iPhone 11を安く買うなら

男女の脳の違いを理解した本質的なモテるトーク術

男女の脳の違い

あらゆるトーク術ははっきり言って付け焼き刃です。なぜなら、男女の脳の違いを考慮していないため、本質的ではないからです。

本質を理解していないテクニックは、ちょっと状況が変わっただけで使いものにならなくなります。

この記事では、そもそも男性と女性は脳の構造がどう違うのか?そこを理解した上で、どうやってトークを展開すればいいのか解説していきます。

やや抽象的な内容となりますが、実践すれば確実にモテるので参考にして下さいね。

1.根本的に男女の脳は違います

男と女は頭の中が全然違うと聞きました。

そうよ、真逆といっていいほど男女には違いがあるわ。

1-1.まずは、ざっくりと脳の違いを理解

女心ってよくわからないですよね。すぐに話しが飛ぶし、何を考えているのか分からない・・。

そう思う理由は簡単で、男女では根本的に脳の作りが違うからです。

トーク術を学ぶ前に、まずはざっくりとした男女の脳の違いを理解しておきましょう。

男女の違い

男性 女性
シングルタスク マルチタスク
理論的 感情的
結論が大事 プロセスが大事
自慢したい 共感したい
立体で捉える 平面で捉える
大きく稼ぐ コツコツ節約
視野が狭い 視野が広い
感覚が鈍い 感覚が鋭い
考えてから話す 話しながら考える

上記の他にも、収集癖や家の中の振る舞い、臭いの捉え方など男女の違いは様々です。代表的な例だけでも、これだけの違いがあります。

男女でトークが噛み合わなくて当然ですよね。すごく大雑把に分けるなら、シングルタスクとマルチタスクの違いが分かりやすいです。

男性はシングルタスクなので、食事は黙って食べるし、テレビを見ながら休憩を取ろうとは思いません。

逆に、女性は食事しながらテレビを見たり、音楽を聞いたり、友達と喋ったりと、あらゆることを同時に処理できます。

女性同士の会話はあちこちに話が散らばって、男から見ると意味が分かりませんが、彼女たちの頭の中では並列に情報を処理しているので、ちゃんと会話が成り立っているのです。

1-2.違いの原因は原始時代で培われたDNA

どうしてここまで男女の脳が違うのでしょうか。神様が作ったから違うと言われればそれまでですが、原始時代の生活様式がDNAとして現代に引き継がれているからとの説が有力です。

ご存知の通り原始時代は、男性は狩りに出掛けて、女性は家を守るのが仕事でした。

狩りに出かける男性はおのずと空間把握能力に優れ(女性はこの能力が劣るため地図が読めない)、集中力を保つ必要があったためシングルタスクになったと言われています。

狩りの最中はべらべらしゃべることはできないので、言語能力が発達しなかったとも。

ちなみに、男は必ずといっていいほど少年時代に剣や銃にはまります。これは狩猟時代の名残ですね。

大人になると、家電製品、スマホ、時計など機能的なツールにはまりますが、根本的には武器が好きな子供と変わりません。

女性は言語能力が発達、コツコツが好きなのも男性との違い

反対に女性は、男が狩りにでかけている間、近所で情報交換をしていたり、野菜を採集していたりしたそうです。

そのため、言語能力が発達。いわゆるおしゃべり好きになったわけですね。野菜の採集はお金の価値観として現代に受け継がれています。

狩りをしていた男性は一発大きな儲けを狙う習性に、コツコツ野菜を採集していた女性は細かな節約や財テクに価値を置く習性になったそうです。

トーク術とはかけ離れてしまいましたが、このような習性の違いを知っておくことも、男女の関係を円滑にする秘訣です。女性に対して男の価値観を押し付けてはいけません。

1-3.女の快感ポイントを抑えれば嫌でもモテる

さて、前置きは長くなりましたが、何をすればいいのかというと、女性の快感ポイント(エロい意味ではなく)を押さえれば、モテるトークは意外にも簡単だということです。

表面的なテクニックではなく、脳の構造の違いを理解した本質的なトーク術なので、あらゆる場面で使えます。

女性の脳に染み付いた思考から、トークの最適解を導いていくので、成功率は非常に高まります。

他の男性はここまで真剣にトーク術を学んでいないので、一気に差を付けることが出来るでしょう。

よくお笑い芸人が綺麗な女優と付き合っていますが、トークができればイケメンでなくても同じことが私たちにも可能なのです。

2.女性の脳を理解した本当にモテるトーク術

どうやってトークすればモテますか?

女性の脳の構造を理解してトークすればいいのよ。詳しく説明するわ。

さて、さっそくトークの話に入りましょう。ここで重要なのは以下の通り。

モテるトークの重要ポイント

  • アドバイスは絶対NG
  • 言葉の裏を読む力を手に入れる
  • まとまっていない話をまとめない
  • プレゼントは苦労した購入プロセスを間接的に伝える
  • 小さな幸せに小出しで共感する

具体的なテクニックというより、本質的な考え方の解説となります。どれも役立つ内容なので、参考にして下さい。

その1 アドバイスは絶対NG

女性の話に対してあれこれとアドバイスしていませんか?これ、絶対NGです。

女性は本当にアドバイスを求めている時は、「アドバイスが欲しい」と言ってきます。それ以外の場合は、話を聞いてほしいだけ。

頭ごなしにこうすればいい、ああすればいいと言えばいうほど、「私のことを全然分かっていない」と嫌われるのです。

そもそも、女性は考えてから話のではなく、話しながら考えるので、話の内容がちぐはぐです。結論を急ぐ男性が、「つまりこういうことでしょ」とまとめて、挙句の果てにアドバイス。

良かれと思っている話すものの、鬱陶しいと思われるんですよね・・。

自分の意見はちょっぴりでいい、同調して話を聞くこと

明らかにしゃべっている女性に非がありそうな話でも、グッとこらえてウンウンと聞いて上げることが大事です。自分の話はあと。

ある意味、自分の話をしないのが究極のトーク術です。意外にも、モテるトーク術が出来る人は、おしゃべりに見えて聞き上手なのです。

アドバイスをせずに、女性の目を見て「うんうん、そうだよね」と同調してあげることが重要です。

ちなみに、女性が落ち込んでいるときに、「そんなの気にしなくていいじゃん」と言ってしまうのもアドバイスに当たるためNGです。

自分も同じくらい辛いことがあった、と共感してあげることが正解となります。

その2 言葉の裏を読む力を手に入れる

女性は遠まわしに自分の言いたいことを主張してきます。よくありがちなのが、一緒にデートをしていて「疲れてない?」と言ってくる場面。

男性は「俺のこと心配してくれているのか。なんて優しいんだ・・」と思ってしまいますが、これは勘違い。

単に、女性は自分が疲れているだけで休みたいのです。それを、直接休みたいとは言わずに、遠回しなことを言って相手から休憩の提案を待っているのです。

男性は、疲れたと言ってしまうのが男らしくないと感じるため、「全然平気だよ!」と返してしまいがちですが、これが嫌われる原因となります。

言葉の裏を読んで、女性の遠回しのサインを汲み取れば、「そうだね、そろそろ休憩しようか。」と言えるわけです。

言葉を読めないと女性は不機嫌になる

女性と普通に会話していたつもりが、急に不機嫌になった場合は、遠回しのサインがなかったか振り返りましょう。

もしデート中に、「そろそろ飽きてこない?」と言われたら、今やっていることを直ちに辞めましょう。

それは、あなたに質問しているのではなく、女性自身が退屈で仕方ないことをアピールしているのですから。

その3 まとまっていない話をまとめない

女の話はとにかくあっちこっち飛ぶ・・そう感じたことはありませんか?これも脳の違いが原因です。

女性は、物事を平面に捉えます。見えている面積が大きいので、あらゆる情報が同時に脳内へ入っていくのです。男性には見えない爪先のおしゃれや、靴下の色まで情報を取得しています。

さらに女性は脳内がマルチタスクなのは、前章で述べた通り。話があっちこっち行っても、ちゃんと自分の中で並列処理をしているのです。

しかし、男性の脳は一点に集中するよう特化しているので、とにかく話をまとめたがります。

色んな話を同時に処理することもできないため、短くシンプルにしようとするのです。実はこれがNG。

女性は自分の話を勝手にまとめられると不快に感じます。

話はまとめなくてOK、つまり~はNG

男の視点だと、話をまとめてからしゃべれと言いたくなりますが、女性は話しながら徐々に内容を精査してまとめていくのです。

ですので、無駄だと思える散らばった話も、我慢してぜんぶ聞いてあげましょう。

その4 プレゼントは苦労した購入プロセスを間接的に伝える

プレゼントを渡すときに、ちょっとしたモテテクニックがあります。

それは、プレゼントを購入するまでの過程で、苦労したことがあったら間接的に伝えることです。直接的過ぎると、女性が負担に感じるためよくありません。

例えば、スマホケースをプレゼントするなら、「これ◯◯のお店しか売っていなんだよね~」と希少価値があることをさりげなくアピール。

すると女性は、商品自体の希少価値ではなく、「私のためにわざわざ◯◯店まで行ってくれたんだ」とプロセスを評価してくれます。

男の感覚だと、同じ商品でも苦労して手に入れようが、簡単に手に入れようが、あまり気にしませんよね。

多少の感謝はするかもしれませんが、相手を思いっきり好きになることはありません。

しかし、女性はプロセス重視なので、プレゼントの中身より、私のために頑張ってくれたことを評価してくれるのです。

キャバ嬢がサラリーマンに恋する構造と同じ

ときどき、キャバ嬢が一般のサラリーマンに恋に落ちる話を聞きます。

お金持ちではなく、何故普通のサラリーマンに恋に落ちてしまうのかと言うと、頑張って会いに来てくれる姿に惚れるからです。

少ない給料からわざわざ無理して私に会いに来てくれる・・。

まあ、ただの金づるとしか思わないキャバ嬢も多いですが、割と純粋な女の子ならすぐに恋してしまうと聞きます。

女性に何かプレゼントを渡すときは、苦労した購入プロセスをそれとなく伝えると効果的です。

逆に、簡単に手に入ったものは、何も言わずにプレゼントを渡したほうがいいでしょう。

決して、Amazonでポチっただけとは言わないほうがいいです。プレゼントの中身が素晴らしくても評価が落ちますので。

その5 小さな幸せに小出しで共感する

男はでっかいことを成し遂げたい願望があります。狩猟時代に、いかに大物を狩ることができるのか、日々考えていたDNAが現代に受け継がれているからですね。

野心が大きいのが、男の特徴です。対して、女性は狩猟時代に家を守っていました。

なので、男と違って近所の些細な出来事から、小さな幸せを見つけていたのです。道端の花を見て「今日は綺麗に咲いているな」と喜びを感じる感覚は、女性ならではです。

日常会話でも、よく耳を済ますと女性は小さな幸せ話を小出しにしゃべっています。

ちょっとした親切や美味しかった食べ物など男から見たら「そんなことどうでもいい」といったことを、女性は幸せだと感じているのです。

そんな幸せ話しを男はスルーしてはいけません。

トーク中のプチ幸せ談を見逃すな

トーク中に女性の嬉しかったこと、楽しかったことなどの話が出てきたら、どんなに小さな内容でも共感してあげましょう。

共感するのが難しい場合は、無理せず相手の目を見てにっこり微笑みながらうなずくだけでもOKです。

そんな些細なこと・・と態度に出すのはNG。スケールの大きな自慢話をしたがる男とは脳の構造が違うのです。

女性の小さな幸せ話しを受け止めてあげて下さい。

3.【まとめ】上辺のテクニックに頼らずちゃんと話を聞くこと

女性にモテる本質的なトーク術・・テクニックを求める人には物足りなかったかもしれませんが、しっかりと実践すれば相手から嫌われることはまずありません。

女性とトークするのは難しい。そう感じるのは、脳の構造の違いを理解していないからです。

また、トークしないといけないとの思い込みもダメ。多くの場面で、女性の話はちゃんと聞くだけというのが正解なのです。

ちなみに。女性は男性と話しているときに、あらゆる情報を受け取っています。マルチタスクができるのが女性の特徴でしたよね。

相手の目線や仕草など、トーク中でもしっかりと見ているのです。なので、男はただ話を聞くだけでなく、聞き方にも注意して下さい。

ちゃんと、相手の気持ちに共感してあげてね。

上辺だけ共感しても、心がこもっていないと思われて嫌われます。何も難しいことはない。ちゃんと話を聞くだけでいいのです。

相手の目を見て、トークに集中する。これだけで、女性はちゃんと話を聞いてくれる人なのだと評価してくれます。

女性のまとまっていない話を聞くのは正直苦痛ですが、少しの間我慢すれば、その先はご褒美が待っているではありませんか(付き合える、あるいはSEXできる)。

上辺のテクニックに頼らず、本質的なトーク術をぜひ実践してくださいね。

※習得したテクニックをマッチングアプリで試してみよう

記事を読んで「うんうん」と分かったつもりになっていませんか?

身につけたトーク術は、実践で使えないと意味がありません。 合コンやナンパで試すのもありですが、てっとり早いのがマッチングアプリ。

実際に喋らくても、メッセージのやり取りだけでもトーク術は使えます。もちろん、実際に会うときもかなり使えます。

以下の記事に、サクラがいなくて無料で使えるマッチングアプリを厳選しています。本当にトーク術が身についたのか、さっそく試してみましょう。

マッチングアプリ目的別で選ぶ!マッチングアプリのおすすめ比較【2019年版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。