドバイザーとサポートの2人体制なのですね。

そうです。サポートの方が面接の設定やフィードバックを行ってくれます。

―エージェントレポートは活用しましたか?

う~ん・・何書いていたかな。企業の売っている商品など、見た記憶がありますが。正直、あまり重要度しませんでした。

―職務履歴書の添削は受けましたか?

フォーマットを頂いて、ガッツリと受けました。僕の場合は転職は2回目だったので、前回の職務履歴書に新しい経歴をプラスして書いていきました。

添削は指摘が多くあって、最終的にかなり書き換えましたね。

―具体的にどこを指摘されましたか?

これまでやってきた業務内容と自己PRです。業務内容は羅列が見づらいとの指摘でした。

自己PRは何ができて次に何をいかせるのか、ダラダラかかず3行くらいでスッキリまとめました。

―どれくらい応募したのですか?

3社に送りました。応募は、完成した履歴書をエージェントさんが送ってくれるので楽でしたね。結果は2社通過しました。

―面接のサポートはありましたか?

セミナーと電話サポートがありました。

―どんなセミナーでしたか?

面接の大きな流れを1時間半くらい勉強しました。面接で抑えるポイントや立ち振舞などがメインのセミナーでした。

―電話サポートの方は?

エージェントさんに志望動機と自己PRを聞いてもらって、話のスピードなどフィードバックしてもらいました。

あと、話の内容がちゃんと伝わっているのか、何度も確認しました。面接対策は不安だったので、結構しっかりとやってもらいましたね。

―実際の面接は上手くいきましたか?

それが、当日かなり緊張してしまい、あまり覚えていなくて(笑)。ただ、話す内容は綺麗にまとまって話せたとは思います。

―年収の交渉は行いましたか?

いえ、僕は提示400万ちょっとだったのですが、それで満足でした。地方で400万は出してもらった方なので、年収の交渉はしてないです。

―入社を決めた後も、サポートはありましたか?

入社日の調整、手続きは手伝ってくれました。労働契約書を契約するまでが、エージェントさんのサポートでしたね。

―退社の手続きはどうでしたか?

エージェントさんに退社の流れをメールで教えてもらいました。退社の意志を誰に伝えるべきか、一番は近場の上司からなど。

もめることなく、スムーズに退社できて良かったです。

あと、メール内に会社を辞めたあとの保険手続きについてもQ&A形式で書いてありました。保険の知識は全然なかったので助かりました。

―入社したら、サポートはすべて終わりですか?

一応、就職後のサポートとして、2ヶ月後くらいにメールが来ます。たぶんすぐに辞められては困るからだと思いますが。

2-2.大変だった転職活動

―在職中の転職活動は大変でしたか?

めちゃくちゃ大変でしたね(笑)。

まず、時間が全然取れない。そのうえ会社も調べないといけない。何より面接の時間を取るのが一番キツくて・・。

あんまり有給を使いすぎると周りからの違和感があるので、様子を見ながら動きました。

―あまり動きすぎると、同僚に転職活動がバレてしまうと?

はい(笑)。なので、2週間に1回くらい休みを入れつつ動いていました。

―面接は休日でした?

いえ、全部平日に指定されてしまいまして。しかも名古屋から石川県まで行くので、スムーズには行きませんでしたね。

幸い、交通費は出してもらえましたが。

―前職ではどんな仕事をされていましたか?

人材派遣会社で営業とコーディネーターの仕事をしていました。

―退職を決めた理由を教えてください。

前職は転勤が辛かったです。2年の在職期間で4回転勤したのですが収まる気配がなく・・・。

―転勤はどんな風に命じられるのですか?

転勤1週間前にいきなり言われます。引っ越しも1週間以内に済ませて、引き継ぎもない。そして転勤先の仕事は、クレーム対応から始まります。

―それは、辛い・・。俗に言う無茶振りですね。

あと、退職率が高くて。30代半ばでみんな辞めていくので、長く入られる場所ではないなと。

年齢的に30手前だったので、落ち着ける職場を見つけたかったです。

―名古屋から石川県を希望したのはなぜですか?

石川に転勤で行ったとき、すごく住みやすかったんですね。それと、結婚を考えている方もそちらに居まして。そこで仕事を探したいと思いました。

―転職して以前と変わったことはありますか?

まだ入社して2週間しか経っていないので分からない部分も多いのですが、労働時間はだいぶ短くなりました。

前職は、残業150時間やっていまして。今は1日30分から1時間くらいの残業です。

―給与はどうですか?

残業がなくなったのと、地方に移ったこともあり200万以上下がりました。そこは覚悟の上の転職です。

―人間関係は良さそうですか?

はい、働きやすいです。業界歴が長い人が多くて安心できますし、前職と違って変な人もいませんし(笑)。

2-3.リクルートエージェントを選んだ理由

―どうして、リクルートエージェントを選んだのですか?

シンプルに最大手だからですね。安心感を求めました。あと、求人数が一番多いという口コミも見て決めました。

―不満点はありましたか?

う~ん・・。最初に担当してくれたキャリアアドバイザーは、希望の仕事内容とあまり関係ない案件を紹介されました。

まあ、応募しなければいいだけの話なのですが・・。

―コミュニケーションの部分で問題があったと?

話を理解してくれていなかったと少し感じましたね。途中で、別の担当者に変わってからは良かったのですが。

―キャリアアドバイザーの腕が人によって変わると?

変わると思いますね。そこはこちらか選べないので、運次第かもしれません。

―リクナビNEXTの利用は考えなかったのですか?

転職経験が浅くて、プロにお任せしたかったので考えませんでした。

―1回目の転職は何を利用しましたか?

そのときはdodaを使いました。

―dodaとリクルートエージェントを比べてどうですか?

正直、そこまで大きな違いは感じませんでした。ただ、取り扱っている求人数はリクルートエージェントの方が多いと思いました。

―転職エージェントを使うと、やはり効率は良いですか?

だいぶ効率的だと思います。自分で転職活動すると応募やスケジューリングも全部一人でやるので。

面接日も何社かを1日にまとめてくれますし。

―結論として、リクルートエージェントを使って良かったですか?

良かったです。希望の勤務地、年収が叶ったので満足しています。

CHECK!

リクルートの公式サイトへ

3.口コミ・インタビュー調査で分かった、リクルートエージェントがおすすめな人

結局、リクルートエージェントは登録した方がいいんですか?

どんな人がおすすめなのかまとめたから、確認してちょうだい。

今回のSNS口コミとインタビュー調査で、リクルートエージェントに登録すべき人が見えてきました。

おすすめな人

  • 最大手の転職エージェントを使いたい
  • 最大限の求人数から吟味したい
  • 手厚い履歴書添削や面接対策サポートを受けたい
  • 面接日の調整や応募など任せたい
  • 退職時のアドバイスを貰いたい

やはり、何といってもリクルートエージェントは転職業界の最大手。

とりあえず、一番大きな転職エージェントを使いたいなら、利用しない手はありません。無料サービスとは思えない手厚いサポートを受けられます。

求人情報や転職に関するアドバイスだけでなく、面接日の調整など面倒な仕事も請け負ってくれるのは助かります。

在職中に転職活動する方は、大きな助けとなるでしょう。

ただし、懸念点がまったくないわけではありません。

懸念点

  • 希望しない求人も紹介される
  • キャリアアドバイザーと馬が合わない可能性がある

上記の2点は、SNSの口コミ・インタビューともに指摘されたポイントです。

希望しない求人が紹介される件はスルーする他ありません。初回面談のときは、まだ手探りなので、可能性を広げる意味でも色々と求人が紹介されます。

ただ、インタビューした中居さんは、人材業界から最終的にはIT業界へ転職しました。希望以外の求人紹介も、案外悪いものではありませんよ。

後者のキャリアアドバイザーと馬が合わない可能性については、現状防ぎようがありません。

担当を変えてもらうよう要請するか、他の転職エージェントを併用するほかないでしょう。

総論として、いくつかデメリットがあるのも事実ですが、最大手のリクルートエージェントをあえて登録しないほどのものではありません。

今すぐ転職しなければならないルールもないので、とりあえず登録だけでも行っておくといいでしょう。

CHECK!

リクルートの公式サイトへ

4.【まとめ】一部悪評もあるが、無料登録をスルーほどではない

今回は、リクルートエージェントの評判について詳しく考察してきました。

SNS口コミでは、良い評判・悪い評判が混在していますが、無料登録をスルーするほどのものではありません。

キャリアアドバイザーと馬が合わない場合は、担当を変えてもらうかサービス利用を辞めればいいだけの話。最大手の求人は一度見ておくべきです。

実際に、リクルートエージェントで転職した方のインタビューでは、手取り足取りサポートしてくれたとのお話が聞けました。

1ヶ月で内定を決められたのも、サポートありきの成果でしょう。リクルートエージェントを使うか迷っているなら、一度登録してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。