【2019年】アコムのすべてが分かる!メリット・デメリットから申込みの流れまで詳しく解説

アコム

アコムを利用してみたいけど、本当に大丈夫なのか不安・・。

よく名前を聞くアコムとはいえ、実際に借り入れする際は不安になりますよね。

そもそも、アコムでお金を借りて本当に大丈夫なのか?はじめてカードローンを利用する方はとくに気になるところです。

この記事では、アコムのメリット・デメリットとユーザーの評判を詳しく解説。

また、審査基準・返済シミュレーション・申し込み方法など、アコムに関する重要情報をすべてまとめました。

これからアコムを利用しようと考えている方は、ぜひ参考にして下さいね。

1.まずは理解しよう!アコムで借りるメリットは何?

アコムで借りるメリットは何がありますか?

短期で返済できるなら30日間の無利息サービスがあるわ。審査スピードが早いから、即日融資できるのもメリットよ。

①初めて限定!最大30日の金利が0円に

借りたお金はすぐに返せる・・そんなときに活用したいのが30日間金利0のサービス。

その名の通り、借り入れしてから30日間は、まったく金利がかかりません。 分かりやすく言えば、タダ同然でお金を借りることができるというわけです。

30日間金利0円のルール

  • 契約日から30日間
  • 返済期日を35日ごとに設定
  • 初回の借入

注意したいのが、借入ではなく契約日から30日間のカウントが始まる点。契約した後、10日後に初回借入を行えば、無利息期間は実質20日となります。

なお、同様の30日間無利息ルールは、アコムの他に「プロミス」も設けています。

②審査は24時間!即日融資も利用できる

オンラインで申し込めば、年中無休で24時間対応してくれます。

審査スピードも非常に早いです。もちろん、オンラインなら隠れてこそこそと自動契約機に向かう必要はありません。

振込みは最短1時間。即日融資を希望するなら、平日14時29分がリミット。ただし、以下の銀行なら14時29分を過ぎても即日融資が可能です。

即日融資のリミット

  • 楽天銀行:23時49分まで(土日祝含む)
  • 三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行:月~金は23時49分まで、土日祝は19時59分まで
  • その他の銀行:14時29分まで

注意点として、上記は振込依頼の最終リミットです。 書類の提出は19時まで、契約手続きは22時までに済ませておく必要があります。

また、年末年始やゴールデンウィークなど大型連休が被れば多少時間が前後する場合もあるので気をつけましょう。

いくつか条件が付くとはいえ、タイムリミットにゆとりがあるのは変わらず。アコムの強いメリットです。

即日融資希望ならWEB申し込み後に電話で伝えよう

とにかく早くお金が欲しい場合は、アコムに申し込んだ後に電話で急ぎの旨をスタッフに伝えましょう(以下のコールセンターに連絡)。

■アコムコールセンター:0120-91-7245

即日融資希望を伝えれば、審査時間を短縮してくれる場合があります。

③自動契約機(むじんくん)だけじゃない!WEB完結で家族バレもしない

アコムでお金を借りるなら自動契約機(むじんくん)に行かなければ・・と考えている方は古いですよ。

今どきはスマホ1台あれば、WEB完結でローン契約を結べます。

必要書類はオンラインでアップロード。電話のやり取りはありますが、書類の送付はありません。

ちなみに、アコムはプロミスやモビットのようにWEB完結の項目がありません(申込時に選択)。

ですが、項目が無いだけでアコムも実際はWEB完結OK。家族バレする心配はありません。

④アコムのクレジットカード(キャッシング機能付き)も作成できる

消費者金融の中で唯一、アコムはカードローンと一体型のクレジットカード(ACマスターカード)を発行しています。

もし、カードローンだけでなくクレジットカード機能が欲しいなら、ACマスターカードを作成するといいでしょう。

通常のクレジットカードとして使えるので、もちろんお店の決済に利用できますよ。

ただし、ACマスターカードの発行はカードローンと同じく在籍確認が必要です。キャッシング機能があるため、審査条件は通常のカードローンと同じになります。

2.アコムのデメリット・注意点とは?

逆に、アコムの気をつけたほうがいい点はありますか?

まず、金利が少し高いわね。あと手数料も注意したいところ。詳しく解説するわね。

①金利が高い:とくに銀行と比べた場合

まず、アコムの金利は3.0~18.0%です。

はじめての借入なら、まだ実績がないため上限金利18%が適用されるケースがほとんど(100万円を超えると上限金利が下がる)。決して安くはありません。

ただ、消費者金融の中で比較すれば普通です。

消費者金融の金利比較

金利
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
アイフル 3.0~18.0%
SMBCモビット 3.0~18.0%
レイクALSA 4.5~18.0%

ご覧の通り、どこも同じですね。上限金利だけを切り取ると、プロミスがわずかに0.2%安いです。

アコムの金利が高いと感じるのは銀行と比較した場合です。

ご存知の通り、銀行は借入のハードルが高いわけですが、そのぶん消費者金融より安い金利で借りられます。

銀行カードローンの上限金利は大体14%くらい。アコムより4%も安いです。

アコムの方が審査に通りやすく振込みスピードも早いのですが、銀行カードローンよりは4%くらい金利が高くなってしまうことを覚えておきましょう。

②総量規制あり!年収の3分の1が借入限度

アコムを含む消費者金融は、総量規制のルールがあります。

総量規制とは年収の3分の1までしか借りられない決まりのこと。 例えば、年収300万円なら、借入できる最高額は100万円までとなります。

3分の1ルールは、他の消費者金融で借り入れしている場合も合算。まとまった金額を借り入れしたくても、総量規制に引っかかれば借り入れできません。

融資限度額は大きい

ちなみに、総量規制対象のアコムですが、融資限度額は最大800万円までと高額です。

まあ、800万円借りるなら、年収2400万円必要なので、ほとんどの人には関係ない話ですが・・。

一応、アコムは高額の借り入れができる消費者金融とだけ、抑えておきましょう。

③提携ATMでも借入&返済に手数料がかかる

アコムは、本家のアコムATM以外で借入&返済を行うと手数料がかかります。

アコムの手数料

  • 1万円以下:108円
  • 1万円以上:216円

他の消費者金融では、三井住友銀行なら手数料無料(プロミスの場合)など提携銀行は優遇されるのですが、アコムは無慈悲にすべての銀行で手数料あり。

毎回216円を取られるのは釈然としませんね。

口座振替やインターネット返済なら手数料はかからない

手数料を取られないための対策は借入・返済で口座振替かインターネット返済を使うこと。 この方法なら手数料は無料です(店頭窓口も手数料なし)。

毎月216円を支払えば、年間でおよそ2600円出費。結構な痛手なので、口座振替・ネットバンキングを活用しましょう。

④おまとめローンが微妙

おまとめローンとは、複数の会社から借り入れたお金を1箇所にまとめて金利負担を下げること。借換え専用ローンとも言います。

※返済専用となるため、融資してほしい人はスルーしてください

このおまとめローン。アコムでも利用できますが、正直微妙ですね。

というのも、アコムのは上限金利18%。おまとめローンでもこの金利が適用される可能性が高いので、そんなに負担が減ることはありません。

アコムのおまとめローンはあまり利用価値がほぼ無いのが現状です。

3.本当に大丈夫?アコムの体験談・評判をアンケート調査してみた

アコムについて大体理解できましたけど、実際に借りた人の声を聞いてみたいです。

そういうと思って口コミ調査してみたわよ。

アコムは本当に信頼できるのか?実際に融資を受けた人の口コミを調べてみました。

※価格.comの口コミを参考にしています

ネットから申込み。当日承認が来ました。半日での素早い承認でした。

審査のスピードも遅すぎず、ちょうどよかったと思います。借り入れ金額も柔軟に対応して下さって、私は満足しています。

返済もコンビニで出来るので、15時までに急いで銀行へ行くこともなく、夜遅くても期日に返済が出来るのでとても助かります。

無人機で審査を受けましたが特に心配になるようなことはなかったです。分からない事も、すぐに質問出来たので自分は利用して良かったです。

100万借入れたが、郵送されたカードで近所のATMかコンビニで30日以内に返済できたので良かったです。

最初はカードローンに抵抗があったが、審査時の対応などがよかったので不安はなくなった。

不明点がありカスタマーセンターに問い合わせた際も丁寧に分かりやすい説明で安心した。

契約機のルームの空調の不調を言ったら、QUOカードをもらえるなど、サービス面については申し分ないほど良いです

支払いで、どうしても足りなく翌日まで払わないといけなかったので、生まれて初めてアコムの無人契約機を使いました。審査は30分くらいで終わり、支払いに間に合ったので感謝しています。

金利は少し高いと言われていますが審査スピードや借入の速さならアコムの無人契約機が一番ですね。

結果は、ヤラセと言わんばかりに、思った以上の高評価でした。

皆さん金利が高いことは重々わかっていて、その上ですばやく借り入れしたい方が多数。

明日までに振り込んで欲しい・・とのニーズを見事に叶えてくれるのがアコムです。 審査・融資のスピードだけでなく、サポート対応がいいとの評価も。

実は筆者もACマスターカードですが、アコムのサポートにはお世話になったことがあります。

こちらの手違いでカード作成がスムーズに行かなかったのですが、何が悪いのか女性スタッフの方に詳しく教えてもらいました。

とても丁寧でよく教育されているなと思いましたね。

4.借入前に!アコムの金利・審査基準・返済方法を理解しよう

ずばり、僕でも審査に通りますかね?

大事なのは安定した収入があることよ。金利と返済方法も合わせて確認してちょうだい。

4-1.10/50/100万借りたときの返済シミュレーション

まずは、借り入れ後の返済についてイメージしておきましょう。

アコムの適用金利は、99万円以下なら7.0~18.0%。100~300万円は7.7~15.0%、301~500万円は4.7~7.7%、501~800万円は3.0~4.7%がとなります。

初回は上限金利の適用が基本です。

ここでは、10万円・50万円・100万円借りたときのシミュレーションをしてみました。

10万円借りた場合(利率18%)

返済回数 毎月の返済 総返済額
14回 7972円 111605円
20回 5824円 116480円
32回 3957円 126637円

50万円借りた場合(利率18%)

返済回数 毎月の返済 総返済額
14回 39861円 558057円
20回 29122円 582448円
32回 19788円 633220円

100万円借りた場合(利率15%)

返済回数 毎月の返済 総返済額
14回 78305円 1096265円
20回 56820円 1136401円
32回 38107円 1219440円

1回~というのは、1ヶ月と置き換えてもいいです。20回なら1年と8ヶ月ですね。

上記の表は定額での返済シミュレーションですが、実際は繰り上げ返済すれば総返済額は減らせます。

4-2.審査基準は安定した収入が第一(毎月一定額の収入が安定の定義)

アコムの審査に通るには、以下の基準を満たす必要があります。

審査基準

  • 20歳から69歳
  • 安定収入(毎月一定額の収入)がある

審査で主に見られるのはシンプルに2つ。まずは年齢です。未成年は借り入れできません。

そして重要なのが安定収入。

安定の定義は「毎月一定額の収入」があること。簡単にいえば給料が入っているかどうかですね。

毎月の収入があれば、パート・アルバイト・派遣社員でもまったく問題なし。実際、個人事業主や学生でも審査に通っています。

給与所得以外だと、年金収入はダメですが家賃収入はOKです。

逆に審査に落ちるのは以下の人。

審査に落ちる人

  • 他社の借り入れが年収の3分の1以上
  • 年収50万円以下
  • 過去の延滞履歴あり

「他社の借り入れが年収の3分の1以上」については総量規制でアウトです。即審査落ちします。

年収50万円以下も厳しいですね。裏を返せば、毎月7万円くらいでも継続収入(できれば半年以上)があれば審査に通りやすくなります。

過去の延滞履歴は必ず見られます。いわゆる金融事故ですね。2ヶ月程度の延滞でも審査落ちするケースが多いので、シビアに審査されますよ。

なお、アコムの審査に通る確率はざっくり50%くらい。

大体2人に1人が審査に通っています。書類の不備で審査に落ちる人も含まれているので、実際はもう少し審査通過率はいいです。

4-3.審査に自信が無いなら、簡単3秒診断をやってみよう

審査が不安なら、事前にアコムの公式サイトで3秒診断をやってみるといいでしょう。

>>3秒診断はこちら(アコム公式サイト)

3秒診断では、年齢・収入・他社の借入状況を入力します。

アコムの3秒診断

入力後に、「審査開始」を押すと結果がでますよ。

3秒診断の結果

31歳、年収400万円で10万円借りたいと診断。どうやら大丈夫そうでした。

もちろん、この診断だけで審査に通るとは言えませんが、ざっくりとした目安を知ることはできます。ぜひ、活用してみましょう。

4-4.返済方法一覧(手数料の違いに注意しよう)

アコムでは、様々な返済方法が用意されています。

返済方法一覧

  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 口座振替
  • 銀行振込
  • インターネット返済

上記のうち、提携ATMと銀行振込は手数料あり(1万円以下は108円、1万円以上は216円)なので注意しましょう。

おすすめは自動引き落としの口座振替です。 口座引落は毎月6日が引き落とし日なので、口座残高が不足しないよう気をつけましょう。

インターネット返済はPay-easy対応の銀行口座から24時間手数料なしで返済できます。

有名な銀行だと、三井住友銀行、楽天銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行などがあります。

外部参考:Pay-easy対応銀行一覧

返済日は任意で選べる

アコムの返済日は3種類から選べます。

  • 任意の指定日
  • 35日ごと
  • 毎月6日(口座振替)

あとで変更することもできるので、悩む場合はとりあえず35日ごとにしておきましょう。

口座振替の場合は、引き落とし日が6日で固定されます。

5.在籍確認はどうなる?アコムの申込み方法について詳しく解説

アコムはどうやって申し込めばいいですか?

オンラインで必要事項を記入するだけよ。10分もかからないわ。
その他に何かありますか?

勤め先に連絡する在籍確認があるわ。詳しく解説するわね。

5-1.WEB申し込みなら24時間!審査回答は22時まで

アコムは店頭窓口に行かなくても、24時間オンラインで申込めます。 手続きから振込みまでWEB完結できますよ。

申込み方法は以下の通りです。

STEP.1
アコムの公式サイトにアクセス
STEP.2
「今すぐお申し込み」をタップ

アコムの申し込み

STEP.3
お客さま情報・ご自宅情報を入力

アコムの申し込み2

画面の支持に従って住所や氏名を入力しましょう。

STEP.4
お勤め先情報を入力

アコムの申し込み3

まず、会社の電話番号を入力して「かんたん勤務先紹介」を押してください。

派遣の場合は派遣元の電話番号を入力。その後、会社の勤務形態や収入欄があるので、正確に記入しましょう。

STEP.5
他社借入状況を入力

アコムの申し込み4

嘘を付いてもバレるので、他社の借り入れがある場合は正確に入力しましょう。住宅ローンや銀行カードローンは含みません。

STEP.6
借入希望の金額を入力

アコムの申し込み5

入力できるのは、1~800万円までです。

STEP.7
審査結果通知などの連絡先を選択

アコムの申し込み6

誰にもバレたくない場合は携帯を選びましょう。ない、どの連絡先でもアコムの名前は使わず、個人名で連絡してくれます。

STEP.8
暗証番号を設定して入力確認ボタンを押す

アコムの申し込み7

アコムの申し込み8

暗証番号は電話番号と誕生日以外にしましょう。

STEP.9
最終確認して、「お申し込み完了」を押す

アコムの申し込み9

以上で、アコムの申し込みは完了です。

このあと、メールで仮審査の通知が届きます。その後、必要書類を提出(ネット上にアップロードも可)して、本契約の流れとなります。

借り入れ方法は口座振込・ATM・店頭窓口から選べますよ。

なお、審査回答の時間は22時までです。22時をすぎると、翌日以降の契約となるので注意しましょう。

5-2.誰にもバレたくないなら、郵送物なしにできます

アコムは、利用明細・カード・契約書の控えをACサービスセンターの名義で送ってきます。

アコムの名前は入っていないので、気にしないならそのまま自宅で受取りましょう。

どうしても自宅に送ってほしくない場合は、契約後にマイページから利用明細をWEB確認(電磁交付)に切り替えてください。

カードと契約書は、店頭窓口か自動契約機で受け取ればOKです。心配な場合は、スタッフにも相談してみて下さいね。

5-3.在籍確認は必須!ただし電話連絡を取りやめてくれる場合も

在籍確認とは、本当に会社に勤務しているかどうかを確かめるチェックのことです。

アコムに限らず、消費者金融でお金を借りるなら避けて通れない通過儀礼です。

在籍確認では、本人が会社に努めていることが分かればいいので、不在中でも「ただいま席を外しています」など、誰かが答えてくれた場合でもOKです。

もちろん、本人が電話に出てもOK。誰にも電話を取られたくないなら、事前に「この時間にかけてください」と相談できる場合もあります。

在籍確認で心配なのがアコムを利用したことがバレるかどうか・・ですよね。

結論からいうと、アコムの名前は絶対使わず個人名で連絡してくれるので、バレることは100%ありません。

筆者がACマスターカード(アコムのクレジットカード)で在籍確認したときは、女性が個人名でかけてくれましたね。

同僚に何の電話か聞かれましたが、「保険の営業だった」と答えてその場は終わりました。

在籍確認を回避するには?

在籍確認で電話をかけてほしくない場合は、アコムに相談すれば取りやめてくれる可能性があります。

その場合、社会保険証や給与明細書の提出などで在籍確認を行います。

確実に電話連絡を避けられるとは言い切れませんが、心配な方は別の手段で在籍確認してほしい旨をスタッフに伝えましょう。

6.【まとめ】さすが超大手のアコム、スムーズな融資でユーザー満足度は上々です

今回はアコムの評判から特徴、審査基準まで詳しく解説してきました。

アコムは誰もが知る超大手企業。やはり、口コミでもサポートセンターのレベルの高さや、スムーズに融資してくれる点など高評価でした。

アコムの金利は18%。他の消費者金融とほぼ同じ金利ですが銀行に比べると確かに高いです。

そのかわり、審査スピードが早く即日融資も可能となっています(銀行は即日融資ができないうえ、審査が厳しい)。

申し込みはオンラインで24時間。必要事項の記入は5分くらいで終わりますよ。 短期で返済できる場合は、30日間無利息サービスも活用してみて下さいね。

申し込みはこちら↓

アコムの公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。