プロミスカードの使い方と発行・受取方法を解説

プロミスカード

プロミスカードって何?どうやって使うの・・?

プロミスカードは、プロミスに契約すると発行できるカードのこと。借入・返済をスムーズに行うことができるので便利です。

この記事では、プロミスカードの使い方から発行方法まで詳しく解説。また、紛失時の対応や受け取り方法についても解説していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

1.プロミスカードの使い方とは?

プロミスカードでは、何ができますか?

ATMで借入と返済ができるわよ。手数料を無料にすることもできるの

1-1. ATM(コンビニ含む)で借入・返済できる

プロミスカードは、ATMにて借入・返済が可能です。

対応ATM

  • プロミスATM
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イーネット
  • ローソン銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行

イーネット(ファミリーマート)、ローソン銀行、イオン銀行はご存知の通りコンビニATMです。24時間いつでも利用できます。

プロミスカードを使っていても、パット見はコンビニでお金を降ろしているようにしか見えません。

ちなみに、ATM手数料は1万円以下の借入・返済で108円。1万円以上の借入・返済なら216円です。プロミスATM、三井住友銀行なら手数料は無料です。

1-2.マルチメディア端末なら手数料無料で返済できる

マルチメディア端末でプロミスカードを使うと、手数料なしで返済できます。

利用できるマルチメディア端末

  • Loppi(ロッピー):ローソン
  • MINISTOP Loppi:ミニストップ
  • Famiポート:ファミリーマート

マルチメディア端末では、カードローン・キャッシングの返済を選択して(Famiポートは借入金の返済)、プロミスカードを挿入。

返済額を入力したら申込券が発行されるので、レジで支払います。やや手間となりますが、手数料を節約できるので活用したいところです。

2.プロミスカードの発行・受取方法

プロミスカードは、どうやって発行しますか?

WEBから発行できるわよ。受け取りは郵送か自動契約機を選択できるの。詳しく説明するわね。

2-1.発行は自動契約機かWEB申込みのどちらでも可

プロミスカードの発行は、自動契約機あるいはWEB申込みのどちらでもOKです。

自動契約機の場合は、本人確認書類を持っていき、その場で契約が完了したらカードを発行できます。

WEB申込みの場合は、ネットでプロミスに通常契約して、審査完了後にカード発行の有無を選択。

さらに、カードの受け取りを、郵送か自動契約機にて選びます。家族にバレたくない人は、郵送受け取りは控えておいたほうがいいでしょう。

差出人は、プロミスと明記されないのですが、開封されるとプロミスカードが入っていることが分かります。

WEB申し込み→自動契約機受け取りが最短

最もおすすめの発行手段は、WEB申込み後に自動契約機で受け取る方法です。

WEB申込みの審査は30分程度。審査結果がメールか電話で届いたら(選択できます)、自動契約機へ。

あとは、画面の指示に従って操作すれば、プロミスカードが発行できます。

自動契約機の操作が初めてで心配なら、その場でオペレーターにサポートしてもらうことができるので安心して下さい。なお、自動契約機は22時で閉まるのでご注意を。

郵送で発行する場合は3日以上かかる

今すぐプロミスカードを発行したい場合は、郵送だと時間がかかるので注意が必要です。

お住まいの地域や申込みタイミングにもよりますが、最低でも3日はかかります。

即日融資を希望するなら、申し込みはオンラインでもカード受け取りは自動契約機を選択した方がいいですよ。

家族にバレたくない、即日融資してほしい方は自動契約機でプロミスカードを受け取ってね。

2-2.プロミスカードが使えないパターンまとめ

プロミスカードは、以下のパターンで使用不可となります。

使用不可

  • 磁気が読み取れない
  • 限度額に達した
  • 返済の延滞・遅延が続いている
  • その他、貸し倒れの疑いを持たれた

最も単純なのは磁気が読み取れないこと。銀行のカードと同じで、磁気部分に傷がついたり汚れがついたりすると、読み取り不可となります。

その他の理由で多いのが限度額に達した、あるいはプロミスから信用が落ちて利用停止になったときです。

注意したいのが利用停止の方。こちらは、返済が頻繁に滞ってしまうことでプロミスカードの利用を止められてしまいます。

こうなると、ブラックリスト入りの危険性もあるので、絶対に避けたいところです。

他にも、虚偽の申告をしていた、短期間で借入を繰り返したなど、信用不安が起これば貸し倒れのリスクとなるため、プロミスカードは利用停止に。

すぐに、サポートに連絡して事情を説明する必要があります。

2-3.紛失しても、すぐに再発行できる

もしプロミスカードを紛失しても、再発行できるので焦らないこと。再発行の連絡先は以下の通り。

■プロミスコール:0120-24-0365(24時間)

プロミスコールに連絡を入れることで、まずはカードの利用を停止できます。これで誰かに拾われても悪用される危険はありません。

警察にも紛失届を出しておくと確実です。カードの利用を止めたら、オペレーターの指示に従って再発行の手続きを行います。

カードの受取は、郵送あるいは自動契約機を選べます。近くにプロミス店舗がある場合は、店頭受取も希望できます。

3.プロミスカードレス(なし)でも全然OK

そもそも、プロミスカードって必要ですか?

いいえ、口座引き落としで返済するなら無くても問題ないわ。コンビニ返済するかどうかが、カード作成の分かれ道ね。

そもそも論として、プロミスカードは必要なのでしょうか。結論から言うと、カードレスでもまったく問題ありません。

プロミスカードを使わない場合、返済は口座振替となります。口座引き落とし日は5日です。

三井住友銀行とジャパンネット銀行なら、5/15/25/月末を選べます。

毎月一定額の返済となる口座振替ですが、早めに完済したい場合は以下の銀行ならいつでもインターネット返済ができます。

インターネット返済対応

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • ペイジー

借入も指定の銀行口座へ振り込んでくれるのでカードレスで問題なし。三井住友銀行かジャパンネット銀行なら、土日関係なくいつでも振込可能です(瞬フリ)。

プロミスカードを発行しなければ、誰かにカードが見つかるリスクはありません。紛失することも無いので安全です。

コンビニ返済できない不便さはありますが、絶対誰にも借入をバレたくないならカードレスにしておく方が無難ですよ。

4.【まとめ】ATM借入・返済

この記事では、プロミスカードの使い方から発行方法まで解説してきました。プロミスカードを発行すると、ATMでの借入・返済が可能に。

特に、24時間利用できるコンビニATMが使えるのは大きいです。マルチメディア端末が使えるのも便利なところ。

プロミスカードの発行は、郵送か自動契約機を選びましょう。もし、カードローンの利用をバレたくないなら、カードレスにしておくことをおすすめします。

カードレスでも指定の銀行口座を使って借入・返済ができますよ。

プロミス【2019年】プロミスのメリット・デメリットから借り入れにおすすめな人まで完全解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。