povo(ポヴォ)の対応機種とは?注意点から非対応だったときの対処法まで丸わかり

povoの対応機種とは?

この記事のポイント

  • povoで手持ちの端末を使うなら、対応端末ページをチェックする
  • ドコモとソフトバンク端末はSIMロック解除しないと利用できない
  • 対応端末でない場合は、別途端末を購入する

「povoの対応機種を知りたい!手持ちの端末は動作するの・・?」

povo(ポヴォ)を利用するときに気になるのが対応機種ですよね。

povoはauの従来プランと違い端末セットの取り扱いがありません。端末に関しては自分で用意する必要があります。

この記事では、対応機種の調べ方はもちろん、手持ちの端末を使うときの注意点も詳しく解説していきます。ぜひ、ご参考に。

1.povo(ポヴォ)の対応機種とは?

povoの対応機種を知りたいです!

公式の対応端末ページをチェックしてちょうだい。

まずはpovoの対応機種や調べ方についてチェックしましょう。

最新情報は対応端末ページで確認できる

povoの対応機種に関する最新情報は、povo公式サイトの対応端末ページから確認できます。

povoの対応端末ページ

povoに対応している主なメーカーは以下の通りです。

povoに対応(メーカー別)

  • Apple
  • ASUS
  • Google
  • HUAWEI
  • 京セラ
  • OPPO
  • サムスン
  • シャープ
  • ソニー
  • Xiaomi
  • モトローラ

au販売の端末はもちろん、SIMフリースマホのみを販売しているメーカーも動作確認されていますね。

ただし、同じメーカーでも機種によってはpovoを利用できないこともあります。必ず、povoを申し込む前に対応端末ページをチェックしてくださいね。

対応端末ページに載っていない機種は使えない?

Androidスマホは対応端末ページに掲載されていない機種が多いです。ですが、理論的にはau回線に対応していればpovoでも使える可能性は高いです。

ただし、リスト外の機種を使用する場合は自己責任です。もし利用できなくても保証はないので注意して下さいね。

iPhoneは6sから対応

povoは以下のiPhoneを利用可能です。

povoで対応

  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE (第2世代)
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE (第1世代)
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus

ご覧の通り、iPhone 6s以降であればすべて対応しています。また、iPhone XR以降ならeSIMも利用可能です。

一部のau版iPhoneはau ICカードの交換が必要

以下のau版iPhoneでpovoを利用する場合は、au ICカードの交換が必要です。

au ICカードの交換が必要

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE (第1世代)
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus

※au版のみ

通常、auからpovoへ移行する際はSIMカードをそのまま利用できます。しかし、上記のau版iPhoneは申し込みと同時にSIMカードの交換が必要です。

povoを申し込む際に「ご利用中の端末はiPhone 7, iPhone 7 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE(第1世代)ですか?」という質問があります。

上記のiPhoneでpovoを使う予定の人は必ず「はい」を選んでくださいね。

povoの公式サイトへ

2.povo(ポヴォ)でスマホを使うときの注意点

povoでスマホを使う際は、以下の注意点があります。

auユーザーはeSIM申し込みができない

auユーザーが既存プランからpovoへ変更する場合、eSIMを選べません。

povoのeSIMを申し込めるのは新規契約およびMNPによる乗り換えのみです。auの既存プランから変更する場合は物理SIM(au ICカード)で契約することになります。

あとからeSIM変更も不可

物理SIMでpovoを申し込んだ後にeSIMへ変更することもできません。どうしてもeSIMを利用したい人は新規契約するか、別の会社へMNPしたあとにpovoへ乗り換えるしかないです。

TOPIC
2021年夏以降、auから移行する際にeSIMを選べるようになる予定

ドコモ・ソフトバンク端末はSIMロック解除が必要

povoでドコモ・ソフトバンクの端末を使う場合はSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除のイメージ

SIMロック解除のイメージ

対応端末一覧に掲載されている端末でも、ドコモまたはソフトバンクのSIMロックがかかっているとpovoで使えません。

ドコモかソフトバンクから乗り換える場合は事前にSIMロックを解除しておきましょう。

SIMロック解除の手順ですが、オンラインから手続きすれば手数料は無料です(ショップで手続きすると3300円の手数料あり)。

ドコモのSIMロック解除手順

  1. My docomoにログイン
  2. メニューから「サービス一覧」をタップ
  3. 「SIMロック解除」をタップ
  4. 「SIMロック解除を行う機種」を選択
  5. IMEI番号を入力
  6. 「SIMロック解除解除を申込む」「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェック
  7. 「手続きを完了する」をタップ

 

ソフトバンクのSIMロック解除手順

  1. My SoftBankにログイン
  2. メニューの「契約・オプション管理」をタップ
  3. 「オプション」をタップ
  4. 「SIMロック解除対象機種の手続き」をタップ
  5. IMEI番号を入力して「次へ」をタップ
  6. 「解除手続きする」をタップ

SIMロック解除の際に必要なIMEI番号(製造番号)は、

  • iPhone:「設定」→「一般」→「情報」→「IMEI」
  • Android:「設定」→「端末情報」→「IMEI」

にて確認できますよ。

povoはSIMロック解除が必要?povo(ポヴォ)で手持ちの端末を使うならSIMロック解除が必要?

povoで端末の販売はない

povoではセット端末の販売はありません。契約できるのはSIMカードのみです。

端末は別途自分で用意する必要があります。

店舗サポートはないので、対応機種のチェックや初期設定も自分で行う必要あり。スマホに慣れている人なら問題ないでしょうが、あまり詳しくない人だとハードルが高いかもしれませんね。

TOPIC
ahamo(アハモ)なら端末セットで契約できる

3.対応機種一覧に載っていないときの対処法

手持ちのスマホがpovoに対応していませんでした・・

だったら、新しくスマホを購入する必要があるわ。おすすめの購入方法を紹介するわね。

もし自分が持っているスマホがpovoの対応機種一覧に掲載されていない場合は、以下の対処法を取りましょう。

auオンラインショップで端末を購入(機種変更)する

auユーザーの方は、auオンラインショップで端末を機種変更で購入するのがおすすめです。

auオンラインショップで購入した端末はpovoでも使えます。同じauなので、SIMロック解除も不要です。

また、auオンラインショップでは条件を満たすと端末代がお得になる「かえトクプログラム」を使えます。かえトクプログラムはpovoに乗り換えてからも有効です。

端末をお得に購入しつつ、povoに乗り換えて月額料金を節約できますよ。

CHECK!

auオンラインショップへ 

Apple StoreでSIMフリーiPhoneを買う

iPhoneを利用したい場合はApple Storeで購入するのがおすすめです。Apple Storeで取り扱っているiPhoneはすべてSIMフリーなので、キャリアを問わず使えます。

最新のiPhoneから、価格の安いiPhone SEまで取り扱っていますよ。

家電量販店やネット通販で端末を用意する

Androidスマホを買うなら家電量販店やネット通販がおすすめです。家電量販店やネット通販ではSIMフリーのAndroidスマホを購入できます。

SIMフリースマホなら、SIMロック解除する必要がないので楽ですよ。ネット通販なら大手キャリアモデルの中古品を買うこともできます。

新品よりお得なケースもありますが、SIMロックやネットワーク利用制限に注意してくださいね。中古販売ならイオシスが安心できます。

4.まとめ

povoでは端末の販売がないため、手持ちの端末を使うか別途新しい端末を購入しないといけません。

auで販売されていた機種はそのまま使えますし、ドコモ・ソフトバンクの機種もSIMロック解除すれば利用可能です。SIMフリースマホの中にも使える機種があります。

対応端末についてはpovo公式サイトの対応端末ページに掲載されています。povoを申し込む前に、必ずチェックしてくださいね。

povoの公式サイトへ

2021年おすすめの携帯会社とは?

【キャリアを選ぶなら】楽天モバイル

公式キャンペーン

 

3278円でデータ無制限、20GB以内のデータ消費に収まれば2178円以下に。現在、ポイント還元で実質0円で端末購入できます。
さらに、3ヵ月無料キャンペーン中(2021年4月~)。契約事務手数料&解約金は0円です。

レビューを見る

【格安SIMを選ぶなら】J:COMモバイル

公式キャンペーン

 

データ容量をあまり使わないなら、J:COMモバイルが狙い目です。最安980円(税込1078円)から。

iPhoneやGalaxyをセット購入できます。今なら、WEB申込み限定で3300円の契約事務手数料が0円です。

レビューを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。