初参戦!東京ゲームショウ2019を完全レポート

東京ゲームショウ

今回、初参戦となった東京ゲームショウ。会場の幕張についた瞬間ワクワクが止まりません。

東京ゲームショウは幕張メッセを貸し切る大イベント。当日の熱気は半端ではなく、ゲーム好きな人たちが全国から押し寄せていました。

幕張メッセ

会場の幕張メッセ

出展社の数は軽く600社超え。ここ10年で3倍以上も拡大しており、その勢いはまったく衰えません。

ちなみに、東京ゲームショウ2019のテーマは「もっとつながる。もっと楽しい」です。「つながる」のテーマは、昨今話題になっている5Gを意識していると思われます。

さっそく、東京ゲームショウ2019の会場レポートへ。全社を紹介するのはさすがに無理なので、今回は大小関わらず印象に残ったブースを紹介していきますね。

1.東京ゲームショウ2019の会場レポート

人が押し寄せていた人気ブースを中心に会場レポートをお届けしていきます。

1-1.Play Station

play station

play station

全ゲームファンが注目するであろうPlay Stationの出展ブース。 人気作の試遊からイベントまで常に人がたくさんいました。

主な出展タイトルは以下の通り。

  • DEATH STRANDING
  • コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア
  • Destiny 2 「影の砦」
  • FINAL FANTASY VII REMAKE
  • アッシュと魔法の筆
  • マーベルアイアンマン VR

中でも、人だかりができていたのがDEATH STRANDING。

専用の上映ブースには人が押し寄せて大変なことに。筆者もまったく入りきれていません(後ろを振り返るとさらに人の波・・)。

DEATH STRANDING

DEATH STRANDING

上映を見た感想として、ゲームとは思えない完成度だった

イベントのラストは、DEATH STRANDINGの声優陣によるトークショーが開催。ステージはるか後方から撮った写真ですが、いかに多くの人が押し寄せていたのか分かります。

トークショー

こちらが試遊エリア。

play station3

play station2

撮影NGのタイトルが多くあまり載せられませんが、今後発売される人気タイトルを一足早くプレイすることができました。個人的には、アッシュと魔法の筆に注目。

ちなみに、FF7 リメイクの試遊はスクエニブースよりこっちの方が狙い目でしたね。

1-2.Google play

Google play

とてつもなく巨大なガチャを展示するGoogle play。あまりの大きさに会場内での威圧感は半端なかった。

ガチャを回すには、TGS会場内のラリーを回ってポイントをGetしていく必要があります。巨大ガチャの中には金や銀のボールもちらほら。当たった人、羨ましい・・。

1-3.スクウェア・エニックス

スクエニブース

スクエニブース3

スクエニブース2

東京ゲームショウで最も人が混雑していたスクエニブース。FF7世代の筆者も大興奮で、展示ブースではあのミッドガルを再現。

「60分待ち」との掲示に「試遊するにはそんなに時間がかかるのか・・」と思いきや、写真ブースの待ち時間でした。

ということは、試遊はどれだけ待つんだ?と恐怖にかられたのは内緒話。

展示物の撮影では、ハーディ=デイトナ(バイク)とバスターソードが。いやはやカッコ良すぎです。

バスターソード

バイク展示

実は、この写真は人が少なくなってきた15時過ぎにやっと撮れた

ファイナルファンタジー7 リメイク以外では、ドラゴンクエストXIやアベンジャーズの展示も。

アベンジャーズ

アベンジャーズ2

ドラクエ映像

ドラクエ映像2

会場内を最後まで大いに盛り上げてくれました。

1-4.KONAMI

コナミ

コナミ3

コナミ4

KONAMIは代表作のeFootball ウイニングイレブン 2020を中心に展示。 試遊エリアではCONTRA ROGUE CORPSも大人気。

また、KONAMIは今回のゲームショウでゲーミングPC(ARESPEAR)の制作を発表。ソフトだけでなくハード面でも今後の動向に目が離せません。

1-5.バンダイナムコ

ナムコブース

ナムコブース2

ナムコブース3

ナムコブース4

大きなガンダムの立像が目を引くバンダイナムコ。 会場近郊ではファンミーティングも開催されたそうで、ファンとの濃い繋がりを大切にする気持ちが伝わります。

出展ブースでは、ワンピース、ドラゴンボール、ツムツムなども賑わっていました。

1-6.ドコモ

ドコモ

ドコモ5G

携帯キャリアも東京ゲームショウに参戦。最新の通信規格5Gを引っさげての参戦です。

5Gは未来感あったな~

5Gのeスポーツエリアで特に目立っていたのがAR。ストリートファイターVの臨場感あふれる対戦を目の前で楽しめました。

イメージはこんな感じです↓

超高速&低遅延の新サービス5Gが待ち遠しいですね。

1-7.カプコン

カプコンブース

カプコンブース2

モンスターハンターワールド アイスボーン、ロックマン アエロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション、PROJECT RESISTANCE(プロジェクトレジスタンス)を出展していたカプコン。

モンハンの立像は圧倒的で、強大なイヴェルカーナとラージャンが最新作への期待を高めてくれました。

モンハン

モンハン2

モンハン3

個人的にはバイオファンなのでプロジェクトレジスタンスの展示&試遊コーナーもテンション上がりまくり。

試遊ではガンコントローラーでの体験イベントも。整理券は軽く1時間待ちでした・・。

プロジェクトレジスタンス

こちらは被検体(ゾンビ?)です。ガラスを触ると動き出します。

カプコンブースのゾンビ

人形に見えますが、人間ですよ。

1-8.セガ・アトラス

セガ・アトラス

セガ・アトラス2

セガ・アトラスでは、マリオ&ソニック 東京2020オリンピック、新サクラ大戦、ペルソナ5 ザ・ロイヤル、龍が如く7など出展。

ステージイベントも豊富でファンを大いに楽しませていました。

1-9.コーエーテクモ

コーエーテクモ

コーエーテクモ2

仁王2、三國志14、ライザのアトリエが試遊できるコーエーテクモ。 仁王2の立像が凄まじいインパクトを放っていました。

参加できませんでしたが、Youtuberのめぐみさんも登場して盛り上がっていたそうです。

1-10.ALIENWARE×Dell

ALIENWARE

ALIENWARE2

ゲーミングPC「ALIENWARE」のブース。レインボーシックス シージやファイナルファンタジーXIVなどの人気作をPCで試遊可能。

SFちっくなコンパニオンが目に止まって、思わずパシャリ。

帰ってから調べてみるとインスタフォロワー16万人超えの超人気レイヤー(kitaro_cosさん)でした。

1-11.Bauhutte×ROG

ROG

ROG3

ハード製品のブースでは、個人的に一番はしゃいだのがこちら。究極にゲーム環境が整うのが魅力で、その細部へのこだわりには思わず笑ってしまうほど。

例えば、寝ながらゲームできるゲーミングベッド。そして、ゲーマー向けの切る毛布「ダメ着4G」。

ROG2

ダメ着4Gはフードの耳部分にちゃんとイヤホンの穴が空いており、ズボンはトイレが面倒くさくない仕様に。

完全に廃人化してしまうやつ 笑

デスク環境も寝ながら作業できる完璧な位置取り。モニターが上にあると顔がたるまないという、設計者が意図していなかったであろう女子評価も耳にしました。

1-12.Gatebox

Gatebox

何だこれは!と思わず二度見してしまったGateboxの出展ブース。カプセルの中にいるのはオリジナルキャラクターの逢妻ヒカリ。

単に映像を見るだけでなく会話することもできます。LINEのClovaとも連携できるそうで、見て楽しめるAIアシスタントとして定番になりそうですね。

1-13.その他のブースも一気に紹介

ガンホー

テッペン2

テッペン

スマホゲームの雄「ガンホー」は、パズドラよりもTEPPEN押し。特設ステージでは、カードバトルの様子を上映していました。

スパイク・チュンソフト

サイバーパンク

サイバーパンク2

スパイク・チュンソフトは待望の新作「サイバーパンク2077」を掲げて参戦。実機デモとフォトブースの出展でした。オープンワールドが好きな方は、期待大の新作です。

このゲームは100%面白いと発売前でもわかる

サクセス

なまはむ

なまはむ2

実際、ハムスターを飼っている身として、絶対にスルーできなかった「なまはむ」の出展ブース(配信元はサクセス)。

3D&ARの技術で、リアルにハムスターを飼うことができるアプリ。実際のハムスターと変わらぬ動きで、癒やしてくれます。

VRカレシ

VRカレシ

VRカレシ2

VR/ARブースで目を引いたVRカレシ。VRの世界でイケメン彼氏がドキッとさせてくれる話題のアプリです。

体験ブースにはほぼ女性オンリーの長蛇の列が。東京ゲームショウで異彩を放つ空間でした。

インテル

インテル

半導体メーカーのインテルもゲームショウに参戦。

インテル製PC搭載のパソコンでストリーミングファイターVなどがプレイできました。コンパニオンも可愛いです。

2.東京ゲームショウを大いに盛り上げたコスプレ広場やeスポーツエリアをご紹介

2-1.コスプレ広場

コスプレ

コスプレ2

会場外にあるコスプレ広場では、様々なレイヤーさんたちでいっぱいに。 特に集合写真は圧巻で、なかなか普段では見られない光景です。

午後になるとレイヤーさんが休憩するので、コスプレエリアは午前中がおすすめ。

ファイナルファンタジー7 リメイクが話題ということもあり、コスプレはFFキャラが多かったですね。今回撮影できませんでしたが、FF縛りの集合写真もありました。

素敵なコスプレイヤーさん達はこちら↓

2-2.eスポーツ観戦

eスポーツ

eスポーツ2

2つの特設ステージが組まれたeスポーツの会場。その熱狂はゲームショウの中でも特段、際立っていました。

写真は後方場外からの撮影ですが、どれだけ人が集まっていたのかよく分かると思います。

eスポーツのタイトルはCOD、パズドラ、ぷよぷよ・・といくつかありましたが、やはり大トリのストリートファイターが一番盛り上がっていました。

2-3.ファミリーゲームパーク

ファミリーパーク2

ファミリーパーク

東京ゲームショウでは、家族でも楽しめるように幕張メッセ イベントホールにてファミリーゲームパークが用意されています。

入場できるのは中学生以下とその家族のみ。 ですので、休憩所と化していた観客席からの撮影です。

本会場より人が少ないため、子どもたちは好きなゲームをワイワイと楽しんでいる様子でした。

3.その他、東京ゲームショウ2019のチケット&混雑情報

3-1.チケット当日券は2000円と割高に

今回、東京ゲームショウ2019のチケット料金は、

  • 前売り:1500円
  • 当日:2000円

となりました。前回の2018では、当日チケットが1200円だったため結構な値上げですね。

ちなみに、チケット代の値上げが影響したのか、来場者数は26万人超えも前年よりダウン。ただ、前年はeゲーム元年だったこともあり、例年にない盛り上がりでした。

チケット代が高くなった割には、来場者数は多かったと思います。歴代5位だったそうです。

3-2.半端ない混雑・・会場に入るまで30分以上待つ

今回は、最も混雑する一般公開の最終日だったこともあり、相当な混雑でした。

会場についたのは10時半。そこから入場前の荷物チェックの場所に移動するのですが・・。

押し寄せる人

チケット売り場

ご覧の通り、人の波でまったく動きません。 この日は、猛暑日ではありませんでしたが、非常に暑くて日傘をさしている人も多かったです。

熱中症になるほどではありませんが、東京ゲームショウに行くときはタオルや水分を持参すべきですね。前売りチケットを買っていた人は、当日券の人より優先して早く入場できます。

人とぶつかることも多いので注意

ちなみに、会場内の混雑も半端ではなく、人に思いっきりぶつかることも。

エスカレーターで、いきなり後ろから人がぶつかってきてスマホを落としたのですが、ぶつけた人は何の謝りもなく立ち去っていきました。

もう少しでキレそうだったけど、ここは大人の対応。

しかし、本当にキレている人も会場内にいて、ちょっとしたいざこざになっていました。

最悪怪我をする可能性もあるので、ただでさえ混んでいる会場内でさらに混雑しているエリアは避けたほうが無難です。

あと、人に思いっきりぶつかった人はちゃんと謝りましょう(笑)。

4.【まとめ】最高に楽しめた東京ゲームショウ2019!来年もまた行きたい

今回、初参戦となった東京ゲームショウについて詳しくレポートしてきました。

なるべくたくさんのブースを回ろうと頑張ったのですが、1日では時間が足りませんでした。 全部をきちんと回るなら、2日かけて行くのが正解。

1日だけ楽しむのなら、お目当てのブースを事前に把握しておくべき。

各ブースでイベントスケジュールが公式サイに出ているので、事前に作戦を立てておく必要がありますね。 これは、今回学んだことです。

最新ゲームの試遊はもちろん、コスプレからeスポーツ観戦まですべてのゲームファンが楽しめるラインナップでした。また、来年も行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。