おすすめの格安SIM比較

無制限で使えるおすすめの格安SIMを完全比較

格安SIM、と聞くと料金が安い代わりにデータ通信量が少ないプランしかないと思っている人もいるかもしれません。しかし、中には高速通信が無制限に使い放題なプランが利用できる格安SIMもあります。

無制限プランの格安SIMなら、料金を抑えつつデータ通信を思う存分楽しむことができます。今回は無制限プランが用意されている格安SIMのうち、おすすめの通信事業者を紹介します。

【利用者急増中の格安スマホ】

\本田翼のCM効果で人気爆発/

lineモバイル詳しくはこちら>>

格安SIMの総合ランキングはこちら

1.無制限で使える格安SIMカードとは?

格安SIMの中には月間のデータ通信量が無制限のプランを用意しているものがあります。

通用、格安SIMでは「月5GB」「月7GB」といったように毎月のデータ通信量が決まっています。しかし、無制限プランは読んで字のごとく毎月のデータ通信量に制限がなく、使い放題となっています。

大手キャリアでは「月50GB」のような大容量プランが用意されていますが、無制限に使い放題のプランはなく、まさに格安SIMならではのプランと言えます。しかも価格も大手キャリアの大容量プランより安いので、価格を抑えつつ大容量のデータ通信が利用可能です。

1-1.プランによって通信速度が異なる

一言で無制限に使えるプランといっても、格安SIMやプランによって通信速度が異なります。格安SIMの無制限プランは大きく分けて高速通信が使い放題のものと、低速通信が使い放題のものに分かれます。

低速通信が使い放題のプランは最大速度が200kbpsのものがほとんどですが、本記事では最大通信速度が500kbps以下のプランについてはすべて低速通信として扱います。一般的に高速通信が使い放題のプランは格安SIMとしては料金が高く、逆に低速通信が使い放題のプランは料金が安いです。

1-2.動画を見るなら500kbps以上が目安

もしスマホで動画を見たい場合は500kbps以上の速度が出る無制限プラン、つまり高速通信が使い放題のプランを契約しましょう。

ブラウジングやSNS、LINEくらいであれば500kbps以下の低速通信でも問題なく利用できます。しかし、動画の場合は500kbps以下になると読み込みが遅くなりますし、再生してもカクカクしてしまうので、快適に利用できません。

したがって、動画を見るなら高速通信が使い放題になる無制限プランを契約するのがおすすめです。

2.高速通信が使い放題の格安SIM

まずは無制限プランのうち、高速通信が使い放題の格安SIMの中から、おすすめのものをピックアップしました。

(1)U-mobile

u-mobile

LTE使い放題プラン/LTE使い放題プラン2

回線:ドコモ

通信速度:

  • 最大速度:375Mbps
  • 実行速度:1Mbps~27Mbps
  • 3日間の速度制限:あり(規定値は非公表)

月額料金:

  • LTE使い放題の音声通話SIMは2,980円、データ通信専用SIMは2,480円
  • LTE使い放題2の音声通話SIMは2,730円、データ通信専用SIMはなし

高速通信が制限なく使い放題のプランです。LTE使い放題とLTE使い放題2の2つがあります。LTE使い放題の最低利用期間が半年なのに対して、LTE使い放題2は12ヶ月と長めです。その代わり、月額料金はLTE使い放題2のほうが250円安いです。

通信速度などはどちらも同じなので、LTE使い放題2のほうがおすすめです。ちゃんと使えるか気になるという人は、最低利用期間がないLTE使い放題のデータ通信専用SIMを試しに使ってみてから契約するのが良いでしょう。

LTE使い放題プランは月間のデータ通信量は無制限ですが、3日の速度制限があり、短期間で大量のデータ通信を行うと一時的に速度制限がかかります。しかも具体的にどれくらいの通信を行うと制限がかかるかを公表していません。

口コミを見ても3日で1GBの通信を行ったら制限された人がいれば、3GBくらいの通信をしても大丈夫だったという人もいます。規定値が分からないため対策がとりづらいですが、とにかく短期間に大量のデータ通信を利用する際は気を付けましょう。

詳細ページ公式ページ

(2)DTI SIM

DTI SIM

ネットつかい放題

回線:ドコモ

月額料金:

  • 音声通話SIM 2,900円
  • データ通信専用SIM 2,200円

通信速度:

  • 最大速度:370Mbps
  • 実行速度:0.7Mbps~10Mbps
  • 3日間の速度制限: あり(直近3日間で3GB以上)

高速通信が使い放題のプランです。DTI SIMは月額料金が安いのが特徴ですが、ネットつかい放題プランも高速通信が無制限に使えるプランとしては業界最安値クラスなので、なるべく安く無制限プランを使いたい人に向いています。

通信速度はまずまず速いですが、夜間になると極端に遅くなるという口コミが多いです。どちらかというと昼~夕方に使う人に向いており、夜間によくスマホを使うという人は注意が必要です。

また、直近3日間で3GB以上の通信を行うと速度制限がかかります。普通に使っていれば制限がかかることは少ないですが、長時間高画質な動画を視聴したり、大容量ファイルのダウンロードを頻繁に行ったりすると圧倒言う間に越えてしまう可能性があるので気を付けましょう。

詳細ページ公式ページ

(3)nuroモバイル

nuroモバイル

5時間/日プラン、深夜割プラン

回線:ドコモ

月額料金:

  • 5時間/日プランの音声通話SIMは3,200円、データ通信専用SIMは2,500円
  • 深夜割プランの音声通話SIMは2,200円、データ通信専用SIMは1,500円

通信速度:

  • 最大速度:788Mbps
  • 実行速度:0.3Mbps~9.10Mbps
  • 3日間の速度制限: なし

nuroモバイルの無制限プランは決まった時間だけ高速通信が使い放題になる「時間プラン」という珍しい形をとっています。時間プランには「5時間/日プラン」と「深夜割プラン」の2つがあります。

5時間/日プランはその名の通り1日のうち5時間まで高速通信が使えるプランです。利用できるデータ通信量は無制限で、直近3日間の速度制限もありません。5時間を超えると速度制限がかかり、翌日になると解除されます。

深夜割プランは毎日1:00~6:00の深夜の時間帯だけ高速通信が無制限に使えるプランです。1:00~6:00以外の時間帯では速度制限がかかり、通信速度は最大200kbpsになります。

どちらのプランも高速通信量ではなく、高速通信が使える時間が制限されている変わったプランですが、無制限プランとしては比較的リーズナブルです。

通勤・通学の間や休み時間だけ利用する、夜間だけスマホを使う、といったようにある程度スマホを使う時間が決まっている人ならお得に利用できます。通信速度は遅くありませんが、混雑時になると極端に遅くなる傾向があります。平日の昼間によくスマホを使うという人は気を付けましょう。

詳細ページ公式ページ

(4)楽天モバイル

楽天モバイル

スーパーホーダイ

回線:ドコモ

月額料金:

  • プランS 1,980円
  • プランM 2,980円
  • プランL 4,980円

通信速度

  • 最大速度:500Mbps(スーパーホーダイ制限後は1Mbps)
  • 実行速度:0.25Mbps~6.5Mbps(制限後は0.3Mbps~1Mbps)
  • 3日間の速度制限: なし

楽天モバイルのスーパーホーダイは音声通話SIMと5分かけ放題オプションがセットになったプランです。月間のデータ通信量はそれぞれプランS:2GB、プランM:6GB、プランL:14GBと決まっているので、厳密には無制限プランではありません。

しかし、スーパーホーダイはデータ通信量を使い切っても、最大1Mbpsで使い放題になります。一般的な格安SIMの制限後の速度が200kbpsであることを考えるとかなり速いですね。

1MbpsあればメールやLINE、SNSくらいなら問題なく利用できますし、標準画質であれば動画の再生も可能です。プランSの場合、月額1,980円でデータ通信が使い放題なだけでなく、5分かけ放題もついてくるわけですから、かなりお得ですね。

また、楽天モバイルではすべてのプランで直近3日間の速度制限を撤廃しているので、短期間に大容量のデータ通信をしても制限をかけられません。

詳細ページ公式ページ

3.低速通信が使い放題の格安SIM

続いては低速通信が使い放題の格安SIMを紹介します。「低速ならどれも同じではないか」と思う人もいるかもしれませんが、同じ低速通信でも実際の速度や3日間の速度制限の有無などで差があるため、しっかり比較して自分に合ったものを選びましょう。

(1)楽天モバイル

楽天モバイル

ベーシックプラン

回線:ドコモ

月額料金:

  • 音声通話SIM 1,250円
  • データSIM 525円

通信速度

  • 最大速度:200kbps(0.2Mbps)
  • 実行速度:0.08Mbps~0.23Mbps
  • 3日間の速度制限: なし

ベーシックプランは楽天モバイルの低速無制限プランです。最大通信速度は200kbpsと他のプランで低速モードにした時と同じですが、データ通信量が無制限で月額料金も525円からと安いです。

楽天モバイルはすべてのプランで直近3日間の速度制限がないので、ベーシックプランについても完全に無制限で利用することができます。

また、楽天モバイルは低速時でも最初の読み込みだけ高速通信が使える「バースト転送」に対応しています。そのため、低速でもLINEやSNSくらいであれば快適に利用できます。

詳細ページ公式ページ

(2)DMMモバイル

DMMモバイル

ライトプラン

回線:ドコモ

月額料金:

  • 音声通話SIM 1,140円
  • データ通信専用SIM 440円

通信速度

  • 最大速度:200kbps(0.2Mbps)
  • 実行速度:0.05Mbps~0.2Mbps
  • 3日間の速度制限: あり(直近3日間で366MB以上)

ライトプランはDMMモバイルの低速無制限プランです。最大通信速度は200kbpsですが、データ通信専用SIMなら月額440円という破格の安さで利用できます。とにかく安く利用したい人に向いています。

DMMモバイルもバースト転送機能に対応しており、ライトユーザーなら快適にインターネットができます。

ただし、DMMモバイルでは低速時に直近3日間で366MB以上の通信を行うと速度制限がかかります。低速なのでよほど長時間使わないと3日で366MB以上はいかないと思いますが、短期間でのデータ通信の使い過ぎには気を付けましょう。

詳細ページ公式ページ

(3)UQモバイル

uqmobile

データ無制限プラン、データ無制限+音声通話プラン

回線:au

月額料金:

  • データ無制限+音声通話プラン 2,680円
  • データ無制限プラン 1,980円

通信速度:

  • 最大速度:500kbps(0.5Mbps)
  • 実行速度:0.4Mbps~1Mbps
  • 3日間の速度制限: あり(直近3日間で6GB以上)

データ無制限プランはUQモバイルの低速無制限プランです。低速ではありますが、最大通信速度が500kbpsと、他社の200kbpsと比べると速いです。SNSやLINE、ブラウジングであれば快適ですし、動画も標準画質なら比較的快適に利用できます。

通信速度に定評があるUQモバイルなだけあって無制限プランも速度が安定しています。理論上の最大通信速度は500kbpsにも関わらず、実測値では600kbps~1Mbpsを記録することがあるほどです。バースト転送にも対応しており、最初の読み込みも速いです。

他社の低速通信が無制限プランと比べると月額料金は高いですが、低速プランとしては比較的通信速度が速く安定しているので、ある程度速度も重視したい人におすすめです。

データ無制限プランは他のプラン同様、直近3日間で6GB以上の通信を行うと速度制限がかかります。500kbpsで6GB以上の通信を行うのは逆に難しいのであまり気にする必要はありませんが、3日間の制限があることは頭に入れておきましょう。
詳細ページ公式ページ

4.用途が限られるならカウントフリーもおすすめ

ここまで無制限プランについて紹介しましたが、無制限プランは動画もSNSもゲームもたくさん利用する、といったようなヘビーユーザーに向いています。例えばSNSだけ利用する、ゲームだけを利用する、といった人の場合、無制限プランだと少し割高かもしれません。

そのような場合は無制限プランの代わりに「カウントフリー」が使える格安SIMがおすすめです。

4-1.カウントフリーとは?

カウントフリーとは対象となるアプリがデータ通信量を消費しなくなる、つまり使い放題になるというサービスです。

すべてのデータ通信が無制限になるわけではありませんが、LINEやSNS、動画サービスなど、特定のサービスしか使わないのであれば、そのサービスがカウントフリーの対象になる格安SIMを使うことで、無制限プランを利用するよりお得になります。

4-2.カウントフリーが使えるおすすめの格安SIM

カウントフリーが使える格安SIMはいくつかありますが、ここでは用途別におすすめの格安SIMを紹介します。

(1)BIGLOBEモバイル

biglobe sim

動画をメインに利用する人にはBIGLOBEモバイルがおすすめです。

BIGLOBEモバイルには対象の動画や音楽ストリーミングサービスが使い放題になる「エンタメフリー・オプション」が用意されており、YouTubeやGoogle Play Musicといったサービスが使い放題になります。

エンタメフリー・オプションの月額料金は音声通話SIMなら480円、データ通信専用SIMなら980円です。

本来、動画や音楽ストリーミングを楽しむ場合は無制限プランや大容量のプランを契約しないといけません。しかし、エンタメフリー・オプション対象のサービス以外はあまり使わないという人はBIGLOBEモバイルにすることで大幅にスマホ代を節約できます。

例えば、YouTubeで頻繁に動画を見るが、それ以外はLINEやSNSを少しするくらい、という人なら3ギガプランとエンタメフリー・オプションを利用すれば音声通話SIMでも1,600円+480=2,080円で利用できます。

詳細ページ公式ページ

(2)LINEモバイル

LINEモバイル

SNSやLINEを中心にスマホを使っている場合はLINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイルはカウントフリーの仕組みをいち早く採用した格安SIMで、すべてのプランでLINEが使い放題です。また、プランによってはTwitter、Instagram、Facebookの3つのSNSやLINE MUSICも対象になります。

格安SIMで唯一LINEのID検索ができる、LINEアプリからデータ通信量の確認ができるなど、LINEアプリとの相性も良いです。

詳細ページ公式ページ

(3)LinksMate

スマホで頻繁にゲームをプレイするという人はLinksMateがおすすめです。

LinksMateは30種類以上のゲームがカウントフリーによって使い放題という珍しい格安SIMです。カウントフリーサービスを提供している格安SIMはいくつかありますが、ゲームが対象になっている格安SIMは他にありません。

データ通信量を消費しないだけでなく、万が一速度制限にかかった場合もカウントフリー対象になったゲームでは高速通信が利用できます。

詳細ページ公式ページ

5.まとめ

今回は無制限プランがある格安SIMを紹介しました。無制限プランは、その名の通りデータ通信が無制限に使い放題のプランです。高速通信が使い放題のプランなら動画やゲームを思う存分使えますし、SNSやLINEがメインなら低速通信が使い放題のプランにすることでお得にデータ通信が使えます。

また、特定のサービスしか利用しないのであれば、カウントフリー機能がある格安SIMを利用したほうがお得になることがあります。無制限プランを利用する際は通信速度がどれくらい必要か、カウントフリーで代用できないかを確認した上でプランを選びましょう。

今売れている格安スマホとは?【2018年】

【LINEモバイル】

\LINE・SNS好きの味方/

lineモバイル詳しくはこちら>>

  • LINEアプリがカウントフリー(通話含む)
  • LINE Payでも支払いOK
  • Twitter・Instagram・Facebookが使い放題
  • トップクラスの通信速度
  • プランは月額500円からの選択可

LINEモバイルのレビュー

 

【UQモバイル】

\速い、安い、かけ放題/

UQモバイル詳しくはこちら>>

  • 30Mbpsを超える爆速度
  • 月額1980円から契約可
  • 全プランに5分かけ放題付き
  • 口座振替対応でクレカ不要
  • 8万箇所のWi-Fiスポット無料

UQモバイルのレビュー

 

【mineo】

\安さとサポートが決め手/

mineoのレビュー詳しくはこちら>>

  • 3大キャリアに完全対応
  • 2年連続で顧客満足度1位
  • ユーザー数増加数No.1
  • 解約金・契約縛りが0
  • キャンペーンが激アツ

mineoのレビュー

 

あわせて読みたい
格安SIM 通話のみ おすすめの格安SIM比較

通話のみ利用する方におすすめの格安SIM

2018.8.4
格安スマホ・格安SIMのおすすめ比較【格安スマホの巨人】
スマホはインターネットやSNS、ゲームなどさまざまなことができますが、中には電話だけを使いたいという人もいるでしょう。そんな人にも格安SIMはおすすめです。格安SIMはデータ通信量 …