Airペイとは?加盟店になるメリット・注意点と導入方法を解説

airペイ

リクルートが提供するAirペイ。クレジットカード・電子マネー・QRコード決済・ポイントなど、キャッシュレスのあらゆる決済サービスを利用できます。

テレビCMで初めて知った方も多いのではないでしょうか。

この記事では、小規模から中規模の店舗を運営する個人事業主・法人に向けて、Airペイの加盟店になるメリットと注意点について詳しく解説。

導入の流れについても説明していきます。Airペイの加盟店になるべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にして下さいね。

1.はじめに:Airペイとは?

Airペイって、どんなサービスですか?

多数のキャッシュレス決済を固定費なしで導入できるサービスよ。

Airペイは、リクルートが運営するキャッシュレス導入サービスです。執筆時点では、29種類の電子マネーやクレジットカード、QRコード決済(スマホ決済)に対応しています。

Airペイの決済手段

Airペイの決済手段

クレジットカード

VISA・JCB・MasterCard・ダイナースクラブ・ディスカバー・AMEX・Union Pay

 

電子マネー(交通系)

Suica・Pasmo・Kitaca・TOICA・ICOCA・SUGOCA・manaca・nimoca・はやかけん

 

電子マネー(その他)

Apple Pay・iD・QUIC Pay

 

QRコード決済

PayPayd払いLINE Payau PAY・ALI Pay・WeChat Pay

 

ポイント

Tポイント・dポイント・Ponta・WAON POINT

Airペイは小規模の事業者でも導入可能で、現金決済以外の幅広い選択肢を持つことができます。

詳しくは後述しますが、決済手数料が業界一安いため導入ハードルが低いのも魅力。固定費もかからないため、加盟店になればリスクフリーで集客力をアップできます。

CHECK!

Airペイの公式サイトへ

 

2.Airペイの加盟店になるメリット

Airペイの加盟店になるメリットって、何があるんですか?

決済手段が豊富になるから、売上アップに繋がるわ。海外のお客さんを取り込めるのも強いわね。

①PayPayやd払いなどQRコード決済も同時に導入できる

現在、キャッシュレスの主役はクレジットカードではなくQRコード決済(スマホ決済)に変わりつつあります。

特にPayPayはキャッシュレス界の雄とも言える存在。導入できていないと、多くの顧客を取り逃すでしょう。

dポイントを貯めているユーザー向けのd払いも、近年は対応必須と言える決済サービスです。

AirペイではQRコード決済に対応。クレジットカード・電子マネーに対応するAirペイに加えて、QRコード決済専門のAirペイQRを同時に申し込めば利用可能となります。

②キャッシュレス先進国の中国・韓国人を取り込める

中国や韓国は日本よりキャッシュレス文化が進んでいます。

キャッシュレス比率

  • 中国:60%
  • 韓国:90%

※外部参照:韓国のキャッシュレス化の状況(財務省)

特に、日本の経済を下支えする存在となりつつある中国人をターゲットにできるのは大きいです。

Airペイを導入すれば、中国ではおなじみのAliPayとWeChat Payに対応できます。

中国のキャッシュレスは、AliPayとWeChat Pay が92.8%のシェアを占めているので、この2つに対応できれば中国人のお客さんはほぼ全員対応できます。

③決済手数料が安い

Airペイの大きな魅力となっているのが決済手数料の安さ。業界最安の水準です。

Airペイの決済手数料

決済方法 決済手数料
クレジットカード
(VISA・MasterCard・AMEX)
3.24%
その他クレジットカード 3.74%
交通系電子マネー 3.24%
その他電子マネー 3.74%
QRコード決済 3.24%

クレジットカード決済は、7%程度の手数料を取られる場合があるので、いかにAirペイが安いのか分かります。

競合と比べても、同等か有利な手数料の設定です。

競合と比較

決済サービス 決済手数料
Airペイ 3.24~3.74%
coiney 3.24~3.74%
Square 3.25~3.95%
楽天ペイ 3.24~3.74%

振込手数料&固定費もかからない

Airペイに支払う手数料は、上記の決済手数料のみとなります。振込手数料(すべての銀行)や固定費は一切かかりません。

このあと説明するAirレジの利用料も0円。審査完了後に届くカードリーダーも無料で使えます。

④iPad・iPhoneをレジ化できるAirレジが無料

Airペイ導入にあたりレジを新たに購入する必要はなし。iOS端末(iPad・iPhone)があれな、レジ化(POSレジ)することができます。

利用するのはAirレジ。POSレジアプリとしては日本一の導入実績を誇ります(執筆時点で約47万店舗が導入)。

Airレジ

Airレジ

Airレジはレジ機能としてはもちろん、以下の機能もすべて無料で使えます。

無料機能

  • 客単価の把握
  • 売れ筋商品の把握
  • 日々の売上記録
  • 顧客管理
  • 在庫管理
  • 自動でレジ締め

日々の売上記録はCSV出力OK。売れ筋や客単価もひと目で把握できるため、経営判断の材料として利用できます。

また、締め作業を自動化することも可能。あらかじめ設定しておいた時間に、締めてくれるので楽です。

正直、Airレジが使えるだけでも導入の手間の元は十分に取れます。

⑤365日、深夜までサポートしてくれる

どんなに高機能でも、店舗の需要部分である決済機能をAirペイに依存していいのか悩ましいところ。万一のときのサポートが無いと不安ですよね。

Airペイでは、365日サポート(ヘルプデスク)を利用できます。

リクルート決済サービス ヘルプデスク
0120-39-4861(9:30~23:00、年中無休)

23時まで対応してくれるのは大きいですね。さすが大手リクルート、手厚いサポートです。

ヘルプデスクは、AirペイQR、Airペイ ポイントについても対応してくれます。

新規導入の不安点やカードリーダーの故障対応はもちろん、導入前なら審査状況についてもお問い合わせできます。

CHECK!

Airペイの公式サイトへ

3.Airペイを利用する際の注意点

逆に気をつけたほうがいいことってありますか?

iOS端末しか対応していないことと、入金サイクルが翌日じゃない点に注意よ。

①Android端末が非対応

AirペイはiOS端末限定のサービスです。Androidスマホ・タブレットは使用できないため注意して下さい。

②最短の入金タイミングが翌日ではない

Airペイは、入金タイミングが最短でも3日かかります。また、振込回数は月に3~6回と決まっています。

MEMO
振込回数はみずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行が月6回、その他の銀行が月3回

振込回数が月に1回しかない決済サービスもありますが、ライバルのSquareは翌日入金。PayPayも1万円以上の決済額で翌日入金に対応してくれます。

その他、Airペイはゆうちょ銀行に対応していない点にも注意が必要です。

③楽天ペイなど非対応のQRコード決済がある

AirペイQRでPayPayやd払いを利用できる一方で、一部の主要サービスが非対応となっています。

非対応のQRコード決済

特に、楽天ペイが非対応なのは痛手。楽天ポイントも対応していないので、楽天ユーザーを取りこぼしてしまいます。

楽天ペイを導入したい場合は、別途楽天ペイの加盟店申請を行いましょう。

④レシートの印刷は対応プリンターが必要

決済手数料以外の費用がかからないAirペイ。しかし、レシートを印刷する場合は対応プリンターが必要です。

対応プリンターは据え置きタイプだと、最安でも36900円かかります。簡易的なタイプだと19800円から購入可能です。

Airペイ非対応のプリンターは残念ながら連携できないため使えません。

外部参照:Airペイ対応のプリンター一覧

4.Airペイ導入の流れと申し込みに必要なもの

Airペイを導入してみたいんですけど、どうすればいいですか?

まずは申込みね。必要な書類も合わせて説明するわ。

Airペイは以下の流れで導入します。

導入の流れ

  1. Airペイに申し込み(Air ID取得)
  2. 審査を待つ
  3. 必要書類・機器を受け取り
  4. Airペイアプリの初期設定

Airペイは本番決済の前にトレーニングモードで練習できるため安心して下さい。申し込みから利用開始までは、ざっくりと2週間くらい見ておきましょう。

なお、申し込みに必要な書類は以下のとおりです。

必要なもの

  • 口座情報(ゆうちょ銀行以外)
  • 本人確認書類(個人)・登記簿謄本(法人)
  • 店舗確認書類

店舗確認書類は、店舗に関する写真(外観・内観・入り口など)と店舗名や住所を確認できる資料が必要です。

未開店の場合は、オープン広告のチラシなどで店舗の存在を証明できればOKです。その他、ペットショップや医療機関の場合は、許可証や免許の掲示を求められます。

CHECK!

Airペイの公式サイトへ

5.審査対象の基準と必要な時間

審査が心配です・・。

金融事故を起こして無ければ、基本的には大丈夫よ。

まず、審査対象は実店舗であればOKです。ネットショップでなければ問題なし。

まだ未開店の状況でも申し込み可能です。

Airペイの審査は決済サービスによって受付先が変わります。VISAの審査は通ったけどJCBはまだ・・といった具合に、審査結果が分かれることも。

審査難易度は、過去にクレジットカードの滞納などが発覚した場合は、非常に厳しくなります。信用機関で履歴を調べられるので、その点は留意しておきましょう。

とくに、信用機関に傷がなければ、口コミを見る限り審査はパスできる可能性が高いです。

なお、審査にかかる時間は3~10日間となります。その他、導入手続きの期間も含めると、実際にAirペイを運用できるのは10日~2週間前後かかります。

審査の流れ

審査の流れ

6.参考:Airペイの評判・口コミ

Airペイ加盟店の評判が気になります。

OK、SNSで調査したから参考してね。

最後に、参考としてAirペイを導入した店舗の評判を掲載しますね。

皆さん、導入には四苦八苦している様子が伺えますが、決済手段が広がった喜びがひしひしと伝わります。

CHECK!

Airペイの公式サイトへ

7.【まとめ】豊富な決済手段で売上を伸ばそう

この記事では、Airペイの加盟店になるメリットや注意点を中心に詳しく解説してきました。

Airペイは決済手数料しかかからないのでリスクフリーで導入できます。QRコード決済も導入可。中国ではおなじみのAlipay・WeChat Payも取り入れることができます。

また、Airレジを無料で使えるのも大きい。iPadかiPhoneがあれば、今すぐPOSレジを利用できますよ。

いくつか注意点もあるAirペイですが、全体として加盟店になったほうがメリットは圧倒的に大きいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。