格安SIMの無制限プランは低速だからおすすめできない?【代替案あり】

格安SIMの無制限プラン

格安SIMの低料金で、データ使い放題の無制限プランを利用できればどんなに良いことか・・。

実は、かなり数が限られますが格安SIMでも無制限プランを利用できます。ただし低速使い放題となるため、あまり期待してはいけません。

今までは、低速使い放題で諦めるしかありませんでしたが、近年は楽天アンリミット(高速使い放題あり)の登場とカウントフリーの台頭により様子が変わってきました。

この記事では、無制限プランありのおすすめ格安SIMを比較。また、無制限プラン以外の選択肢も紹介していきます。

データ使い放題にこだわる方は、ぜひ参考にして下さいね。

1.はじめに:格安SIMの無制限プランは低速通信が基本

格安SIMで無制限プランを使いたいのですが・・。

いくつか利用できる格安SIMがあるけど、低速通信になるの。そこは大丈夫かしら?

まず、知っておいてほしいことがあります。それは、格安SIMの低価格で高速通信を使い放題に・・なんて都合のいいプランはありません。

もし、そんなプランがあれば、携帯業界の勢力図が変わってしまいます。

格安SIMの無制限プランは、低速通信が基本です。一応、低速でも動画やWEBサイト閲覧は可能ですが、表示スピードは非常に遅くなります。

SNSやLINE程度の用途ならさほど問題ではありませんが、あまり期待しすぎないほうがいいです

また、無制限プランを提供する格安SIM自体も年々減っています。採算が取れないのが原因かと思いますが、ユーザーの満足度があまり高くないのも理由の一つでしょう。

TOPIC
毎月のデータ容量が20GB程度なら、無制限プランより「大容量プラン」を契約したほうが賢明(速度も速い)

2.【代替案】格安SIMより楽天アンリミットがおすすめ

う~ん、いくら使い放題でも低速通信は残念ですね。

そうね。ただ、最近は楽天アンリミットの登場で、高速使い放題の選択肢が出てきたわよ。

格安SIMからキャリア(MNO)に移行した楽天モバイル。キャリア移行に伴い、衝撃的なプラン「楽天アンリミット」が発表されました。

楽天アンリミット
月額料金:2980円(高速通信でデータ使い放題

このあと紹介する格安SIMの無制限プランと大きく違うのは、高速通信の使い放題である点。

高速通信の使い放題は、ドコモ・au・ソフトバンクでさえ実現できない、楽天モバイルだけの特権です。

さらに、楽天モバイルはキャリアながら実質的な格安SIMなので料金が安い。月額3000円以下で動画もアプリも使い放題のデータ無制限となります。

正直、格安SIMの無制限プランより断然おすすめです。

完全無双の楽天アンリミットですが、一部デメリットもあり。プラン詳細が気になる方は、以下の記事を参考にして下さい。

楽天アンリミットデメリットあり?楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)に契約すべき人を考察

3.無制限プランが使える格安SIMを比較

楽天アンリミットは魅力ですけど、格安SIMの無制限プランについても知りたいです。

OK、厳選して了解するから参考にしてね。

①UQモバイル

uqモバイルのロゴ

プラン名 月額料金 通信速度
データ無制限プラン 1980円 500kbps

※データSIMのみ

UQモバイルでは、低速使い放題のデータ無制限プランが使えます。低速とはいえ、通信速度は500kbps。

SNS、LINE、WEBサイト閲覧なら、なかなかの快適度です。動画も標準以下の画質なら再生可能。

データ無制限プランでYoutubeを再生

バースト機能にも対応しており、最初の読み込みも速いです(2秒くらい4~5Mbpsの高速通信となる)。

uqモバイルのバースト機能

バースト機能

注意点として、UQモバイルのデータ無制限プランはデータSIMのみ提供となります。通話機能ありの音声通話SIMでは契約できません。

CHECK!

UQモバイルの詳細を見る

UQモバイルのデータ無制限プランUQモバイルのデータ無制限プランは使える?動画の読み込みを実測してみた

②mineo

mineoのロゴ

オプション名 月額料金 通信速度
パケット放題 350円 500kbps

※オプション扱いなので基本プランの加入が必要

2020年よりmineoの新たなオプションとしてパケット放題が登場しました。

通信速度は500kbpsに固定されますが、テキスト中心のWEBサイト閲覧&SNS程度なら問題なく利用できます。動画(低画質)もギリギリ再生OKです。

UQモバイルも同じ500kbpsの使い放題ですが、mineoなら音声通話SIMで利用可能です。

オプション扱いとなるので、WEBサイト閲覧&SNSのときはパケット放題を使用して動画再生では高速通信を消費するといった使い分けも便利。

速度を切り替える際は、専用アプリから簡単にON/OFFできます。

A(au)プラン

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 700円 1310円
3GB 900円 1510円
6GB 1580円 2190円
10GB 2520円 3130円
20GB 3980円 4590円
30GB 5900円 6510円

D(ドコモ)プラン

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 700円 1400円
3GB 900円 1600円
6GB 1580円 2280円
10GB 2520円 3220円
20GB 3980円 4680円
30GB 5900円 6600円

S(ソフトバンク)プラン

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 790円 1750円
3GB 990円 1950円
6GB 1670円 2630円
10GB 2610円 3570円
20GB 4070円 5030円
30GB 5990円 6950円

CHECK!

mineoの詳細を見る

③@モバイルくん。

@モバイルくんのロゴ

プラン名 月額料金 通信速度
3G使い放題プラン 4000円 非公表

@モバイルくんでは、3G回線が使い放題となるプランを提供しています。3G回線は遅いイメージがありますが、実測値で300~500kbpsは期待できます。

実際、動画も低画質ながら再生できるとの口コミあり。マイナーな格安SIMですが、着実にユーザーを獲得しています。

ただ、月額料金が4000円もかかってしまうのは頂けません。この金額を支払うなら、WiMAXなど超高速のポケットWi-Fiを契約したほうがいいでしょう。

一応おすすめには挙げましたが、強気の価格設定が改善されない限りスルーした方が賢明です。

4.特定アプリが使い放題のカウントフリーも検討したい

カウントフリーって、無制限プランじゃないですよね?

ええ。だけど特定アプリに限れば、無制限で使い放題になるのよ。

無制限プランではありませんが、特定のアプリだけを集中的に利用する使い方ならカウントフリーの利用も検討したいところ。

対象アプリなら、データ消費を限りなく0に抑えられます。なお、カウントフリーであれば、低速通信ではなく高速通信を利用できます。

POINT
カウントフリー対象アプリは、速度制限時でも高速通信となる

①BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのロゴ

  • カウントフリー対象:動画・音楽アプリ
  • オプション料金:480円/月(データSIMは980円)

BIGLOBEモバイルでは動画・音楽アプリが使い放題となるエンタメフリーオプションが用意されています。

対象アプリ
YouTube・AbemaTV・U-NEXT・YouTube Kids・Google Play Music・YouTube Music・Apple Music・Spotify・AWA・Amazon Music・LINE MUSIC・dヒッツ・RecMusic・楽天ミュージック・radiko・らじる★らじる・dマガジン・dブック・楽天マガジン・楽天Kobo・Facebook Messenger

なかでも、Youtubeがカウントフリーに含まれているのが魅力的です。格安SIMのカウントフリーでは、間違いなく最強のサービス内容となっています。

オプション料金は480円(データSIMは980円)。

頻繁に動画を見るけど、それ以外はLINEやSNSを少しするくらいといった方なら、3GBプラン+エンタメフリーオプションでスマホ代は月2000円ほど。

動画見放題なのに、圧倒的なコスパを実現できます。

CHECK!

BIGLOBEモバイルの詳細を見る

②LINEモバイル

LINEモバイル

  • カウントフリー対象:LINE・SNS・LINE MUSIC
  • オプション料金:0円~480円/月

LINEモバイルではLINEやSNSを対象としたデータフリーオプションを利用できます。

データフリーオプション

データフリー対象 オプション料金
LINEデータフリー LINE 0円
SNSデータフリー LINE・Twitter・Facebook 280円
SNS音楽データフリー LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC 480円

LINEアプリだけなら、無料で使い放題です。SNSもカウントフリーにしたければ、SNSデータフリーかSNS音楽データフリーを選びましょう。

TwitterやFacebookのタイムラインを欠かさずチェックしている方なら、SNSデータフリーが役立つはず。

なお、画像読み込みでデータ消費の大きいInstagramはSNS音楽データフリーに組み込まれるので注意して下さい。

CHECK!

LINEモバイルの詳細を見る

③Links Mate

リンクスメイトのロゴ

  • カウントフリー対象:ゲーム・SNS・動画(Youtubeは対象外)
  • オプション料金:500円/月

スマホゲームが好きな方は、LinksMate(リンクスメイト)を検討したいところ。LinksMateでは30種類以上のゲームがカウントフリー対象となります。

MEMO
LinksMateのカウントフリーは使い放題ではなく90%のデータ消費カットとなる

ゲームをカウントフリーの対象とした格安SIMは他にありません。

荒野行動やグラブルなど人気タイトルが対象アプリとなっています(すべての対象ゲームアプリは公式サイトでご確認を)。

ゲームの他にも、AbemaTVやニコニコ動画もカウントフリー対象に。オプション料金が月額500円かかりますが、充実したサービス内容です。

CHECK!

Links Mateの詳細を見る

5.補足:用途が限られるなら無制限プランでテザリングが使える

無制限プランでテザリングって、使えますか?

無料で使えるわよ。ただし、格安SIMの無制限プランは速度が遅いから利用用途は限られるわ。

無制限プランでテザリングが使えるとしたら、パソコンやタブレットも実質使い放題になります。

結論から言えば、無制限プランでもテザリングは使えますが(オプション料金なし)、使い勝手としては結構厳しいです。

実際、UQモバイルのデータ無制限プランでテザリングをしてみましたが、実測値は300kbpsくらい。

利用用途として、

  • メール・LINE
  • テキスト中心のWEBサイト閲覧
  • 低画質の動画再生

であれば、何とか使えました。快適ではありませんが、最低限の用途なら利用可能です。

TOPIC
カウントフリーでもテザリング可。例えば、エンタメフリーオプションなら、テザリング先の通信機器にてデータ消費なしで動画を視聴できる(低速使い放題より快適)。

6.【まとめ】使い放題は魅力だけど期待し過ぎは禁物

この記事では、データ無制限で使える格安SIMを紹介してきました。

データ使い放題は非常に魅力的ですが、格安SIMの場合は低速通信が基本です。一応、動画も再生できますが、快適とは言えないので期待するのは禁物です。

結局のところ、格安SIMの無制限プランより楽天アンリミットかカウントフリーを使ったほうがいいです。

楽天アンリミットなら、格安SIMが提供できない高速使い放題を利用可能。

また、特定のサービスしか利用しないのであれば、カウントフリー機能ありの格安SIMを検討するといいでしょう。普段の利用用途に合わせて、ベストな選択を行って下さいね。