格安スマホの最新キャンペーン
LINEモバイル(ラインモバイル)

LINEモバイルのカウントフリーとは?対象・非対象まとめ

lineモバイルのカウントフリー

LINEモバイルの最大の特徴が「データフリー(旧カウントフリー)」です。データフリーにより、LINEやSNSがデータ通信量を気にせず使い放題になります。LINEやSNSがメインの人ならLINEモバイルに乗り換えることで他社よりもずっとお得です。

しかし、データフリー対象のサービスでも、機能や使い方によってはデータ通信量がカウントされてしまう恐れがあります。今回はLINEモバイルのカウントフリーである「データフリー」の内容や注意点についてまとめました。

【LINEモバイルの概要】

\【2018年版】完全レビューをチェック/

lineモバイル詳しくはこちら>>

  • LINEアプリがカウントフリー(通話含む)
  • LINE Payでも支払いOK
  • Twitter・Instagram・Facebookが使い放題
  • トップクラスの通信速度
  • プランは月額500円からの選択可

キャンペーン速報

月額料金が3ヶ月1390円割引&最大1万円のLINEポイントプレゼント

■申し込み期限
  • LINEポイント → 2019年1月22日まで
  • 月額1390円引き → 2019年1月31日まで
カウントダウンタイマー

※LINEポイントを貰うにはキャンペーンコード(TMTM0404)入力

LINEモバイルの公式サイトへ

1.LINEモバイルのカウントフリー(データフリー)とは?

そもそもカウントフリー(データフリー)とはどういった機能なのでしょうか?まずはLINEモバイルのデータフリーの内容や対象のサービスなどを詳しく見ていきましょう。

1-1.対象アプリが高速通信で使い放題

LINEモバイルのカウントフリー(データフリー)とは、対象のサービス・アプリがデータ通信量を消費せず使い放題になることです。設定は不要で、LINEモバイルを契約している限り自動でデータフリーが適用されます。

LINEモバイルのSIMカードで通信を行う際にやり取りするデータの一部を読み取り、そこからデータフリーの対象かどうかを判断しています。データフリーの判別に使われるデータは最低限で、テキストや画像の内容など個人情報が含まれるような部分は見られていないので安心してください。

データフリー最大のメリットは他社よりも少ない容量プランで契約できることです。対象サービスであるLINE・SNSが中心の人ならどれだけ使ってもプランは小容量で済むので、月額料金を大幅に安くすることが可能です。

1-2.LINEの無料通話・ビデオ通話もカウントフリー

LINEモバイルのデータフリーではLINEのトークはもちろん、無料通話やビデオ通話もカウントフリーです。通話やビデオ通話をどれだけ使っても、データ通信量を一切消費しません。

今では電話やメールはほとんど使わず、連絡はすべてLINEで済ますという人も多いでしょう。そういう人だとLINEによるデータ通信量の消費が激しくなりますが、LINEモバイルならそれらを一切気にせずLINEを使えます。

テザリング時もカウントフリーに

ちなみに、LINEモバイルのデータフリーはテザリング中も適用されます。LINEモバイルでテザリングを行い、そこに他のスマホやタブレット、パソコンを接続してデータフリー対象のサービスを使った場合もデータ通信量を消費しません。

1-3.プランごとのカウントフリーの内容

LINEモバイルの料金プラン」は大きく分けて以下の3つです。

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

LINEフリープラン(LINEがカウントフリー)

LINEフリープランはLINEがデータフリー対象になっているプランです。データ通信量は1GBしかありませんが、月額料金は500円からとリーズナブルです。LINE以外のサービスはほとんど使わないという人や、自宅にWi-Fiがあり外ではあまりスマホを使わない人に向いています。

データ通信量 データSIM データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
1GB 500円 620円 1,200円

コミュニケーションフリープラン(LINE+SNSがカウントフリー)

コミュニケーションフリープランはLINEに加えてSNS(Twitter、Instagram、Facebook)もデータフリーの対象になっているプランです。LINEだけでなくSNSもたくさん使うという人におすすめです。

データ通信量は3GBから10GBまで選べます。データフリー対象外のサービスをどれくらい使うかで容量を選びましょう。

データ通信量 データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

MUSIC+プラン(LINE+SNS+LINE MUSICがカウントフリー)

MUSIC+プランはLINEとSNSに加えてLINE MUSICもデータフリーの対象です。データ通信量はコミュニケーションフリープランと全く同じですが、データフリーの対象が増えている分だけ月額料金も高くなっています。

あくまでもLINE MUSICユーザー向けのプランであり、LINE MUSICを使わない場合はコミュニケーションフリープランを選びましょう。

MUSIC+プラン

データ通信量 データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

twitterやInstagram内の埋め込み動画も対象

TwitterやInstagramでは投稿に埋め込まれている動画もデータフリーの対象です。データ消費量が多い動画が使い放題になるのはかなりお得ですね。ただし、Twitterの場合はYouTubeなど他サービスの動画についてはデータフリーの対象外になります。

動画を閲覧する場合はTwitterの埋め込み動画なのか、他サービスの動画なのかをしっかり確認しましょう。

1-4.LINEモバイルでカウントフリーを使う際の注意点

LINEモバイルでカウントフリー(データフリー)を使う際は以下の点に注意してください。

  • カウントフリーでも極端だと速度制限にかかる
  • Wi-Fi接続からの切り替え直後はカウントフリーが効かない場合がある

注意点1 カウントフリーでも極端だと速度制限にかかる

カウントフリー(データフリー)対象のサービスはデータ通信量を消費せず使い放題になります。とは言え、帯域を圧迫して他のユーザーの迷惑になる場合など、極端にデータ通信を使いすぎると一時的に制限がかかることがあります。

具体的な基準は公表されていませんが、あくまでも常識的な範囲内で利用するようにしましょう。

注意点2 Wi-Fi接続からの切り替え直後はカウントフリーが効かない場合がある

Wi-Fi接続からLINEモバイルのデータ通信に切り替えた直後はデータフリーが効かないことがあります。Wi-Fi接続からデータ通信に切り替える場合は、それまで使っていたアプリをいったん終了し、再起動しましょう。


2.LINEモバイルのカウントフリー(データフリー)の対象・対象外まとめ

LINEモバイルのカウントフリー(データフリー)は対象サービスであっても、機能によっては対象外になることがあります。そこで、データフリー対象のサービスごとに対象となる機能と対象外となる機能をまとめました。

2-1.LINEアプリ

まずはLINEアプリのカウントフリー(データフリー)対象を見ていきましょう。

カウントフリー対象

  • LINEのトーク(スタンプや画像、動画などの送受信も含む)
  • 音声通話
  • ビデオ通話
  • タイムラインでの投稿・カメラ・リレーの利用、閲覧
  • 友たちの閲覧および追加
  • ニュースのトップ・カテゴリの閲覧
  • ウォレットのトップの閲覧
  • スタンプおよび着せ替えのダウンロード
  • アカウント設定
  • LINE Out / LINE Out Free

トークや音声通話、タイムラインなど利用頻度の高いものはいずれもデータフリーの対象になっていますね。また、LINEのIP電話機能である「LINE Out」もデータフリーの対象です。

LINE Outは通常の電話より通話料が安いですがデータ通信量を消費するのがデメリットでした。LINEモバイルであればそのデメリットがなくなるので、LINE Outで通話料を節約したい人にもおすすめですね。

ただし、LINE Out Freeで流れる広告はデータフリーの対象外なので気を付けましょう。

一方、データフリーの対象外になる機能は以下の通りです。

カウントフリー対象外

  • 外部リンクへの接続
  • グループ内Liveの利用
  • ニュースの詳細の閲覧
  • スタンプショップおよび着せ替えショップの利用
  • LINE Payの各種機能(送金やコード支払い、LINEポイントの使用など)
  • LINEが提供する他サービスの利用(LINE Outを除く)

中でも気を付けたいのがニュースです。ニュースのトップ画面やカテゴリの閲覧はデータフリーですが、そこから個別にニュースの詳細を見る場合はデータフリーの対象外になります。また、LINEが提供しているサービスでも以下のようにLINEアプリ以外のものはデータフリーの対象外です。

以下もカウントフリー対象外なので注意

  • LINE LIVE
  • LINEゲーム
  • LINEマンガ
  • LINEバイト
  • LINE占い
  • LINE NEWSなど

2-2.Twitter

続いてTwitterのカウントフリー(データフリー)対象となる機能を見ていきましょう。

カウントフリー対象

  • ツイートの投稿および閲覧(画像・動画含む)
  • トレンド、モーメント、通知、メッセージの利用
  • プロフィール、設定とプライバシーの編集
  • ウェブブラウザでのTwitterの利用

Twitterも基本的な機能はすべて対象になっていますね。データ消費量が多い画像や動画も対象になっているので、普段Twitterでたくさんデータ通信量を消費してしまう人も安心です。

ウェブブラウザからTwitterを利用する場合も対象なので、Twitterのサービスは使いたいけどアプリは使いたくない人にも向いています。

Twitterのデータフリー対象外となる機能は以下の通りです。

カウントフリー対象外

  • 外部リンクへの接続
  • ツイートに含まれるYouTubeなど動画サイトの閲覧
  • 公式アプリ以外の利用
  • ライブ動画(Periscope)の配信および閲覧

Twitterがデータフリーとなるのは公式アプリかウェブブラウザから利用する場合のみです。Twitterの非公式アプリはたくさんありますが、それらを利用する場合はデータフリーの対象外になります。

また、ツイートから外部リンクに接続したり、YouTubeの動画を閲覧したりする場合もデータフリーの対象外です。とくにYouTubeに関してはTwitterに直接投稿された動画と間違えて再生してしまわないように気を付けましょう。

2-3.Instagram

続いてInstagramのカウントフリー(データフリー)対象機能を見ていきます。

カウントフリー対象

  • タイムラインの閲覧および投稿(画像・動画含む)
  • ストーリーズの閲覧および投稿
  • 検索
  • アクティビティ
  • メッセージ
  • プロフィールの閲覧、編集
  • ウェブブラウザでの使用

こちらも基本的な機能はすべてデータフリー対象です。Instagramは画像や動画が中心のSNSなので他サービスよりデータ通信量を消費しやすいですが、それらもデータフリーの対象になっています。一方、データフリーの対象外となる機能は以下の通りです。

カウントフリー対象外

  • 外部リンクへの接続
  • ライブ動画の配信および閲覧
  • IGTV

他サービス同様、外部リンクへの接続はデータフリーの対象外です。また、ライブ動画の配信および閲覧もデータフリーの対象外なので、利用しすぎないように注意してください。

また、Instagramの動画アプリである「IGTV」は一部でデータフリーの対象という情報がありますが、LINEモバイル公式ではサポートをしていないということなので気を付けましょう。

2-4.Facebook

次はFacebookのカウントフリー(データフリー)対象機能です。

カウントフリー対象

  • フィードの閲覧および投稿(画像・動画含む)
  • リクエスト、お知らせ、その他の閲覧および利用
  • プロフィール、設定とプライバシーの閲覧および編集
  • ウェブブラウザでの利用

こちらも基本的な機能はすべて対象ですね。アプリだけでなく、ウェブブラウザから利用した場合もデータフリーの対象です。一方、データフリーの対象外となる機能は以下の通りです。

カウントフリー対象外

  • 外部リンクへの接続
  • 投稿に含まれるYouTubeなど動画サイトの閲覧
  • ライブ動画の配信、閲覧
  • Messengerの利用

Facebook Messengerでやり取りをしている人は多いかもしれませんが、Messengerはデータフリーの対象外なので気を付けましょう。LINEモバイルを使う場合は、LINEで連絡を取るのが一番ですね。

2-5.LINE MUSIC

続いてLINE MUSICでデータフリー対象の機能を見ていきましょう。

カウントフリー対象

  • ホーム、カテゴリ、検索、マイミュージックの使用
  • 音楽、音声の視聴
  • オフライン再生のための音源ダウンロード

実はLINE MUSICはすべての機能がデータフリー対象となっています。ただし、ストリーミング音量設定の推奨が「音質-中」以下となっており、「音質-高」で長時間利用すると通信が制限される可能性があります。

LINEモバイルでLINE MUSICを利用する場合は「音質-中」以下の設定にするようにしましょう。

3.まとめ

以上、LINEモバイルのカウントフリー(データフリー)について詳しく解説しました。

LINEモバイルならLINEやSNSがデータ通信量を気にせず使い放題になります。連絡はすべてLINEで済ませるという人や、外出先ではSNSをメインに使うという人ならLINEモバイルにするだけでスマホ代を大幅に安くできるのでおすすめです。

ただし、データフリーの対象になるサービスはプランごとに決まっています。必ず、自分が良く利用するサービスが対象になっているプランを選びましょう。また、データフリーの対象であっても機能によっては対象外となることもあります。

LINEモバイルを使う際はちゃんとデータフリーの対象になっているかどうかを事前に確認するようにしましょう。

【LINEモバイル】LINE・SNS好きの味方
LINEモバイル
  • LINEアプリがカウントフリー(通話含む)
  • LINE Payでも支払いOK
  • Twitter・Instagram・Facebookが使い放題
  • トップクラスの通信速度
  • プランは月額500円からの選択可

※大手キャリアから乗り換えると、スマホ代が月4000円(年間5万円)程度安くなります

詳細ページ公式ページ

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。