100回通いつめた私が語る!万葉倶楽部(横浜みなとみらい)の日帰り体験レポート

万葉倶楽部

今回は、通いに通いつめた横浜みなとみらいの万葉倶楽部についてレポートしていきます。

何回通ったか分かりませんが、横浜に住んでから10年。毎月のように行っているので(多いときは毎週)、100回は確実に超えていますね。

万葉倶楽部(横浜みなとみらい)を語るには十分な実績だと自負しております。

この記事では、万葉倶楽部の良さを皆さんに知ってもらいたく、万葉マニアな私がその魅力を余すところなく解説しました。

まだ、万葉倶楽部に行ったことがない・・という方は人生損しているので、この記事を参考に、ぜひ最高の温泉施設を体感してみてくださいね。

1.万葉倶楽部(横浜みなとみらい)を日帰り体験レポート

早く万葉倶楽部について、詳しい情報を知りたいです。

OK、このレポートを見れば99%万葉倶楽部について分かるわよ。

1-1.まずはチェックインから、必ず会員カードを作ろう

こちらが外の入り口。「万葉の湯」と柱に書かれています。

万葉倶楽部の入り口

そして入り口がここ。

万葉倶楽部の入り口

自動ドアを抜けるとエレベーターがあります。フロントのある7階へ。

万葉倶楽部の入り口2

万葉倶楽部のエレベーター

こちらフロントの様子。かなり広々としています。

万葉倶楽部のフロント

万葉倶楽部のフロント2

混雑していても、10分以上待った記憶はありません。手続きする際は、万葉倶楽部の会員カードを見せましょう。

万葉倶楽部 会員カード

このカードがないとポイントが貯まりません。 ポイントを貯めていない場合でも割引が効かなくなるので、その場で作ったほうがいいです。

ちなみに、岩盤浴は別料金となります(万葉倶楽部会員は670円、一般は960円)

1-2.いざ風呂へ!露天でベイブリッジが見えます

お風呂はフロントと同じ7階にあります。入浴前に作務衣か浴衣を選びます。

作務衣か浴衣を選ぶ

作務衣か浴衣を選ぶ2

浴衣はやっぱりオシャレですね。女性はピンクや黄色など可愛い柄も。男もかっこいいです。

ただ、作務衣の方が楽です。どちらを取るかはご自由に。

そしてこちらが風呂の入り口。

万葉倶楽部の風呂場

お風呂に入るとロッカーが並びます。100円を入れるタイプではなく、腕のリングに付いたバーコードでピッとすれば開錠します。

タオルは無料で何枚でも貸し出してくれます。 体を洗う泡立ちのいいタオルは別途、浴室内に。また、お風呂に入るまでの通路にて、無料で水が飲めますよ。

ここから中は撮影できないので、公式サイトの写真を引用して解説しますね。

こちらが内湯(大浴場)。必ず、かけぶろをして入りましょう。

内湯

画像参照:公式サイトより

みんな露天に行くので、意外と内湯が狙い目です。広いし静かに入れます。

そしてこちらが露天。

万葉倶楽部の露天風呂4

万葉倶楽部の露天風呂

万葉倶楽部の露天風呂2

万葉倶楽部の露天風呂3

※画像はすべて公式サイトより引用

私が好きなのはひのき風呂。ひのきの香りがいいのと、目の前に広がる海が最高です。 ベイブリッジも見れます。

女性のお風呂には、ナノクラと呼ばれるミストの釜風呂あり。美容に良さそうですね。

女性専用の風呂

画像参照:公式サイトより

そして外せないのがサウナ。中の雰囲気はこんな感じです。

万葉倶楽部のサウナ

画像参照:dトラベルより

お尻に敷く専用マットがあるので(もちろん1度使ったら終わり)清潔です。テレビも視聴できます。

メインのサウナ以外には、ハーブスチームサウナと低音ドライサウナがあります。ハーブスチームサウナは狭いのですが、いつも人がいません。穴場ですね。

サウナ後は水風呂が定番。ですが、万葉倶楽部の水風呂は温度が低い。なので私は、外気浴で体を冷やしています。

いい感じに体が冷えたら再びサウナへ。この交代浴が疲れに効くんですよね。

湯上り後ですが、歯ブラシ・ドライヤー・洗顔・化粧水・美容液・育毛トニックなどが無料で使えます。女性側にはメイクセットもありますよ。

1-3.今度は岩盤浴へ(最高です)

さて、お次は岩盤浴へ。専用着があるので着替えたら4階へ。

岩盤浴の入り口

岩盤浴の入り口2

別途、岩盤浴の料金を支払っている方は、腕のバーコードでピッとすれば専用部屋に入れます。

岩盤浴のカウンターにて、炭酸水か水の500mlペットボトルが無料で貰えますよ。 タオルも貸出あり。

お茶も貰えます。

岩盤浴前にお茶

こちらが前室の様子です。

岩盤浴の前室

岩盤浴の前室2

この前室から5箇所(うち1箇所は女性専用)の岩盤浴へ入れます。

もちろんここも撮影NGなので、公式サイトの写真を引用しますね。

朱(あか)

朱(あか)

玄(くろ)

玄(くろ)

橙(だいだい)

橙(だいだい)

碧(あお)

碧(あお)

空(そら)

空(そら)

※画像はすべて公式サイトより引用

一番アトラクション性があるのが、空(そら)です。会員限定の岩盤浴で入室すると大量のミストがたかれています。

あまりにミストが多くて、足元が見えづらいので注意。まるで雲に浮いているように・・がガチで体験できます。

石にこだわりあり、それより枕が気持ちいい

万葉倶楽部の岩盤浴は石にこだわりがあり、8種類の鉱石を組み合わせているんだとか。

岩盤浴の石

私が好きなのは、石よりも香りと枕です。まず、香りがめちゃくちゃいい。

香りは部屋によって変わりますが、柑橘系(レモンやオレンジ)は抜群にいいですね。リラックス効果が高まります。

そして、まくら。

通常の岩盤浴は木の枕かと思いますが、万葉倶楽部は木に加えてシャカシャカタイプの沈み込む枕もあります。 もちろんタオルを敷けるので衛生的。

私はこの枕が気持ちよくて、リアルに30分寝てしまいました。

室内の温度は、一般的な岩盤浴よりやや低温でしょうか。20分を過ぎたあたりで、ようやく汗がでてきます。

岩盤浴の外は、クールダウンできる部屋もあり。涼しいです。

クールダウンの部屋

高濃度で酸素が出る機械も付いていました。

クールダウン部屋の酸素

1-4.屋上に上がれば足湯が楽しめる:夜景最高

横浜の万葉倶楽部といえば、抜群の夜景が有名ですよね。

一番夜景が綺麗に見えるスポットはもちろん屋上。屋上には展望足湯庭園があります。

宿泊客だけでなく、もちろん日帰りの方でも楽しめますよ。

屋上へ上がるには、まず8階へ。その後、専用階段で屋上に上がります。寒い人はジャンパーの無料貸出があります。

そして、こちらが屋上の様子。

屋上の足湯

川のように流れているのが足湯です。

屋上の足湯2

奥に見える観覧車と建物が横浜の夜景。一番高い建物はランドマークタワーです(大阪のあべのハルカスに次いで高いビル)。

インスタっぽく足を出して写真を撮ってみました。

万葉倶楽部屋上の足湯2

下手かw

インスタ女子なら足をもっと綺麗に撮るんでしょうね。この画像だと暗くて分かりにくいです。

他の角度からも写真を。

万葉倶楽部屋上の足湯

万葉倶楽部屋上の足湯

万葉倶楽部屋上の足湯4

万葉倶楽部屋上の足湯3

屋上の足湯3

みなとみらいの街側と真逆方向は海です。ベイブリッジが綺麗に見えます。

ベイブリッジ側 万葉倶楽部の足湯

時間帯によっては屋形船やクルーズ船もたくさん見えますよ。写真では分かりにくいですが、マリンタワーや象の鼻パークなど観光スポットも一望。

ぜひ、足湯と共に横浜の景色を楽しんでくださいね。

1-5.食レポ:お座敷か夜景を見ながらのレストランを選べます

万葉倶楽部の食事は、夜景の見えるレストランとお座敷があります。

意外にも人気なのはお座敷。私も、いつもこっちで食事しています。

万葉倶楽部の食事処

食事はバイキング形式もありますが、ほとんどのお客さんが座敷に座って注文します。

まずは風呂上がりに一杯。ビールを注文です。

風呂上がりのビール

注文と書きましたがこのビール。実はクーポンを使って無料で飲んでいます(一杯まで)。

※クーポン情報は後ほど

いやー風呂上がりのビールは最高です。

食事ですが、肉系・魚系の料理が揃います。焼き鳥、丼もの、鉄板焼き、サラダ、麺類もあります。

最初に注文したのが玉ねぎ(淡路島産)のサラダ。これ、万葉倶楽部に来たらいつも絶対に注文しています。

淡路島産玉ねぎサラダ

なにがいいかというと卵。いい卵なんでしょうね。

たまご

玉ねぎとかき混ぜると、ほんと最高です(お値段は490円)。

淡路島産玉ねぎサラダ2

メインの料理はこちら。

海老天丼

この日は海老天丼(1090円)を頼みました。

文句なしに美味い。海老が3尾も入っています。味噌汁付きです。

海老天丼 味噌汁付き

そしてこちらが玉子焼き(590円)。

玉子焼き

パンケーキみたく、鉄板にのっているのでオシャレですね。

薬味は、玉ねぎの醤油漬け、明太子、大根おろしが付いています。明太子が最高に美味かったです。

1-6.その他の館内レポ:手ぶらでうろつけます

万葉倶楽部は4階から屋上の9階まで、とにかく広い。1日中いられます。

マッサージや食事など精算はすべて手元のバーコードで処理します。なので、お財布を持ち歩く必要なし。

スマホをポケットか館内ポーチに入れて、あとは手ぶらでうろつけます。

各フロア

  • 9階:展望足湯庭園
  • 8階:お祭り広場(ゲーセン、漫画、仕事スペース)
  • 7階:フロント、お風呂
  • 6階:食事、特別室、家族風呂
  • 5階:リラックスルーム、客室、マッサージ
  • 4階:リラックスルーム、客室、マッサージ、岩盤浴

どのフロアも床が綺麗です。 大阪のスパワールドや東京の大江戸温泉にも行きましたが、万葉倶楽部の方が断然きれいで清潔感があります。

清掃レベルはトップクラスではないでしょうか。なお、館内にフリーWiFiがあります。

9種類のマッサージ

万葉倶楽部には9種類のマッサージがあります。私はこれまで4種類くらい制覇しました。

スタンダードなマッサージなら中国式がいいですね。足が疲れている人は英国式リフレクソロジーがおすすめ。ゴリゴリと施術してくれます。

ストレッチ系が好きならタイ古式マッサージがいいですよ。店員さんも若くて綺麗ですし。

ちなみに、万葉倶楽部のマッサージは、各チェーン店でトップクラスの人が来ています(万葉倶楽部での評価がお店の知名度になるそう)。

リクライニングスペース

リクライニングスペースはスーパー銭湯によくある休憩所ですね。それぞれの椅子にテレビあり。毛布を貸し出してくれます。

リクライニング

リクライニング2

万葉倶楽部のリラックススペースはかなり広いです。そしてお気に入りの場所が選べる。

目の前に夜景が広がるリクライニングスペースもあれば、照明を落として寝るための場所もあり。女性専用のリクライニングスペースもありますよ。

お祭り広場(ゲーセン)

いつも寄っているのが8階のお祭り広場。目当てはゲーセンです。

お祭り広場

お祭り広場2

ゲーセンで遊ぶときは、手元のバーコードでコインを交換します。

この日は、銃のゲームとレトロゲー、あとUFOキャッチャーを楽しみました。

ラグジュアリールーム(VIP)

残念ながら、私はまだラグジュアリールームに入ったことはありません。ラグジュアリールームに入るには、獲得ポイントで会員ステージを上げる必要があります。

ラグジュアリールームの様子はこんな感じ。椅子も一般席より広いです。専用のレストランもあります。

万葉倶楽部プレミア

画像参照:公式サイトより

ちなみに、万葉倶楽部のラグジュアリールームはテレビで紹介されて一気に有名になりました。

私もそのテレビ番組で知ったくちで、今まで何回も通っていたのに全然知りませんでした。いつか行ってみたいですね。

1-7.もちろん宿泊もできます(繁忙期は要予約)

今回は日帰りのレポですが、もちろん万葉倶楽部は宿泊もOK。 客室は和室と洋室があります。

万葉倶楽部の客室 和室

万葉倶楽部の客室 洋室

画像参照:公式サイトより

万葉倶楽部の宿泊といえば、ひのき風呂付きの客室が有名です。

ひのき風呂

画像参照:公式サイトより

ひのき風呂付きの客室は要予約です。 年末の時期は1年前から予約する人もいます。

繁忙期や土日に宿泊するなら、かなりの余裕をもって予約したほうがいいですよ。恐ろしいくらい人気なので。

ひのき風呂なしの部屋なら取りやすいです。

2.万葉倶楽部(横浜みなとみらい)のアクセス&基本情報

今すぐ万葉倶楽部に行ってみたいです!

良さは伝わったかしら?ここではアクセス方法を中心に基本情報をまとめたわ。事前に確認してちょうだい。

2-1.みなとみらい駅から徒歩5分:コスモワールド(遊園地)が目印

まずこちらが、万葉倶楽部の場所です。

最寄り駅はみなとみらい駅。東京から来るなら、東横線・副都心線で一本です。

みなとみらい駅(クイーンズスクエア側)を出たら、コスモワールド(遊園地)が見えます。

目印は大観覧車。ここを目指せば万葉倶楽部は目の前です。

駅を出て、大体徒歩5分位ですね。

万葉倶楽部の外観

万葉倶楽部の外観

万葉倶楽部の隣はワールドポーターズというショッピングモールあり。ここで買い物するのもありですね。

もう少し先に行けば、赤レンガ倉庫もあります。時間がある方は寄り道するといいですよ。

ちなみに、JRの方が都合がいいなら、桜木町駅からも歩いていけます(徒歩15分くらい)。

万葉倶楽部の基本情報

店名 横浜みなとみらい万葉倶楽部
住所 神奈川県横浜市中区新港2-7-1
営業時間 24時間
定休日 なし
電話番号 0570-07-4126

2-2.無料シャトルバスあり!横浜駅西口から乗車

万葉倶楽部では無料シャトルバスが出ています。場所は横浜駅西口のベイシュトラン近くです。

無料バス

時間は9時35分から22時35分まで(横浜駅西口発)。

◯時35分の間隔で、1時間に1本出ています。 もちろん、帰りも乗車できます。

車で行くなら駐車場あり

車の場合は、万葉倶楽部専用の駐車場があります。

駐車料金

  • 7時間まで:600円
  • 7時間以降:40分ごとに200円(上限1500円まで)

2-3.温泉は熱海&湯河原からタンクローリーで輸送

万葉倶楽部のお湯は温泉です。残念ながら、みなとみらいに温泉は出ないので、熱海・湯河原からタンクローリーで運んでいます。

はじめて知ったときは驚きましたね。温泉って運べるものなんだと。

ちなみに、塩分が多い海系の温泉ではないので、肌に炎症がある方でもヒリヒリせずに入ることができるお湯です。

2-4.混雑を避けるならいつ?

男湯は夕方6時を超えると混んできます。仕事終わりのサラリーマンや大学生集団が来ますからね。

女湯は外国人客や子連れのママなどで、4時くらいから結構込みます。ただ、平日なら男女ともに大した混雑ではありません。

休日なると、かなり混み合います。食事スペースも座る席が無いほど。入場規制まではありませんが。

ゆったりと過ごしたい方は土日を外したほうがいいでしょう。

3.万葉倶楽部(横浜みなとみらい)の利用料金&クーポン情報

どうせなら、お得に万葉倶楽部を楽しみたいのですが・・。

だったらクーポンを利用しなさい。予約無しで使えるわよ。

万葉倶楽部の基本料金は以下の通り。

入館料

  • 大人:2500円
  • 子供(小学生以下):1400円
  • 幼児:940円
  • 3歳未満:無料

深夜料金(3時以降)は別途かかるので注意して下さい。

クーポンを使いたい場合は、ホットペッパービューティーか公式サイトから利用できます。

クーポンの利用方法は画面を掲示するだけでOK。予約はいりません。

万葉倶楽部のクーポン

クーポンでは、基本ワンドリンクが一杯付きます。ビールを飲むならおよそ600円引きですね。かなりお得です。

クーポンはこちら

4.【まとめ】万葉倶楽部(横浜みなとみらい)は最強の温泉施設です

この記事では、みなとみらいの万葉倶楽部について詳しくレポートしてきました。冒頭でも述べた通り、ここ10年で100回以上は通いつめている万葉倶楽部。

たまに、都内の大江戸温泉や横浜駅近くのスパイアスなどに行くこともありますが、やっぱり万葉倶楽部が一番良いです。

全国のあらゆる温泉施設の中でも、私はみなとみらいの万葉倶楽部が一番好きです。

万葉倶楽部は宿泊だけでなく日帰りもOK。横浜駅から無料バスも出ています。

横浜やみなとみらいへ遊びに来たときは、ぜひ万葉倶楽部に立ち寄ってくださいね。

スパイアス横浜歴10年の私がSPA EAS(スパイアス)の良いところ・微妙なところを完全レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。